赤ちゃんの短肌着はいつまで着るの?ママの疑問を解決します!

赤ちゃんの短肌着はいつまで着るの?ママの疑問を解決します!

最終更新日 2019-05-27 by smarby編集部

ベビー用品といえば、赤ちゃんが生まれる前にまず衣服を揃えますよね。そんな衣服のなかでも毎日何枚も使う可能性がある肌着。短肌着は新生児の肌着なのでほとんどのママさんが購入すると思います。

しかし、何枚用意したら良いのか、いつまで短肌着せたらいいのか悩みどころですよね。そこで今回は赤ちゃんの短肌着についてまとめてみました。

▼生まれ季節ごとに必要なベビー服枚数に関するこちらの記事もおすすめ▼
【生まれ季節別】何枚必要?ベビー服の目安枚数と組み合わせ例

 

短肌着ってなに?

新生児の赤ちゃんの肌着には、3種類のタイプがあります。

1つ目は「長肌着」です。短肌着の丈を長くしたもので赤ちゃんのつま先が隠れるくらいの丈があります。首がすわっていない赤ちゃんでも、寝かせたまま楽にお着替えができるように前を合わせて紐で結ぶタイプの肌着です。長肌着の場合、内側と外側2カ所結びます。

2つ目は「コンビ肌着」です。長肌着のように丈が長いものです。しかしこちらは股の部分にスナップボタンが付いているので、赤ちゃんが動いても肌着が脱げないようになっています。

裾が二つに分かれているのでよく動き回る赤ちゃんにおすすめです。

そして3つ目は今回ご紹介する「短肌着」です。長肌着と同様に前を合わせて紐で結ぶタイプの肌着です。メーカーによっては「ワンタッチ肌着」といい、なでるだけでお着替え完了といったワンタッチテープ式の肌着も売られています。毎日何回もお着替えをする赤ちゃんにとってはぴったりの商品ですね。

短肌着の丈の長さは、赤ちゃんの腰くらいまでの短い丈です。一般的には半袖ですがノースリーブの肌着もあります。

 

短肌着におすすめ素材

素肌着は赤ちゃんの肌に直接触れるものですよね。汗を吸収する役割や、体温調節の役割をしてくれるので、新生児の赤ちゃんには綿100%がおすすめです。

綿素材の生地には、糸や織り方によって4種類のものがあります。フライス、ガーゼはオールシーズン着れる肌着としておすすめです。パイル、スムースは保湿性や保温性に優れているので、肌寒い季節におすすめですよ。季節によって選んであげてくださいね。

また、大切なポイントとして縫い方を注意してみてあげてください。新生児の赤ちゃんの肌はとてもデリケートで敏感です。赤ちゃんの肌に直接縫い目が当たらないように、外縫い製法になっているか購入する時に確認してみると安心です。外縫い製法であれば赤ちゃんも快適に着ることができますよ!

 

短肌着って必要なの?

赤ちゃんの出産準備には何が必要なのか悩みますよね。肌着や洋服にも種類があり、必要なのか必要でないのかわからないママさんも多いのではないでしょうか?

まず結論から言うと、短肌着は赤ちゃんにとって必要です。短肌着は季節を問わず着せることができ、汗を吸収する役割があります。また、暑い夏場は短肌着1枚にオムツ、寒い冬は短肌着を着せて、その上に長肌着かコンビ肌着を重ね着させてあげるとあたたかいですよ。

 

短肌着っていつから使うの?

短肌着は、季節問わず着用できるので赤ちゃんが生まれたらすぐに着せてあげることができます。生まれたばかりの赤ちゃんにとって、肌着は洋服の役割を果たしてくれます。生後すぐに着せてあげることができるので、出産準備のときには5060cmのサイズを用意してあげましょうね。

もう一つ出産準備で悩んでしまうのが、肌着の枚数ですよね。赤ちゃんはすぐに大きくなるのでサイズアウトしてしまうのも早いです。しかし、新生児の赤ちゃんは汗をよくかき、母乳やミルクの吐き戻しや飲みこぼしなどが多いので1日に何回も着替えをさせてあげることがあります。そのため、よく使う短肌着は4〜6枚ほど用意しておくと安心ですね。

 

短肌着はいつまで使うの?

短肌着はいつまで着せる肌着なのか決まりはありません。しかし、サイズが5060cmのサイズのものが多いので、生後4〜6ヶ月くらいまで着せることが多いです。

首がしっかりとすわるようになり、赤ちゃんも体を動かすようになると寝かせたままのお着替えが難しくなってきます。そのタイミングで短肌着を卒業して、かぶるタイプやロンパースなどの肌着にかえるママが多いですね。

赤ちゃんの成長や、季節に合わせていつまで着せるかを決めてくださいね。

 

短肌着を卒業したら着るもの

新生児用の肌着が着れなくなったら、なにを着せればいいの?と、悩むママさんも多いのではないでしょうか?

卒業してからの肌着には3種類のタイプがあります。着せやすさや季節などによってどのタイプにするか選んでみてくださいね。

 

ロンパース

ロンパースは上下がつながったタイプで、股下でスナップボタンをとめるようになっています。赤ちゃんが動いたりしてもはだける心配がないので多くのママが活用していますよ。ボディースーツとも呼ばれます。

 

 

前開きタイプ

前開きタイプは真ん中にスナップボタンがついているので、首がまだしっかりとすわっていない赤ちゃんでもすんなり着せてあげることができます。メーカーによってはワンタッチタイプで、マジックテープで簡単にお着替えが完了できる肌着もありますよ。

掛け違いがないように、スナップボタンに色分けされたボタンを使うなどママには大助かりのアイディア商品もたくさん売られています。

 

 

被りタイプ

被りタイプは首がしっかりすわっている赤ちゃんにおすすめの肌着です。どの種類も半袖や長袖、生地にも種類がありますので季節にあった肌着を選んであげてくださいね。

寒い冬場などには肌着の上にカバーオールなどを着させてあげましょう。

 

赤ちゃんに着心地の良い短肌着を購入しよう!

初めてのお子さんのママさんにとって、赤ちゃんの肌着は何を着せたらいいの?、いつまで着せたらいいの?と悩みがたくさんありますよね。

ママのお腹から出てきてすぐに必要になる肌着は赤ちゃんが快適に安心できる素材を選んであげたいと思うのではないでしょうか?短肌着は1年通して使えるとても便利な肌着です。ママの好みに合わせて色や柄を選ぶのも楽しいですね。また、短肌着と長肌着、短肌着とコンビ肌着という組み合わせでセット売りもよく見かけますよ。毎日使う肌着はセット買いもおすすめですね。

あっという間に大きくなってしまう赤ちゃん。今の時期を赤ちゃんと一緒にたくさん楽しんでくださいね!

 

▼smarby取り扱いの肌着はこちら▼
肌着 smarby通販ページ

 

▼smarby取り扱いの日本製肌着特集はこちら▼
日本製の肌着特集♪安心のMADE IN JAPAN♡安心の日本製のお洋服♪

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事こちら▼

綿100%子供用肌着の魅力を伝授 〜赤ちゃんも安心のおすすめ肌着11選〜

【2018年最新】おすすめ日本製ベビー服ブランド5選

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami