お七夜の準備はどうすればいい?命名式の仕方もご紹介!

お七夜の準備はどうすればいい?命名式の仕方もご紹介!

赤ちゃんが産まれてからは、節目節目で様々なお祝い事が行われます。

そんなたくさんあるお祝い事の中で一番最初に行うお祝い事は「お七夜」です。正直「お七夜って何?」「どんな事をするの?」「何か準備しなければいけないの?」など、お七夜という言葉は聞いた事があるが、どんなものかわからないと疑問に感じているパパママも多いと思います。

生後すぐに行うお祝い事ですので、赤ちゃんが産まれる前にきちんとチェックしておきたいですね。

お七夜の中では命名式と呼ばれる儀式や、お祝い膳などの料理を準備して赤ちゃんの誕生を祝います。パパママと赤ちゃんだけでなく、両家の両親や親族も一緒にお祝いをする場合には、親族分の食事も準備しておく必要があります。しかし、産後間もないママはまだ安静にしておかなければなりませんので、パパが中心になって準備してあげるとママも助かりますね。

今回は、お七夜について詳しくお話していきます。これからお七夜を迎えるというパパママは是非参考になさってください。

 


お七夜とは?


お七夜は平安時代頃から続いているお祝い事です。昔は現在のように医療が発達していなかった為、産まれてまもなく亡くなってしまう赤ちゃんも少なくはありませんでした。ですから、節目節目で「ここまで育ってくれた」「元気に大きくなってくれた」という意味を込めてお祝い事が行われていました。

お七夜もそんなお祝い事の一つで、産まれた日を1日目と数えて7日目の夜にお祝いをします。お七夜は別名「命名式」や「名付けの祝い」とも呼ばれ、その名の通り赤ちゃんの名前をお披露目する日でもあるのです。

家族や地域の方はもちろん、その土地の守り神とされる産神様に報告をする日となります。命名式を行い、その後はお祝い膳を囲み、みんなで赤ちゃんのこれからの成長を祈り食事をするという流れです。

しかし、これは昔ながらの風習で、最近は産後も実家ではなく自宅で過ごすというママも多くいらっしゃいますよね。そんな場合は、ママも退院してすぐなので、もちろん料理の準備などはできるはずもありませんし、正直全く余裕がない!というママも多いはず。

最近ではお七夜ではお祝い膳は準備せず、命名式だけ行うという家庭も少なくはありません。必ずその日に行わなければいけない!というお祝いではありませんので、退院後すぐで体調が優れないママは無理をしない事を前提に考えてくださいね。ママと赤ちゃんの体調を最優先するようにしましょう。

 


お七夜では何を食べるの?


これまでにもお話してきましたが、お七夜に食べる料理は一般的に「お祝い膳」と呼ばれるものになります。

◆鯛の尾頭付き
◆赤飯
◆お吸い物
◆筑前煮などの煮物
◆お刺身
◆てんぷら
などのメニューが一般的です。伝統的な和食の会席料理ですね。

親族揃ってお祝いをする場合には、ママは無理をせずにお姑さんかご自分のお母さんにお願いして準備をしてもらうか、パパに段取りをしてもらい配達してもらうなどすると良いでしょう。

 


お七夜の祝い膳は自宅と外食どちらが良いの?


どちらが良いかは各家庭で異なるかと思いますが、退院して間もない赤ちゃんとママが外出をするのはとても大変です。生まれて初めてのお祝い事とは言え、外食で盛大にお祝いをしたい!と考えているママは実際少ないのではないでしょうか。最近では、お七夜は命名式と、ママの退院祝いを兼ねて行うという家庭も多くなってきているのです。

赤ちゃんが生まれた日を一日目と数え、七日目の夜という事は、ママは産後六日目という事となります。出産を経験したママならわかると思いますが、産後は体力が落ちていて、普段の生活を送ることさえままならないママもいるかと思います。

個人差はもちろんありますが、多くのママが普段の生活を送れるようになるまでに3か月~半年の時間がかかったという声があります。自分の体の不調に加え、1~2時間おきの授乳や頻繁なオムツ替えなどがありますので、そんな状態で外食は無理!というママがほとんどなのではないでしょうか。

筆者も出産経験者ですが、産後一週間前後は頻繁な授乳&オムツ替え、体の不調で常に寝不足でした。それに生まれて間もない赤ちゃんの事を考えると、まだ外に連れ出すには少し早い時期ではないでしょうか。

生まれて間もない赤ちゃんや産後すぐのママの事を一番に考えるとすると、やはり自宅でお祝い膳を用意する方が良いのでは無いかなと思います。

しかし、両家の両親や親族なども一緒になって盛大にお祝いをするとなると、やはり自宅では厳しい…という場合もありますよね。そんな場合には時間を短くするなどして、ママと赤ちゃんの体調を配慮してあげる必要がありそうですね。パパもしっかりとママの体調に気を配ってあげるようにしてあげるようにしましょう。

 


お七夜で行う命名式とは?


赤ちゃんが生まれて一番にする事と言えば、名前を付ける事ですよね。妊娠中からどんな名前にしようかと多くのパパママが頭を悩ませているのではないでしょうか。

私自身も画数や響きなど様々な事を参考にしながら子供の名前を考えました。親から子への初めてのプレゼントとも言われる名前はより良い物をつけてあげたいと考えるパパママがほとんどだと思います。

名前に関する伝統的な行事として、お七夜の日に行う「命名式」というものがあります。これは住んでいる土地の産神(うぶがみ)様や、家族や親族、その地域の人々に生まれた赤ちゃんとその赤ちゃんの名前をお披露目する事を目的に行われます。

命名式の他にも、「名付けの祝い」などとも呼ばれます。命名書と呼ばれる紙を用意し、そこに赤ちゃんの名前、誕生日、両親の名前などを記入し、神棚や床の間に貼り付けるのです。命名書を記入するのは命名した人が書きます。

その命名書はどのように書けば良いの?と疑問に感じているパパママも多いと思います。ここでは、正式な命名書の書き方についてもお伝えしていきます。

まず、命名書の書き方には「正式」と「略式」がありますが、正式な命名書を書くときには、三つ折りにした奉書紙を、略式の場合には半紙を使います。

▼男の子の名付けに関してもっと詳しく▼
【男の子の名付けに役立つ】珍しい名からおしゃれな名前まで80選!

▼女の子の名付けに関してもっと詳しく▼
女の子のかわいい名前〜珍しい!人気!古風!一挙にご紹介〜

 

正式な命名書の書き方

1.奉書紙を縦三等分になるように折り目を付ける
2.紙を開いて、右部分には「命名」と書く
3.中央部分の右上に、父親の名前と続柄を小さめに書く例)山田太郎(父親の名前) 長男
4.中央の真ん中部分に赤ちゃんの名前を大きく書く
5.左側には、命名式の日付と親の名前を書く

 

 

略式の命名書の書き方

1.半紙の右上に父親の名前をフルネームで書く(夫婦連名でもOK)
2.中央の上側に「命名」と書きその下に赤ちゃんの名前を書く
3.左下には赤ちゃんの生年月日を書く

命名書には筆で書くのが一般的ですが、「筆で名前を綺麗に書く自身がない」「字が汚いので手書きはしたくない」というパパママも多いのではないでしょうか。

最近では、お店で販売されている命名書の中には、インターネットでテンプレートをダウンロードする事ができるものもあります。命名書も可愛らしい明るいデザインの物もありますので、後々思い出として残しておくのにもオススメです。

また、文字だけでなく写真を貼る事ができたり、フレーム付きの物や掛け軸タイプの物もありますよ。

 




お七夜は会席料理でなくてもお祝いの気持ちがあればOK!


お七夜についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

お七夜のお祝い膳は一般的に和食の会席料理ですが、会席料理でなくてはならない!という決まりはありません。中にはママの退院祝いを兼ねて行う家庭もあり、ママの食べたい物やお祝いのケーキなどを準備してお祝いする家庭も多いです。家族みんなで楽しく思い出に残るお七夜になると良いですね。

また、お七夜自体は知っていたが、「両家の都合が合わなかったので自宅でパパママと子供だけで行った」「ママの体調が優れなかったのでお七夜は行わなかった」という方もいらっしゃいます。

特にママは産後すぐでまだまだ体力は元に戻っていませんし、赤ちゃんは生まれたばかりで免疫力が低いのでしっかりと配慮してあげる事が大切です。無理をしてお祝い事を優先してしまうと、体調を崩してしまうキッカケにもなりかねませんので注意しましょう。

赤ちゃんにとって一生に一度のお七夜が素敵な一日になりますように。是非参考になさってくださいね。

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

100日祝いってなに?お祝いの意味は?お食い初めのメニューとやり方

ハーフバースデーの記念フォト、今は可愛い≦「面白い」らしい!!?

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami