保育園の服装選びどうする?年齢別のおすすめ&保育士のアドバイス

保育園の服装選びどうする?年齢別のおすすめ&保育士のアドバイス

最終更新日 2021-03-07 by smarby編集部

保育園の入園準備で子どもの服装に悩むパパやママも多いのでは?Tシャツやズボンなど、保育園で活動しやすい洋服のポイントは年齢によっても異ります。

季節や活動量によって、長袖か半袖かを選ぶ必要がありますし、洋服だけでなく肌着や靴下、レギンスも用意しなければなりません。

しかし、子ども服はたくさん種類があるので「どれを買えばいいか分からない」と迷うこともあるでしょう。

そこで今回は、保育園の服装の選び方のポイントやおすすめアイテムを紹介します。着替えやすいトップスや肌なじみのいい素材もまとめて解説!保育士経験を活かしたアドバイスも載せるので、ぜひ参考にしてください♪

Contents

保育園の服装選びのポイントは?

保育園の服装を選ぶときは「動きやすい」「着替えやすい」「安全性に問題がない」の3点が大切です。

子どもは保育園の活動の中でたくさん動くので、汗をかいたり着替えたりします。そのため、吸収性に長けた素材や伸縮性の高い素材がおすすめです。

また、保育園で着る服には名前を書く必要があるため、ネームタグがある服を選びましょう。

ほかにも、服装選びのポイントはたくさんあります。アイテム別にそれぞれのポイントをチェックしていきましょう!

1.肌着は綿素材がおすすめ

綿素材は、通気性や吸収性に優れているので汗をかいても安心です。肌触りもいいので、赤ちゃんの肌着としてもぴったり!天然素材の綿100%なら、デリケートな肌でも安心です。

肌着にもさまざまな種類がありますが、タンクトップが動きやすいのでおすすめ♪

ここで注意点が一つ。ヒートテックを肌着として使うのは避けましょう。多くのヒートテックはレーヨンという素材を使っています。レーヨンは吸水性に長けているものの、撥水性に弱いので汗を十分に吸収してくれません。

そのため、汗が乾きやすい綿100%の肌着を選びましょう。

トップスとボトムスがつながったロンパースも綿素材のものがおすすめです。

【保育士のアドバイス】

ロンパースは0歳児クラスならOKという保育園が多いです。

ただ、お着替えの練習やトイレトレーニングが始まる1歳児クラスからは、着脱に時間がかかるので控えた方がよいでしょう。

保育園用のおすすめの肌着は【GUNZE(グンゼ)】子ども肌着。カラーは白で、素材は綿100%です。なめらかな肌触りが子どもの肌を優しく包んでくれます。

2.トップスは着脱しやすいものを選ぶ

Tシャツやトレーナーなどのトップスは、着脱しやすい伸縮性に優れた素材がおすすめです。ポリウレタンやポリエステルなどのストレッチ素材が代表例として挙げられます。

フードやひも付きの服は、ベッド柵や遊具に引っかかってしまうので、避けましょう。

ボタンやリボン付きは誤飲につながります。できるだけ装飾の少ない、シンプルで動きやすい服を選びましょう。

また、給食や手洗いの際、袖が濡れないように、七分丈やジャストサイズの服をチョイスするのもポイントです♪

【保育士のアドバイス】

とくに0~3歳クラスは、1日3~4回着替えることもあります。ぴったりしたサイズよりも着替えやすいサイズを選びましょう。

おすすめのアイテムは後ほどご紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

3.ズボンはストレッチ性の高いものを選ぶ

夏以外は、長ズボンか七分丈のズボンを履くのが一般的です。動きやすさを重視してストレッチ性の高いものを選びましょう。

ストレッチ性の高いポリウレタンやポリエステルは、縦方向と横方向の両方に伸びる生地です。反発性(伸ばした後に元の形に戻ること)もあるので、子どもが運動するときにはぴったり♪

耐久性が高く、肌触りがいいのも嬉しいポイントです。

【保育士のアドバイス】

女の子にはスカートを選びたくなるパパ・ママもいるかもしれません。しかし、遊具に引っかかって転倒するリスクもあるので、ズボンを選ぶことをおすすめします。

保育園によっては「スカートは不可」とルールが決まっているケースもあるので、前もって確認しておきましょう。

おすすめのズボンも後ほどご紹介するので、要チェックです!

4.上着は薄手を選ぶ

子どもは大人よりも体温が高く、汗をかきやすいので、上着を購入する際は薄着のものを選びましょう。

ポリエステルやナイロン素材のような軽いものは、運動の妨げにならないのでおすすめです。保育園では、ブルゾンやフルジップジャケットなどが人気ですね。

中には、名前を書くスペースがない上着もあります。その場合は上着の裏側にある洗濯タグに名前を書くか、リボンをファスナーに取り付ける方法を試してみてください♪

【保育士からのアドバイス】

フード付きの上着は、遊具に引っかかって窒息や転倒などの恐れがあるので避けましょう。ただ、フード付きの上着であっても、フードが収納できるものや、取り外し可能なものを選ぶと安心です。

保育園用のおすすめの上着は、【moujonjon】ポリピーチ裏ハート柄ジャケット。サイズは80~130で、表地と袖裏の素材はポリエステル100%、見頃裏は綿100%、衿は綿95%/ポリウレタン5%です。

5.靴下は滑り止め付きを選ぶ

子どもが転倒しないように、滑り止め付の靴下を選ぶのも大きなポイントです。くるぶしの上~ふくらはぎ程度の丈の靴下は、子どもが自分で着脱しやすいのでおすすめです。

丈が浅い靴下や大きすぎる靴下の場合は、靴の中で脱げてしまうので、なるべくジャストサイズのものをチョイスしましょう♪

ただ、子どもは成長が著しいので、足の大きさは数カ月おきに変わります。3カ月おきぐらいに足の大きさを測って、フィットするサイズの靴下を購入しましょう。

【保育士からのアドバイス】

保育園の中には、靴下を脱いで素足で過ごす保育園も多いです。靴下を脱いだときに紛失しないように、氏名を記入できるスペースがある靴下を選びましょう。

保育園用のおすすめ靴下は【Combimini(コンビミニ)】シューフィットソックス(カラーネップ)。サイズは9~11、11~13、13~15、15~17の4種類で、素材は綿・ポリエステル・ナイロン・ポリウレタンです。

【0歳児】保育園服装おすすめアイテム

0歳児でも、子どもの発達段階によって選ぶべき服装は異なります。ハイハイができる時期になったら、動きやすいように上下別々のものがおすすめです。

肌着は、脱げたりお腹が見えたりしないように、上下がつながったロンパースを選びましょう。

そのため、0歳児の服を購入するときは、上下別々のものとロンパースの肌着の両方をチェックする必要があります。

それでは、0歳児向けのおすすめアイテムをチェックしていきましょう!

1.【MARKEY’S(マーキーズ)】ナガソデロンパース

ポップでおしゃれなイラストと綿100%の肌触りが特徴のロンパースです。お尻まわりにゆとりがあるので動きやすく、オムツもすっぽりと収まります。

留め外しがしやすいスナップボタンも大きなポイント♪スムーズな着替えを手助けしてくれます。

1枚ごとに質感やサイズが異なるのも、MARKEY’S(マーキーズ)ならでは魅力です。ほかのメーカーでは実感できない、一着ごとの個性を楽しんでくださいね。

サイズ展開は70と80で、カラー展開はアイボリーとイエローの2色です。本体の素材は綿100%でリブ部分は綿96%・ポリウレタン 4%なので、綿素材ならではの柔らかさが子どもの素肌を包み込んでくれます。

2.【devirock(デビロック)】デビラボ プリント長袖ロンパース

型崩れしにくい丈夫な天然素材と、上品なデザインが人気の長袖ロンパースです。イラストやマーク、柄など幅広いデザインをそろえているので、選ぶ段階から楽しめます。

子ども服ならではの親しみやすさとスタイリッシュさを兼ね備えた、個性的な商品なので、周りと差を付けたい人にもおすすめです!

サイズやカラーバリエーションが豊富なほか、伸縮性や吸汗性にも優れています。保育園はもちろん、普段使いにもぴったりの洋服です♪

サイズは60と70で、カラー展開はブルーグレーやモカ、オートミールを含む16色。サクランボ柄やハンバーガーのイラストなど、デザインも多種多様なので複数枚を購入してもよいでしょう。

3.【ベルメゾン】ロンパース 女の子 男の子 長袖 ソフトキルト カエルロンパース

高い実用性とデザイン性を両立した長袖ロンパースです。綿100%なので、保温性もばっちり。秋や冬などの肌寒い季節にはぴったりでしょう。もちろん、手触りや着心地も◎

おしりのマチが大きめにデザインされているので、オムツ替えの際もスムーズに着脱できます。動きやすい構造なので、ハイハイや寝返りも妨げません。

柄やカラー展開も豊富なので、自分の子どもに似合うものが見つかるでしょう。

サイズは60・70・80を用意しています。カラー展開は7色で、柄はゾウや花、星やドットなどを含む5種類。表側・裏側の素材は綿100%、中わたはポリエステル100%、リブ部分は綿95%・ポリウレタン5%です。

4.【petit main(プティマイン)】抗菌防臭 ワッフルボタンロンパース

抗菌防臭機能があるロンパースです。凹凸のあるワッフル風のデザインなので、着心地は抜群!

表面は無地で、腕に星のマークが施されたデザインが特徴です。シンプルなデザインですが、首元にはダブルボタンがあるので、さりげないおしゃれ感を演出してくれます。

ズボンや上着などにも合わせやすい色合いとデザインで、コーディネートしやすいでしょう。抗菌防臭加工が施されているので、オムツや汗のにおいの発生も抑えてくれます。

サイズは70と80で、カラー展開はライトベージュ・ブリックレッド・ブルーグリーンの3色。素材は綿100%です。

5.【devirock(デビロック)】バイカラーレギンス

赤ちゃん向けのレギンスです。おしゃれな色使いと裾のバイカラーがチャームポイント!

近年流行中のくすみカラーやアースカラーで、かわいさと安心感を演出♪

ロンパースやかぼちゃパンツ、ズボンやキュロットなどの定番アイテムと合わせたコーディネートもおすすめです。

綿のほか、ストレッチ性の高い生地を使っているのも特徴です。カラー展開も豊富なので、お手持ちの洋服に合う色を選んでくださいね。

サイズは70と80で、カラー展開はベージュ・モカ・グレージュ・スミクロ・ダスティピンク・ブルーグレーの7色。素材は綿80%、ポリエステル18%、/ポリウレタン2%です。

動きやすいので保育園用の服にぴったりですね!

【1歳児】保育園服装おすすめアイテム

1歳は歩き始める時期なので、服を選ぶときは動きやすさ重視しましょう。上下が分かれている服や着脱しやすい服、ストレッチ素材を使用した服がおすすめです。

身長や手足の長さも伸びる時期なので、サイズにも気を付けましょう。

それでは、保育士目線から見て1歳児におすすめのアイテムを5つご紹介します。価格やデザイン性、伸縮性や丈感、そのほかの機能性もあわせてチェックしていきましょう。

1.【devirock(デビロック)】デビラボ プリント長袖Tシャツ

大人気のキッズアパレルブランドdevirockの定番アイテム「プリントロンTシリーズ」。高品性と高いデザイン性を追求した注目の商品です。

ロゴ・イラスト・グラフィックを始めとするスタイリッシュなデザインが、こなれ感を演出してくれます。コラボアイテムや季節のアイテムなどもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

80~160までのサイズを取りそろえています。カラーはオフホワイト・杢グレー・ブラック・ベージュを含むおよそ20色。本体の素材は綿100%で、リブの部分は綿95%・ポリウレタン5%です。

英字・星・ハートなど、デザインも豊富なのでお気に入りの一枚を見つけてくださいね。

2.【moujonjon(ムージョンジョン)】のびのび裏毛トレーナー

シンプルでスタイリッシュなデザインが特長のトレーナーです。よく伸びるベア裏毛を採用しているので、動きやすさは抜群♪

無地なので、柄物も上着やパンツとも合わせやすいでしょう。日本製というのも、大きなポイントです。鮮やかな色合いが、親しみやすさとおしゃれ感を実現してくれます。

男の子も女の子も着られるアイテムなので、兄弟や姉妹でおそろいにしても楽しいはず。

サイズは80~140で、カラーはレッド・ブラウン・ブルー・イエローの4色。素材は綿95%、ポリウレタン5%です。

3.【devirock(デビロック)】ベビー配色Tシャツ&パンツセット

シャツとパンツがセットになったお得なアイテムです。カラフルなTシャツと、パンツは白いラインがアクセントになったパンツは、遊び心のあるハイセンスな印象を与えてくれます。

Tシャツとパンツという、ベーシックなアイテムは、保育園似通う際に1セットは持っておきたいものです。ネームタグも付いているので、紛失や取り間違いも防げます。

サイズは80~120で、カラーはマスタード・カーキ・サックスブルー・ブルーグレーの4種類。本体の素材は綿100%、別布は綿95%・ポリウレタン5%です。

違う色のセットを複数購入して、着まわすのもおすすめです♪

4.【devirock(デビロック)】ウルトラストレッチアニマル10分丈パンツ

柔軟性に優れた人気の10分丈パンツ。膝元にプリントされたアニマルデザインがとてもキュートですね。カラーによってプリントされている動物が異なるので、子どもに好きな動物を選んでもらいましょう。

バックにはポケット、裏側にはネームタグも付いています。

サイズは70~120で、カラーはブラック・モカ・カーキを含む10色展開。素材は綿95%/ポリウレタン5%です。

ネコ・イヌ・クマなどのキュートでシュールなデザインを楽しんでくださいね。 

5.【petit main(プティマイン)】抗菌防臭 アソートレギンス

抗菌防臭効果のある子ども向けのレギンスです。ストレッチ性の利いた履き心地のよさが大変人気です。

ズボンやキュロットなどの定番アイテムに合わせるだけで、印象がガラリと変わります。防寒対策にもなるので、寒い季節にもぴったりです。

伸縮性にプラスして、生地には抗菌防臭加工が施されているので、汗やオムツのにおいも防いでくれます。ネームタグが付いているのも嬉しいポイントです

サイズは80~130で、カラーはアイボリー・ブリックレッド・ライトカーキ・チャコールの4色。素材はポリエステル62%、綿33%、ポリウレタン5%です。

カラーによって柄が異なるので、色味と柄の雰囲気を吟味して選んでくださいね。 

【2歳児・3歳児】保育園服装おすすめアイテム

2~3歳児になると、自分で着替えるようになるので、着脱しやすい服を選ぶのがポイントです。危険のないように、できるだけシンプルなものがおすすめです。

ボタンやリボン、フードなどの装飾がないものや、首元が詰まっていないもの(ボタンがあればなおよし)などが例として挙げられます。

それでは、具体的なおすすめアイテムをご紹介します。Tシャツやパンツ、レギンスなどの定番アイテムをチェックしてきましょう。

1.【b-ROOM(ビールーム)】【プチプラ通園セット】巾着付きTシャツ3枚セット ブルー

人気子ども服ブランドを多数取り扱っているセレクトショップ「STRIPE CLUB KIDS」から巾着付きTシャツです。

Tシャツ3枚がセットになっているので、毎日使いにぴったり♪

 巾着は保育園の「着替え袋」としても使えるのもポイントです。内側にはネームタグも付いています。

サイズは80~110で、カラーはブルーグレー。デザインは3種類で、素材は綿100%です。

重ね着風や、ボーダー柄、イラストプリントなど、Tシャツのテイストがそれぞれ異なるので、飽きずに着まわせます。

2.【MARKEY’S(マーキーズ)】【LIFE SUPPORT PRODUCTS】ワッフルロンT

MARKEY’S(マーキーズ)の定番ロングTシャツ。このTシャツはワッフル地で作られているのが大きなポイントです。

ワッフル地は肌に触れる綿が少ないので、さらっとした着心地が持続します。過剰な摩擦も避けられるので、毎日使いには最適です!

暖かい季節では1枚でもOkですが、肌寒い季節は重ね着すると心地よい暖かさが続きます。

絶妙にルーズなシルエットは、こなれ感や遊び心を演出してくれるでしょう。

80~150と幅広いサイズを用意しているので、子どもの成長度合いに合わせてサイズを選べます。カラーはオフホワイト・ブラック・ピンクを含む8種類展開。

本体の素材はポリエステル65%・綿35%、リブ部分はポリエステル62%・綿33%・ポリウレタン5%です。色違いで購入して、着まわしてみてもよいでしょう。

3.【MARKEY’S(マーキーズ)】【JIPPON】イラストロンT

MARKEY’S(マーキーズ)オリジナルのユニークなイラストが特徴のロングTシャツです。

子どもだけでなく、大人も思わずほっこりする味わい深いイラストが大変人気です。日本製というところも嬉しいポイント♪

さらっとした肌触りと抜群の着心地も◎シンプルでラフなシルエットなので、子どもが着替えやすいでしょう。

サイズは80~140で、カラーはオフホワイト・ライトピンク・ベージュを含む5色です。イラストはパンダ・ライオン・人などの4種類。本体の素材は綿100%、リブ部分は綿95%・ポリウレタン5%です。 

4.【petit main(プティマイン)】裏シャギー 無地パンツ

人気セレクトショップ「petit main(プティマイン)」が販売している無地パンツです。

無地のベーシックなスタイルなので、柄物のトップスや上着にもよく合います。

毛布のような裏シャギー仕様もこの商品の大きな特徴です。暖かくて、肌触りもなめらかなんです♪

前後に付いた4つのポケットも、とてもキュート!内側にはネームタグも付いているので、紛失の心配もありません。

サイズは80~130で、カラーはモカ・ブラウン・カーキ・ブルーの4色。素材はポリエステル・綿・ポリウレタンです。色によって素材の使い方が異なるので、お好みのデザインと質感をチェックしましょう。 

5.【devirock(デビロック)】ラインレギンス

スポーティーなコーディネートにぴったりなラインレギンスです。サイドに入ったラインが、スタイリッシュな雰囲気を演出してくれます。

パンツやキュロット、少し丈の長いトップスと合わせるだけで、一気に今っぽいスタイルに♪

ウエストはゴム仕様なので、動きやすさも抜群です。軽やかなストレッチ素材なので、心地よいフィット感も味わえるでしょう。

サイズは80~160で、カラーは杢グレーとブラックですが、デザインはラインなし・ライン1本・ライン2本の3種類となります。

本体の素材は綿95%・ポリウレタン5%で、テープ部分は綿100%です。服に合わせて、何枚か購入しておくと便利でしょう。 

【4歳児・5歳児】保育園服装おすすめアイテム

年長になると、自分で着替えたり、脱いだ服を畳んだりするようになります。そのため、着脱しやすくサイズの合ったものを選びましょう。

ただ、2~3歳よりも身体能力が発達する時期なので、ストレッチ性の高いもの、通気性のよいものを選ぶのもポイントです。

それでは、4~5歳が保育園に着るときにおすすめアイテムをご紹介します。

1.【devirock(デビロック)】パネルボーダー長袖Tシャツ

大人服にあっても違和感のない、定番デザインが魅力のロングTシャツです。

胸元からボーダー仕様になっているので、カジュアルすぎない「きちんと感」が演出できます。親子で一緒に、ボーダーコーディネートをしても楽しいでしょう。

色もナチュラルで生地の手触りもふんわりとしているのも大きな魅力です。

サイズは100~160で、カラーはキャメル×ネイビー・モカ×ブラック・黒地×白ボーダーを含む5種類。本体の素材は綿100%、リブ部分は綿95%・ポリウレタン5%です。 

2.【devirock(デビロック)】ゆるっとTシャツ

トレンド感あふれる人気アイテムです。肩のラインが落ちたドルマンスリーブ仕様なので、ゆるっとシルエットに仕上ります。

首元が広めに作られているのもポイントです。着脱も簡単に済ませられるでしょう。

サイズは80~160で、カラーはパープルやブラックを含む7色。本体の素材は綿100% 、リブ部分は綿95%・ポリウレタン5%です。

なめらかな肌触りと高い吸汗性が特徴の天然素材♪丈夫で崩れにくいので、毎日の洗濯も安心です。 

3.devirock(デビロック)】ウルトラストレッチパンツ

人気&実力ともにNo1!のレギンスパンツです。細すぎず、太過ぎない絶妙なシルエットが、おしゃれな印象に仕上げてくれます。

裾までストレートでキレイなラインが特徴。長めの丈なので活発に動き回る子供でも10分丈をキープできます。豊富なカラーでどんなスタイルにもぴったり!保育園の服装としても大活躍間違いなしです!

サイズは100~160で、豊富なカラーが特徴。素材は綿95%/ポリウレタン5%です。 

4.【devirock(デビロック)】ペプラムデニムニットレギンスパンツ

伸縮性の高さとリーズナブルな価格が魅力のレギンス。

デニムのように見えますが、実はカットソー素材にインディゴ染めを施したレギンスです。 

ウエストのペプラムデザインがガーリーな印象に仕上げてくれます。動きやすいので通園や運動の際にもぴったり。

合わせるアイテムによって、カジュアルにもガーリーにもなります。ゴムの取り替え口もついているので、ウエストの調整も簡単♪

サイズは80~140で、カラーはネイビー・サックス・ブリーチの3色。本体の素材は綿53%・ポリエステル32%・ポリウレタン15%で、リブ部分は綿95%でポリウレタン5%です。

やわらかな履き心地なので、デニムが苦手な子どもにもおすすめです。 

5.【devirock(デビロック)】ウルトラストレッチスキニーパンツ

すっきりとしたシルエットが特徴のスキニーパンツ。ぴたったりとした質感が、脚のラインがきれいに見せてくれます。

シンプルなデザインなので、さまざまなテイストの服とも合います。男の子も女の子も着用できるのも嬉しいポイントですね!

ベーシックで落ち着いたカラーだけでなく、明るいカラーも用意しているので、複数枚を購入して着まわしても◎

サイズは100~160で、カラーはブラック・ベージュ・モカを含む7色。素材はレーヨン78%・ナイロン20%・ポリウレタン2%です。

キッズからジュニアまで幅広いサイズを用意しているので、兄弟や姉妹でおそろいにしてもよいでしょう。 

保育園の服装は動きやすさを意識したコーディネートをしよう!

子どもの保育園の服装を選ぶときは、動きやすさ・着替えやすさ・安全性を意識することが大切です。

具体的には、ストレッチ性や吸汗性の高い素材や、首元が適度に開いたシンプルなデザインを選びましょう。

ネームタグやゴムの取り替え口があるものや、数枚がセットになった商品もおすすめです。

子どもの年齢に合わせて、ぴったりの洋服を見つけてくださいね♪

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami