【保存版】赤ちゃんに最適なエアコンの温度は?注意点もご紹介

【保存版】赤ちゃんに最適なエアコンの温度は?注意点もご紹介

赤ちゃんは私達大人と比べると体温調節機能がまだまだ未熟な為に、ちょっとした温度の変化などでも体調を崩してしまう原因になることがあります。

そのため赤ちゃんが過ごす部屋の室温は、暖房や冷房といった、エアコンや扇風機などですごしやすい温度にしてあげる必要がありますね。

また、赤ちゃんは平熱が大人よりも高いため、どちらかと言うと寒さよりも暑さが苦手です。大人が暑いと感じない温度でも、体温の高い赤ちゃんにとっては汗をかいてしまうような温度に感じてしまいますので、夏場は特にクーラーなどできちんと涼しくしてあげなければなりません。

生まれたばかりの赤ちゃんをおうちに迎えたばかりのパパママは、とにかくわからない事だらけ。赤ちゃんにとってエアコンは悪影響はない?適温は何度?などと心配な点もたくさんあると思います。

そこで今回は、赤ちゃんとエアコンについてまとめてみました。パパママが心配になる疑問点や、赤ちゃんがいる家庭でエアコンを使用する際の注意点などもお伝えしていきますので、是非参考になさってくださいね。

 


赤ちゃんにエアコンは使っても大丈夫?


エアコンは体に悪い!という考えをお持ちのパパママもいらっしゃるかもしれませんが、赤ちゃんは私達大人と違い、体の発達がまだまだ未熟で試運転中の状態です。

なので、ほんの少しの環境の変化にでもとても敏感に反応してしまい、体温が変化してしまいます。

私達大人は、エアコンの中の生活に慣れてしまうと体が弱くなってしまう!という声も良く効きますが、まだまだ生まれて間もない赤ちゃんは免疫力が低く、室内でも熱中症などの症状を発症してしまう危険性もあります。

そのため赤ちゃんのいる家庭では、エアコンで快適な室温を保ってあげる事が重要という事になります。

しかし、エアコンの風や扇風機の風が直接赤ちゃんに当たってしまうのはよくありませんので、風が体に直接当たらない場所に赤ちゃんの居場所を作ってあげる事も大切です。また、エアコンのクリーニングはしっかりと定期的に行ってください。

エアコンのお掃除(フィルターやカバー部分)はだいたい2週間に1度行うと安心ですね。ホコリが溜まってしまうと、そのホコリがエアコンから吐き出され空気中に舞っている状態になります。

長い期間お掃除をしていないエアコンにはカビが繁殖してしまう事があり、アレルギーの原因にもなりますので要注意です。

大人には何の影響が無くても、デリケートな赤ちゃんはちょっとした事で様々な反応が出てしまう事がありますのでお掃除はもちろん、エアコンの温度調節などもこまめに行うことをオススメします。

 

赤ちゃんにとって快適で過ごしやすいエアコンの温度は?


では、季節ごとに室温はどのくらいの温度に保つのが望ましいのでしょうか?ここでは、夏場と冬場にわけて、適温とされるエアコンの温度をご紹介していきますね。

 


夏場の場合の過ごしやすい室温は?

だいたい26℃~28℃くらいが過ごしやすい室温と言える温度です。

赤ちゃんの平熱は36.5℃~37.5℃と大人よりも少し高めです。そのため、どちらかというと寒さよりも暑さが苦手で、大人が心地良く過ごせる温度でも気がつけば汗をかいていた!なんて事も少なくはありません。

かといって、部屋を冷やしすぎるのも良くありません。エアコンの温度調節だけで安心をせずに、赤ちゃんの体を触って冷えすぎていないかなどをしっかりとチェックしてあげる事も大切なポイントです。

赤ちゃんは体温調節機能が整っていないので、手足が冷えてしまう事は良くある事。体が冷えていないかをチェックする時には、胸やお腹の辺りを触って確認しましょう。胸やお腹の当たりがポカポカしていれば問題ありません。

もう一点注意しておきたいポイントは、外気温との気温差です。ここ最近は猛暑で、40℃を超えるなどとても暑い日が続いています。

私達大人でさえ、外気温との気温差がありすぎると体調を崩してしまう事がありますので、小さな赤ちゃんはもっと体に負担がかかっている状態なのです。

体への負担が少しでも減るように、室温調整を配慮してあげる事も重要なポイントと言えますね。

 

 


冬場の場合の過ごしやすい室温は?


冬場はだいたい20℃~22℃が赤ちゃんにとって過ごしやすい温度とされています。

夏場と同様に、外気温との差が大きくなりすぎないように配慮してあげる事はもちろん大切です。

また、赤ちゃんの月齢によっても温度管理が変わってくるので注意しましょう。新生児期~4か月くらいまでは首がすわり、寝返りを始める頃の時期です。その頃までは寝たきりの状態で運動量はそれほど多くありませんので、少し高めの温度設定でも大丈夫です。

ただ、ハイハイをし始める頃には赤ちゃんの運動量も徐々に増えてきますので、平熱の高い赤ちゃんにとっては高めの温度設定だと暑く、汗をかいてしまうことがあります。そのため、こまめに体を触ったり、様子を見ながら温度調節をしてあげるようにしてくださいね。

また、衣類の着せすぎにも要注意!冬=寒いという事は当たり前なのですが、お部屋の中で暖房を付けていると、汗をかいてしまう事もありますよね。

特に赤ちゃんは平熱が高いので、私達が感じる以上に暑さには弱いです。衣類の着せすぎによって、汗をかき、冬場でも「あせも」などの肌トラブルに悩まされる赤ちゃんは少なくはないのです。

実は筆者も経験があります。我が家の長女は11月生まれで、冬場なので体を冷やさないように注意をした結果、衣類を着せすぎて肌トラブルの原因に。

デリケートな赤ちゃんの肌は本当にちょっとした事でトラブルに繋がってしまいます。調節が難しいですが、こまめに赤ちゃんの体をチェックしてあげてくださいね。汗をかいていたら濡れたガーゼで拭き、こまめに着替えさせる事をオススメします。

 


赤ちゃんと過ごす部屋でエアコンの湿度は気にしなくても大丈夫?

部屋の温度はこまめにチェックしているけど、湿度は別に気にしていない…。というパパママは多いのではないでしょうか。

実は生活していく上で、湿度をコントロールする事は室温と同じくらいとても大切な事なのです。

 



夏場の場合の湿度はどれくらい?

快適に過ごせる湿度は40%~60%の間と言われています。特に夏場注意したいのは、梅雨時期のジメジメ。湿度が高い事によるカビやダニの繁殖ですね。

湿度が60%以上になると、ダニやカビが発生しやすくなり、高ければ高いほど繁殖する環境になってしまいます。

特にベッドなどは寝ている間に汗をかき、繁殖の好条件を満たしている場所の一つです。

ダニやカビが繁殖する事で心配な事は「アレルギー」を引き起こす事です。

新生児期~幼児期にかけて、体はもちろん神経や体内の臓器なども著しく成長をする時期と言えます。その大切な時期にアレルゲンと呼ばれるアレルギー症状を引き起こす原因物を吸い込んでしまうと、アレルギー症状を引き起こしてしまう恐れがあります。

寝具をこまめに洗濯する事はもちろんですが、エアコンの除湿機能などを上手に使用して、湿度を40%~60%に保つように心がけましょう。

 

 


冬場の場合の湿度はどれくらい?


冬場も夏場と同じく、湿度の目安は40%~60%の間です。夏場とは反対に、冬場は乾燥に注意が必要です。

湿度が40%以下になってしまうと、肌や喉の乾燥はもちろん、風邪菌などのウィルスの活動が活発になる環境になってしまいます。冬場はインフルエンザなどの流行も心配ですので、お部屋の中は特に室温管理はもちろんですが、湿度管理も重点的に行っておく必要があります。

エアコンを使用する場合は、加湿器を併用するなどの部屋が乾燥しない工夫をしておきましょう。空気の乾燥は、肌トラブルの原因にもなります。加湿はもちろん、赤ちゃんのスキンケアも忘れずに注意してあげてくださいね。

 


赤ちゃんと過ごす部屋でエアコンを使う際の注意点


エアコンは赤ちゃんが快適に過ごす為にとても重要なものですが、いくつか注意しておくポイントもあります。

 

エアコンの掃除などお手入れをこまめにする

フィルターなどの目に見える部分は2週間に1回程度きちんとお手入れするようにしましょう。ホコリはしっかりと吸い取り、空気中に舞ってしまわないようにセルフクリーニングする事をオススメします。

汚れがひどい場合には、水洗いをするなどのお手入れをしましょう。(フィルターを取り外す場合には、取扱い説明書に従い行って下さい)

 

 

季節ごとの適温で快適な室内を保つようにする

季節によって外気温との差が大きくなりすぎないように注意が必要です。体温調節機能がまだまだ未熟な赤ちゃんは、外気温との差が大きくなりすぎてしまうと体に負担がかかりすぎてしまい、体調を崩してしまう原因にも繋がります。

それに加え、エアコンの温度設定だけで安心せずに直接赤ちゃんに触れて、冷えすぎていないか、暑すぎないかなどのチェックを行うようにしましょう。

先ほどもお話したように、体温調節がまだ上手にできない赤ちゃんは、手足が冷えてしまう事はよくあります。体を触って体温チェックをする際には、お腹の辺りや胸の辺りを触ってチェックしてあげてくださいね。


最後に、温度だけでなく湿度もこまめにチェックをしておきましょう。湿度は季節関係なく40%~60%を目安に保ちましょう。室温同様、湿度も赤ちゃんが快適にすごすためにはとても大切です。こまめにチェックしておく事をおすすめします。

 



エアコンの設定だけでなく、赤ちゃんの体温チェックも忘れずに!


ここまで、赤ちゃんのいる家庭で大切なエアコンの使い方についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

私達大人と赤ちゃんは免疫力や体温なども違うので、温度や湿度調整が少し難しいかもしれませんね。慣れるまでは、こまめにチェックする癖を付けておくと安心ですね。

赤ちゃんのいる家庭には、温湿計といって、温度計と湿度計が一緒になったタイプのものを置いておく事をオススメします。目に付く場所に温湿計があると、こまめにチェックする事ができるのでとても便利ですよ。

赤ちゃんを迎えると注意しなければならない事がたくさんあって、パパママはとても大変。

しかし、これも赤ちゃんが元気に成長する為にとても大切な事ですので、十分に注意をしてあげてくださいね。

これから赤ちゃんを迎えるパパママは是非参考になさってくださいね。

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

肌着は何枚必要?ベビー服の目安枚数と組み合わせ例〜生まれ季節別〜

【赤ちゃんの肌ケア】これよかった!ママが選ぶおすすめ保湿剤12選

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami