【七五三の親の服装はカジュアルでいいの?】答えと理由をズバリ説明します!

【七五三の親の服装はカジュアルでいいの?】答えと理由をズバリ説明します!

最終更新日 2019-11-06 by smarby編集部

子供が初めて和装すると言っても過言ではない、子供の成長と健康を祝う七五三は日本の伝統行事。我が子にはとっておきのおめかしを♡でも父親・母親の服装はどうしたら…?特にママはスーツ・ワンピース・着物など、正装の中でも選択肢が多岐に渡るので本当に難しいですよね。

そんな悩みを解消するべく今回は「七五三の親の服装」について調べました!カジュアルな服装でもOKか?はたまた正装か?答えはこちらです。

 

七五三について

七五三のお参りをする女の子

「どんな服装が好ましいのか」の答えを出す鍵は、七五三とはどんな行事なのか・何をするのかを理解する必要があります。
子供を持って初めてきちんと調べるパパママも多いのではないでしょうか。詳しく学んで行きましょう!

 

 

お祝いをする理由

3歳・5歳・7歳に行われる日本の年中行事の七五三。子供の成長の節目として、「ここまで無事に大きくなれたこと」「健やかな成長をこれからも願う」これらの意味をもって、氏神様や神社にお参りをすることが七五三のお祝いをする所以です。子供の伝統行事として日本に根付いている文化ですね。

 

 

七五三はいつ?

服装に大きな影響を与える七五三を行う時期は、11月15日。パパママの仕事があったりママが下の子を妊娠中で体調がすぐれないなど、必ずしも都合がつくとは限りません。近年では10月中旬〜11月前半の吉日や土日祝日でお祝いすることが多いですよ。長袖の時期が一般的ということになりますね。

筆者の友人には、写真撮影が安く神社も空いているという理由で1月に行ったママがいましたよ。ライフスタイルや家族のスケジュールに合わせて柔軟に決めるとよいでしょう。

 

 

七五三のお祝いの仕方

もっともポピュラーなのは、神社での参拝・家族の記念撮影・お食事この3つです。
参拝と写真撮影を行ってから普段着に着替えて食事の順が、スムーズな七五三を行うポイントですよ。窮屈な思いをすることなく汚れも気にしなくて済みますね。神社では本殿に上がり祈祷を受けるご家族が多いと思われます。神社に赴くということは、神様へご挨拶するということ。礼を尽くす服装が望ましい気がしてきますね?

いよいよ次に父親・母親の服装について迫っていきたいと思います。

 

七五三の母親の服装の正解とは

華やかな式典・子供が主役ということを念頭におくと、ベストなのは「上品な華やかさ」「フォーマル感」があること。

つまりカジュアルであるのは好ましくないでしょう。
以上のポイントを意識すると神社へ行っても失礼がないでしょう。地域的なものやご主人のご両親の考えがあるかもしれないので先にお伺いを立ててみても◎。
では具体的にどんな服装がいいのか、見て行きましょう。

 

スーツ

 

yokoさん(@yoko_leafchild)がシェアした投稿

洋装の代表、スーツ。華やかさが出るように明るめのグレーや白、ベージュなどがおすすめです。何年か後の小学校の入学式にも着られるので、先を見据えて購入すると実はコスパが良かったりしますよ。

黒が無難かな?と思ってしまいがちですが、出来上がった写真を見て暗い・華やかさがないと後悔するママが多いようです。実際にブラックフォーマルのママは少なかったとの意見も多く聞かれます。顔まわりが明るくなる柔らかい色合いだと素敵ですね♪
地味な印象がある場合には、パールのネックレスや上品なピアス・イヤリングなどアクセサリー使いで華やかさを演出してみてください。

 

 

ワンピース

 

COCOさん(@rococo39)がシェアした投稿

綺麗めなコーディネートというと思い浮かぶワンピーススタイルも人気の装い。正式な場なのでジャケットは必須になります。
控えめな淡いカラーや、ブラックのように暗すぎないネイビーが上品でおすすめです。丈は長すぎず短すぎない膝丈を基準とするとよいでしょう。

 

 

着物

 

eriさん(@07n_02e)がシェアした投稿

子供に合わせて和装のセレクトもとっても素敵。子供の世話につきっきりになる心配がなければ、普段着る機会がないのでぜひおすすめしたい日本ならではの正装です。

結婚式の新郎新婦の両親が着るいわゆる黒留袖は、かしこまりすぎとの意見が多いので避けるのがベター。小紋・訪問着・付け下げ・色無地などのセミフォーマル感のある着物を選びましょう。柄物など子供より目立つのはNGです。
爽やかで上品なピンクや水色、落ち着いたグリーンやベージュなどが人気のカラーです。

▼ママの和装に関するおすすめの記事はこちら▼
一気に主役、出産後ママは「和服美人の始まり!」

 

母親の服装に合わせた靴とバッグを身につけよう

ママの準備は大変です。洋服が決まったら次は靴とかばん問題。特に靴はNG事項があるので注意が必要です。マナーを守った小物選びをしましょう。
失敗しない選び方は服と合わせた色選び。統一感が出ておしゃれに見えますよ。

 

洋装の靴について

 

KOiKE SAYURiさん(@nekoneko_saritan)がシェアした投稿

パンツスーツでもワンピースでも共通する靴事情は、以下のポイントをおさえましょう。ストッキングはベージュが正解です。

・つま先の空いた靴はNG
・パンプスがベター
・ヒールは5cmが脚を綺麗に見せてくれるおすすめの高さ
・子供が小さいママはヒール3cmでもOK
・妊娠中のママはヒールなしのぺたんこでもOK

 

 

フォーマル感を意識したバッグ選びを

入学式・卒園式など今後の式典を見据えて、使いまわせるものを選ぶのが賢いママ!人気色は服装を選ばない黒のフォーマルバッグと明るい雰囲気が好印象のベージュ。

子供の荷物は別途サブバッグに入れるか、大きめのきちんと感のあるバッグを最初から選ぶかの2択になると思いますので、何を入れるのかを決めてから選びましょう。着物に合うバッグがない場合は洋装用のバッグを合わせても◎ですよ。

 

七五三の父親の服装は何を着るべき?

母親と同様にフォーマル感を意識しつつ、「清潔感」にも気を配るとよいでしょう。Yシャツがヨレたり、襟が汚れたりしていませんか?和装の場合はシワが目立ったりしていませんか?パパのおすすめの服装はこちらです。

 

ダーク系のスーツ

男性の正装と言えばスーツですよね。ネイビーやグレーといった、落ち着き感のある色合いを着るパパが最も多いそうですよ。
ネクタイもしっかりと締めましょう。写真写りを考慮して、顔まわりが明るくなるボルドーなどの光沢感のある華やかな色がおすすめです。
水色や薄ピンクなど、シャツで遊び心をプラスしても◎です。足元はベーシックに革靴を合わせましょう。

 

 

和装

パパの着物の選び方のポイントはママと同様に「子供より格下を選ぶこと」。
着物には「格」というものがあり、主役の子供と同等の着物やそれより上を着ることは良しとされていません。おすすめは紋無しの羽織袴。
男性の和服姿はそれだけでも目を引くので、落ち着いた控えめな色を選ぶとよいでしょう。なかなか着る機会がない着物はレンタルを利用をおすすめします!

 

両親の服装で注意するべきこと

悩む日本人の夫婦

最後に父親・母親2人並んだ時の服装について気をつけるべきことをご紹介しますね。両親ともに服装を揃えること、色使いがポイントになります。

 

格を揃える

例えば父親が着物、母親がカジュアル目のワンピースでは夫婦の格が合わずバラバラで残念なことに…。
母親がフォーマルスーツなら父親もそれに見合うフォーマルスーツを。
母親がワンピーススタイルなら父親はビジネススーツを。
夫婦揃っての格を揃えることを意識するのが正解のコーディネートです。

 

 

子供よりも目立たないこと

七五三の主役はあくまで子供。親は付き添いの感覚で一歩引いた服装だと子が引き立ち、写真撮影でもバランスが取れますよ。
セレモニー感のある明るい色を意識しながら、派手すぎない淡い色を選びましょう。

 

 

ヘアスタイルも決めていくこと

しっかりした洋服にぼさぼさの頭では上品な華やかさを演出することはできません。しっかりとヘアスタイルも固めたりまとめたりして、TPOを踏まえた装いで行くようにしましょう。

洋装にする?それとも和装?統一感を出した服装で七五三を迎えよう!

七五三のグラフィックデザイン

いかがでしたか?疑問は解消できましたか?
「格」という言葉が出ると難しいと構えてしまいがちですが、堅苦しくなりすぎずにきちんと感のある服装を心がければ大丈夫ですよ♪
子供の晴れの日の七五三は、我が子の成長をひしと感じるパパママにとって心にぐっとくる一大イベント。家族みんなとっておきの服装で、素敵な思い出に残る1日を過ごしましょう!

 

▼smarbyおすすめのタンクワンピース特集はこちら▼
タンクワンピース特集☆夏のママは涼しげで身軽なコーデがマスト!

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami