【2021年最新版】赤ちゃん用バスチェアのおすすめ15選!選び方も紹介

【2021年最新版】赤ちゃん用バスチェアのおすすめ15選!選び方も紹介

最終更新日 2021-01-30 by smarby編集部

赤ちゃんのいる家庭では、お風呂に入るのも一苦労ですよね。新生児の頃はベビーバスでの沐浴ですが、そんな時期はあっという間に過ぎて、すぐに大人と一緒に入浴する時期となります。

活発になっていく赤ちゃんを安全にお風呂に入れるのは、神経がすり減るもの。楽しいはずの入浴タイムに大人はヘトヘトになることも少なくありません。そんなときの救世主となってくれるのが、バスチェア。

常に抱っこしていないといけない赤ちゃんと一緒にお風呂に入るには、少しの間赤ちゃんに待ってもらう場所が必要です。

ベビー用のお風呂椅子を使えば赤ちゃんを安全に洗えますし、座らせておくことができるので、その間にパパやママの髪や身体を洗えます。

そんなバスチェアを選ぶポイントや注意点、おすすめ商品を紹介していきます。ぜひ、バスチェア選びの参考にしてみてくださいね。

Contents

バスチェアは必要?使える時期は?

バスチェアは、赤ちゃんと一緒にお風呂に入る時に便利です。特にママやパパが一人で赤ちゃんとお風呂に入る場合や上の子どもたちがいる場合にも大活躍!大人が一人で赤ちゃんや子どもたちと入浴すると、何かと手間が増えてしまいますよね。腱鞘炎や赤ちゃんの転倒・落下などのリスクもあります。

赤ちゃんをバスチェアに座らせると、お風呂に入れる際の負担を大幅に軽減できて、子どもたちや自分を洗うのがスムーズになります。バスチェアはどうしても必要とまではいえませんが、赤ちゃんの安全も確保できておすすめの育児アイテムです。

新生児や生後2ヶ月頃から使えるものもありますが、大半は首が座り始める生後6ヶ月頃からが対象のものが多いです。

バスチェアの選び方

バスチェアを選ぶ上で重要なポイントは大きく分けると5つです。赤ちゃんや家の環境などに合ったものを選びましょう。

それぞれのポイントを抑えてバスチェアを選べば、今まで大変だった入浴タイムがスムーズになります。ここでは、バスチェアの選び方のポイントを紹介します。

1.バスルームに合った大きさを選ぶ

まず一番大切なポイントは、バスチェアのサイズ。あまり広くないバスルームで大きめのバスチェアを購入してしまい、自宅のバスルームに入らないというケースもあるので注意しましょう。

事前にバスチェアのサイズを確認したり、バスルームにバスチェアを置く予定の場所を計測したりしておくと、このような失敗は防げるでしょう。

また、移動や持ち運びに便利で押し入れなどに保管しやすい、折りたたみタイプのバスチェアもおすすめです。

バスチェアを置いてもスムーズに動けるかどうか、動線を意識してちょうどいいサイズを選びましょう。

2.赤ちゃんの月齢にあったタイプを選ぶ

当たり前のようでついうっかり見逃しがちな、商品ごとの適齢月齢も重要です。

赤ちゃん用のバスチェアには、「リクライニングタイプ」や「椅子タイプ」があります。

生後1~2ヶ月の赤ちゃんは首がすわっていないため、寝かせたまま体を洗えるリクライニングタイプがおすすめ。生後6ヶ月以降は腰がすわってくるので、椅子タイプのバスチェアが使いやすいですよ。

リクライニングと椅子タイプ両方の性質を備えたバスチェアなら子どもの発達に合わせて角度を変えることができ、長く使えます。今の月齢と、いつ頃まで使いたいのかを考慮した上でバスチェアを選ぶことがポイントです。

3.使い方にあわせて素材を選ぶ

赤ちゃん用バスチェアの素材は大きく3つに分けられます。プラスチック素材・メッシュ素材・エア素材です。

プラスチック素材のバスチェアは、そのまま入浴に使えてお手入れも簡単です。硬い質感のため、冷たく感じる傾向にありますが、上にタオルやマットを敷いて対策できます。

メッシュ素材のバスチェアは、肌に冷たい感触がなく、乾きやすいのが特徴です。しかし、水はけが良くてもと適切な管理をしなければ、カビが生えてしまう場合があります。

エア素材のバスチェアは柔らかい感触で、使わないときは空気を抜いて保管できます。ただし使い始めは空気を入れなければならず、においを感じる場合もあるかもしれません。扱い方によっては穴が空いてしまうかもしれない点にも注意しましょう。

4.価格と安全性に見合ったものを選ぶ

バスチェアは長く使うものではないため、なるべく安いものを選ぼうと考えられる傾向にあります。

しかし、使用期間が短いからと安さだけで選ばずに、価格と安全性に見合ったものを選ぶことが大切です。安ければいいという訳でもありませんが、必ずしも価格の高いものがいいとも限りません。

お風呂は想定外の事故が起こりやすい場所なので、少しでも危険を避けられるバスチェアを選びましょう。

リクライニングタイプなら首回りを固定できるもの、椅子タイプなら腰回りを固定できるもの、また滑り止めやフロントガードが付いている商品など、安全性の高いバスチェアが安心です。

5.赤ちゃんが楽しくなるデザインがおすすめ

バスチェアも色々なデザインがあります。ある程度素材や機能を考慮した上で、商品選びに迷ったときはデザインの見た目で選ぶことも一つの手です。

自分の好きな色やデザイン、お風呂場の雰囲気に合ったものを選ぶと便利なだけではなく、楽しく気分よく使えます。

最近人気があるのは、カラフルでおしゃれなバスチェア。

赤ちゃんは明るいカラーが大好き。明るいカラーを選べばお風呂の雰囲気も明るくなりますよ。おもちゃがついたバスチェアも、座ったまま遊べるのでおすすめです。

お風呂嫌いの赤ちゃんには、お気に入りのキャラクターやカラーを選ぶとバスタイムが楽しくなるでしょう。

バスチェアを使う際の注意点

バスチェアは、もちろん赤ちゃんの安全性を考慮して作られています。しかし、赤ちゃんは意外な行動を取ることも。

また、バスルームの状況や使い方によってはバスチェアから抜け出してしまったり、ひっくり返ってしまったりするかも知れません。バスチェアを使っていても、できるだけ赤ちゃんから目を離さずにいることが大切です。

【2021年最新】赤ちゃんおすすめバスチェア15選

たくさんあるバスチェアの中から、おすすめ15点を厳選しました。素材・形・デザインなど、さまざまなタイプのバスチェアを紹介します。赤ちゃんや自宅のバスルームにフィットするバスチェアを見つけてくださいね。

1.【Aprica(アップリカ)】はじめてのお風呂から使えるバスチェア

新生児の頃から2歳頃まで使えるバスチェアで、あたたかみのあるカラーリングが特徴的です。成長に応じて3段階の角度調整ができるため、首がすわっていない時期はリクライニングタイプで、おすわりできるようになったら椅子タイプで使えます。

おもちゃ付きのフロントガード(セーフティバー)は、不要になったら取り外しもOK。使わないときは折りたたみできるから、省スペースにもなります。

付属のやわらかいマットは単品でも購入可能です。次に産まれた赤ちゃんが使用する場合も交換することもできるので、長く衛生的に使えます。

【対象】新生児~2歳頃
【タイプ】両方(リクライニングタイプ・椅子タイプ)
【素材】プラスチック
【セーフティバー】有
【折りたたみ】可能

2.【Richell(リッチェル)】バスチェアマット付

2ヶ月から2歳頃までが対象となっている、目を引くカラーリングのバスチェアです。こちらも3段階のリクライニングが可能で、ねんね期からおすわり期まで使えます。ゆったりと広めのシートなので赤ちゃんも快適に過ごせます。

付属のやわらかマットは、赤ちゃんの耳に水が入りにくい排水穴が付きで、別売りもされています。おもちゃ付きのセーフティバーは、赤ちゃんを乗せやすい左右開閉タイプ。ゴム脚付きだから、バスルームの中でも滑りにくいです。

【対象】2ヶ月~2歳頃まで
【タイプ】リクライニングタイプ/椅子タイプ
【素材】ポリプロピレン
【セーフティバー】有
【折りたたみ】不可

3.【Richell(リッチェル)】ひんやりしない おふろチェアR

パステルピンクのやさしい色と、発泡スチロールのような素材感が印象的なバスチェアです。6ヶ月から1歳頃まで使用できます。この素材は、冷たさを感じにくい「発泡ポリプロピレン」で、赤ちゃんのおしりがひんやりすることなく快適な使い心地です。さらに冬などはおしり部分にお湯を張って使うこともできます。

セーフティバーはありませんが、赤ちゃんのずり落ちを防ぐおしりストッパーが付いています。軽くて水はけが良いので、お風呂以外の用途で使っている人もいますよ。

【対象】6ヶ月 ~ 24ヶ月
【タイプ】椅子タイプ
【素材】発泡ポリプロピレン
【セーフティバー】無
【折りたたみ】不可

4.【Richell(リッチェル)】ふかふかベビーチェアR

7ヶ月から2歳頃まで使用できるバスチェアです。ふかふかクッションで赤ちゃんも気持ちよく座れるので、お風呂だけではなくお部屋でも大活躍します。

前倒れを防止する構造で、赤ちゃんを抱き上げる際に足で押さえられるストッパーや引っ掛けて乾燥できるフックも付属しています。

エアーポンブ内臓なのでポンプを押すだけで楽に空気入れができますし、小さくたためるので、収納や持ち運びにも便利です。ただし、適用体重が12kgまでという点に注意しましょう。

【対象】7ヶ月から2歳頃まで
【タイプ】椅子タイプ
【素材】本体・エアーポンプ、空気栓:塩化ビニル樹脂(食品衛生法対応可塑剤使用)、空気弁:合成ゴム、内部空気弁:ポリウレタン
【セーフティバー】無
【折りたたみ】可能

5.【Smart Start(スマートスタート)】バスソファ ポンプアップ

カラフルで描かれている模様もかわいい、首がすわる3ヶ月頃から1歳頃まで使える厚手ビニールタイプのバスチェアです。お風呂でもリビングでも、使う場所を問わず重宝しますよ。座る部分が深くくぼんでいるので、赤ちゃんのおしりがすっぽりと入って安定感があり、抜け出し防止にもなります。

エアポンプ内蔵だからそのままふくらませることができ、空気を入れるのも抜くのも簡単です。座席には排水用の穴が5個付いていて乾燥時に引っ掛けるフックもあり、清潔に保てます。

【対象】3ヶ月 ~ 12ヶ月
【タイプ】椅子タイプ
【素材】ポリ塩化ビニル(非フタル酸系)
【セーフティバー】無
【折りたたみ】可能

6.【シンセーインターナショナル】折りたたみバスベッドドーナツ

赤ちゃんの頭を優しく守ってくれるドーナツ型のヘッドサポートが付いているので、安心して入浴できます。産まれてすぐの新生時からひとりでお座りできる頃まで使用できます。リクライニングは2段階に調節可能です。やわらかメッシュで作られているから乾かしやすく、赤ちゃんも快適に過ごせます。

コンパクトに折りたためるので収納や旅行のときにも便利で、サポートベルトも付いています。使用できるのはひとりで座れるようになるまでとなっているため、使える期間はかなり限られます。それでも、バウンサーの代わりとしてキッチンやリビングでも使えますよ。

【対象】新生児~ひとりでお座りできるまで
【タイプ】リクライニングタイプ
【素材】メッシュ/生地:ポリエステル、構造部材:スチール・ポリプロピレン・ポリエステル・ナイロン
【セーフティバー】有(サポートベルト)
【折りたたみ】可能

7.【日本育児】ソフトバスチェア

新生児から11kgまで、あるいは寝返りするまで使える3段階リクライニングタイプのバスチェア。キュートな色合いやデザインも人気です。新生児から体重11㎏まで使用できます。メッシュだから赤ちゃんは快適に座れて、そのままでも泡を洗い流しやすいのもポイント。軽くて乾燥も楽です。

折りたたみも可能なので、収納や持ち運びにもとても便利です。角度調整や折りたたむ際に力が必要ですが、それだけしっかりと作られているとも言えるでしょう。

【対象】新生児~体重11㎏まで
【タイプ】リクライニングタイプ
【素材】スチール、ABS樹脂、ポリエステル
【セーフティバー】無
【折りたたみ】可能

8.【TiTi(ティティ)】ふんわかAirチェア

赤ちゃんがご機嫌になるような動物のイラストが描かれている、ビニールタイプのバスチェアです。腰がすわってから体重15kgまで使用できます。内蔵ポンプ式なので楽に空気を入れられ、内部の弁を押すと簡単に空気を抜いて収納できます。

フロントには、赤ちゃんの転倒を防止できる安全ポール付きです。

足を伸ばせる曲面形状は体を洗いやすく、ヘッドサポートでシャンプーも快適。お風呂はもちろん、食事用のイスとしても使えます。

【対象】腰がすわってから体重15kgまで
【タイプ】椅子タイプ
【素材】非フタル酸系塩化ビニール、PE、合成ゴム
【セーフティバー】有(安全ポール)
【折りたたみ】可能

9.【アガツマ】アンパンマン コンパクトおふろチェア

2ヶ月頃から2歳頃まで使えるこちらのバスチェアは、3段階のリクライニング調整が可能。左右どちらからでも開閉できるセーフティバー付きです。セーフティバーにはアンパンマンの人形やおもちゃが付いているので、赤ちゃんもご機嫌です。

プラスチックのひんやり感が心配なら、タオル取付パーツにタオルを付けられますよ。折りたたみ可能で、持ち運びに便利な取っ手も付いています。首すわり前からおすわりができた後でも使える構造で、長くバスチェアを使いたい人におすすめです。

【対象】2ヶ月頃から2歳頃まで
【タイプ】リクライニングタイプ/椅子タイプ
【素材】本体/ABS・POM・EVA、セーフティーバー/ABS・PP、アンパンマン人形:ABS・PVC
【セーフティバー】有
【折りたたみ】可能

10.【アガツマ】アンパンマン おふろでもおへやでも使える やわらかチェア

7ヶ月から2歳頃までが対象で、丸い形状が赤ちゃんの体にフィットするバスチェアです。室内ならどこでも使えます。ビニールのやわらかい感触や明るいカラーにアンパンマンのキャラクターが勢揃いのデザインで、赤ちゃんもニコニコ。頭を安全に支えてくれるヘッドレストも付いています。

エアーポンプは内蔵されているから膨らませる手間もなく、空気を抜けば小さく折りたためるので、保管や持ち運びが手軽です。

【対象】7ヶ月から2歳頃まで
【タイプ】椅子タイプ
【素材】PVC
【セーフティバー】無
【折りたたみ】可能

11.【サマーインファント】マイバスシート

ダイヤルを回してバスタブに取り付けるタイプのバスチェアです。アームだけでなく、吸引カップも3つ付いているのでしっかりと固定できます。約54cm~61cmのバスタブの幅に適応しています。JPMA、ASTM安全基準適合品で、安心して使えます。

使用できる期間は5ヶ月から10ヶ月と短めですが、パパやママと一緒に入浴できますので赤ちゃんもご機嫌ですし、家族で楽しい入浴タイムを過ごせます。

【対象】5ヶ月~10ヶ月
【タイプ】椅子タイプ
【素材】-
【セーフティバー】有
【折りたたみ】不可

12.【永和】2WAYエアーバスチェア

このバスチェアは、空気で膨らませるタイプの中にはめったにない、リクライニングにも椅子にもできる2WAYタイプ。2ヶ月から2歳頃まで使えます。付属しているヘッドレストは赤ちゃんの頭をふんわりと支えてくれて、シャンプーもしやすいです。

内蔵のエアーポンプはそのまま使用でき、3分ほどで膨らませられます。乾燥用に引っ掛けるフック付きで使いやすさも抜群。空気を抜いて収納もできます。

長期的に使えて持ち運びもしやすく、便利性の高いバスチェアです。

【対象】2ヶ月から2歳頃まで
【タイプ】両方(リクライニングタイプ/椅子タイプ)
【素材】本体・空気栓:塩化ビニル樹脂、マット:EVA
【セーフティバー】無
【折りたたみ】可能

13.【People(ピープル)】ラッコハグ

新生児から2歳まで使用できます。ラッコのデザインもキュート。赤ちゃんがずれるのを防止する抱っこポケットとロングストッパーに、首がすわる前でも問題なく使える角度に調整できる背もたれWガードの「3大安心機能」付きです。

ベビーバスと合体したようなデザインだから、洗面所やキッチンシンクに入れる、赤ちゃんを乗せている間にお湯を入れて温めることもできます。成長に応じてラッコと遊んだりミニプールにしたりと、幅広く使えるバスチェアです。

【対象】新生児から2歳まで
【タイプ】両方(リクライニングタイプ/椅子タイプ)
【素材】本体:PVC使用、ハンドポンプ:PP使用
【セーフティバー】有
【折りたたみ】可能

14.【西松屋】SmartAngel 簡易バスチェア(抗菌マット付き)

3ヶ月から10ヶ月頃まで、もしくは20kgまで対象のリクライニング型バスチェアです。お手入れしやすいシンプルなデザインで、本体とマットは抗菌加工されているから、清潔に使えます。取っ手付きで軽く、持ち運びも不便しません。

しろくまデザインのやわらかマットが、赤ちゃんを冷えやずり落ちから守ってくれます。使用期間は短く安全機能も最小限ですが、実家用など買い足したい場合、気軽に購入しやすい価格もポイントです。

【対象】3ヶ月~10ヶ月頃
【タイプ】リクライニングタイプ
【素材】本体:PP、やわらかマット:EVA、滑り止め:TPE
【セーフティバー】無
【折りたたみ】不可

15.【ストッケ】フレキシバスニューボーンサポート

新生児から8ヵ月頃、8kgまで使えるバスチェアです。

人間工学に基づいて設計されているので、ママの腕の中にいるような安心感で赤ちゃんもご機嫌。素材にもこだわっていて使われている全ての素材には有害物質が一切含まれていないため、肌の敏感な赤ちゃんにも安心です。

また、別売りで折り畳めるベビーバスであるフレキシバスを併用すると、赤ちゃんを手軽に入浴させることができます。ワンタッチで折りたたみができるので、収納の場所を取らずに済みます。

【対象】新生児~8ヵ月頃(8kgまで)
【タイプ】リクライニングタイプ
【素材】PP
【セーフティバー】無
【折りたたみ】不可

バスチェアを使って赤ちゃんと楽しい入浴タイムを!

お風呂タイムは短い時間であらゆることを進めなければならない上に、安全に配慮する必要もあり、大人はてんやわんやになりがちです。特にママやパパが一人でお風呂に入れるときや、赤ちゃんと他の子どもたちを同時に入浴させるときはかなりの大仕事。ストレスになっている人も少なくないでしょう。

絶対に必要とまではいきませんが、あるととても重宝するのがバスチェアです。赤ちゃんをいかに安全に清潔に、そして楽しく入浴させてあげられるかはちょっとした工夫で差が出てきます。

入浴が大変!と感じるようでしたら、バスチェアを利用して少しでも大人の負担を減らし、赤ちゃんにもご機嫌に入浴してもらいましょう。一緒にバスタブに入れるタイプもあるので、親子でゆっくりと入浴できるようになりますよ。入浴後のケアやその後の育児家事にも余裕が生まれるかもしれません。

入浴スタイルやバスルームの広さは人や家によって違います。それぞれのスタイルに合ったバスチェアを見つけて、親子で楽しい入浴タイムを過ごしてくださいね!

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami