子供の写真を可愛く飾ろう!おすすめの飾り方は?

子供の写真を可愛く飾ろう!おすすめの飾り方は?

最終更新日 2019-04-23 by smarby編集部

子供がいろんな表情を見せるたびについ写真を撮ってしまう…そんなシーンはよくありますよね♪撮り溜めた写真をアルバムに入れて整理するのもいいけど、普段から目につく場所に飾っておくのはいかがですか?子供の写真を可愛く飾りたいママに向けて、おすすめの飾り方をご紹介します。

 

子供の手形や足形と一緒に!「アクリルフォトフレーム」

子供の手形や足形と一緒に写真を飾れるタイプのフォトフレーム。大きくなった子供の手足とフォトフレームのサイズ感を比べれば、成長をダイレクトに感じられます。

「せっかく手形を取っても収めておくのはもったいないので、フォトフレームのようにいつでも見られるような形で残すほうがいいですね」(2歳児女の子のママ)

 

ハッピーメモリーズ

こちらは兄妹の手形や足形を1枚のフォトフレームに入れられるタイプです。ほとんどの商品が子供1人分になっている中、兄妹2人分になっているのはめずらしい!とママたちの人気を集めています。名前と一緒に誕生石のスワロフスキーを選べるので、高級感のある仕上がりに♪

ハッピーメモリーズ 楽天通販ページ

 

子供の成長をたどる「バースデーフレーム」

0~12ヶ月まで、毎月の写真を飾れるバースデーフレーム。完成すると子供の成長が一目でわかるので、各月ごとの思い出を振り返るきっかけに♪

「出産祝いとして友人にもらいました。子供が小さいうちは写真の数が少ないのですが、写真が増えていく度に完成が待ち遠しくなりますね」(8ヶ月男の子のママ)

 

ベビーフレーム

パステルカラーの色使いが優し気な印象のフォトフレームです。産まれてから1歳の誕生日に向かって毎月写真を入れていけば、オリジナルのフォトフレームが完成します。キラキラ輝くラインストーンが写真を華やかに彩ります。

ベビーフレーム 楽天通販ページ

 

子供と一緒に写真を見よう!「観覧車フレーム」

おもちゃ感覚で子供と楽しみながら写真を見たい人におすすめ!くるくる回して1枚ずつ写真を見られます。インテリアとしてもばっちりなおしゃれデザインも魅力。

「友人の家で見ておしゃれだな~と思ったので、自分用に購入してみました。揺れる感じが気に入ったのか、子供が興味深そうに写真を見ています」(1歳児男の子のママ)

 

観覧車フレーム

6枚の写真を飾れる観覧車型のフォトフレームです。本体部分は上品な輝きを放つスチール製。シンプルなのでシールやラインストーンでデコレーションするのもおすすめです。

観覧車フレーム 楽天通販ページ

 

子供の写真をアート作品に!「フォトパネル」

子供の写真をおしゃれに飾りたい人におすすめのフォトパネル。アート作品のようなフォトパネルはメモリアルグッズにもぴったりですよ。

「娘の1歳の誕生日用にメモリアルグッズを探していたところ、フォトパネルを見つけました。ちょっぴり費用はかかりますが、メモリアルグッズにふさわしい高級感のある作品を作れて満足です!」(1歳児女の子のママ)

 

クリスタルフォトパネル

透明度の高いクリスタルの輝きが美しいフォトパネルです。ガラスを使っていないので割れる心配がないところが嬉しい♪3種類のデザインから好きな物を選べます。

クリスタルフォトパネル 楽天通販ページ

 

実用性のある飾り方!「メモリアルカレンダー」

実用性のある飾り方ができるメモリアルカレンダー。1枚の用紙に写真とカレンダーを印刷するポスタータイプ、コンパクトなサイズ感が魅力の卓上タイプ、重厚感のあるつくりのアクリルタイプなど、いろんな種類のカレンダーがあります。

「写真館で撮影した写真をカレンダーにして、両家の親にプレゼントしました。とっても喜んでもらえましたよ!」(4歳児女の子のママ)

 

メモリアルカレンダー

思い出の写真とカレンダーを1枚にまとめられます。アクリル製のしっかりとした作りが特徴です。おしゃれなカレンダーを作りたい人におすすめ!デジカメやスマホで撮影した画像を使って簡単に作れるところも◎

メモリアルカレンダー 楽天通販ページ

 

飾り方はいろいろ!好みを探そう

子供の写真を飾るなら、毎日のように目に入る物や特別感のある物がおすすめ!子供が大きくなったら、「この頃はまだ小さかったよね」と親子での会話を楽しみながら思い出を振り返るのもアリ♪いろいろある飾り方の中から自分に合う方法を探してくださいね。

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

【子供の写真の残し方】アルバム・フォトブックアプリおすすめ20選

大量の子供の写真とデータどうする!?人気アルバムや整理術を大公開!

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami