赤ちゃんのおくるみは必要なの?巻き方からおすすめブランドまでご紹介!

赤ちゃんのおくるみは必要なの?巻き方からおすすめブランドまでご紹介!

妊娠後期になると、少しずつ赤ちゃんのアイテムや出産時に必要なものを揃えていく方も多いですよね。もうすぐ会える赤ちゃんの事を考えながらベビーグッズの買い物をするのはとても楽しいものです。

必要なものをリストアップしていく中で、これって新生児の時から必要なの?と迷うベビーグッズもあると思います。「おくるみ」もそんなベビーグッズの一つではないでしょうか。

今回は、その「おくるみ」についてまとめています。おくるみの使い方、おすすめのブランドなど、おくるみの購入を検討しているママさんは是非参考にしてみてくださいね。

 

おくるみってなに?

おくるみと言えば、退院する時やお宮参りの時しか使わないのではないの?と考える方も少なくはないでしょう。確かにオムツやベビー服のように必ず必要なベビーグッズというわけではありませんが、1枚持っているととても便利なベビーグッズなのです。

産まれたての赤ちゃんはもちろんまだ首もすわっていませんし、全体的にフニャフニャしていて慣れるまでは抱っこが難しいです。そんな新生児期の赤ちゃんをおくるみでくるんであげる事で抱っこもずいぶんとしやすくなります。

おくるみは新生児期に重宝するものと思われがちですが、実は月齢を重ねても様々な場所で活躍してくれる万能アイテムなのです。

 

 

おくるみって必要なの?

おくるみは育児を楽にしてくれる万能アイテムです。

しかし、育児に必ず必要というわけではありません。

さらに、おくるみの代用品としておくるみに近いサイズのお布団やタオルでも同じように使えます。しかし、赤ちゃんのお肌にも優しく、抱っこもしやすくなるおくるみは一枚は持っていて間違いないベビーグッズです。

 

おくるみの便利な活用方法

寝かしつけに活用できる

産まれてから3、4か月の頃までは「モロー反射」と呼ばれる、赤ちゃんの反射運動が起こります。大きな音に驚いたり、体を触られたりと主に外からの刺激にビックリして起こる反射の事です。両腕、両足をピンと伸ばしたり、体をビクッとさせたりします。このモロー反射によって何度も目を覚ましてしまうという赤ちゃんも多いのです。

しかし、おくるみでしっかりと全身をくるんであげることで、このモロー反射を防ぐ事ができます。せっかく抱っこで寝かしつけたのに、ベッドに置いた瞬間にビクビクッ!としてまた泣き出してしまう…なんて事も。これはママにとってはかなりのストレス。ママさんのストレス軽減にも、おくるみは役立つこと間違いなしです!


 

 

体温調節に活用できる

おすわりができるようになるまでの赤ちゃんは、服を着替えさせるのも一苦労。簡単に服を着たり脱いだりする事ができないので、おくるみがあるととても便利!赤ちゃんは大人のように上手に体温調節をすることができませんので、季節の変わり目にはおくるみは必需品ともいえますね。

また、夏場などの日差しのつよい時期には、ガーゼ素材のおくるみで体を包んであげる事で日焼け対策にもなります。季節によって素材の違うおくるみを持っておくのもオススメです。

抱っこの赤ちゃんだけでなく、ベビーカーに乗っている赤ちゃんやチャイルドシートの赤ちゃんの体温調節にも役立ちますので外出時に1枚持っておくと安心ですよ!

 

 

オムツ替えシートの代用に活用できる

オムツ交換の際に下に敷いているカーペットやシーツなどを汚さない為に使用するオムツ替えシート。自宅で使用している方は多いと思いますが、外出先にも持ち運ぶとなるとかなりの荷物になりますよね。

月齢の低い赤ちゃんはオシッコやウンチの回数も多く、オムツ交換も頻繁に行わなければいけません。長時間の外出となれば、オムツの枚数も増え、荷物はかさばる一方。その上、オムツ替えシートなどの荷物が増えるとママさんは大変です。

しかし、そんな時にもおくるみを一枚もっていればオムツ替えシートとしても活躍してくれるので荷物も減りますし、外出先のオムツ替えも安心して行えますよ!

 

 

お昼寝用のおふとんに活用できる

月齢の低い赤ちゃんはほとんどの時間を寝て過ごします。少しずつ起きている時間が長くなるとはいえ、なかなか私達大人と同じ生活リズムにはなりませんので、外出先で眠ってしまう事も多いです。春や夏の暖かい季節でも、室内で空調が効いていると体調を崩してしまうのではないかと心配になりますよね。

しかし、タオルケットや薄手のお布団はかなりの荷物になってしまうので持ち運ぶのはなかなか難しい。そんな時にもおくるみがあれば安心です。春、夏の暖かい(暑い)季節にはガーゼなどのサラっとした肌触りのもの、秋、冬の季節にはタオル地やフリース生地などの厚手のものが良いでしょう。

 

 

授乳ケープとして活用できる

母乳育児をしているママさんは、ミルクや哺乳瓶などを持ち運ぶ必要が無いので外出時の荷物は減るものの、外出時に授乳できる場所が無いととても困ります。授乳室までの距離が遠くて困った!授乳室が空いておらず子どもが泣いて大変だった…などお困りの経験をしたことがあるママさんも多いのではないでしょうか。

そんな時にも「おくるみ」を1枚持っていれば安心です。おくるみを持っていれば、赤ちゃんと自分の体を覆い授乳をする事ができますし、小さめのおくるみでも首からかける専用のストラップを使用すれば立派な授乳ケープに早変わり!

私はおくるみにボタンがついていて、ポンチョのような授乳ケープとしても使用できる2wayタイプの物を使用しており、外出時には必ず持つようにしています。万が一授乳室が見つからない場合などもいつでもどこでも授乳ができるので安心できますよ。

このように、おくるみは色々な役割を果てしてくれるので、1枚持っておけばママの強い味方になります。新生児期だけではなく、月齢を重ねても使用できるのでオススメです。

 

おくるみってどのくらいの期間必要?

おくるみは必ず必要なベビーグッズではありませんし、いつからいつまでと使用期間が決まっている物でもありません。寝かしつけに使用する場合、赤ちゃんのモロー反射がおさまる頃まではあった方がママの睡眠時間の確保ができるでしょう。

赤ちゃんのモロー反射は産まれてから1ヶ月頃にピークを迎え、それから2ヶ月頃には落ち着き始めます。その後3、4ヶ月頃には完全になくなる事がほとんどです。

寝かしつけにおくるみを使用する場合は長くて3、4ヶ月頃まで必要になりますが、おくるみは寝かしつけだけでなく様々な用途で使用できるので、おでかけの際も1枚持っておくと安心ですね。

 



おくるみの巻き方は?

おくるみはどのようにして巻くと良いのかわからないというママさんも多いと思います。ママさんの巻きやすい方法、抱っこしやすい方法が一番なので正解はないのですが、ここでは2つの巻き方をご紹介していきます。

 

おくるみ基本の巻き方

1.写真のようにおくるみを広げて、頭の部分は内側に折り込みます。

 

2.左側部分を赤ちゃんの体に巻き付けます。(左右どちらが先でも問題ありせん。)

 

3. 下の飛び出た部分を持ち上げ、赤ちゃんの体に密着させます。この時に、赤ちゃんの足がカエルの足のようにM字に曲がっている事を確認して下さい。

 

4.残った右側部分をしっかりと巻き付けて基本の巻き方は完成です! 



 

 

おひな巻き

寝かしつけたい時にオススメな巻き方です。優しく赤ちゃんを包みこむのでモロー反射による目覚めを防いでくれますよ。

1.おくるみを広げて、頭だけを出し真ん中に赤ちゃんを寝かせます。

 

2. 左側部分を赤ちゃんの体に巻き付けます。斜めに巻き付けるのがポイントです。(左右どちらが先でも問題ありません。)

 

3.右側も同様に赤ちゃんの体に巻き付けます。

4.左側の下の部分を上に折りたたみます。

 

5.最後に残っている部分を巻き付けて完成です。

 

おくるみを扱う時の注意点

おくるみの巻き方も様々ですが、上記の2つの方法は簡単なので覚えておくと便利ですよ。ただし、おくるみを使用する際に注意したいポイントが2つあります。

 

赤ちゃんが窮屈になりすぎないように注意する

きつく巻きすぎてしまうと、産まれて間もないデリケートな赤ちゃんは、上手に呼吸ができなくなってしまう事がありますので要注意です。また、大人のように上手に体温調節ができないので、ぎゅうぎゅうにおくるみを巻き付けてしまうと、熱がこもって体温が上がりすぎてしまう心配があります。

逆にゆるすぎても抱きにくくなりますし、モロー反射を防げない事も…赤ちゃんの苦しくない適度な巻き具合で使用しましょう。

 

 

足が「M」の形になっていることを忘れずに!

赤ちゃんはまだまだ体の発達が未熟です。特に足は「股関節脱臼」の恐れがあるので、必ず曲がった状態である事を確認してください。

まっすぐ足を伸ばしてしまうと股関節脱臼をしてしまう事があるので、カエルの足のような状態で、足がアルファベットの「M」になっているのがベストです。足の部分は少しゆとりを持たせてあげると良いでしょう。

 


おすすめのおくるみブランド5選


おくるみを選ぶ際に一つの基準となるのがブランドです。おくるみも様々なブランドがあるので、人気のブランドは?オシャレなおくるみは?と気になるママさんも多いと思います。ここでは、おすすめの「おくるみブランド」をご紹介します!是非参考にしてくださいね。

 

aden+anais(エイデンアンドアネイ)

 

aden + anaisさん(@adenandanais)がシェアした投稿

ニューヨーク発祥のおくるみブランド。肌触りの良さにとことんこだわっています。モスリンコットンと呼ばれる通気性が良く肌になじむ素材を使用。長い期間愛用しているママさんも多いです。

ベビー用品は清潔を保つ為に頻繁に洗濯をするので、生地が傷んでしまうのではと心配になるかもしれませんが、このモスリンコットンは洗えば洗うほど柔らかくなり肌触りが良くなるという優れもの。

赤ちゃんの肌に優しい素材を使用している事はもちろんですが、デザインの可愛さも人気の理由の一つです。パステルカラーのデザインのものが多く、優しい印象を与えます。薄手で大判のおくるみなので、様々な用途で使用できるため出産祝いとしても人気のブランドです。

Aden+Anais(エイデンアンドアネイ ) おくるみ4枚セット モスリンコットン クラシックスワドル Classic Swaddles 楽天通販ページ

 

 

Modern Burlap(モダンバーラップ)

 

Modern Burlap®さん(@modernburlap)がシェアした投稿

モノクロのデザインが印象的なおくるみブランド。白と黒の2色のみですが、可愛いデザインがとても目を引き、シンプルなデザインを好むママたちに絶大な支持を得ています。

実はこのデザインには理由があり、視力の発達がまだまだ未熟と言われる0ヶ月~4ヶ月頃の赤ちゃんの能の発達に良い影響を与えると言われているからなんです!

赤ちゃんの成長にも良い影響があり、なおかつオシャレという一石二鳥なおくるみブランドです。誕生月のカレンダーをデザインしたおくるみもあり、出産の記念としても残すことができるのは嬉しいですよね!

Modern Burlap(モダンバーラップ) おくるみ スワドル/SWADDLE【正規品】 楽天通販ページ

 

 

Hugmamu(ハグマム)

赤ちゃんとママの事を一番に考えて商品開発をしているブランドです。産まれて間もない新生児の赤ちゃんでも安心して使えるように、とにかく素材にこだわっています。それに加え、全ての製品を国内の工場で生産しているので安心ですね。

ガス焼きコーマ糸という高級糸を使っているので毛玉などができにくく、長く使用する事ができるのも人気のポイントの一つ。いつまでも綺麗な状態で使用できるのはママにとっても赤ちゃんにとっても嬉しいですよね。

ハグマムはおくるみだけでなく様々なベビーグッズを販売し、多くのママから長年愛され続けているブランドです。

Hugmamu(ハグマム) おくるみ 楽天通販ページ 

 

 

Tuppence & Crumble(タッペンスアンドクランブル)

イギリス発祥のブランド。創業者が「自分の子どもたちに買ってあげたい、使わせてあげたい」をモットーに製品作りを行っています。このタッペンスアンドクランブルの人気商品は、星形のおくるみです。通常のおくるみと違い、巻くのでは無く星形のおくるみを赤ちゃんに着せるようなイメージです。

フリース素材で保温性に優れていて特に冬場に大活躍してくれるおくるみです。冷たい風からデリケートな赤ちゃんをしっかりと守ってくれます。新生児期はもちろんですが、首や腰がすわった時期の赤ちゃんは星形おくるみを着用したままベビーカーや抱っこ紐を使用する事ができるのでパパさんママさんには嬉しい商品です。

何よりも着ている姿がとにかく可愛い!と人気のおくるみ。出産祝いなどのギフトにもおすすめです!

Tuppence & Crumble(タッペンス&クランブル)  おくるみスターラップ 楽天通販ページ

 

 

Gelato pique(ジェラートピケ)

 

可愛らしいルームウェアで人気の高いブランド「ジェラートピケ」はベビーグッズも充実していて、オシャレママさんに人気のブランドです。ブランドコンセプトが(大人のデザート)なので、アイスクリームやケーキ、フルーツなどが散りばめられた可愛らしいデザインの物が多く存在します。

男の子用には不向きなのかな?と思われがちですが、ブルーやグレーなどのカラーバリエーションもありますし、スイーツ柄の他にもアニマル柄のおくるみもあります。

可愛らしさ満点のおくるみをお探しの方におすすめのブランドです。おくるみだけでなく、ロンパースやスタイもありますので、揃えて使用すると可愛さも倍増です。

gelato pique(ジェラートピケ) おくるみ 楽天通販ページ

 

 

おくるみはママさんを助けてれる万能アイテム!

おくるみは必ず必要!というベビーグッズではないものの、1枚持っておくと随分子育てが楽になる便利なベビーグッズです。

小さな子どもを連れて外出する時には、服を汚してしまった時のための着替え、予備のオムツ…など様々な準備が必要になります。あれもこれも必要…となるとママの荷物はどんどん増えて大変な事になりかねません。そんな時に様々な役割を兼ね備えた便利なグッズがあるととても助かります。

どんなおくるみが良いかお悩みの方は、おすすめのブランドなども是非参考にして選んでみてくださいね。

 

▼smarby取り扱いのおくるみはこちら▼
おくるみ smarby通販ページ

 

▼smarby取り扱いのおくるみ特集はこちら▼
おくるみ特集★ふわっと優しく赤ちゃんを包み込むあると便利な育児アイテム!

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

カナダ発のオシャレなおくるみブランド【lulujo(ルルジョ)】に注目★

抱っこひもの選び方&おすすめ商品6選〜口コミとともにご紹介〜

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami