出産準備はいつから始める?揃えるアイテムやかかる費用は?

出産準備はいつから始める?揃えるアイテムやかかる費用は?

最終更新日 2019-05-13 by smarby編集部

出産準備はいつから始めて、いつまでに終わらせておくべきなのか?2人目以降の出産を迎えるパパとママなら熟知しているかもしれませんが、初めての出産となると分からないですよね?

そこで今回は、出産準備のタイミングや費用、揃えておくべきアイテムなどをまとめてみました。

 

出産準備はいつからいつまで?

 

最も多い意見は妊娠6ヶ月前後

先輩ママや産婦人科医、ウェブサイトや赤ちゃん雑誌などの統計から言うと、「妊娠6ヶ月前後」が多いようです。なぜこの時期なのかと言うと、「性別の判明」「母体の負担」「早産」などが関係しているからです。その理由をひとつずつ説明していきましょう。

 

1.性別の判明

赤ちゃんの性別が判明していれば、効率の良い準備ができるのは分かりますよね?性別が判明するのは早くて4ヶ月、遅くとも6ヶ月です。「生まれてくるまで性別はわからないようにしておきたい」というパパママもいますが、しっかり出産準備しておきたい場合は、把握しておきましょう。

 

2.母体の負担

出産準備に必要なアイテムは、ネットショッピングで購入できますが、直接店頭で選びたい人も多いと思います。となると、「母体の負担が少ない時期」を把握しておきたいところ。そうじゃないと、お出かけするのが辛くなります。6ヶ月以降の母体の変化をまとめてみました。

【妊娠6ヶ月】
お腹の膨らみがはっきりしてきて、妊婦らしくなってきます。赤ちゃんの体重は約600gで、胎動と性別がわかってくる時期です。妊娠6ヶ月は母体の鉄分が赤ちゃんに奪われるため、貧血に気をつけてください。

【妊娠7ヶ月】
赤ちゃんの体重が約1000gになり、お腹がますます大きくなります。足腰の痛みが厳しくなります。

【妊娠8ヶ月】
赤ちゃんの体重は約1500gです。ますますお腹が大きくなり、妊娠線ができ始めます。身体が浮腫んで、生活自体がきつくなるかもしれません。そういう時は、無理して動かず、身体を休めることをお勧めします。

【妊娠9ヶ月】
赤ちゃんの体重は約2000gになり、身体への負担が大きくなります。息切れ、食欲不振、トイレの回数が増える、などの症状が出てくるかもしれません。

【妊娠10ヶ月】
動悸や息切れが少なくなってきて、食欲が回復してきます。赤ちゃんの体重は約3000gで、いよいよ出産間近です。いつでも入院できるように備えておきましょう。

いかがですか?このようにしてみてみると、母体の負担が一番軽いのは妊娠10ヶ月なのか分かりますね。

でも、出産間近なので、長時間外出するのはリスキーです。母体の負担が軽い6ヶ月あたりにお出かけした方が安全なのかもしれません。

 

3.早産

通常の出産は妊娠10ヶ月あたりですが、早産はそれ以前の出産になります。早産で最も多いのは、妊娠8ヶ月から9ヶ月です。日本は20人に1人の妊婦が早産と言われているため、全ての妊婦が早産の可能性を持っています。予定外に早く生まれた時のためにも、妊娠6ヶ月 あたりで出産準備しておいた方が良いのかもしれません。

 

出産準備の予算はどのくらいかかる?

出産準備の時期がだいたいわかったところで、今度は予算の話に入りましょう。出産準備は、大きく分けて「ママに必要な準備」と「赤ちゃんに必要な準備」に分かれます。それぞれの費用を大まかにまとめてみました。

 

ママに必要な準備の予算は?

・マタニティパジャマ(4,000円~)

授乳がしやすいマタニティパジャマがあると重宝します。「マタニティパジャマはダサい」と思う方も多いでしょうが、近年は可愛いデザインが増えていますので、是非ご検討ください。

▼おすすめのマタニティパジャマをもっと詳しく▼
安いマタニティパジャマ発見!コレ買い10選【3500円以下限定】

 

・授乳ブラジャー(4,000円~)

妊娠中は、バストのサイズが急激に変化します。通常のブラジャーは使い勝手が悪くなるので、授乳 ブラジャーを用意しましょう。

▼smarby取り扱いのマタニティウェアはこちら▼
マタニティウェア smarby通販ページ

 

・キャミソール(2,000円~)

診察や授乳することを考えると、マタニティパジャマの下はTシャツではなく、キャミソールの方が楽です。普段から着用しているキャミソールで構わないので、必ずしも購入する必要はありません。

 

・産褥ショーツ(2,000円~)

出産した後は悪露(おろ)が出やすいため、産褥ショーツが必要です。産褥ショーツは防水加工なので、めちゃくちゃ便利ですよ。入院先の病院で用意してくれる場合もありますが、一応準備しておきましょう。

 

・着圧ソックス(3,000円~)

「靴下なんて必要?」という声も聞こえてきそうですが、何気に重要なんです。出産直後はむくみが出やすく、身体が冷えやすくなりますからね。入院先の病院で支 給されることもありますが、そうでない場合は用意しましょう。

 

・骨盤ベルト(2,000円~)

出産直後は骨盤が開いているので、骨盤ベルトで整えましょう。骨盤ベルトの付け心地は商品によって異なるので、実際に試着して購入することをお勧めします。ネットショッピングで購入する時は、口コミのリサーチをお忘れなく。

 

・日用品(2000円~)

タオル、スリッパ、洗面用、etc。これらの日用品は入院先で用意してくれることもありますが、自分で用意しなくちゃいけない時もあります。事前に病院に問い合わせましょう。

 

・マザーズバッグ(5,000円~)

マザーズバッグがあれば、赤ちゃん用品を取り扱う際に便利です。普通のバッグでも構いませんが、子育ての意欲が増すので準備するこ とをお勧めします。おしゃれなデザインが多いので、普段使いにもぴったりですよ。

▼smarbyy取り扱いのマザーズバッグはこちら▼
マザーバッグ/収納ポーチ smarby通販ページ

 

 

赤ちゃんに必要な準備の予算

・ベビー服(1点3000円~)

一言でベビー服と言っても、肌着やセレモニードレス、おくるみ、ミトン、etc、様々あります。どこまで揃えるのか事前に決めておきましょう。一通り揃えるとなると数万円の出費になります。二人目の出産の場合は、お下がりを使えば問題ありません。

▼smarby取り扱いの肌着・ロンパースはこちら▼
肌着 smarby通販ページ
ロンパース smarby通販ページ

 

・授乳アイテム(1点2000円~)

哺乳瓶、哺乳瓶の消毒、授乳期、母乳パッド、授乳ケープ、授乳クッション、etc。こちらも全て揃えると数万円の出費になるかもしれません。出産直後から必要ではないので、少しずつ揃えても良いでしょう。

▼授乳アイテムはこちらから▼
ベビー用品 smarby通販ページ

 

・衛生用品(2000円~)

衛生用品は、ベビーバス、バスタオル 、ガーゼハンカチ、風呂用温度計、ベビー用爪切り、ベビーソープ、ベビーローション、etcなどがあります。こちらも、すべて揃えるとなれば1万円を超えるかもしれません。

 

・おむつ類(3000円~)

紙おむつだけではなく、おしりふき、おむつ用ゴミ箱も用意しましょう。

▼smarby取り扱いのおしりふきはこちら▼
ベビー・キッズ用品 smarby通販ページ

 

・ベビーベッド(10000円~)

ベビーベッドは、安いものなら1万円台から購入できます。これにプラスして、防水シーツや布団セットも欲しいところです。全て揃えると2万円ぐらいになるかもしれません。

 

・ベビーカー&抱っこ紐(30000円~)

ベビーカーは、安ければ3万円ぐらいから購入できます。ブランドものは5万円ぐらいするかもしれません。抱っこ紐はピンキリで、ブランドものだと数万円します。赤ちゃんの安全性や母 体の装着感を求めるなら、「安かろう悪かろう」に気をつけましょう。

 

・チャイルドシート(10,000円~)

車があるご家庭は、チャイルドシート必須です。退院時の迎えの車はチャイルドシートを搭載し忘れることが多いのでご注意ください。

▼チャイルドシートに関するおすすめ記事はこちら▼
チャイルドシートの付け方・乗せ方は合ってる?確認してみよう!

 

【出産準備】入院に必要なもの

 

入院品は病院で用意してくれるのか?

入院先によっては、入院品を用意してくれることがあります。主に、産褥パッド、産褥ショーツ、母乳パッド、粉ミルク、etcなどです。ただ、用意されていない場合もありますので、事前確認をお忘れなく。自分で用意しなくちゃいけない時は、以下のリストを参考にしてください(必要ないものもあるかもしれませんが)。

 

 

入院の手続きに必要なもの

・母子健康手帳
・健康保険証
・ 診察券
・印鑑
・手続き書類

 

入院中に必要なもの

・マタニティパジャマ
・着圧ソックス
・カーディガン
・スリッパ
・洗面用具
・お風呂セット
・化粧品
・ドライヤー
・メガネorコンタクトレンズ
・ヘアケア
・産褥ショーツ
・耳栓
・カイロ

 

産後に必要なもの

・産褥パッド
・授乳用ブラ
・骨盤ベルト
・母乳パッド
・ナプキン
・ガーゼorハンカチ
・赤ちゃん肌着
・バスタオル

▼入院準備に関するおすすめの記事はこちら▼
マタニティグッズの準備はいつ?必要なものを妊娠初期から後期まで解説!

 

【出産準備】退院後すぐに必要なもの

退院後にすぐ用意しておいた方が良いものは、以下の通りです。入院した時点で用意してない場合は、早めに準備しておきましょう。

・ベビーウェア
・おくるみ
・紙おむつ
・チャイルドシート
・入院費用

 

【出産準備】生まれてから準備した方がいいもの

出産準備はぬかりなくを行っておきたいところですが、何から何まで一気に揃える必要はありません。次に紹介するアイテムは、子供が生まれてから準備してもOKです。

 

哺乳瓶&ミルク

出産直後は母乳を与えるので、哺乳瓶やミルクはいきなり揃えなくても大丈夫です。母乳が出る時期は母体で個人差があるので、見計らって購入しましょう。

 

 

哺乳瓶購入の注意点

哺乳瓶は、「乳頭混乱」を起こさないように選ぶのがポイントです。それと、消毒セットの準備もお忘れなく。

▼おすすめの哺乳瓶をもっと詳しく▼
哺乳瓶ってどんな種類がある?おすすめの選び方と人気商品15選

 

 

ミルク購入の注意点

ミルクは、産院と同じものだと好んで飲んでくれる赤ちゃんが多いようです。退院する時に売店で買っておくと良いかもしれません。

▼おすすめの粉ミルクに関する記事はこちら▼
おすすめの粉ミルクが知りたい!人気6メーカーの特徴&口コミ紹介

 

 

母乳パット&搾乳器

母乳パットは、入院セットに入っていることが多いです。ちなみに母乳が出ない人は用意しなくて構いません。母乳が出づらい人は、搾乳器を用意しましょう

 

 

ベビーベッド&ベビー服

・ベビーベッドはいらないことも多い

ベビーベッドは、「購入したものの川の字になって寝るようになり出番が少なくなった」という意見が多いので、必ず必要なものではありません。部屋のスペースなども考慮してから準備しましょう。

 

・ベビー服は必要最小限に

ベビー服は事前に用意しておきたいところですが、必要最小限で大丈夫です。用意しすぎると、季節似合わなかったり、サイズが合わなかったりして使いにくくなります。生後数ヶ月の間はほとんど家で過ごすと思うので、肌着とおく るみがあれば十分です。

▼ベビーベッドをもっと詳しく▼
ベビーベッドはいつまで使うの?購入とレンタルどっちがおすすめ?

 

出産準備に関して知っておきたいこと

ゆとりを持った出産準備をするためには、計画的な準備をする必要があります。そのためには、

・リストを作る
・季節を考慮する
・先輩ママの意見を参考にする
・産婦人科に相談する

などの行動が必要です。

 

出産準備に関するママの声

先輩ママ達は、出産準備をいつから始めているのか?出産準備で何を感じたのか?様々な声をまとめてみました。

・【出産準備は、身重になる前に始めるべし。妊娠9ヶ月だと早く産まれちゃうかもしれないし、妊娠10ヶ月で長時間外出するのは危険&しんどい。】

冒頭でお知らせしたとおり、妊娠6ヶ月以降は母体がどんどん変わります。母体がしんどくなる前に、 出産準備に取り掛かった方が賢明そうですね。

・【初めての出産で浮き足立っていることもあり、赤ちゃんグッズをたくさん買ってしまった。】

赤ちゃんグッズは可愛いものが多いため、ついつい買いすぎてしまうママが多いようです。最低限必要なグッズだけ集めて、残りは少しずつ集めましょう。

・【初めての出産でバタバタしていて、出産準備が思うようにできませんでした。でも、各方面からもらった出産祝いで賄うことができました。】

「赤ちゃんグッズは出産祝いで揃えられる」という意見が、結構目立ちました。事前に揃えすぎるとダブることもあるようなので、急いで揃える必要はないのかもしれません。

・【ちょっとした準備品は入院先で揃えられます。入院は手ぶらな 感じても大丈夫かも?】

初めての出産&入院は、ついつい荷物が増えがち…。ある程度のアイテムは売店で購入できるので、準備は必要最小限で良いのかもしれません。ちなみに「小銭があった方が買い物しやすい」という意見も多かったので、小銭は多めに用意しましょう。

 

出産準備は6カ月頃から

今回は、出産準備のタイミングや費用、揃えておくべきアイテムなどに焦点を当ててみたのですが、いかがでしたでしょうか?

出産準備のタイミングは6ヶ月あたりがベストとのことでした。準備品に関しては、細々としたアイテムもありましたが、気合を入れて揃える必要はなさそうでしたよね。だから、費用も意外と抑えられるかもしれません。

初めての出産は何かと不安だらけだと思いますが、本コラムやSNS 、先輩ママの意見を参考にして、リラックスして臨みましょう。本コラムの編集スタッフは、母子ともに健康な出産を願っております!頑張りましょう。

 

▼おすすめのマタニティジーンズ特集はこちら▼
マタニティ用ジーンズ特集☆妊娠中でもおしゃれに♡伸縮性◎!履き心地◎!で快適マタニティライフ♪

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

【マタニティグッズ】妊娠祝いのプレゼント10選!王道〜おすすめまで

妊娠中に重宝するおすすめアプリ13選!快適なマタニティライフをお約束

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami