お弁当袋の作り方!100均手ぬぐいハンカチで初心者でも簡単!

お弁当袋の作り方!100均手ぬぐいハンカチで初心者でも簡単!

最終更新日 2019-05-27 by smarby編集部

入園や入学は、我が子の成長を実感できる大切なイベントです。そしてそれは、そこまで育ててきた自分を「よく頑張った」と褒められるひとつの目安ともなります。

しかしそれと同時に、入園や入学が決まってから準備するものはたくさんあります。しかもそのサイズや数などの概要を園や学校から知らされるのは、年が明けてからのことが多いものです。

乳幼児がいるご家庭では、危なくてこどもが起きている間にミシンが出せないということもあるかもしれません。その場合、製作に充てられる時間が短くなるのでなるべく簡単に作りたいですね。

我が子はかわいく、なるべく楽しい園生活を送ってもらいたいという気持ちはあっても、袋ものの入園・入学グッズ製作はお裁縫が得意で好きなママさんでなければ、少しおっくうなのではないかと思います。今回はそんなママさんでも簡単に手作りできるお弁当袋の作り方をご紹介いたします。

サイズを測らずに簡単に手作りできることでママさんの負担を減らし、巾着タイプのお弁当入れにすることで、こどもの「自分でできた!!」を応援できるところがポイントです!

▼手作り通園バッグに関する記事はこちら▼
通園バッグを手作りしたい♡事前リサーチはじめよう【入園準備】

Contents

 

お弁当袋を作るのは初心者には難しいの?

いいえ!難しくありません。巾着というとマチがあって立体的であるために、平面的な袋ものよりも難しく感じるかもしれません。しかし、まっすぐ(多少ガタガタしてもオッケーです。)縫うだけの連なりでお弁当袋もできています。

インターネットには様々な作り方が載っていますが、今回は100均の手ぬぐいハンカチを使って巾着タイプのお弁当袋を作ります。それは、初心者の私にとって意外に難しかった『サイズを測る』と『裁断』ということを省き、多くの方の苦手意識に上りやすい『縫う』ことも少なくした簡単な作り方にするためです。

また、手ぬぐい素材は乾きやすく、この頃では柄に迷ってしまうほど豊富でかわいいものがそろっています。端の処理がされているものを選ぶことでなるべく縫う個所を減らせるようにしました。

柄をこどもに選んでもらうことで、通園へのモチベーションにつなげることもできるし、もちろん安価に手に入れることも魅力のひとつです。

 

どんなお弁当袋を作ることがおすすめ?

 

私の娘が通っている幼稚園の入園案内には、『園児本人が自分で開け閉めできるもの』という注釈がついていて、それによりこどもの自立を応援する方針となっています。丈夫ながら自分で開け閉めしやすいお弁当袋は、こどもの自立のみならず心を育てることにも役立つようです。

今回ご紹介する巾着型のお弁当入れは、定番の形で慣れるとなんてことありません。お弁当箱を上から出し入れするので扱いやすいですし、開ける時は口を手で開いて閉める時にはひもを引っ張るだけなので簡単です。力やコツもいらないものです!

なお、今回はできあがり寸法が横28cm×縦14cm×マチ12cmのほぼ一般的なサイズとなるよう作っています。

 

お弁当袋に必要な道具

 

100均でそろうもの

・100均手ぬぐいハンカチ(45cm×45cm)1枚
市販の大人用ハンカチでもほぼ同じサイズです

・袋用のひも(70cmを2本)
少し細めのものを使うと、摩擦が減ることでこどもは締めやすくなります。

・好きなミシン糸
布と同じ色でなくても、ベースカラーや模様と相性が良ければOK。まっすぐ縫えなくて縫い目が見えるのが気になれば、同じ色を用意してください。

・ひもとおし
必要ならば。ヘアピンで代用もできます。

 

 

その他道具

・アイロン

・ミシン
同時に使えるよう、スペースとコンセントを確保してやるとスムーズに進行します

 

初心者でも簡単!基本のお弁当袋の作り方

わかりやすいように、工程を細かく多くしました。『こんなにあるの!?』と思われるかもしれませんが、ひとつひとつは簡単な作業になります。

(●はミシンを使うところです。縫い始めと縫い終わりのそれぞれをほつれないよう結んでください)

 

ステップ1:お弁当袋にする布を用意する

今回はこちらのてぬぐいハンカチを使ってお弁当袋を作っていきます。

 

 

ステップ2:アイロンをかけ、折りじわをのばす

 

 

ステップ3:裏へ左右8cmずつ折り返し、アイロンをかける

 

 

ステップ4:内側が表になるよう半分に折ってアイロンをかける

 

 

ステップ5: ●上から4cmあけて両端を縫う。(ぬいしろだいたい1.5cm)

 

 

ステップ6:上から1.5cmを折り返してアイロンをかける

(今回はひもが細かったので1.5cmにしましたが、太いひもを使うのであれば
2cmか3cmほど折り返してください)

 

 

ステップ7:●ぬいしろ0.5cmくらいで折り返したところを縫う

 

 

ステップ8:左に90°回して左側に口がくるようにしてから、口を真横に開く

 

 

ステップ9:上下の三角の部分にアイロンをかける

 

 

ステップ10:三角の頂点から6cmのところを中心に、左右に大体6cmずつ線を引く

 

 

ステップ11:●線を引いたところを縫う

(画像は縫い目が分かりにくいので加工してあります)

 

 

ステップ12:裏返してマチの部分を整える

ここまでくればあと一息!

 

 

ステップ13:左右から合計2本のひもを通す

ちなみに、天地がある模様の場合、裏側は下のように模様が逆さまになります。
気になる場合は、チェックやストライプ、無地のものを選ぶか、
ランダムに柄の入った手ぬぐいハンカチを選ぶことをオススメします。

 

 

ステップ14: 完成!!おつかれさまでした!!

 

お弁当箱をいれてもまだ口まで余裕があるので、バナナやおにぎりやデザートのタッパーを別に入れることもできます。

 

100均手ぬぐいハンカチdeお弁当袋をつくるコツ

 

サイズを測らない代わりにアイロンをかけて布を平らにし、縫いやすくする

アイロンをかけることで歪みやヨレが軽減するので整いやすくなり、採寸をしなくても縫いやすくなります。

 

 

適度にゆっくり縫うことで『まっすぐ縫えない』という弱点を補う

ミシンをかける速度は速すぎると焦ってしまうし、遅すぎるとまっすぐ縫いにくくなります。

初めは遅めの速度で始めて、慣れたら速度を少し上げてみてください。縫い目がガタガタと左右にぶれることが少なくなります。

 

お弁当袋は簡単に作れて、心を育てる!

私が娘たちに袋ものを作るときに気を付けたのは、極力ストレスのない作り方で簡単にお弁当袋が完成し、それによって親子ともども幸せな気持ちになれるということです。

どんなに楽しみにしている入園・入学も、新しい環境に飛び込むことでしばらくの間こどもたちは不安と期待を伴って通います。今までと違う環境やお友達の中で自分の立ち位置を確立するまでは、なかなか心も安定しません。

だからこそ、「ママはそばにいられないけれど応援しているよ。」、「おうちで君の帰りを待っているよ。」と伝えられるのが手作りのいいところだと思います。

大好きなママが自分のために頑張ってお弁当袋を作ってくれている姿が、離れていてもこどもを支える力につながるといいと思います。ぜひお試しください♪

 

▼可愛いお弁当袋の取り扱いのあるユアーズアーミーワールドのアイテムはこちら▼
ユアーズアーミーワールド smarby通販ページ

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

超簡単!手ぬぐいで手作りする子供服【ミシン・型紙なし!誰でもできる!】

無料型紙で子供服を手作り♡初心者にもおすすめのアイテム8選

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami