【幼稚園はいつから通うの?】プレ保育や入園前の準備まで詳しく解説!

【幼稚園はいつから通うの?】プレ保育や入園前の準備まで詳しく解説!

最終更新日 2019-05-27 by smarby編集部

子供が産まれると日々の成長に感激することも多く、毎日が幸せで楽しいですよね。その幸せを感じるのと同じくらい、パパ・ママは子供のことで悩むことも多くなります。子供の成長や育て方、いろいろ悩みは尽きることがなく大変です。

そんな子育ての日々の中で、子供が少し大きくなってきて2歳になるあたりから悩むことが幼稚園問題ではないでしょうか。

幼稚園っていくつから通うの?2年保育か3年保育、どちらがいいの?いつから入園の準備はするの?そんな皆さんが悩む幼稚園の入園時期についてご紹介します。

 

そもそも幼稚園とは?

初めてのお子さんの場合は、まず幼稚園とはどういう所なの?保育園と何が違うの?と思うパパ・ママも多いですよね。

簡単に言うと幼稚園は、小学校入学前の未就園児が通う場所です。未就園児が通う場所として保育園も同じです。

 

幼稚園と保育園の違い

幼稚園と保育園の違いを簡単に言うと、幼稚園は集団生活を行い、小学校に通うための準備をするための学校です。

保育園はお母さんもお父さんも働いていたりするご家庭の子供を預かるための福祉施設です。

最近では保育園と幼稚園のどちらの機能も併せ持つ、幼保一元化の施設も増えてきています。このような施設を「認定こども園」といいます。

 

3年保育と2年保育って何?

幼稚園に通わせようと考えている方だと3年保育と2年保育という言葉を見たり聞いたりしたことがあるかと思います。

幼稚園に3年間通うのが「3年保育」、2年間通うのが「2年保育」です。幼稚園に入園する年齢は、その幼稚園が3年保育か2年保育のどちらを実施しているかによって変わってきます。

3年間通う「3年保育」を実施している幼稚園だと満3歳で入園することになり、2年間通う「2年保育」を実施している幼稚園だと満4歳で入園することになります。

幼稚園によっては、3年保育と2年保育のどちらも実施しているところもあります。その場合はご家庭でどちらにするのか選び入園することになります。

 

 

年少・年中・年長ってそれぞれ何歳のことなの?

年少・年中・年長という呼び方を聞いたことはありますか?聞いたことはあっても、それぞれ何歳の子供のことを呼んでいるのかわからないという方も少なくないですよね。

3年保育の幼稚園の場合は、満3歳(3〜4歳)の入園1年目のクラスの子ども達を年少。満4歳(4〜5歳)の入園2年目のクラスの子ども達を年中。満5歳(5〜6歳)の入園3年目のクラスの子ども達を年長と呼びます。

2年保育の幼稚園の場合は、満4歳(4〜5歳)の入園1年目のクラスの子ども達を年少、または年中と呼びます。

どちらの呼び方で呼ぶかは幼稚園によって異なります。そして満5歳(5〜6歳)の入園2年目のクラスの子ども達を年長と呼びます。

 

幼稚園は何歳から入園できるの?

幼稚園は満3〜6歳になるまでの幼児に入園資格があります。

4月の学期始めに入園するのであれば、いちばん早い入園のタイミングは年少の3歳。いちばん遅いタイミングだと年長の5歳ということになります。

 

幼稚園にはいつから入園するのがベストなの?

何歳から幼稚園に通わせるのがいいのか…。3年保育と2年保育どちらにしよう…。入園する時期を決めるだけでもたくさん迷ってしまいますよね。

入園するのにベストな時期はそのお子さんによって違います。子供の性格や家庭環境によって変わってきます。

2年保育にしようと思っていても、周りのお友達は3年保育ばかりで焦ってしまういうこともありますよね。ですが、そこは焦らなくても大丈夫です!子供の様子をしっかりと見てあげてください。そして、入園するタイミングを見極めて、楽しい幼稚園生活を送れるようにしましょう!

 

幼稚園に入園するためには、いつ頃から準備が必要?

幼稚園に入園させたいと考えているパパ・ママは、入園を希望する前年度から準備が必要です。

幼稚園に入園するための手続きは、入園する前の年の9月〜10月頃に行う幼稚園が多いです。そのため、入園手続きをする9月頃には入園を希望する幼稚園を決めておく必要があります。

それまでに見学なども済ましておきたいので、そう考えると入園の1年前から準備しておく余裕を持って準備ができますね!

 

幼稚園の見学会に参加しよう!

幼稚園入園のための準備としてまずすることは、通う幼稚園を選ぶことですよね。この通う幼稚園を選ぶという作業が、幼稚園入園の準備の中でいちばんお母さんお父さんが悩むことになると思います。

幼稚園によって様々な教育方針や特色があります。幼稚園の教育方針や特色はホームページやカタログや資料などで知ることができますが、幼稚園の雰囲気やその教育方針に沿った教育をどのように行っているのかなどは、実際に目で見るのがいちばんわかりやすいです。

ですので、候補の幼稚園で見学会が実施されている場合は、積極的に参加しましょう!その幼稚園の雰囲気が我が子に合うのかがわかると、幼稚園も選びやすくなりますね。

 

幼稚園の見学会はいつ行われるの?

毎年6月〜9月頃に、次年度の入園希望者向けの幼稚園見学会が行われることが多いです。見学に行く際は、随時見学を受け付けている幼稚園もあれば、日時が決まっている幼稚園もあるので、電話などで問い合わせて確認しておきましょう。

見学に行くことで、事前にホームページやカタログなどで感じたイメージと実際幼稚園に行ってみて感じたイメージが全く違っていたり、入園候補にいれてなかったけど行ってみるとすごく雰囲気が子供に合うといった場合もあるので、小さな子供を連れての見学は大変かもしれませんが、見学に行くことをおすすめします!

また、見学会では幼稚園で実際生活している子供達の様子や先生の様子はもちろんですが、教室の設備などもしっかりチェックしておきましょう!

 

幼稚園の説明会に参加しよう!

幼稚園の説明会は、入園手続き直前の9月〜10月頃に実施されるところが多いです。この説明会に参加する時期までには候補の幼稚園を決めておきましょう。

人気のある幼稚園に入園したい場合などは、募集人数よりも希望者の数が上回り入園できないという可能性もあるので、第2希望、第3希望まで念のため考えておくことをおすすめします。

 

幼稚園の説明会ではどんなことをするの?

説明会では、幼稚園の教育方針や入園の手続きに必要な願書の配布日や配布方法、面接の有無などこれからの流れの説明を受けます。

どれもこれも重要な内容なので聞き逃しのないようにしましょう。またどんな小さな疑問でも、気になることがあれば確認しておきましょう。

その後は説明会で確認した流れに沿って、願書を受け取り、書類の記入や必要書類を準備し提出し手続きを進めましょう。

 

幼稚園に入園する前のプレ保育には参加するべき?

 

プレ保育とは?

幼稚園により異なりますが、本入園の1年前の未就園児のクラスを用意している場合があります。このクラスはプレ保育やプレ幼稚園、プレスクール、未就園児クラスなどと呼ばれています。

通常の幼稚園のクラスとは違い、登園する回数は毎日ではなく、週1回や月に数回で、時間も半日のみなど幼稚園により設定されています。親子一緒に参加するクラスや、お母さんやお父さんと離れて子供達だけで参加するクラスなど、こちらも幼稚園によって様々です。

プレ保育の目的は、幼稚園での生活を体験し幼稚園の雰囲気や場所に慣れること、お友達と一緒に過ごす環境に慣れることなどいろいろあります。

お友達とリトミックやリズム体操をしたり、手遊びや絵本の読み聞かせなどを行うところが多いです。

 

 

プレ保育は必要なの?

プレ保育は必ず通わなければいけないわけではありません。

入園したい幼稚園がすでに決まっているご家庭で、その幼稚園にプレ保育のクラスが設けられている場合や、お友達と一緒に遊ぶことが大好きなお子さんの場合などは、プレ保育はおすすめです。

また、プレ保育のクラスに通わせることで、その幼稚園に優先的に入園できることが多いです。そのため、人気のある幼稚園などはプレ保育のクラスに入るための手続きの際、先着順や抽選などがあることも珍しくありません。

幼稚園によって募集開始の時期や手続きの方法も電話受付や幼稚園で直接申し込みをするなど様々なので、幼稚園のホームページを確認したり、電話で問い合わせをし、情報収集しておきましょう。

 

いつから幼稚園に通うかは子供達と一緒に決めよう!

幼稚園で過ごす幼児期は目に見えてわかるほど、心や身体が成長する、子供達にとって大切な時期です。

また、今までパパ・ママとずっと一緒にいた子供達が、初めてパパ・ママと離れて生活を送る場所になります。

入園してから後悔しないように焦らずゆっくりお子さんと一緒にいろんな幼稚園を見て、入園後の我が子の姿をイメージをしましょう。

そして、お子さんはもちろん、パパ・ママも笑顔で楽しく過ごせるタイミングで入園しましょう。

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

【徹底解説】幼稚園の選び方の重要なポイントと注意点をご紹介!

幼稚園入園式に着たい子供服が見つかるおすすめブランド8選!

【徹底解説】保育園と幼稚園の費用の違いは?共働きにおすすめはどっち?

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami