授乳ケープの使い方は?エプロンやポンチョなど自分に合ったものを見つけよう!

授乳ケープの使い方は?エプロンやポンチョなど自分に合ったものを見つけよう!

最終更新日 2019-05-10 by smarby編集部

授乳ケープは意外と種類が多く、どれが自分にぴったりか選ぶのに迷ってしまいませんか?ガーゼ型やポンチョ型など様々なタイプがあり、おしゃれを重視するか使いやすさを重視するかでおすすめタイプが変わってきます。ほかにどんなタイプがあるのかそれぞれの使い方や特徴を見てみましょう!

 

授乳ケープとはなに?どんな時に使うの?

授乳ケープは、人目が気になるところで授乳をする時に使う便利アイテムです。

外出時に使うイメージが強い人が多いと思いますが、入院中や家に友達や親せきが赤ちゃんを見に来てくれた時にも役に立ちます。

私自身は、車の中や義実家に遊びに行った時によく使っていて、外出時は常にマザーバッグに入れていました。
周りのママさんを見ると、可愛い授乳ケープや機能性がありそうな授乳ケープを使っていて、人によって好みがあることがわかりますね。

今回は、そんな授乳ケープの種類や使い方について、詳しく紹介したいと思います。

 

授乳ケープの種類を詳しく解説!

ママ向けの雑誌でよく必須アイテムと紹介される授乳ケープ。ですが、いざ買おうとすると形がいろいろあり、どれが使いやすいのか悩みます。できれば買ったあとに後悔はしたくないですよね。

授乳ケープは、主に種類が3つあります。

・エプロンタイプ
・ポンチョタイプ
・ストールタイプ

では詳しく見てみましょう。

 

授乳ケープ【エプロンタイプ】

エプロンタイプは、エプロンの胸元にワイヤーが入っており、授乳中の赤ちゃんの顔がしっかり見えるところが人気です。使い方が難しくないので、授乳ケープを初めて使う人にもおすすめ。

赤ちゃんを足まですっぽりと包むので、一見寝ている赤ちゃんを抱っこしているようにも見えます。
ガーゼ生地で作られているものが多くあり、赤ちゃんの肌にも優しいです。

布面積が広く、形が崩れにくいのでデザインを見せたいという人におすすめです。大きく隠せる分、エプロン自体が大きいので荷物になるという点も。

 

 

授乳ケープ【ポンチョタイプ】

 

TINY DROPSさん(@tiny_drops_)がシェアした投稿

ポンチョタイプはその名の通り、ポンチョの形をしています。ママの体をくるっと一周隠すことができ、斜め後ろから見えてしまうといった心配がないので、親戚がたくさん集まる場所など、人が多いところで授乳する機会がある人におすすめです。

上からかぶるタイプのため、帽子をかぶっていたりお団子ヘアなど髪型のアレンジをよくする人は、使いにくく感じるかもしれません。

 

 

授乳ケープ【ストールタイプ】

 

aiさん(@k7a3i10)がシェアした投稿

大判で扱いやすいストールタイプは、授乳をしない時は普通にストールとしても使えるので荷物にならずかさばりません。
ストールは厚手や薄手など種類があるため、季節によって使い分けが必要になりますが、何枚か用意することでファッションの一部としておしゃれを楽しむこともできます。

ワイヤーが入っておらず形が固定されないため、慣れるまでは授乳開始まで少し手間取る可能性も。

 

授乳ケープの使い方・巻き方とは?

授乳ケープのタイプによって、使い方や巻き方が異なります。自分が使いやすそうなタイプを見つけてくださいね♪

 

授乳ケープの使い方・巻き方【エプロン編】

エプロンタイプは、首にひもをひっかけるだけで装着完了なので、すぐに準備ができます。首ひもの長さ調整ができるものがほとんどのため、よりママや赤ちゃんに合った角度で授乳することができます。

めくれ防止のために普通のエプロンのように後ろに紐を回して結ぶところがついているものもあり、授乳ケープ以外にも、ベビーカーの日よけとして使えます。

 

 

授乳ケープの使い方・巻き方【ポンチョ編】

ポンチョはかぶるだけでいいので、細かい調整が必要ありません。ポンチョ自体がファッションアイテムのひとつなので、授乳するしない関係なく予め着用しておくこともできて便利です。

寒い日は抱っこひもと合わせて使うことで、防寒グッズとしてママと赤ちゃんを寒さから守ります。

 

 

授乳ケープの使い方・巻き方【ストール編】

ストールはさっと羽織るだけでOK。商品によってはボタンがついていて、ポンチョのようにすることもできます。ボタンがついている部分を背中に回せば、見えることもありません。

ボタンが付いていない場合は、めくれる可能性がありますが、そんな時は100均などに売っている帽子を飛ばないようにするクリップがおすすめです!

ストールの淵にクリップをつけ、そこにママの頭を通すだけであっという間にエプロンタイプに変身します。

 

授乳ケープを使って赤ちゃんを健康に育てよう!

授乳ケープがない状態で授乳をすると、赤ちゃんの手や足がバタバタしてママも焦りますよね。いつ見えてしまうかわからないという緊張感も…。
そうすると、落ち着いて授乳ができずに、ママも赤ちゃんもストレスになってしまいます。

安心して穏やかに授乳タイムを過ごすためにも、授乳ケープはおすすめのアイテムなんです♪おしゃれや使い方などを踏まえて、お気に入りを見つけてくださいね!

 

▼smarby取り扱いのベビー用品はこちら▼
ベビー用品 smarby通販ページ

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

全部やってみた!授乳ケープの代用【おくるみ・ストール・洋服etc.】

授乳ケープはポンチョ型が使いやすい!人気おすすめアイテム7選

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami