【ニューボーンフォト】セルフの撮り方!アイテムや手作り小物もご紹介!

【ニューボーンフォト】セルフの撮り方!アイテムや手作り小物もご紹介!

最終更新日 2019-05-10 by smarby編集部

我が子が生まれた瞬間、ママやパパは言い表せないくらいの幸せに包まれます。特にママは、激しい痛みを乗り越えて我が子と対面するのですから、その感動もひとしおです。

そして、頑張ったのはママだけではありません。赤ちゃんだって頑張りました。お腹の中から出てきた直後のクシャクシャの赤ちゃんの顔は、その頑張りの勲章です。

しかし、そんな赤ちゃんの顔は1か月もすれば変わってしまいますし、フニャフニャの体も日ごとに大きくなっていってしまいます。せっかくの赤ちゃんの姿をキレイに撮りおさめておかないなんて勿体無い!

というわけで今回は、今話題のニューボーンフォトとは何か、プロ顔負けのセルフフォトの撮り方、通販で手に入る撮影アイテムや手作り小物についてご紹介したいと思います。

 

ニューボーンフォトとは∼セルフがおすすめ?∼

「ニューボーンフォト?聞いたことない…」という人も少なくないでしょう。実はこのニューボーンフォトはアメリカで流行しているもので、最近日本に上陸したばかりの新しい文化です。

それでも、生後3~4週間までのフニャフニャの赤ちゃんに可愛らしい衣装を着せたり、周りにぬいぐるみなどの小物を置いたりして記念撮影し、その写真をSNSにアップして友人たちに自分の出産を知らせているママが続々増えてきています。

そのため、ニューボーンフォトに挑戦したいと考えているプレママもやっぱり増えてきているみたいですね。

しかし、生まれて1か月も経たない赤ちゃんを連れて写真館に行って写真撮影するのはとても大変ですし、何より赤ちゃんの体に負担をかけてしまわないか心配です。

そこでおすすめしたいのが、セルフニューボーンフォト。自宅で撮影すれば、赤ちゃんに負担はかかりませんし、ママもパパも安心して撮影に臨めます。その上、ママ・パパの好きな写真を自由自在に何度だって撮れますし、何より写真館で撮るよりもずっとお財布に優しいです。

プレママの皆さんは是非、出産前に先輩ママの素敵なニューボーンフォトを参考にしながら撮影の構図やアイテムを考えてみてください。

 

ニューボーンフォト【セルフ】おすすめの撮り方8選

ではさっそく、先輩ママ・パパたちの素敵なセルフニューボーンフォトの撮影方法をご紹介していきましょう。

皆さんはどの撮り方がお好みでしょうか?

 

素敵なドレスを着せてニューボーンフォトを撮ろう!

特別な写真を撮るときには特別な衣装を。というわけで、フワフワのベビードレスを着せてパシャリと一枚撮ってあげるのも良いでしょう。

ベビードレスは真っ白で全身をスッポリ覆ってくれるものも素敵ですが、小さな体が露わになるようなスカートやパンツだけのタイプの衣装もおすすめですよ。

▼smarby取り扱いの可愛いベビー服はこちら▼
ベビー服 smarby通販ページ

 

 

お人形と一緒にニューボーンフォトを撮ろう!

小さなクマやウサギのぬいぐるみを赤ちゃんに抱かせてパシャリ。ぬいぐるみをギュッと抱きしめている赤ちゃんの姿は愛らしくてたまりません。もちろん、大きなぬいぐるみを横に寝かせておくのも良いでしょう。

数年後、ぬいぐるみで遊ぶ我が子にニューボーンフォトを見せ、「このぬいぐるみより小さかったんだよ~」と話してあげるのも楽しそうですね。

 

 

白いタオルの上でニューボーンフォトを撮ろう!

清潔感のある毛足の長いフワフワなタオルの上にコロンと寝かせてパシャリと撮影。これだけでも十分絵になりますね。

生まれたての赤ちゃんをより神秘的に演出することができますよ。

 

 

ママ・パパと一緒にニューボーンフォトを撮ろう!

生まれたばかりの赤ちゃんと赤ちゃんを抱いたママのツーショットも素敵ですが、初めての家族写真ということでパパも一緒に3人でパシャリと撮ってみるのもいいでしょう。

3人の幸せそうな笑顔を撮りおさめておけば、リビングに飾って毎日楽しむことができますし、将来我が子の結婚式なんかでも使えそうですよね。

 

 

ママとパパの指輪を足の指にかけてニューボーンフォトを撮ろう!

 

Photo studio fleugeさん(@photostudio.fleuge)がシェアした投稿

▼ベビーリングを贈ろう▼
ベビーリングが気になる【意味・選び方・人気ブランド】まで徹底解説

 

 

着ぐるみを着てニューボーンフォトを撮ろう!

ベビーニットで編まれたくまさん帽子やうさぎさん帽子、そして同じくベビーニットのパンツをはかせてパシャリと写真を撮ってあげれば、着ぐるみを着た赤ちゃんの愛らしい姿を撮りおさめることができますよ。動物だけではなく、人気のあるキャラクターの着ぐるみもおすすめです。

市販の赤ちゃんの着ぐるみにも素敵なものはたくさんありますが、この機会に編み物に挑戦してみても良いのではないでしょうか。

 

 

頭にリボンや花を添えてニューボーンフォトを撮ろう!

生まれたままの姿の赤ちゃんの頭に、そっとリボンやお花のついたヘアバンドなどをつけてあげれば、それだけで華やいだ印象の写真を撮ることができますよ。

もちろん素敵な衣装や撮影小物とセットで撮れば、ますますきれいな写真を撮ることができますよ。

また、赤ずきんちゃんを思わせるような、可愛いずきんをかぶせてあげるのも良いでしょう。

 

 

ワンコなどのペットと一緒にニューボーンフォトを撮ろう!

十分に躾がされており、赤ちゃんに対して好意的な態度をとっているペットであれば、ニューボーンフォトの引き立て役として出演させるのもおすすめです。

犬が小さな赤ちゃんを抱くようにして眠る姿や、まるで気にかけるように赤ちゃんの臭いをかぐ様子なんかは、見ていてとても癒されますよね。

 

ニューボーンフォト【セルフ】おすすめアイテム5選!手作り小物も!

なんとなくどんな構図でニューボーンフォトを撮るかを決めたら、いよいよ撮影アイテムの準備です。

しかし、産前産後は様々なものを準備しなければなりませんから、ちょっとお財布が寂しくなってしまいます。そのため、ニューボーンフォトにもできればお金をかけたくないというのが本音ですよね。

というわけで、お金をそれほどかけずに素敵な写真を撮ることができるアイテムを含め、おすすめの撮影小物を5つご紹介しましょう。

 

ぬいぐるみがニューボーンフォトにおすすめ!

 

赤ちゃんと相性抜群の撮影アイテムといえばやっぱりぬいぐるみです。特に、毛の長いふわふわモコモコのうさぎやくまのぬいぐるみは生まれたばかりの赤ちゃんにピッタリ。

また、毛糸で編んだぬいぐるみも優し気な雰囲気を醸し出してくれるのでおすすめですよ。

おもちゃ屋さんで素敵なぬいぐるみを探すのはもちろん、妊娠期間中にぬいぐるみを手作りしてみてもいいかもしれませんね。

 

 

お名前グッズを使って世界に一つのニューボーンフォトを撮ろう!

赤ちゃんが生まれたら最初にプレゼントするものといえば、お名前ですよね。そんなわけで、ニューボーンフォトを撮る際には、お名前がわかるものを小物として赤ちゃんの傍に飾っておくのもよいでしょう。

雑貨屋さんなどで扱われているアルファベットのバルーンや木の置物も素敵ですが、色画用紙などでオリジナルのネームアートを作ってみるのも素敵ですよね。

また、命名額を赤ちゃんの隣に並べれば、改まった雰囲気の一枚を撮ることができますよ。

自由に文字が貼れるペナントバナー 楽天通販ページ

 

 

バスケット型クーファンを使ったニューボーンフォトもおすすめ!

 

バスケット型のクーファンは写真映えするおすすめアイテムの1つです。

おくるみでギュギュッとくるんだ赤ちゃんをふわふわのタオルを入れたバスケットに寝かせ、周りに花や人形を飾ってあげれば、素敵なニューボーンフォトを撮ることができるでしょう。

 

 

風船を使って華やかなフォトに仕上げよう!

 

色とりどりの風船を使えば、比較的安価ににぎやかで楽しい雰囲気のニューボーンフォトを撮ることができます。

風船に赤ちゃんの名前のアルファベットを一文字ずつ貼ってみたり、模様や紙吹雪が入っている風船を使ってみたりするなどの工夫を加えれば、オンリーワンの写真になること間違いなしです。

 

 

クラウン&ティアラを使って王子様・お姫様を写真に残そう!

「手編みの帽子や着ぐるみは難易度が高そう…」と思うママやパパは多いと思いますが、レースリボンを使って作るクラウンやティアラは簡単にできちゃうのでおすすめです。

また、大きな造花をシンプルなヘアバンドにつければ簡単に華やかなヘアバンドを作ることができますし、小さな造花を編んで花冠を作るのも素敵ですよ。

レースクラウン ティアラ 楽天通販ページ

 

ニューボーンフォトをうまく撮っていい記念にしよう!

いかがでしたか?生まれたばかりのフニャフニャの赤ちゃんの姿を見られるのは、たった3~4週間だけです。その間に、記念として素敵なニューボーンフォトを残しておきたいですよね。

しかし、何かと出費がかさむ時期ですからお金をかけるのは難しいでしょう。それでも、セルフ撮影をしたり、小物を手作りしたりすれば、それほど費用をかけずにオンリーワンの素敵なニューボーンフォトを撮ることができますよ。

今回紹介した撮り方やアイテムを参考にしながら、自分だけのオリジナルニューボーンフォトを撮ってみてくださいね。

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

ハーフバースデーの記念フォト、今は可愛い≦「面白い」らしい!!?

進化系寝相アート!毎月残す月齢フォトとは…?

グラこころの「おうち写真館」って知ってる?子供の誕生日や家族記念日にぴったり☆

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami