赤ちゃんはいつからアイスを食べられるの?注意点やおすすめ商品をご紹介

赤ちゃんはいつからアイスを食べられるの?注意点やおすすめ商品をご紹介

暑い時期に食べたくなるアイス。特にアイスクリームはミルク感が強いので、赤ちゃんも喜びそう!と思うママさんもいると思います。

しかし、赤ちゃんはアイスを食べても大丈夫なのでしょうか?赤ちゃんはアレルギーなどにも気をつけなければいけないので、食べさせる前にしっかり調べておきたいところです。

そこで今回は、赤ちゃんにアイスを食べさせられる時期や注意点・最適なアイスを紹介していきます。

Contents

 

いつ頃から赤ちゃんにアイスを食べせていいの?

赤ちゃんにアイスを食べさせ始める時期は、ママさんによっても違います。この時期になれば食べさせても良いという決まりはありませんが、手作りのアイスやシンプルなバニラアイスなら1歳からが目安になります。

また、保育園に預けていると、1歳でアイスをあげるところもあるので食べさせても安心な時期だといえます。

しかし、市販のアイスを食べさせる場合は、アレルギーや糖分のことを考えると2歳以降にすると決めているママさんも中にはいます。

 

赤ちゃんにアイスを食べさせる注意点

赤ちゃんにアイスを初めて食べさせる時に注意すべき点をご紹介します。

 

アイスの種類を把握する

アイスの種類はは4種類に分けられ、乳固形分や乳脂肪分の量で呼び方が変わります。

一番ミルク感が強いのがアイスクリームで、それより口の中で溶けやすいのがアイスミルク・さっぱりとしたミルク感があるのがラクトアイスです。

また、乳脂肪分をほとんど含まずに果汁などが入っているアイスキャンディーなどは氷菓と呼ばれています。

1歳頃の赤ちゃんには乳固形分や乳脂肪分の少ないアイスがさっぱりしていて良いかもしれません。最近では、アレルギー成分が不使用のアイスや豆乳などでヘルシーにできているアイスも販売されているので赤ちゃんにおすすめです。

 

 

アレルギーに注意

アイスを初めて食べさせる時に注意したいのがアレルギーです。赤ちゃんの時期はデリケートなので、食べさせたらアレルギーが出てしまったということもあります。特にアイスクリームには牛乳や生卵が使われているので注意が必要です。

食べ物にアレルギーが多いなどアレルギーの疑いがある場合は無理に食べさせず、少し様子を見てアレルギーがないと判明してから食べさせはじめても良いでしょう。

アレルギーが気になるという場合は、アレルギー成分が不使用のアイスキャンディーなども販売されているのでおすすめです。

 

 

はちみつ

1歳未満でアイスをあげたいなら、はちみつにも要注意です。はちみつは一見健康に良さそうですが、「ボツリヌス菌」が含まれています。

1歳未満の赤ちゃんは、腸内環境がまだ未熟なので乳児ボツリヌス症を引き起こしてしまいます。

そういった事態を避けるためにも、アイスクリームの成分表を確認してはちみつが入っていないかを確認してから与えるようにしましょう。

 

 

食べさせる量

アイスクリームには糖分が多く含まれています。1歳の男女に与えていいおやつの量は、1日に50g〜55gで95kcal前後になります。あげすぎてしまうと太ったり、健康にも良くありません。

特に市販のアイスの場合は、糖分や脂肪分が多いので3歳まではほんとうに少しで充分なのです。

さらに、アイスの冷たさが胃に刺激となってしまう可能性があります。食べさせ過ぎてしまうと、下痢を引き起こすこともあるので注意して適量をあげるようにしましょう。

 

 

着色料に注意

赤ちゃんにアイスを食べさせるなら、原材料を見て合成着色料を使っているかどうかを確認しましょう。

合成着色料には赤・青・黄・カラメルがありますが、アレルギーを引き起こしたり健康に影響を与えると懸念されています。

明らかに着色料が入っているようなカラフルなアイスなどは、成長中の赤ちゃんに与えるの少しは避けるようにしましょう。

 

 

食後の歯磨きにを忘れない

アイスは糖分をたくさん含んでいます。赤ちゃんに食べさせるなら虫歯に注意する必要があります。せっかく生えてきた乳歯を虫歯にしたくはないですよね。

アイスを食べた後の歯磨きはしっかり行うように気をつけてあげるようにしましょう。

 

赤ちゃんに最適なアイスは?

赤ちゃんに最適なアイスは、手作りのアイスです。どんな材料が入っているかも把握できるので、赤ちゃんにも安心して食べさせることができます。

では具体的にはどのような手作りアイスが良いのでしょうか。いくつか紹介します。

 

ヨーグルトを使ったアイス

 

LiLyさん(@le_pain.lilipuru)がシェアした投稿 -

ヨーグルトとバナナ・ヨーグルトとベリーなど、ヨーグルトと一緒に好きな冷凍フルーツをスムージーを作る機械でミックスするたけで完成します。

自然の甘みを楽しめ、とてもヘルシーなので赤ちゃんにもおすすめです。アイスのように濃厚さはありませんが、さっぱりしていて食べやすいです。

 

 

豆乳を使ったアイス

 

fishida.shonanさん(@shonan124)がシェアした投稿 -

牛乳を飲むとお腹を下してしまうという場合は、豆乳に変えてアイスを作ることもできます。

さらに、入れる糖分の量は抑えることで、カロリーも低く赤ちゃんにもあげやすいアイスが完成します。アイスクリームメーカーを使うと簡単に作れるのでおすすめです。

 

 

冷凍フルーツアイス

 

@pittopiがシェアした投稿 -

パイナップルやブルーベリーなどのフルーツを冷凍するだけで、冷たいアイスになります。砂糖なども入っていないので、フルーツ本来の味を楽しめます。簡単に作れ、あげていても安心なのが嬉しいポイント。

1歳ではまだアイスクリームを食べさせるのに抵抗があるけど、冷たいものをあげたい場合にぴったりです。

 

手作りするベビー用アイスの素

ピジョン 赤ちゃんのぷちアイス ミルク&バニラ

ベビーグッズで人気のピジョンから販売されているベビー用アイスです。

手作りするタイプですが、着色料や保存料も無添加・甘さひかえめ・乳脂肪50%オフと、赤ちゃんに安心して食べさせることができます。アイスの素に牛乳を混ぜてつくるだけなので簡単。

赤ちゃんの初めてのアイスとして役立ちます。大人と同じアイスをあげるのは気になる…という場合におすすめの商品です。

ピジョン 赤ちゃんのぷちアイス ミルク&バニラ 楽天通販ページ

 

赤ちゃんにおすすめの市販のアイス5選

市販のアイスは3歳ほどまで与えたくないと考えているママさんもいらっしゃいます。しかし、なかなか手作りできないという事もあると思います。

市販のアイスでもどんな成分が入っているかを確認してから購入し、与える量に気をつければ大丈夫です。

ここからは、赤ちゃんでも食べられる市販のアイスをいくつか紹介していきます。

 

それいけ!アンパンマン 明治 元気わくわくキッズアイス

明治が販売しているキッズアイスです。

青りんご&りんご・ぶどう&りんご・やさいりんご&りんごの3種類が合計15本入っています。

アレルギー原料不使用なので安心して子供に食べさせられる商品です。さらに、オリゴ糖を配合していて、お腹の健康も考えられています。

小さい棒付きキャンディーなので、食べさせ過ぎずにすむのが嬉しいポイントです。また、可愛いアイスキャンディーなので、赤ちゃんから子供におすすめです。

それいけ!アンパンマン 明治 元気わくわくキッズアイス 楽天通販ページ

 

 

オーガニックビオアイス

オーガニックにこだわった食品を取り扱っているイタリアの、LA FINESTRA SUL CIELO社のアイスキャンディーです。

はちみつや卵・乳製品などのアレルギー成分だけでなく、砂糖や合成添加物を使っていないので赤ちゃんにも安心して食べさせることができます。

赤ちゃんに1本全てあげるのは多すぎるので、小さなお皿に取り分けて適量をあげるようにしましょう。

甘みはぶどう果汁のみなので、赤ちゃんにあげるアイスとしておすすめ!家族みんなでも楽しめるのでぜひ食べてみてほしい商品です。

オーガニックビオアイス 楽天通販ページ

 

 

りんごちゃん&グレープル

チューペットタイプのアイスです。添加物に弱い子供のころを考えて開発されているので、砂糖不使用・無添加でつくられています。子供に安心安全のアイスを食べさせたいというママさんからも人気がある商品です。

果汁100%で、果物の程よい甘みがあります。アトピーで砂糖などがあまり摂取させたくないという場合でも安心。

1本を半分に割って食べられるのがチューペットのメリットです。分け合って食べられますが、少し溶かしてお皿に入れて食べさせてあげると赤ちゃんも食べやすいでしょう。

りんごちゃん&グレープル 楽天通販ページ

 

 

野菜シャーベット

乳製品不使用で、野菜を使ったシャーベットです。着色料や保存料などの添加物不使用なので赤ちゃんにも安心して食べさせられます。

セロリやパプリカ・かぼちゃなどのキレイな色が出ていて見た目もおしゃれ。野菜とフルーツを組み合わせて作られているので、食べやすくつくられています。

野菜があまり好きじゃないという赤ちゃんにもおすすめです。高級感があるので、赤ちゃんがいる友達へのギフトとしても喜ばれる商品です。

野菜シャーベット 楽天通販ページ

 

 

マルサンアイの豆乳アイス

砂糖不使用・乳成分不使用なのでカロリーも抑えられている豆乳アイスです。後味もさっぱりとしているので食べやすいのがおすすめポイント。豆乳にはタンパク質が豊富に含まれているなど 栄養価も高いので赤ちゃんにもぴったり。

スーパーなどで販売しているアイスよりは価格が高いので、赤ちゃんがいるお宅へのギフトとしても役立つ商品です。

マルサンアイの豆乳アイス 楽天通販ページ

 

赤ちゃんにぴったりのアイスを見つけて食べさせてあげよう!

赤ちゃんにいつからアイスを食べさせるかは、家庭によってそれぞれです。もし、1歳を過ぎた赤ちゃんに初めてアイスをあげるなら、まずは手作りアイスがおすすめします。砂糖なども不使用で作れるので、成分などが気になるママさんも安心できます。

市販のアイスをあげてみようかなと思ったら、なるべく無添加など添加物があまり入っていないようなアイスを選んで適量をあげるようにしましょう。

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

哺乳瓶はいつまでに卒業??先輩ママさんの体験談あり!!

【簡単】子供も喜ぶ手作りお菓子!休日に親子で一緒に作ろう♪

Writer’s Profile この記事を書いた人

yusukeの記事一覧