【子供を「片付け上手」にするためのコツ】整理整頓の習慣をつけよう!

【子供を「片付け上手」にするためのコツ】整理整頓の習慣をつけよう!

子供が片付けをせず、いつも部屋が整理整頓されずに散らかっているというお悩みはありませんか?中には、「片付けなさい!」と毎日怒り続けても効果がなく、疲れてしまっているパパやママもいるかもしれません。

子供は散らかすのは得意ですが、片付けるのは少し苦手なものです。そんな子供に、自分から進んで片付けをするようになってもらうためには、ちょっとしたコツが必要です。

そこでこの記事では、子供が片付けをしないときの対処法や、片付け方のアイディアについて紹介していきます。

Contents

 

子供が片付けをしてくれないときの対処法6選

 

対処法1:最初はパパママも一緒に片付けをしよう

いきなり「片付けなさい」と言われても、子供には具体的なやり方が分かりません。まずは、パパやママが子供のお手本になるように片付けをする様子を見せましょう。

子どもが片付けのことを理解しやすいよう、落ちているものを拾って分別し、収納する様子を示すことが肝心です。

親と同じことをしたがる子供は多いもの。1人では片付けができないという子供でも、パパやママが片付けをしているのを見れば「一緒にやりたい」とやる気を出してくれる可能性は高いものです。

 

 

対処法2:なぜ片付けが必要なのか具体的に説明する

子供が片付けをしてくれないときには、そもそもなぜ片付けが必要なのかを分かっていない可能性も考えられます。

片付けを促すときには「なくなったら困るから片付けてね」「使ったものはもとの場所に戻しておくと、次に使うときに探さなくても済むね」と、片付けの意味や必要性を具体的に説明しましょう。

片付けをしなかった結果、おもちゃをなくしてしまったときには「だから言ったでしょ!」と叱るのではなく、「今度からちゃんと箱に入れて片付けようね」と指導しましょう。

また、「片付けると気持ちがいいね」「部屋がすっきりしたね」と、片付けのメリットについても教えてあげたいですね。

 

 

対処法3:片付けやすい環境を整えることも大切

「片付け方が分からない」という子供の悩みは、具体的な形で解決してあげたいですね。

例えば洋服の収納なら、分かりやすいように「下着はここ」と目印をつけたり、ハンガーをポールに吊るだけの収納スペースを作ってあげたりと工夫をこらしてみましょう。

おもちゃを分別できるような収納ボックスや、ポイポイとおもちゃを入れるだけのフタ無しのおもちゃ箱を用意するなど、子供が片付けやすい環境を整えてあげるのも効果的ですよ。

 

 

対処法4:片付けをゲーム感覚で楽しむという方法も

楽しかった遊びの時間を終わらせて片付けをしなければならないというのは、子供にとってとてもつまらないことなのかもしれません。

片付けを面倒くさがる子供には、ゲーム感覚で片付けをさせるのがおすすめです。

「どっちが先に床を綺麗にできるかな?」と競争を持ちかけたり、音楽を流して「この曲が終わるまでにお片付けが終わるかな?」と片付けを促したりしてみましょう。

おもちゃの種類ごとに片付ける箱を決めておき、パズルゲームのように正しいところに片付けていくのも効果的ですよ。

 

 

対処法5:大げさに褒めてやる気をアップさせよう

子供部屋が片付かないとついイライラしてしまい「、片付けなきゃダメでしょ!」と怒りたくなることもありますよね。でも、片付けができないことを叱ってしまうと、子供は「片付けはつまらないし怒られるからイヤだ」と、どんどん片付け嫌いになってしまうかもしれません。

怒りたい気持ちをぐっとこらえて子供の片付けを見守り、少しでも片付けられたら大げさなぐらい子供を褒めてあげましょう。「えらいね」「できたね」といった声掛けだけでなく「片付けのプロだね」「お部屋がきれいになってママ嬉しいな」、といった褒め方も取り入れたいすね。

子供が「次もお片付けをしよう!」と思えるよう、うまくモチベーションをアップさせてあげてくださいね。

 

 

対処法6: 片付ける場所を子供に主体的に決めさせよう

子供が片付けしやすいスペースを用意してあげることはとても大事です。しかし「これはここ、あれはあそこ」と全てのものの置き場所を親が決めてしまうのは避けたいもの。

「あれはすぐ出せる場所に置きたい。これはこのあたりに片付けたい」と、子供には子供なりの都合があります。片付けるスペースを用意したら、子供に「これはどこに片付けようか?」と確認し、子どもの意見を尊重して定位置を決めていきましょう。

片付ける場所を子供が主体的に決めることで、片付けのやる気もアップしやすくなりますよ。

また、お気に入りのおもちゃは見えない場所にしまい込むのではなく、見える場所に飾り付けるように置いて楽しみたいという子供も少なくありません。コレクションボックスを用意し、お気に入りのアイテムをインテリアとして楽しめるよう工夫するのもおすすめですよ。

 

子供がやる気になる片付け収納アイディア6選

 

アイディア1:おもちゃの写真をカゴに貼って、片付けを効率化!

 

natty◡̈♥︎さん(@natty.k.t)がシェアした投稿 -

「お片付けをしなきゃいけないのは分かっているけれど、なにをどう片付けたらいいか分からない」という子供は意外と多いです。

100均で購入したカゴに写真を貼るアイディアを活用して、子供のお片付け魂に火をつけてみましょう。正解のカゴにおもちゃを入れる収納棚を作れば、子供は楽しい絵合わせパズルゲームで遊ぶような気持ちで片付けに熱中するものです。

何をどこに片付けたかが一目見て分かる収納棚があれば、「あのおもちゃが無くなった!」と大騒ぎすることもなくなります。

次に遊ぶときにも目的のおもちゃだけをすぐに出すことができるので、不必要に子供部屋が散らかることもありません。

▼ラベルをつければ子供服の収納もラクラク▼
【ベビー服・子供服収納】ラベルで住所化!わかる・片付く・スッキリ

 

アイディア2:カラーボックスをDIYして作るお片付けスペース

 

chiaki.oさん(@chiaki.1109)がシェアした投稿 -

近年ブームになっているDIYで、カラーボックスを素敵に変身させてみませんか?カラーボックスの内側の棚を取り払ってポールを設置すれば、子ども用のミニクローゼットが簡単に完成します。

お洗濯のあとの洋服をタンスに入れるのを面倒がる子もいるもの。でも、お洗濯のときに洋服をハンガーで干すようにし、乾いてからそのまま吊って収納するだけなら片付けが簡単です。

カラーボックスは高さがあまりないので、子供でも片付けやすいですよ。カラーボックスを活用して、子供のやる気を引き出すような素敵な片付けスペースを作ってみてくださいね。

▼カラーボックスは子供服収納に最適!▼
【ベビー服・子供服の収納】カラーボックスをフル活用で収納上手

 

 

アイディア3:子供が片付けやすい、見える収納スペース

 

由貴さん(@sato_yk14)がシェアした投稿 -

「スッキリ見せたい」という思いから、大人はゴチャゴチャ散らかりがちなものを見えないように片付けてしまいがち。

でも子供は、次に遊ぶときに好きなものを好きなように取り出せるような片付けスペースを好みます。

おもちゃをざっくりと分類してポイポイとカゴに放り込んでいくだけのお片付けスペースがあれば、小さな子供でも片付けが簡単です。カゴ付きの棚はネットショップなどで購入できますが、100均のカゴを活用してDIYするのもおすすめですよ。

 

 

アイディア4:子供の「コレクション魂」を刺激する収納棚

 

Häköさん(@hako1005)がシェアした投稿 -

子供がお気に入りのおもちゃを整然と並べて満足げにしているのを見たことはありませんか?お気に入りアイテムのコレクションに夢中になってしまうのは、大人も子供も同じです。

お気に入りのおもちゃを飾りつけるように片付ければ、ずっと眺めていたくなるような素敵なスペースができあがりますよ。

おもちゃを整然とコレクション棚に並べる習慣をつければ、ものを大切にする気持ちも芽生えやすくなります。

 

 

アイディア5:絵本をカラー分けして片付けたら、こんなに素敵!

 

moeさん(@moks___childhood)がシェアした投稿 -

子供の絵本はさまざまな大きさのものがあるので、その片付けに苦戦しているパパママも多いのでは。雑然と散らかってしまいがちな絵本も、こんなふうに工夫すれば綺麗に片付けられますよ。

ポイントは、絵本をカラーごとに分類すること。グラデーションカラーのインテリアがおしゃれに見えるのと同じように、収納も色別に分ければ見た目がよくなります。「赤い絵本はここ」とすぐに分かるので、子供にとっても片付けしやすい本棚になりますよ。

本屋さんの店員になりきって、親子で絵本の片付けやディスプレイをするのも楽しいですね。

 

 

アイディア6: 片付けスペースのトーンを揃えれば「散らかった印象」にならない

 

wsgfactory minneさん(@wsgfactoryminne)がシェアした投稿 -

子供部屋のおもちゃは、絵の具をばらまいたみたいにカラフル。しかしさまざまな色のものが混在していると、ゴチャっと散らかった印象に見えてしまいがちです。

収納スペースの色合いをそろえるだけで空間に統一感が生まれるので、ゴチャゴチャした雰囲気が和らぎます。収納スペースがインテリアのように映えるので、友達が遊びに来たときにも堂々と子供部屋に案内できますよ。

子供の好きな色のおもちゃ箱を買いそろえたり、「この色の箱にはこのおもちゃを入れよう」と分類したりすれば、きっとお片付けも楽しくなることでしょう。

 

さまざまな工夫を取り入れて、片付け上手な子供に育てよう!


「片付けなさい」と繰り返し声を掛けることに疲れ、子供に片付けをさせることをあきらめてしまうパパやママもいるかもしれません。

しかし、片付けをきちんと指導しないと、子供は散らかっている状態に慣れてしまい、片付けをしないだらしない性格になってしまう可能性があります。

子供の将来を考えれば、片付けの習慣づけは必要不可欠。まずは、子供が自分から片付けをしてくれるような環境を作ってみましょう。一緒に片付けをしながら片付け方のコツを教え、片付け上手な子供に育ててあげてくださいね。

 

▼smarby取り扱いの収納グッズはこちら▼
収納グッズ smarby通販ページ

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

【必見】収納改善・プラレールがすっきり片付くアイデア集【決定版】

【保存版】レゴ収納この手があったか!お片付けアイディア10選

 

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyアプリをダウンロード

Campaign キャンペーン

キャンペーン一覧

Special feature 新着特集

特集をすべて見る

アプリ限定

毎日ポイントがもらえる
「チェックインポイント」があります!