【お宮参り後の食事】費用の負担は誰がする?会食のマナーも!

【お宮参り後の食事】費用の負担は誰がする?会食のマナーも!

最終更新日 2019-05-13 by smarby編集部

赤ちゃんが生まれて、生後1カ月ごろに行うお宮参り。お宮参りは、赤ちゃんの健康と成長を祈願することを目的としていますが、お宮参りの後には会食を開くことが多くあります。食事会はレストランや神社の別棟、自宅で開くなど様々な場合があります。

その際、食事の決まりなどはあるのでしょうか?

本記事では、これからお宮参りを控えている方におすすめのお食事会での食事の費用や誰が食事代の費用を負担するのか、定番のご飯メニューや食事の際のマナーまで、詳しくご紹介します。

 

お宮参りの後の食事会は行うもの?

お宮参りをした後に、両家で食事会をすることが多いです。

「Combiタウン」がお宮参り後に食事会を開いたのかを調査したところ、実際に食事会を開いた方の割合は以下の通りです。

■自宅でお祝いした……35%

■レストランや割烹でお祝いした……34%

■特にお祝いをしなかった……28%

(出典元:妊娠・出産口コミサイトCombiタウン お宮参り)

 

数字でも分かる通り、自宅やレストランで食事会を開いた方の割合は約7割と非常に高いものとなっています。

 

お食事会の定番メニューは?

生後1カ月の赤ちゃんはまだ母乳かミルクだけです。しかし、せっかくのお祝いの場で両家が集まっているため、赤ちゃんをお祝いする会食メニューが堪能できるお店を選びましょう。

ですが、あくまで赤ちゃんとお母さんの体の負担になることは避けましょう。外での会食が難しい場合は自宅でお食事会を開くなどをして対応していきましょう。

お宮参り後の食事に献立の決まりはないのですが、おめでたいもの、縁起の良い物を選ぶと良いでしょう。

お店によっては「お祝い膳」が用意されていることもあります。どうすれば良いか分からない方は、お祝い膳を活用することをおすすめします。

それでは、お祝いにぴったりのおすすめの献立をご紹介します。

 

お赤飯

お祝い事にはよくお赤飯が用いられます。
「赤」は魔除けの力があるとされ、厄払いの意味があるため、赤ちゃんの成長を祈願するお食事会にはおすすめの献立です。

 

 

海老や鯛の縁起物

海老や鯛もお祝いメニューとして取り入られる献立です。例えば海老は、「長寿」を表すとされています。また鯛は「めでたい」との語呂から多くの地域で取り入れられています。

鯛が難しい場合は尾頭付きの魚でも良いでしょう。尾頭付きの魚は「尾も頭もついた完全な形の魚」を表し、祝いの膳に用いる献立であります。

 

 

煮物

煮物に使われる食材にも意味が込められています。

■レンコン……先の見通しが良いように

■タケノコ……まっすぐ育つように

などの意味を込めて野菜を使うことが多いです。
また昆布は「よろこんぶ」の語呂合わせとして用いられることもあります。

 

 

酢の物

酢の物は、タコの酢の物や、紅白なますが一般的です。

タコは「多幸」の語呂や、タコの足の本数(八)が末広がりで縁起が良いとされています。また、タコの吸盤がキレイに揃っている姿から、歯固め石の代わりにタコを使う地域もあります。

 

お宮参り後の食事の予算・相場は?

次に、食事会の予算と相場についてご紹介します。

お宮参りは大体午前中やお昼から行うため、そのままランチでの食事かゆっくりと夕方にディナーとして行うことが多いようです。

1人当たりの予算は、

■ランチの場合……3,000円~5,000円程度

■ディナーの場合……4,000円~10,000円程度

だと言われています。

 

自宅でお食事会を開く場合の平均予算

最近では自宅で立派な料理を宅配してくれる専門の業者が増えています。

自宅にお祝い膳を宅配してくれるサービスを利用した場合、平均相場は3,000円から5,000円以上。仕出し懐石だと5,000円から8000円以上 が相場です。

自宅で食事会を開くメリットは

・周りに気をつかうことがない

・ゆっくりと時間を過ごせる

・赤ちゃんへの負担が少ない

・おむつスペースなどを考えなくても良い

などが挙げられますが、ケータリングの注文・食器の片づけをしなくてはならず、さらに祖父母などを招く場合は、部屋の掃除や席のセッティングが必要となるためお母さんの負担が大きくなります。

 

 

レストランでの会食の場合の平均予算

レストランで会食をする場合、お店・ホテルによって金額に差がでます。

和食チェーン店なら個室利用で5,000円から、有名ホテルのお祝いコースを利用すると1人当たり15,000円〜25,000円ほどです。

レストランで食事をする場合は、準備や後片付けの負担もなく特別感を味わえます。しかしその分、値段がかかるため、食事会を決めるときは家族と相談しながら進めましょう。

 

食事の費用は誰が負担するの?

では、食事会のときの費用は誰が払えばいいのでしょうか?お宮参り後の食事会では、「誰が」費用を負担するべきなのか特に決まりはありません。

赤ちゃんをゆっくりと両家にお披露目する場であり、両家の親を招いている立場なので「お宮参り後の食事代は自分たちで支払いたい」という気持ちもあると思います。

しかし、食事会での費用はどうするのかを事前に義理母と話し合うことが大切です。なぜなら、お宮参りのお祝い着はお嫁さんの両親が用意することが一般的だと言われているからです。そのため旦那側の両親が食事会の費用を負担することもあります。

お宮参りの後に食事会を開く場合は、場所と時間ももちろん、費用の面でも一度相談するのが無難でしょう

 

食事会のお店選びのポイントは?

お宮参り後の食事会を開くと決まった場合、お店選びをするうえでもいくつかポイントがあります。それぞれご紹介します。

 

広めの個室&和室を利用する

まずは、広めの個室があるレストランを選びましょう。

特に和室で座敷の部屋がベストです。座敷の部屋であれば、赤ちゃんを寝かすこともできます。また個室であれば、たとえ授乳やおむつ替えスペースがなくても、周りの目を気にしなくてもカバーすることができます。

 

 

禁煙の部屋を利用する

予約をする際にはお宮参りの後であること、赤ちゃんがいることをお店側に伝えておきましょう。事前に伝えることで、禁煙席から離れたところ、座布団の用意、赤ちゃん用のベッドなど配慮をしてくれる場合があります。

当日に慌てないためにも事前にしっかりと準備をしておきましょう。

 

お食事会の際のマナー

次にお食事会でのマナーをご紹介します。

両家の親が集まる場所なので失敗がないように、事前にマナーをきちんと理解しておきましょう。

 

早めにお食事会の日程を伝える

お宮参りは祖父母を呼ぶことが多いです。そのため早めに日程を伝えておくとお互い安心できるでしょう。また当日は、お宮参りだけだと思う祖父母もいるため食事会をする場合も早めに連絡しましょう。

 

 

食事会の席順は?

食事会での席順は特に決まりはありませんが、扉から一番遠い座席が上座のため、そこから夫の両親、夫で座り、対面に妻の両親、妻、隣に赤ちゃんで座るのが一般的です。

 

 

お食事会の挨拶は?

お食事会には乾杯の挨拶をすることもあります。ぜひご主人に挨拶をしてもらい、参列していただいた両家にお礼の気持ちを伝えましょう。

両家が一緒に集める機会は少ないため、きちんとお礼を伝えると良いでしょう。

挨拶の内容はまず、感謝の気持ちを述べ、食事会の後のお開きの時に夫婦としてこれからの抱負を述べるのがおすすめです。

 

 

内祝いは必要?

内祝いについても絶対に必要という決まりはありません。

ご両家から何もお祝いといったものが無ければ送る必要もないでしょう。
また、お参り・食事会の費用を夫婦が負担するのであれば、それがそのまま「内祝」となります。

しかし、地域によっては習わしなどがあるため、義理母に内祝いの有無についても相談しても良いでしょう。

▼内祝いについてもっと詳しく▼
内祝いはおしゃれなお菓子!今人気のおすすめスイーツ10選【保存版】

 

食事会で赤ちゃんの誕生と健康をお祝いしよう

いかがでしたでしょうか?お宮参りの後のお食事会についてご紹介しました。

予算や場所、レストランか自宅で行うかによって金額が変わってきますが、お食事会で一番大切なことは、赤ちゃんの健康と誕生をお祝いすることです。

また食事会を開く場合は、場所や費用を一度義理母に相談しておくと良いでしょう。家庭や田舎の地域の場合は習わしなどが存在することもあるので、事前に相談することで未然にクレームを防ぐこともできます。

また、赤ちゃんとお母さんの体調を考慮し、できるだけ負担を少なくすることも大切です。

最近では、お母さんの負担を考えて祖父母の家で食事会を開くことも多いようです。メインは「お宮参り」なので、お食事会は赤ちゃんを囲んで家族で素敵な時間を過ごしましょう。

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

赤ちゃんのお宮参りいつどこで?必要な準備やマナーとは?

【お宮参りの費用】初穂料とは?玉串料との違いも

男の子も女の子も!赤ちゃんの大イベントお宮参りとは?

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami