ベビーカーの移動マナー!電車の乗り降りやエスカレーターについてもご紹介

ベビーカーの移動マナー!電車の乗り降りやエスカレーターについてもご紹介

普段からベビーカーを使うお母さんや、ベビーカーを使っているお母さんを見掛けた方なら一度は思う、「ベビーカーでの電車マナー」をご存知ですか?

電車内での乗り方や乗り降り、エスカレーターの使用…
電車に乗ったらどの位置にいるのが正解?乗り降りの際に注意する事は?
エレベーターがない駅ではどうしたらいいの?

周囲の目が怖くて電車に乗れない方や、仕方が無くタクシーを利用する方がいルと思います。しかし、ルールやマナーを守って乗車すればベビーカーを利用しながらの乗車は怖い物ではありません。

本記事では、電車やエスカレーターなど、ベビーカーで移動する際のマナーを紹介します。

 

ベビーカーで電車に乗る際のマナー

そもそもベビーカーで電車に乗るのは非常識?と思っていらっしゃる方が一定数いますが、ベビーカーでの電車利用ははっきりと認められています。

昔はベビーカーで乗るなんて!乗るなら畳みなさい!という考えが当たり前だったようですが、最近は異なります。

少子化で悩んでいる現代、共働きが主流になりつつある現代、生活スタイルに大きな変化があるのに、何もかもが昔のままでは子供を育てられなくなってきていますよね。

ただ、ベビーカーを利用しての乗車を認められているからこそ、利用者はマナーを守る必要があります。

簡単にまとめると以下の通りです。

  • 通勤、通学などの満員電車には乗り込まない
  • 空いていれば優先席付近へ
  • ストッパーは必ずかける
  • 周囲に人がいるならば一言かける

 

通勤、通学などの満員電車には乗り込まない

通勤通学などの混雑した時間帯にベビーカーは御法度です。ベビーカーを広げていると大人二人分(ベビーカーによっては三人分)のスペースを取りますし、周囲の人も大変気を遣います。

また、大人たちの荷物や手が赤ちゃんに接触する可能性も高いですし、押されてギシギシと軋むベビーカーに乗せられている赤ちゃんも気が気ではないでしょう。

どうしても混雑する時間帯に乗らなければならない場合、大変かと思いますがベビーカーを畳んで抱っこ紐を装着して下さい。

 

 

空いていれば優先席付近へ

例え電車内がガラガラであっても通路の真ん中には止めず、空いていても出来るだけ角へ移動することをおすすめします。

「ベビーカーが邪魔だから隅に行くべき」というわけではなく、安全のためにです。電車内でベビーカーを止めるのに一番適しているのは優先席付近です。子連れは優先席の利用を認められていますのでベビーカーを前に止めて、お母さんが座る事も勿論可能です。

しかし、もし隣に体の不自由な方がいたり、大きなお腹のお母さんがいたら、乗り降りの際などに邪魔にならないよう気遣う事が大事です。

 

 

ストッパーは必ずかける

「ほんの数駅だけだから」、「すぐに降りるから」、「ぐずってしまうからベビーカーを揺らしておきたい」など、何かしらの理由があってもストッパーは必ずかけましょう。

ベビーカー+子供は重たいですから、ちょっとした動きで思った以上にスピードが出てしまったり押さえる際の重さが増したりします。電車ならそんなに大きく揺れたりしないし、押さえておけば大丈夫という油断は禁物です。

電車はカーブや信号などで大きく揺れる事がありますので、ちょっとの手間を惜しんで大惨事にならないように心掛けて下さいね。

 

 

 

周囲に人がいるならば一言かける

乗り降りの際や移動する際、停止する際など、周囲に他のお客さんがいたら「すみません」「ありがとうございます」「助かりました」などの言葉が出るといいですね。

周囲の人は意外と見ています。邪魔だなと思う人もいれば、大変そうだな、大丈夫かなと心配して下さる方もいます。

「誰の邪魔もしていない!」と思わず、人がいたら咄嗟に声をかけられるとお互い気持ち良く利用する事が出来ます。

 

ベビーカーでエスカレーターに乗るのはOK?

駅以外にもデパートなどで一度は見掛けた事があるかと思いますが、ベビーカーを広げたままエスカレーターに乗るのはマナー違反ですし、厳禁です。

「ベビーカーを畳んでいたら電車に乗り遅れる」、「エレベーターが遠くて大変」、「エスカレーターが楽だから」など、理由は様々だと思いますが絶対に行わないで下さい。

ベビーカーを押さえながらエスカレーターに乗る事を想定して作られていないので、無理な姿勢で支えなければならないのは本当に危険です。また、エスカレーターを降りようとして万が一前輪が引っ掛かったら後ろに倒れます。

エレベーターがない駅や乗り降りするホームが複雑な駅など、どうしてもエスカレーターを利用しなければいけない場合は、赤ちゃんをおんぶしてベビーカーを畳んで乗りましょう。

混雑していないようなら同じ列の隣に、エスカレーターを歩いて上がる人がいる場合は一段上の列にベビーカーを置くことをおすすめします。

エスカーレータを降りる際には後ろを確認してから、ベビーカーを隣に移動させると降りる際に引っ掛かってバランスを崩す…という事態を避けやすくなります。

また、荷物が多くて持ち運んだ方が危険な場合などは駅員さんにお願いをすると手助けをしてくれます。

 

ベビーカーでの移動に関するママの声・体験談

ベビーカーを使用しての電車移動について、実際の体験談やこれはいいなと思うツイートをいくつかご紹介致します。

 

 

ベビーカーの利用は認められていますが、実際には厳しい目があったり批判的な方もいます。

でもこのマークがあったらベビーカーでも安心して利用出来ますね、是非広まって欲しいです。

 

大阪でのベビーカーについてのルールが見られます。

地域に関係なく、上記に記載した最低限のマナーと同じ部分が多いルールですが、是非一度ご覧ください。

妊婦さんや出産した方全員に配ってほしいです。

 

ベビーカーで移動する際の注意点

一般的な駅の場合、改札口の大きさにベビーカーが通れるか、事前に確認しておきましょう。(駅員さんがいる目の前の改札口は、車椅子などの方用に広くつくられています)

通路を移動する際は周囲に気を付ける事はもちろん、駅の構内図を確認して電車を待っている間にトイレに行きたくなった場合などに慌てず対応出来るようにしましょう。

電車を待つ間、ベビーカーは電車の進行方向に向けておきます。通常は正面を向いて待ちますが、ベビーカーは横を向いている状態です。そしてその際は忘れずにストッパーを使用してください。

また電車に乗る時は正面から、降りる時は後ろから降ります。乗る際は正面を向いていた方が電車との隙間を確認しやすく、持ち上げやすいです。降りる際は自分が先に降りる事でホームと電車の隙間を確認しやすく、電車内で向きを変える必要がないので最小限の動きで降りる事が出来ます。

駅に限らずですが、移動の際はベビーカーの高さ(荷物や傘などが当たらないか)、足元(車輪が他の方の足を踏まないか、溝などにハマらないか)などに最低限気を付けましょう。

 

マナーを守って快適なベビーカーでの移動を

小さなお子さんを連れて電車に乗るのは本当に大変です。本当ならベビーカーで電車に乗りたくないけれど、どうしても乗らなければならない事情がある方もいます。

でも、きちんとマナーを守り、周囲に気を遣っている方が小さくなる必要はありません。一人一人がマナーを守って安全に乗車していけば、ベビーカーでの電車利用にも理解が広まっていくはずです。

 

▼smarby取り扱いのベビーカー用品はこちら▼
ベビーカー用品 smarby通販ページ

 

▼おすすめのベビーグッズ特集はこちら▼
ベビーグッズ特集♪ベビーカーに合わせて持ちたいアイテム集合!お出かけをもっと快適に♪

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

ベビーカーの選び方&おすすめ10選〜プレママさん必見♡〜

買う?手作り?ベビーカーシート・クッションのおすすめ13選&作品集

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami