100日祝いってなに?お祝いの意味は?お食い初めのメニューとやり方

100日祝いってなに?お祝いの意味は?お食い初めのメニューとやり方



赤ちゃんが誕生してから一歳のお誕生日までの間には、赤ちゃんの健やかな成長を願って様々なお祝い事があります。

お宮参りや100日祝い、初節句、初誕生といった全ての初めてに様々なお祝い事があるので、子供の成長が嬉しい反面、パパママは準備などが大変かもしれませんね。

その中でも特にママが頭を悩ませているのは100日祝いではないでしょうか。100日祝いはお食い初めという儀式を行うので、赤ちゃん用の祝い膳を準備しなければなりません。

レストランなどで行う家庭も最近は多いようですが、自宅で行うのが一般的です。自宅でする場合は様々な料理を用意しなければなりませんのでママさんは大変です。

今回は生後100日頃に行う100日祝いについてまとめています。お食い初めのメニューや、やり方は?などと言った疑問にお答えしていきます。100日祝いを控えているパパさんママさんは是非参考になさってくださいね。

Contents

 


100日祝いとは?



赤ちゃんは1歳になるまでに様々なお祝い事があります。その理由の一つとして、昔はまだまだ現在のように医療が発達していなかったので、大人になるまで生きられない赤ちゃんが多かったという事があげられます。

「ここまで成長してくれた。これから先も無事に健康でありますように。」と、赤ちゃんの節目ごとにお祝いの行事が行われていたのです。昔も今も親が子供を思う気持ちは変わらないものですね。

そんなお祝いごとの一つが100日祝いです。地域によっては100日祝いではなく、「百日の祝い(ももかのいわい)」や「歯固め」「箸始め」などと呼ぶ事もありますが、基本的には生後100日頃にお食い初めという儀式を行い、100日まで元気に育ってくれた喜びと赤ちゃんのこれからの健やかな成長を願うお祝いです。

また、そのお食い初めのお料理や、食器なども地域によって異なることがあります。昔ながらの伝統的な行事なので、どうしても地域色が強いところもあるようですね。

親族そろって大勢でお祝いする家庭もありますが、最近ではパパさんママさんと赤ちゃんのみで、おうちでお祝いしている家庭も多いようです。

 

100日祝いですることは?

100日祝いがどのような行事なのかは大体わかってきましたが、では実際にどのような事を行うのでしょうか。

ここでは、100日祝いですることについてまとめていますので是非参考にしてみてくださいね。

 

お食い初め

 

ポンちゃんさん(@ponchan.yomepon)がシェアした投稿 -

100日祝いでは、「お食い初め」という儀式を行います。祝い膳と呼ばれる、赤ちゃんに食べさせる(儀式では食べさせる真似をするだけ)ためのお膳を用意し、料理を箸で赤ちゃんの口へと運び、食べさせる真似をします。

赤ちゃんに食べさせる真似をするのにも、順番や決まり事がありますのでパパさんママさんはしっかりと頭に入れておきましょう。

まず、親族が集まってお祝いをする場合には、その場にいる年長者に食べさせる真似をしてもらうのがしきたりです。なぜかというと、長寿にあやかるという意味があるからです。

祖父母に行ってもらう家庭がほとんどのようですね。男の子であればおじいちゃん、女の子であればおばあちゃんが膝の上に赤ちゃんを座らせて料理を食べさせる真似をします。

食べさせるお料理の順番は、『赤飯→お吸い物→赤飯→鯛→赤飯→お吸い物』といった手順で、これを3回繰り返し、最後に「歯固めの儀式」というものを行います。

 

 

歯固めの儀式

歯固めの儀式は、歯固め石に箸をちょんちょんとあてて、その箸を赤ちゃんの歯茎に優しくちょんちょんとあててあげます。

その時に「丈夫な歯が生えてきますように」と願いを込めてあげましょう。

ここまででお食い初めの一連の儀式は終了となります。

 



100日祝いで用意する食器は?


ここまでで、だいたいの流れは掴めてきましたね。では具体的に100日祝いでどんな物を用意すれば良いのかをチェックしていきましょう。

 

食器

一般的にお食い初めで使用する食器は、漆器や素焼きのものを使い、男の子用と女の子用で色が異なります。

男の子は内側と外側が朱塗りのもの、女の子は内側が朱塗り、外側が黒塗りのもの。しかしこちらの食器も地域によっては逆の場合もありますので確認が必要です。

お食い初め用の食器はお祝いの食器なので、その時にしか使わない事がほとんど。これからさき使う事がない食器を準備するのはもったいない!と感じるパパさんママさんも多いですよね。私ももったいないと思う親の一人です。

そんな時には離乳食用の食器や、子供用のご飯プレートなどで代用する事ももちろんOK!また、最近では木製のお食い初め用の食器なども販売されています。

もちろん離乳食や離乳食を卒業しても子供用の器として使用できるので、パパさんやママさんに人気が高いです。100日祝いのギフトとしても人気がありますよ。

100日祝い用 食器 楽天通販ページ

 

 

祝い箸

祝い箸とは、縁起が良いとされる両端が細くなっているお箸のことです。神社でお宮参りをした際に授かることもあります。

祝い箸 楽天通販ページ

 

100日祝いで用意する食事は?

一番重要な「祝い膳」です。初めて100日祝いを迎えるパパさんママさんは祝い膳にはどんな料理を準備すればいいの?

と疑問に感じているパパママも多いでしょう。ここで一般的な祝い膳のメニューとそのメニューの意味をお話していきます。

 

赤飯

昔から「赤」という色には、厄払いや魔除けなどの力があると言われています。よって赤飯は赤ちゃんがこれから病気や災難などに見舞われず、元気に大きくなりますようにという願いが込められているのです。

赤飯 楽天通販ページ

 

 

はまぐりのお吸い物

二枚貝はぴったりと二枚が合わさっている事から、「将来、二枚貝のようにぴったり合う伴侶に出会えますように」という意味ではまぐりのお吸い物を用意します。

はまぐりのお吸い物 楽天通販ページ

 

 

尾頭付きの鯛

鯛は皆さんご存知のように「おめでたい(鯛)」の語呂合わせから、お祝いにはかかせないものですね。また、「首尾一貫」という意味もあります。

赤い体に白身なので、お祝いの紅白カラーという事もあり絶対に外せないメニューです。

お祝いの席では養殖鯛よりも天然鯛を選ぶほうが望ましいとされています。

尾頭付きの鯛 楽天通販ページ

 

 

煮物

煮物は地域によって材料が変わってくる事が多いです。具材によっても様々な意味がありますのでご紹介します。

・カボチャ → 飾り切りで亀の甲羅型にすることで「長寿」という意味

・里芋   → 里芋は多く小芋がなるので「子孫繁栄、子宝に恵まれる」という意味があります。

・黒豆   → 赤と同じく黒も魔除けの色です。邪気を払い、病気や怪我をしませんようにという意味が込められています。

この他にもまだまだありますが、このように子供の幸せや健康を願い材料を選び煮物を作りましょう。筑前煮などをする地域もあります。最近では、お祝いという事からケーキなども準備する家庭も増えています。

家族のお祝いですので、ママさんのアレンジなどを加えて豪華にお祝いしてあげるのも素敵ですね。

100日祝い 煮物 楽天通販ページ

 

100日祝いで用意する歯固め石

お食い初めの中では「歯固めの儀式」というものを行います。

石はお宮参りをした神社などから授かる場合もありますが、そうでない場合には近所の氏神様の境内から拾い、授かることも良いとされています。お食い初めが終わったらきちんと境内にお返しするようにしましょう。

その他、最近ではネットショッピングでも歯固め石を販売していますので購入して準備してあげるという方法もあります。

歯固め石 楽天通販ページ

 

 

歯固め石以外に使うもの

しかし地域によっては、歯固め石では無く別の食べ物を使う地域もあるようです。

・梅干し → 梅干しのシワを顔のシワに例え、シワができるまで長生きできますように。という意味が込められています。

・タコ  → タコは「多幸」という語呂合わせと、「タコのように固いものが食べられる丈夫な歯が生えますように」という意味があります。

他にもまだまだありますが、このように地域によってかなり違いがあるので、確認できる場合は一度親族に確認してみると良いでしょう。

 


100日祝いの儀式終了後は?



一連の儀式が終了したら、是非記念写真を撮っておくことをオススメします。ママさんが頑張って用意した豪華な料理、家族の幸せそうな笑顔を思い出として残しておきましょう。

赤ちゃんが大きくなった時に、自分はこんなに両親に大切にしてもらっているんだなぁと実感できますし、家族の素敵な思い出になる事間違いありません。

用意した祝い膳は、儀式終了後に大人達で食べてしまいましょう。親族が集まっていれば、そのまま食事会をする家庭もあるようです。

▼撮った写真の保管方法はこちらでご紹介▼
大量の子供の写真とデータどうする!?人気アルバムや整理術を大公開!

 

100日祝いは豪華さよりも気持ちが大事!


今回は100日祝い、お食い初めについてまとめてきました。ご紹介しているのは一般的な100日祝いについてです。

お住まいの地域によってはメニューや方法も異なる地域もあるかもしれません。親族で集まってお祝いをするという家庭は、詳しい方に一度確認しておくことをおすすめします。

最近では「お食い初め」と検索すると、手作りでとっても豪華な料理を作っている方も多いですよね。こんな料理作れない…と頭を抱えているママさんもいるかもしれませんが、大切なのは我が子を思う気持ちです。

綺麗に作れなくても、「これから先、食べ物に困らず元気に成長してくれますように」と思いを込めて準備してあげる事が何より大切なのです。

レストランなどで豪華にお祝いも良いですが、ママさんの気持ちのこもった手作り料理は赤ちゃんも喜んでくれるはず。

伝統的な行事として行う100日祝いですが、無理をしてママさんの辛い思い出にならないように、楽しい家族の思い出として残せると良いですね。

一生に一度の赤ちゃんの100日祝いが素敵な思い出になりますように。

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

パーティーの飾り付けは風船で可愛く!〜子供のお誕生日会にもぴったり〜

【ハーフバースデーのお祝い】写真館や離乳食ケーキ・飾り付け等10選!

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyアプリをダウンロード

Writer’s Profile この記事を書いた人

yusukeの記事一覧