1歳児におすすめの人気絵本10選!選び方や読み聞かせのポイントもご紹介

1歳児におすすめの人気絵本10選!選び方や読み聞かせのポイントもご紹介

絵本の読み聞かせは赤ちゃんの発達を促し、情緒面にも良い影響を与えてくれます。人気のある絵本、子供が興味を示す絵本など、たくさんの絵本を読んであげたいですね。

しかし『1歳の赤ちゃんにどんな絵本を読んであげたらいいかわからない』と本屋さんで迷ってしまった経験はありませんか?また、『どうやって読んだらいいかわからない』と悩んだ経験はありませんか?

今回はそんなママにおすすめの絵本や赤ちゃんに人気の絵本を紹介!また、絵本の選び方、また読み聞かせるときに親子で楽しむためのポイントをご紹介いたします。


▼1歳児におすすめの知育玩具はこちら▼
1歳児におすすめの知育玩具12選〜手作りも買うのもよし〜

Contents

 

1歳児におすすめの絵本10

 では、実際に私の子供が1歳の時に選んだ本や、読んで反応が良かった本を10冊ご紹介いたします。価格は全て税抜きの額を記載しています。

 

1.『まるくておいしいよ』

作:こにしえいこ 
出版社:福音館書店
価格:700円

クッキー・ケーキ・のり巻きなど、1歳児でもよく知っている丸くておいしいものがたくさん出てくる絵本です。

ストーリーではなく、絵がメインの絵本なので、一気に全部読み聞かせてあげなくても大丈夫な絵本です。

「丸だよ」「緑色だね」「なんだと思う?」など話しかけながら読み聞かせてみてください。

『まるくておいしいよ』 楽天通販ページ

 

 

2.『だるまさんが』

作:かがくいひろし 
出版社:ブロンズ新社
価格:850円

「だるまさんが」の次のページには、ぷしゅーと伸びただるまさんがいたり、転んだだるまさんがいたりします。「だるまさんが」の後に登場するだるまさんを想像しながら、わくわくどきどき。

真似して体を動かしやすい絵本です。「だるまさんが~」の時に一緒に揺らしてあげたり、読み手が揺れて語尾を上げながら「が~」というと期待感をあおり楽しそうにします。もうすぐ1歳になる息子は「どてっ」と転ぶところで必ず声をあげて笑います。

『だるまさんが』 楽天通販ページ

 

同じだるまさんシリーズの絵本で、『だるまさんと』・『だるまさんの』もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

『だるまさんの』 楽天通販ページ

 

『だるまさんと』 楽天通販ページ

 

 

3.『くっついた』

作:三浦太郎 
出版社:こぐま社
価格:800円

ページをめくると、ゾウ・サル・金魚など様々な動物がそれぞれのやり方で、くっついた。

シンプルな展開だからこそ1歳児にもわかりやすく、ページをめくる前から次の展開を予想してワクワクしています。そしてこの本の一番の魅力は、本を読むことでこどもとスキンシップを図ることができるという点です。

「わあ!とれなくなっちゃったよ!」などと言ってぎゅうぎゅうしてあげると、我が家のこどもたちは3人ともにやにやと嬉しそうです。

『くっついた』 楽天通販ページ

 

 

4.『じゃあじゃあびりびり』

作:まついのりこ 
出版社:偕成社
価格:600円

水道から水が「じゃあじゃあ」流れる音
雷が「ごろごろ」
踏切が「かんかん」

身近なものが出す音を表現した絵本です。音から絵やものを認識できる魔法の絵本は、サイズも小さく、おすすめです。

この絵本を体感するお出かけも1歳児が喜ぶこと間違いなし。我が家では本を指さすときと本物を指さすときがあります。

『じゃあじゃあびりびり』 楽天通販ページ

 

 

5.『ぴょーん』

作:まつおかたつひで
出版社:ポプラ社
価格:780円

ページをめくると、
かえるが、
バッタが、
犬が、ぴょーん
といろんな動物が「ぴょーん」と跳ねます。

赤ちゃんは「次は何の動物が飛ぶのかな?」とワクワクしながらページをめくります。

また体を使って真似をしやすい絵本なのでまだ飛べない1歳前でも体をひゅっと伸ばしたり、娘たちは銘々ジャンプしたりして遊んでいます。

『ぴょーん』 楽天通販ページ

 

 

6.『どんどこももんちゃん』

作:とよたかずひこ 
出版社:童心社
価格:800円

「どんどこどんどこ」とずんずん進むももんちゃん。我が家は3人とも、ももんちゃんが自分の体より大きなくまをたおすシーンが好きでひっくり返るくまを見てげらげら笑います。

『どんどこももんちゃん』 楽天通販ページ

 

 

7.『ちいさいまるちゃんくるり』

作:LaZOO 
出版社:教育画劇
価格:760円

あまり有名ではないかもしれませんが、長女が1歳の頃に読んだ本の中で一番回数が多いものでした。色とりどりの色とかわいい丸、そしてページごとに違うその配列は、読み方のリズムを誘います。

また、厚いページとそこに空いている小さい穴は必ず覗くし、必ず手を突っ込むのです。よく反対側から覗いたり、突っ込まれた小さい指を捕まえたりして遊びました。

『ちいさいまるちゃんくるり』 楽天通販ページ

 

8.『はらぺこあおむし ボードブック』

作:エリック・カール 訳:もりひさし
出版社:偕成社
価格:900円

1歳児にはぜひボードブックを選んでいただきたいです。自分でめくる喜びとエリックカール特有の均一ではない色遣いが、こどもの感性を刺激します。

『はらぺこあおむし ボードブック』 楽天通販ページ

 

 

9.『きんぎょがにげた』

作:五味太郎 
出版社:福音館書店
価格:900円

こどもは間違いさがしや見つけものが大好きです。「金魚どこ行った~?」と聞くと必死で探す姿や見つけたときのきらきらした顔が、親の気持ちをも明るくします。

『きんぎょがにげた』 楽天通販ページ

 

 

10.『おいしいおと』

文:三宮麻由子 作:ふくしまあきえ 
出版社:福音館書店
価格:900円

身近な食べ物のが1ページにひとつで分かりやすいですし、何よりそれを食べる擬音が秀逸です。ぜひ親子で音を口に出しながら食べる真似をしてほしいです。

『おいしいおと』 楽天通販ページ

 

1歳児向けの絵本の選び方 

ここまでおすすめの本を紹介しましたが、新しい絵本を買う際、どんな絵本を選んであげたらよいのでしょうか。本記事のおすすめ絵本は以下のポイントを重視して選びました!1歳児向け絵本を選ぶ際の参考になれば幸いです。

 

絵と言葉との結びつきを理解

1歳を過ぎると、絵と言葉を結び付けられるようになってきます。

指さしも始まるので、自分が知っているものが絵本に出てくると、指をさして喜ぶこともあるかもしれません。1歳の頃の絵本はこどもにとって身近なものが描かれたものがおすすめです。

また、1ページに絵がひとつというような、絵とことばが対応させやすく、親子で指さしをしやすいものがよいでしょう。

言葉が出始める時期なので動物や果物・乗り物・身の回りのものなど、こどもがよく知っているものが描かれているものを「これ、りんごだね」「わんわんどこ?」など会話しながら読むことも、こどもにとって楽しい遊びの一つであり絵本を読み通すための布石となります。

まねっこを始める時期でもあるので、お着替えや歯磨きなど生活場面が出てくる絵本も楽しめますし、絵本と同じように歯を磨いたり髪をとかしたりすることも、絵本が楽しくなる遊びの一つです。

 

 

1歳児の発達に合った絵本の特徴

・身近なものが書かれた絵本

・はっきりとした色・絵の絵本

・絵と言葉を対応させやすい絵本

・生活場面が描かれた絵本  

 

絵本を読み聞かせる際のポイント 

いざ読み聞かせるとき、どのように読めばよいか迷うことはありませんか?ここでは、1歳児の特徴に合わせた読み聞かせの方法をご紹介いたします。

 

読み聞かせでコミュニケーションを楽しむ

絵本の読み聞かせは、こどもに語りかけ会話を楽しむためのツールです。

読み聞かせるとき、コミュニケーションに大切なアイコンタクトをしやすいという理由から、こどもと親が並んで座り二人の間に絵本を置くのがおすすめです。

1歳を過ぎると、こどもは絵本で得た感動や発見を指差しとアイコンタクトで伝えてきます。
その時に目線を合わせ「この前動物園で見たね」など、こどもの気持ちや経験を代弁してあげると、親子で楽しさを共有することができるのです。

 

 

読み聞かせで言葉を楽しむ

読み聞かせの基本は『本文以外の言葉を挟まないこと』です。
アドリブを入れず毎回同じトーンやリズムで読むことで、こどもは次第に『次はこれが来るぞ』と楽しめるようになります。

しかし、乳児のうちは『楽しい』ことが大前提です。
きっちり読み通すことにこだわらず、遊びや会話の延長から徐々に読み聞かせの形へと進んでいってください。
お気に入りのページばかり見たがる場合も同じです。

好きなページで遊んでいるのだと捉えてあげてください。

文を読むペースは、ゆっくりと。言葉が聞き取れるように、はっきり丁寧に読みます。

 

 

読み聞かせの絵を楽しむ

赤ちゃんやこども時代に出会った絵本は、将来の美的センスに影響を与えるといいます。その観点からこどもが楽しめる絵本には具体的に以下のようなポイントがあります。

〈見る力を育てる絵本選びのポイント〉

 ・ひとつのページに絵がひとつ

 ・背景が描かれていない(注意が散漫になるため)

 ・色鮮やかでクリア

 ・コントラストのある絵

 ・シンプルな形

 ・よく見るものが描かれている

 

 

絵本に集中できない子供には

集中できず、すぐに絵本を嫌がってしまう子には、まずは最初から最後までを一度に1冊を読みきろうとせず、気になるページや車やぬいぐるみのくまなど、手にしているおもちゃと同じものが載っているページを開き、絵を見て一緒に会話するところから始めてみてください。

そこで楽しそうな反応があれば次のページにいってみるのもよいでしょう。

私の2番目のこどもは全く絵本に集中しないタイプでしたが、成長するにつれて好きな食べ物や好きな色など、『好きな〇〇』が増え、そこから絵本の幅が広がっていきました。

同じように絵本を読まないわが子に悩んでいらっしゃる方、たまたま今は『絵本の時期』ではないだけかもしれません。読み聞かせを少しずつしながらじっくり待ってあげてくださいね。

 

子供にとって絵本は宝物

有名な『ぐりとぐら』シリーズの本の中に「本はこどものたからもの」というセリフがあります(本文は全てひらがな)。良い絵本との出会いは一生の宝物となるでしょう。

しかし、それは絵本を与えることだけで宝物となるわけではなく、良い絵本との出会いを通して親子で楽しんだ経験が、絵本を宝物にしてくれるのです。

本記事では、1歳児におすすめの絵本と読み聞かせ方をご紹介しましたがいかがでしたか。
これを読まれている方の中には、本を読むことや読み方が下手なことを気にしている方もいることでしょう。また、育児や家事に追われてゆとりのある言葉や心を持つことが難しい方もおられるかもしれません。

しかし、今回『これならやってみてもいいな』と思えることがこの記事の中にありましたら試してみてください。親子の楽しい時間の手助けになれましたら幸いです。

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

笑顔になるどころか大爆笑?!そんな話題の絵本5作品

【子供服】1歳児におすすめのブランド20選

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyアプリをダウンロード

Writer’s Profile この記事を書いた人

pinoの記事一覧