乳児用液体ミルクついに日本解禁!販売はいつ?安全性は?

乳児用液体ミルクついに日本解禁!販売はいつ?安全性は?

最終更新日 2019-03-29 by smarby編集部

日本では赤ちゃんに飲ませる栄養素として粉ミルクが一般的ですね。では少し視野を広げて、海外ではどうでしょう?実は粉ミルクの他に、フタを開けてすぐ飲ませられる液体ミルクというとっても便利なものが普及しているのです。
日本では販売されていなかったこの液体ミルク、今月8日ついに解禁になりました!
お店に並ぶのはいつ?もっと液体ミルクについて知りたい!今回はそんなママたちの声にお答えしていきます。

 

液体ミルクとは

粉ミルクのように粉を溶かしたり温度調節する手間がなく、開けたら即飲めるのが液体ミルク。一言で言うと粉ミルクの液体バージョンなのです。
上記は海外の液体ミルクメーカーのCMですが、便利さがわかりやすく簡潔にまとめられているのでご覧になってください。使い方や飲ませ方が一目瞭然です。

 

 

液体ミルクの5つのメリット

ミルククラウン

なんだかとっても便利そうな液体ミルク。具体的な「いいところ」を見ていきましょう。

 

 

1.手間がかからない

ふたを開けたらそのまま赤ちゃんへ!お腹が空いている時でも待たせません。ママにとってもベビーにとっても優しい仕様ですね。
粉ミルクのように、飲ませるたびに容器の殺菌が必要なんてことも解消されます。

 

2.常温で保存可能

製造過程は無菌状態で密閉されるので、常温で保存することができます。ストック用に買い置きしても置き場所に困らないのは嬉しいポイントです。

 

3.保存期間が長い

商品やメーカーによっても違いがありますが、約半年〜1年と長期保存が可能。母乳育児がメインのママでも体調不良や、やむを得ない長時間の外出などもしもの時に備えて買っておくことができます。

 

4.災害時にも活躍

もしもの非常事態にも液体ミルクならすぐ飲める・常温でもOKという特性からどんな環境にも対応可
哺乳瓶の殺菌やお湯の調達がままならない状況でも、液体ミルクなら赤ちゃんに栄養を運んであげることができます。

 

5.ママ以外でも手こずらない

ママよりもミルクを作る機会が少ないパパや、おじいちゃん・おばあちゃんでも簡単に誰でもすぐにミルクをあげることができます。
赤ちゃんを預けての外出でも気軽にミルクをお願いできますね。

 

液体ミルクのデメリットについて

驚く赤ちゃん

いいとこ取りな液体ミルクにも以下の欠点があります。赤ちゃんの飲む量や育児において何を優先するかで液体ミルクをメインにするか、状況に応じて使用するか決めましょう。

 

 

必要量の融通が利かない

完全密封されているため粉ミルクのように、必要な量を必要なだけということが難しいです。店頭に並び始める頃はまだまだ種類が充実していないことが予想されるため、我が子が飲む量と一致するか否かで使い勝手が変わるかもしれません。

 

価格が高い

粉ミルクと液体ミルクを比較した時に最も粉ミルクに劣る点はお値段。
現在海外で流通している商品がおよそ1本当たり100~150円のよう。何本も買うことを考えると粉ミルクよりもずっと割高になるのです。
日本のメーカー販売価格はまだ未定ですが、現時点では粉ミルクよりも高くなるであろうとされています。

 

 

液体ミルクの安全性は?新生児でも飲める理由

ミルク髭の赤ちゃん

「液体」ということに不安に感じるママ、多いと思います。筆者も長期保存や常温で本当に大丈夫…?という気持ちがあります。安全面は問題ないのか、気になる結論から述べると「粉ミルクよりも安全」ということがわかりました。

常温で保存可能な理由は、きちんと菌を死滅させる製造工程を設けるから。
厚生労働省が施行する改正省令は「加熱殺菌などの製造方法や常温を超えない温度での保存などを規定」するとしています。
日本の安全基準に則って液体ミルクの定義付けがされるので安全と捉えてよいでしょう。お湯を混ぜて作る粉ミルクよりも菌の混入が少なく、製造工程によって無菌状態を実現できるとされています。

 

液体ミルクの販売時期について

販売が待ち望まれる液体ミルクですが、いつからママたちの手に入るようになるのでしょうか?
残念ながら「日本で解禁=すぐ販売」とはなりません。早くておよそ1年かかるとの見通しです。なぜ時間を要するのか、これからの流れを見てみましょう。

  1. 厚生労働省が液体ミルクの規格を定める
  2. 参入メーカーが原料等を検討
  3. 厚生労働省の承認を得る

これらの工程を経て、初めて製造・販売となるため消費者の元に届くまでに時間がかかるのです。
また、初めて設ける規格のため参入メーカーは製造ラインを新規で造る必要も出てきます。いろんな開発労力をかけて液体ミルクは作り出されていくのです。

 

ママの負担を減らす液体ミルク!販売が待ち遠しい!

赤ちゃんを抱き上げるママ

必要な時にすぐ飲ませられる!作る手間がなくてママにも赤ちゃんにとっても優しい液体ミルクは、育児のマストアイテムになる予感がビンビンします。
店頭に粉ミルクと一緒に並ぶ光景、早く見たいですね♪
今後の動向は要チェックです!

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami