ずりばいはいつから?はいはいとの違いやできない場合の練習方法も!

メニュー

ログイン / 新規登録

ご案内

ずりばいはいつから?はいはいとの違いやできない場合の練習方法も!

DATE
2018-08-10
WRITER
pino

赤ちゃんが産まれると、月齢に合わせてしっかり成長しているか気になってしまうものです。
ずりばいを始める時期や歩く時期などには個人差がありますが、少しでも遅れているとどうしても気になってしまうという方も多いでしょう。
うちの子は大丈夫?と不安になったり悩んだ経験はありませんか?

今回はそんな悩みや不安を解消するため、ずりばいがいつから始まるものなのかをまとめました。
できない場合の練習方法やはいはいをする時期なども詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

Contents

 

赤ちゃんのずりばいとは?

ずりばいというのは、赤ちゃんが床をほふく前進のように進む動作のことを指します。ほふく前進のように進むずりばいをする赤ちゃんが最も多いですが、中には座った姿勢のままずりばいをする赤ちゃんもいます。

一般的には、はいはいを始める前にずりばいができるようになります。
しかし、成長は個人差が大きいものです。できないからと言って焦る必要はありませんし、ずりばいをせずにはいはいができるようになる赤ちゃんもいます。

いつからできるようになるかは個人差がありますので、焦らずに赤ちゃんの成長を見守ると良いでしょう。

 

ずりばいが始まったら注意したいこと

赤ちゃんのずりばいが始まると、移動できる範囲がグッと広くなります。
そのため、家の中などでも注意しなければならないことが増えてきます。

例えば誤飲してしまいそうな電池や小さなネジなどを床に置かない、コンセントなどは見えない場所に隠しておくなどの工夫が必要になります。

また、テーブルなどの角に頭をぶつけてしまうことも多いので注意しましょう。
コーナークッションやコンセントカバーなど、便利なアイテムもたくさん販売されていますので有効に活用してみてください。

赤ちゃんは大人よりも視界が狭いため、より安全な環境を作ってあげることが大切になります。

 

ずりばいとはいはいの違いは?

ずりばいははいはいをする前に見られる行動の1つですが、はいはいとは少し違います。


ここではずりばいとはいはいの違いを紹介します。

 

1.できる時期の違い

いつからできるようになるか、その目安とされる時期に違いがあります。

ずりばいはうつ伏せや寝返りが定着してきた7~8ヶ月頃からできるようになる赤ちゃんが多いのに対し、はいはいは9か月前後でできるようになります。

もちろんこれは目安であり、全ての赤ちゃんに該当するわけではありません。
産まれた時期や大きさ、赤ちゃんの成長速度によっていつからできるかは異なります。

 

 

2.姿勢の違い

ずりばいはほふく前進のように進むため、お腹が床についている状態です。

一方ではいはいは、お腹を浮かせて進みます。はいはいの場合、手と足を使って四つん這いで移動することが多いです。
そのため、動きの見た目でも違いが分かるでしょう。

 

 

3.力を入れる場所の違い

ずりばいは主に上半身の力で動きますが、はいはいは下半身を使って動きます。
生後6ヶ月頃までは手を動かすことが多く、上半身が発達していきます。

そのため、上半身をメインで使うずりばいの方が先にできるようになることが多いです。その後、下半身が発達してくるとはいはいもできるようになっていきます。

 

ずりばいはいつからいつまで?

ずりばいがどんなものか分かると、いつからできるようになるか気になる方も多いでしょう。

目安としては生後7~8ヶ月頃が一般的ですが、できなからといって過度に心配する必要はありません。寝返りができるようになり、うつ伏せの姿勢が安定してくるとずりばいを始めます。

うつ伏せの状態でしっかり頭が上がるようになると、ずりばいが徐々にできるようになっていくでしょう。

 

赤ちゃんの成長は個人差が大きい

赤ちゃんの成長速度は個人差が大きく、その子のペースを見守ることが大切です。ずりばいだけに限らず、寝返りやお座りなどもできる時期には個人差があります。

時期だけでなく順序にも個人差があるため、あまり深く考えすぎないようにしましょう。中にはずりばいを全くしない赤ちゃんもいます。
ずりばいができなくても、順調に成長している赤ちゃんがほとんどなので心配はいりません。

 

 

ずりばいはいつまで?

ずりばいを始めるのは生後7~8ヶ月頃までですが、いつまで続くものなのでしょうか。

一般的にははいはいが始まる生後9ヶ月頃まで続きます。しかし、ずりばいをせずにはいはいをする赤ちゃんも多いです。
また、ずりばいの後にはいはいをせずに歩けるようになる赤ちゃんもいます。
そのため、明確な時期はありません。

9ヶ月頃までというのはあくまでも目安なので、長くずりばいをしていても過度に心配する必要はありません。

 

ずりばいができない場合、練習は必要?

ずりばいはいつからいつまでするか明確な決まりはありませんが、7ヶ月頃になっても全くずりばいができないと、どうしても心配になってしまいます。

だからと言って焦る必要はありませんが、気になる場合は少しずつ練習をしてみるのもおすすめです。

必ずしも練習しなければならないわけではありませんので、赤ちゃんのペースに合わせながら無理のない範囲で試してみてください。

 

練習時の注意点

ずりばいの練習をする場合、いくつの注意点があります。

まず1つ目は、長時間練習しないことです。まだまだ体力の少ない赤ちゃんに無理をさせてしまうと、思わぬ場所を怪我してしまったり体調を崩してしまうことがあります。
赤ちゃんの様子を見ながら、5~10分程度で終わらせるようにしましょう。

2つ目はお腹がいっぱいの時は避けることです。
お腹が満たされた状態で長時間うつ伏せになっていると、吐き戻してしまうことがあるからです。

うつ伏せはどうしてもお腹が圧迫されてしまうため、苦しくなってしまいます。
ミルクや母乳を飲んだ直後は避け、少し時間をおいてから練習を始めましょう。
また、練習時は必ず大人が近くにいるようにしましょう。

赤ちゃんの成長はとても早く、いつの間には動けるようになっていることも少なくありません。
行動範囲が広がれば、それだけ危険も多くなりますので注意が必要です。必ず誰かか近くで見守りましょう。

 

ずりばいの練習方法

赤ちゃんがいつからいつまでずりばいをするか分かったところで、実際の練習方法を紹介します。
ずりばいの練習方法にはさまざまなやり方がありますので、赤ちゃんやママの取り組みやすい方法を探してみてください。
まずはいろいろな方法を試し、赤ちゃんの様子を見ながら調整すると良いでしょう。

 

1.足の裏に手をあてる

足をバタバタしている場合は、足の裏に手をあてて軽く押してあげると進めるようになります。動かしているタイミングに合わせて、優しくアシストしてあげましょう。

あまり強く押してしまうと、痛がったり怪我をする場合もあります。手は添える程度にして、赤ちゃんの力で進めるようにサポートしてあげると良いでしょう。

 

 

2.目線の先に好きなおもちゃなどを置く

目線の先に好きなおもちゃなどを置くのもおすすめです。前にあるおもちゃを取ろうとして、前に進めるようになることがあります。

最初は上手くいかないことも多いですが、徐々に進めるようになるので焦らずに赤ちゃんと一緒に気長に練習しましょう。

おもちゃだけでなく、ママやパパが前に座って呼びかけるのも良いでしょう。
赤ちゃんはママやパパの声に反応するので、おもちゃを置きながら声掛けをするとより効果的です。

 

 

3.左右の手を握ってサポートする

赤ちゃんの前に座って、左右の手を握ってあげる方法もあります。無理に引っ張ったり強く握ってしまわないように注意しながら、優しくサポートしてあげましょう。

左右の手を交互に動かしてあげると、少しずつ進めるようになります。

 

 

4.声掛けをする

パパやママが声掛けをするのも大切です。
どの練習方法でもそうですが、必ずパパやママがそばにいてあげましょう。
赤ちゃんに声をかけたり話しかけながら練習を行うと、赤ちゃんも安心して動くことができます。

おもちゃなどを置いて練習するときは、思わぬ怪我をすることもあります。
必ず近くで見守ってあげるようにしてください。

 

赤ちゃんのずりばいには個人差がある

いかがでしたか?
今回は赤ちゃんがいつからいつまでずりばいをするか、その目安やできない場合の練習方法を紹介しました。

赤ちゃんにはそれぞれの成長スピードがありますので、あくまでも目安として参考にしてみてください。

ずりばいができない場合は、焦らずにゆっくりと練習してみると良いでしょう。
どんなときも、赤ちゃんの様子や気持ちを優先してあげることが大切です。
ママは些細なことでも気になってしまいますが、ゆったりとした気持ちで子育てをしてみてください。

 

▼おすすめのベビーロンパース特集はこちら▼
女の子向けベビーロンパース特集♡花柄やリボンなどキュートなモチーフ盛りだくさん!毎日をおしゃれに過ごしちゃおう♪

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

スタイはいつから使う?先輩ママさんのおすすめブランドもご紹介!

ベビーカーはいつから使えばいいの?選び方のポイントもご紹介!

【子供服】1歳児におすすめのブランド20選

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyのアプリのダウンロードはこちらから

その他のよみもの

アイテムカテゴリーで探す