【バースプランの書き方】先輩ママが内容・記入例をご紹介!具体例も!

【バースプランの書き方】先輩ママが内容・記入例をご紹介!具体例も!

バースプランと聞くと、birth(誕生)plan(計画)が頭に浮かぶと思います。産院から渡されるバースプランは、これから出産する妊婦さんに「赤ちゃんを出産するときにどうしたいか?」というものです。

お産の時期が近付いたからといっていきなり手渡されても、「どう書いたらいいの?」と悩んでしまいませんか?

今回はバースプランの内容とおすすめの書き方、記入例をご紹介します。

▼マタニティグッズに準備に関するおすすめの記事はこちら▼
マタニティグッズの準備はいつ?必要なものを妊娠初期から後期まで解説!

 

バースプランとは? 

バースプランとは、産院から妊婦さんに向けて「赤ちゃんを出産するときにどうしたいか?」を確認するものです。

医師や看護師、助産師らの連携を深めるほかに、妊婦さん自身が出産に対して実感をもてる、前向きに「自分がどうしたいか?」に向かい合えるというメリットがあります。

病院によっては立ち合い出産を受け付けていない、出産時の撮影は禁止など制約がいくつか設けられています。

産院は医師との相性のほか、「出産時の希望は叶うか?」などを基準に選ぶと後悔が少ないでしょう。

ではどのようなバースプランを書くと、安心で満足な出産が迎えられるでしょうか?順に書き方を追っていきます。

 

バースプランを書くことをお勧めする理由!

 

バースプランを書くと落ちついて出産と向き合える

あらかじめバースプランを書いておくことで、気持ちを落ち着けてお産に向き合えます。

「どんなお産にしたいか」が明確になったら、出産情景が目に浮かぶようになるでしょう。

安心できる出産にするためにも、イメージを繋げて膨らませていってください。

 

 

バースプランにはやってみたいことが書ける 

バースプランにあなたの「やってみたいこと」を書きます。

家族と一緒に考えることで親になるという自覚も湧き、より満足できるお産に近づけることでしょう。

 

 

バースプランにはやりたくないことも書ける 

バースプランにはやりたいことだけでなくやりたくないことも書いておくと、当日無防備なあなたをスタッフが守ってくれます。

立ち合いをするかしないか、するのであれば誰がするかなど、ストレスを感じないようにしておくと安心です。

 

 

バースプランには「なぜか?」の理由も書ける

「やってみたいこと」「やりたくないこと」には必ず理由があります。

バースプランに理由を書いておくと背景が伝わり、スタッフの協力もスムーズに得られます。

叶えられない場合にも代替案を出してもらえるかもしれません。

 

 

バースプランを書くことで安心して出産に臨める 

バースプランを書いてスタッフにお願いすると、心に抱えていた靄が晴れて穏やかな気持ちになれます。

出産に対しても、その後の育児に対しても前向きになれて、心には余裕が生まれることでしょう。

 

バースプランに書く内容は?

 

入院中どのように過ごすか

 人によっては切迫早産や破水から緊急入院、そのまま出産に至ることがあります。出産に向けての入院のときに、あなたがどのような入院環境を望むかを書きましょう。

まずは大部屋か個室か、シャワーやトイレ付きか、座敷付きかなどといった部屋の希望です。

産院から部屋案内をもらったら、料金の違いもしっかりチェックしましょう。

入院中にエステやマッサージを受けたい、部屋でアロマを焚きたいなどもバースプランに書き込みます。

 

 

どのような分娩方法を希望するか 

通常のお産は自然分娩といって、経腟分娩になります。

計画的に選べる分娩方法としては、局所麻酔をつかう「無痛分娩」「和痛分娩」、予定をたててする「予定帝王切開」などがあります。(局所麻酔は前もって医師に相談が必要です。)

自然分娩の体位は「座位分娩」「フリースタイル分娩」「水中分娩」などが選べ、呼吸法は「ラマーズ法」「ソフロロジー」「リーブ法」など様々です。

出産する産院でできるかどうか、相談しておくと安心して臨めます。

また緊急時に選ばれる方法として、赤ちゃんが自然に出て来られない時にする「緊急帝王切開」、引っぱり出せそうな時にする「吸引・鉗子分娩」などがあります。

 

 

立ち合い出産をするかどうか 

夫や家族が立ち合いを希望する場合は、予め書いて病院に伝えておくと安心です。反対に、立ち会ってほしくない人がいる場合も書いておきましょう。

書き方に悩んだら記入例を参考にしてください。

産院によっては、両親学級などへの参加が条件になることもあります。

夫しか立ち合いができないなど立ち合い者が限定される産院もあるので、家族と自らの希望に叶った産院かどうかをしっかり確認しておきましょう。

 

 

陣痛室・分娩室での過ごし方や処置について 

初産の陣痛時間は早い人で4時間未満、長い人では18時間以上かかったという人もいます。

その間を陣痛室で過ごすことになるので、用意をお願いしたいことなど記しておきましょう。

痛みを和らげるための腰をさするマッサージ、聴いていたい音楽や嗅いでいたいアロマなど、心身の緊張を和らげるものが母体のリラックスに繋がっておすすめです。

分娩前に会陰切開に備えた剃毛や、いきむ時に便意がくるため先に浣腸など、やっておきたい自身の希望は書いておきましょう。

一例ですが、初産では陣痛が3分間隔になってから陣痛室へ移動し、8~9cm開大で分娩室に移動しました。

赤ちゃんの下り具合によってはもっと短縮される場合もあります。

陣痛促進剤を使いたい場合にも記入しておきます。

分娩直後に赤ちゃんを抱くカンガルーケア、写真撮影の希望なども書いておきましょう。

 

 

入院中の育児への考えと希望 

産院は母体の状況を考えてくれますが、どんな育児をしたいか伝えておくと、助産師もよりフォローしやすいでしょう。

どの程度母乳で育てたい思いがあるのか、粉ミルク主体でいきたいのかといった、先を見すえた育児の考えを共有したいところです。

産後は母子同室になる産院も多く、夜間赤ちゃんを預けたい場合なども要望を書いておくと安心です。

産院は授乳や沐浴など、家に帰ってからの育児指導をしてくれます。どの程度まで詳しく知りたいかは個人差があるため、授乳の仕方など含めて、求める情報の程度をしっかりと伝えて分かってもらうことが大切です。

これからの家族計画や母体回復の状況など、気がかりがあれば書いておきましょう。

 

バースプランに書く時のポイント・コツ! 

 

産院にしっかりと伝わるよう、具体的に書くのがおすすめ!

スタッフに遠慮した回りくどい書き方は、曲がって伝わる原因になります。あなたの思いを伝えるバースプラン、ぜひストレートな表現で書いてみてくださいね。

分かってほしい思いを伝える手紙のようなものなので、気持ちを込めた自分の言葉で綴りましょう。あとで途中変更したっていいというつもりで、気負わずに書いてみることです。

 

 

些細なことや不安も伝えておくことがおすすめ!

スタッフとの意思疎通が密になり、出産を明るい幸せなものにしてくれます。

安心できることで緊張による体の強張りがとれ、リラックスしたいい状態でお産に臨めるようになります。

 

 

優先順位のついた書き方をするのがおすすめ!

「これを一番優先したい、二番目は…」と、産院に分かるように優先順位のついた書き方をすると伝わりやすく、自身の考えの整理にもなります。

 

 

出産経験のある方は書き記すのがおすすめ!

妊娠中の経過情報などは医師や看護師にとって貴重なものです。前のお産を知ることによって、準備や確認することなどが明確になります。

「~だったから今回のお産では~したい」という書き方をすることで、スタッフにも前のお産での思いが伝わり、何を避けたいかが理解できます。

 

 

最後は医師や看護師の判断に任せることが大切!

お産で一番大切なのはママと赤ちゃんの健康です。

予め希望していることでも、出生時の赤ちゃんの状態によっては叶わないこともあります。医師に必要と判断されたときには、しっかりと従う姿勢でいましょう。

その思いもバースプランに記しておくと安心ですね。

 

バースプランの記入例をご紹介!

 

バースプラン記入例【入院中】

・家族が来ても周りに迷惑をかけないように個室に入院したい

・ママ友の知人が欲しいので4人部屋がいい

・入院中のお見舞いは断ってほしい

・夫の面会が夜になるから面会時間外になりそう。大丈夫か?

・病院で過ごす間、夜はしっかり寝たいので赤ちゃんを預かってほしい

 

 

バースプラン記入例【出産方法】

・夫のいる日に合わせて計画分娩がしたい

・経腟分娩で生みたい

・楽な姿勢をいろいろと試したい

・座位分娩がしたい

・帝王切開はできるだけ避けたい

・水中出産がしたい

・ソフロロジー法で産みたい

・無痛分娩で産みたい

 

 

バースプラン記入例【立ち合い出産】

・夫と実母に立ち会ってほしい

・夫に立ち会ってほしい

・気を使うので義家族に立ち会ってほしくない

・誰にも立ち会ってほしくない

・できれば上の子に立ち会ってほしいが、痛がっているところは見せたくない

・夫が間に合わない時は実母に来てほしい

・夫には誕生時だけ入ってほしい

・赤ちゃんが生まれるときだけ夫を呼んでほしい

・夫に出てくる瞬間を見せたくない

 

 

バースプラン記入例【陣痛中】

・気を使いたくないので義家族の面会は断ってほしい

・家族とだけ過ごしたい

・不安なので一人にしないでほしい

・痛みが軽くなるようなマッサージをしてほしい

・夫にマッサージの仕方や腰のさすり方を教えてほしい

・好みの音楽をかけてほしい

・好きなアロマを焚いてほしい

・お産の進行状況を「子宮口今何cm」など詳しく教えてほしい

・部屋移動はできることなら避けたい

・持ち込みクッションで楽な姿勢をとっていたい

・ライトは暗い方がいい

・陣痛が長引いたらシャワーを浴びたい

・帝王切開が必要なときにはすぐに切ってほしい

 

 

バースプラン記入例【分娩中】

・できれば会陰切開は避けたいが、裂けるようなら切ってほしい

・陣痛促進剤はできるだけ使ってほしくない

・自然な陣痛を待ちたい

・剃毛したくない

・尿管を入れたくない

・いきみ逃しのときに肛門を押さえていてほしい

・薬を使う時は説明をしてほしい

・吸引分娩や鉗子分娩はできれば避けたい思いがある

 

 

バースプラン記入例【出生時】

・ビデオに録って写真も撮りたい

・赤ちゃんの産声を録音したい

・カンガルーケアをしたいが、赤ちゃんの元気がなければ赤ちゃんを優先してほしい

・へその緒で繋がっているうちに写真を撮りたい

・へその緒を自分で切りたい

・夫にへその緒を切らせたい

・生まれた赤ちゃんの顔を見せてほしい

・胎盤を見て触ってみたい

・すぐに初乳を飲ませたい

・決めてある名前で呼んであげてほしい

・赤ちゃんが辛くない程度に、長く抱っこをしていたい

・記念に家族全員の写真をとってほしい

・女医さんをお願いしたい

 

バースプランの書き方は、妊婦さんの環境によって様々です。

筆者は夫の母と二世帯同居だったため、産院に「陣痛室と分娩室に義母を入れないでほしい」と伝え、夫や実母にも協力してもらいました。

緊張して体が強張るとお産が長丁場になる、きていた陣痛が進まないことがあるという体験談を見たからです。

義母への対応に加えてやりたいことも伝えたおかげで、不安のあった出産に対して随分前向きになれました。

周りの人に協力してもらうには、前もって思いを伝えておくことがとても大切です。

 

バースプランをしっかりつけて出産に備えよう!

 

出産時は自身のことで一杯一杯になりますが、同時に生命の誕生という大切な記念日でもあります。後悔のない喜びの日にするためにも、ぜひじっくりと「出産」に向き合ってバースプランを書いてみてください。

バースプランを書く時間があまりとれない方も、「避けたいこと」「絶対やっておきたいこと」を押さえていれば大きな後悔は少ないでしょう。

危険な事態になった場合などは適切な処置が優先されるため、希望がすべて通らないこともあります。

出産後に「伝えておけばよかった」という後悔がないよう、記入例の書き方を参考にして、お産に対する思いをバースプランに綴ってみてくださいね。

 

▼smarby取り扱いのマタニティアイテムはこちら▼
マタニティ・ベビー smarby通販ページ

 

▼おすすめのマタニティグッズ・授乳服特集はこちら▼
マタニティグッズ&授乳服特集♡妊婦だってオシャレがしたい!&出産後も大活躍してくれる洋服をご紹介!

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

ママ用のおすすめ出産祝い☆お祝いに贈って喜ばれるアイテム15選

出産準備はいつから始める?揃えるアイテムやかかる費用は?

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami