マザーズバッグはマリメッコ!BUDDYなど子育てママにおすすめ!

マザーズバッグはマリメッコ!BUDDYなど子育てママにおすすめ!

最終更新日 2019-09-05 by smarby編集部

マザーズバッグをお探しのママさん、marimekko(マリメッコ)のバッグ、かなりいいですよ!
自身のマザーズバッグはオールマリメッコでまかなった、マリメッコ大好き筆者が自信をもっておすすめします。

今回は、ママ向けのmarimekko(マリメッコ)バッグ特集です!
最初に、ブランドの説明と愛される理由を掘り下げます。
その後、マザーズバッグとしておすすめしたい商品を厳選7つご紹介。話題のあのデイパックBUDDYなど人気商品がもれなく登場しますよ!
それではいってみましょう♪

▼マリメッコ以外の最旬ブランドについてもっと詳しく▼
おしゃれマザーズバッグの最旬ブランド教えます!30選【決定版】

 

marimekko(マリメッコ)はどんなブランド?徹底解説

北欧インテリア好きなママ友が、「マリメッコ、マリメッコ」と言っているけれど、一体どんなブランドなの?まずはそれを確認していきましょう。

 

フィンランド発のファブリックブランド

 

Marimekko Japanさん(@marimekkojapan)がシェアした投稿

marimekko(マリメッコ)は、1951年にフィンランドで創立されたファブリックブランドです。marimekkoは「小さなマリーのためのドレス」という意味なんだそう。
創業者は、marimekkoの目指すものとして「流行ではなく、時代を感じさせない、使い続けられるもの」と発言しています。
鮮やかで大胆なデザインのUNIKKO(ウニッコ)をはじめ、代表的なテキスタイルは、時を感じさせない新鮮さと魅力があり、国や世代を超えて多くの人に愛されています。

マリメッコとは? 公式ページ

 

 

marimekko(マリメッコ)には日本のデザイナーも!

 

Elnaさん(@elnajokinen)がシェアした投稿

marimekko(マリメッコ)には数多くのテキスタイルデザイナーがいます。デザイナーたちの個性とスタイルで生み出される多彩なデザインがブランドの魅力。日本人のデザイナーも活躍していますよ。

中でも、1968~76年、2001年にデザインを手がけた脇阪克二さんが有名。
マリメッコの定番デザインBo Boo(ブーブー)の生みの親です。
男の子ママの筆者、息子の幼稚園グッズはこちらのファブリックを使い作成しました。何年経っても飽きることがなく、見る度に心躍るデザインです。

 

どこで買えるの?実店舗と通販

日本でも愛されているmarimekko(マリメッコ)。商品の購入方法を確認しましょう。 まず実店舗は、日本国内に34店舗ありました。(2018年8月現在)各主要都市に直営店がある感じです。ショップリスト

公式のオンラインショップは、新作のチェックやmarimekkoの世界観を存分に感じられる素敵なサイトです。

他、多くのセレクトショップでも取扱がありますよ。
smarby(スマービー)でも、marimekko(マリメッコ)の商品が高頻度で登場!毎回大人気です。
お買い得価格になっているので、出店時は要チェックです。

marimekko(マリメッコ) smarbyブランドページ

 

 

8月24日にMarimekko日本公式アプリが誕生!

 

Marimekko Japanさん(@marimekkojapan)がシェアした投稿

公式サイトにホットなニュースを発見しました。マリメッコの日本公式アプリが誕生したそう!
マリメッコの対象ストアで会員カードとして利用可。新作コレクション情報やショップイベントなど、最新情報がいち早くゲットできるとのこと。 マリメッコ好きさん要チェック!
詳しくは、下記ページをご確認くださいね。

Marimekko(マリメッコ)news   公式ページ

 

marimekkoのバッグここが好き!ママの声まとめました!

歴史のあるブランドであることはわかった。時を超えて愛されるデザインの宝庫であることも。肝心のバッグはどんな魅力が?

マリメッコバッグを愛用しているママたちのリアルな口コミから、marimekkoのバッグが持つ魅力をまとめてみました。

 

人気の理由その1.収納力がある

marimekkoのバッグは、見た目以上に「収納力が高い」。好きな理由として真っ先に上がったのはこのレビュー。
バックパックは特に、ポケットが多く細々したものの小分け収納も可能で重宝するそう。
トートタイプは中にポケット1つタイプが多いので、marimekkoのポーチを使って効率的に荷物をおさめるのが筆者流。バッグを開いたときのワクワク感がたまりませんでした。

見た目以上に入る理由は、マチをしっかりとっているからかも。ママバッグには、赤ちゃん・キッズとママ本人の日々のマストアイテムがしっかり収まることが必須条件ですよね。
marimekkoのバッグたちはそれを叶えてくれるからこそ、選ばれています。

 

 

人気の理由その2.柄のレパートリーが豊富

マリメッコ最大の魅力、デザインの豊富さもおしゃれママには刺さります。
子供が小さいうちは特に、動きやすくて汚れても洗濯しやすいカジュアルな格好が中心になるのは致し方ないこと。デニムにボーダーT、パーカーなどシンプルな気楽なファッション。ともすればママ友とおそろコーデに。

毎日持つマザーズバッグは、敢えて鮮やかな柄物を持ち、自分らしさをプラスしたい、だからマリメッコ!というママの声が聞かれましたよ。
柄の素敵さといえば、やはりマリメッコ。伝統柄も新作も人々を魅了し続けるデザインものがとにかく豊富です。
シーズン限定カラーなど今しか買えない希少なアイテムも。バッグでおしゃれを楽しむのは、子育てを日々頑張っているママの原動力にもなりますね!

 

 

人気の理由その3.「シンプル」「派手かわいい」両方ある

マリメッコには、通勤にも使えるシンプルなバッグも、デザイナーの個性があふれる、すぐにマリメッコとわかる斬新なテキスタイルも両方揃っています。
自分を含めてマリメッコ好きさんは、1つ持つと他のアイテムも欲しくなるのが常。

持ち物の気分を変えたいときに、まずはマリメッコをチェックするというママのレビューが多く見られました。
パパと兼用で使える、例えばBUDDYなどのシンプルリュック。サブバッグは今季の柄物をチョイスなど、両方のテイストをそれぞれ楽しめる、懐の深さがマリメッコにはまる理由です。もちろんいずれも使い勝手は上々。それが揺るぎない前提条件!

 

marimekkoの人気ママリュック!BUDDY(バディ)とMETRO(メトロ)

マリメッコがマザーズバッグに使える!と人気の火付け役になった2つのリュック。BUDDY(バディ)とMETRO(メトロ)。一見よくある風、なにがそんなに好評なのでしょうか。早速見てまいりましょう。

 

BUDDY(バディ)

BUDDY(バディ)は、非常にシンプルな見た目。
街でよくみかけるのはブラックです。他は、「チャコール」「ブルー」が定番カラーで、2018年のシーズンカラー「ストーングレー」が加わっています。

素材はナイロン。汚れにも強く、軽量で背負い心地がよく、汚れるかもしれない、抱っこするかもしれない子連れママのお出かけにはピッタリの素材です。
ショルダーと背面にはクッションパッドが入り、ママの「疲れる」を軽減してくれます。

サイズは20Lの大容量。A4ファイルが余裕で収納できるのは嬉しい限り!
A4サイズのお便りなどクリアファイルにいれて持ち歩きたいときありますよね。
四角のマチがしっかり自立するから、リュックを置いて荷物を出し入れしやすい!「ちょっと置き」可能です。

充実したポケットをうまく使って、持ち物の定位置を決定すれば、優秀な相棒になること間違いなし。BUDDY(バディ)には、リング状の通し穴にカラビナ1個ついています!
複数キッズを育てているママにもおすすめできるバッグです。

【サイズ】幅28cm×高さ40cm×マチ18cm
【参考価格】24,840円(税込)

【購入者のレビュー】

夫婦がそれぞれ背負っても違和感のない大きさとデザイン、そして旦那がなで肩なのに肩紐がずり落ちないと喜んでます!
買って正解でした!  楽天レビュー

[正規輸入品] marimekko(マリメッコ) リュック buddy(バディ) バックパック ブラック チャコールグレー カーキ 楽天通販ページ

▼smarbyでも不定期でお取り扱いあり▼

 

 

 

METRO (メトロ)

METRO(メトロ)は、BUDDY(バディ)より一回り小さめサイズのリュックです。よりスッキリしたフォルムの後ろ姿が叶います。
それでも、収納力は抜群。A4サイズの書類も収納OK!11インチまでのタブレット端末が入るクッション入りのポケットを完備し、機能性充分なんです。
ワーキングマザーが、自転車で保育園に送迎し、そのままお仕事にいくのにも違和感がないバッグ。
きちんと系ファッションにもカジュアルな服装にも、幅広いスタイリングにマッチします。

シーズンカラー「ストーングレー」を加えて、「ブラック」「ブルー」ベーシックな3色展開です。METRO(メトロ)もBUDDY(バディ)も所持、それぞれをシーンに合わせて使い分けしているママも♪
それだけ使いやすいマザーズバッグなのですね。
METRO(メトロ)は、小柄なママにもおすすめ!

【サイズ】幅26cm×高さ37cm×マチ15cm
【参考価格】23,760円(税込)

【購入者のレビュー】

ポケットも沢山付いていて使いやすい。40代ですがデザインも良くて大きさも最適。正規品だし買って良かったです。楽天レビュー

[正規輸入品] marimekko(マリメッコ) リュック METRO (メトロ) バックパック ブラック カーキ 楽天通販ページ

▼smarbyでも不定期でお取り扱いあり▼

marimekko(マリメッコ) : METRO BRIGHT BLUE
¥15,120(税込)¥21,600
2018/08/30時点

 

 

 

デイパックはウニッコのリフレクターでおしゃれする!

マリメッコのシンプルなリュックBUDDY(バディ)とMETRO(メトロ)に、marimekkoの人気柄UNIKKO(ウニッコ)の反射式キーホルダー(リフレクター)をつけるのが、おしゃれママたちに人気です。
暗い所で光があたると反射して光り、夜道の安全を守ります。
ピンクはかわいらしく、ホワイトは爽やかに、シンプルバックにアクセントをオン!

【参考価格】1,944円(税込)

marimekko(マリメッコ)UNIKKO LUMINOUS TAG ウニッコ 反射式キーホルダー リフレクター   楽天通販ページ

▼マリメッコ以外のママリュックもっと詳しく▼
【2018年最新】ママリュックおすすめ20選!おしゃれ&便利限定

 

マリメッコの他リュックもマザーズバッグにおすすめ!

marimekkoのデイパック、他にも素敵なものがたくさんあるのですが、厳選して2つをピックアップ、ご紹介します。

 

Lolly(ローリー)

Lolly(ローリー)は、キルティングステッチ素材でできたシリーズです。中綿入りのふっくらとした丸みが可愛いバックパック!
赤や黒の定番以外に、2018年秋冬は、テキスタイルSukkula(スックラ)をプリントしたものが登場。

織機の上を行き交うシャトルをイメージして描かれた新作パターンとのこと。
機能面は、インナーには3段で仕切られたポケットを完備し、整理整頓がしやすい仕様。間口が大きく開くので出し入れがしやすく、小物の整理にも便利!デイリー使いのマザーズバックに最適です。

【サイズ】幅約27.5cm×高さ約42cm×奥行き約16cm 
【参考価格】23,760円(税込)

marimekko(マリメッコ)リュックサック Lolly(ローリー) Sukkula No.650 楽天通販ページ

 

 

Kortteli(コルッテリ)

marimekkoのデイパックに期待の新人登場。その名もKORTTELI(コルッテリ)が2017年に仲間入りしております!
縦に長いデザインはかなりスタイリッシュなフォルム。無駄を削ぎ落としたシンプルさを味わいたいリュックサックです。

使いやすい機能が満載の実力派。 迷子になりがちな鍵やこまめに取り出すスマホ、リップなどは、リュック上部のフラップ部分にあるポケットにイン。
そして、サイドのファスナーを下ろせば大きく開くので、持ち物の位置が一目瞭然!おでかけをスムーズにしてくれてママのプチストレスなし。子供のぐずり減る!
「ブラック」「グレー」「メランジネイビー」からどうぞ!

【サイズ】縦53cm×横38cm×マチ14.5cm
【参考価格】24,840円(税込)

[正規輸入品] marimekko (マリメッコ) KORTTELI (コルッテリ) 楽天通販ページ

 

マリメッコのトートバッグがマザーズバッグとして優秀と評判!

両手が空くリュックもいいけれど、手で持つトートタイプが実は好み。そんなママのためにmarimekko(マリメッコ)の人気トートバッグをご紹介します。多くのママがマザーズバッグとして使用。代表的な3アイテムをご紹介します。

 

UUSI MINI MATKURI (ミニマツクリ)

 

A4がゆったりと入る、ミドルサイズのキャンバストートバッグ。UUSI MINI MATKURI (ミニ マツクリ)。マリメッコの定番アイテムです。筆者も2つ所有。

しっかり厚手のコットンキャンバス地で、ヘビロテ使用に耐えうる丈夫さ。それでいて、柔らかく軽量なので、大荷物のママにも自信をもっておすすめできます。汚れたら、おしゃれ着洗いでがんがん洗濯していますよ。(※自己責任です)
持ち手が長いので、肩にもかけられます。

見た目より収納力あり。開口部はファスナー仕様なので、閉じてしまえば中のごちゃつきも見えずスッキリです。
A4サイズのノートPCもはいるので、マザーズバッグを卒業したらお仕事バッグとして二度目のお役目。長く使えます。カラー展開も魅力の一つ。好きな色をチョイス!おすすめです。

【サイズ】幅44cm×高さ34cm×マチ:13cm 持ち手長さ:52cm 
【参考価格】20,520 円(税込)

【購入者のレビュー】

1人めのときはもう少し小さめのトートバッグで、肩にかけられないことはないという長さでした。以前からこちらのサイズがほしいなぁと思っていたので、2人目が産まれたのを機に、以前のバッグではやはり荷物が入りきらずに不便になったので購入しました。しっかりした造りなので、買ってよかったです!今は常に大きくした状態で使用していますが、こどもが大きくなるにつれ、おむつや着替えはいらなくなるので小さくして使えると思っています!なが~く愛用するつもりなので、2人めにしてこのお値段のものを思い切りました。(略)楽天レビュー

 

[国内正規品]marimekko ( マリメッコ ) MINI MATKURI (ミニマツクリ) トートバッグ  楽天通販ページ

 

 

JAPAN Huvitus special (ジャパン フヴィトゥス スペシャル)

Kivet (キヴェット)柄のmarimekkoらしいトートバッグHUVITUS (フヴィタス)は、日本限定の商品です。他にもウニッコ柄などあり、Kivet (キヴェット)は数量限定とのこと!

日本人のために持ち手の長さが考えられており、肩に掛けやすいのが嬉しい!
サイドのマチを内側に折りこむとAラインのスマートな形になるので、お出かけ先、でかけている合計時間によって、荷物の多さが違うママには使い勝手のよいマザーズバッグになりそう。

バッグの開口はマグネットボタンでパチッと簡単に。内側は、ナイロン地で汚れにくくなっているのもなんだか安心です。
マチが広く、出先に荷物が増えてしまっても大丈夫なサイズ感は頼もしい。

【サイズ】幅(最大)45cm×高さ35cm×マチ16cm 持ち手長さ:49cm 
【参考価格】18,900円(税込)

【購入者のレビュー】

かわいいです 折りたたんだら小さくなります! 生地もしっかりしていて、横のまちもおおきいのでたくさん入ります! 大きくも小さくも使えるこのかばんは重宝しそうです。楽天レビュー

[国内正規品] marimekko (マリメッコ)【 日本限定モデル 】JAPAN Huvitus special (ジャパン フヴィトゥス トートバッグ スペシャル )KIVET ( キヴェット ) 楽天通販ページ

 

 

ファブリックバッグ

marimekko(マリメッコ)のファブリックバッグを紹介せずには終われません。
薄手のシンプルな作りの布バッグは、デザインが主役。
お気に入りのテキスタイルを持ち歩くためのバッグです。

実はこのバッグ、かなり使えます。筆者は、マザーズバッグにいつも忍ばせて持ち歩いておりました。
出先で、子供がアウターを脱いだとき、買い物をして持ち物が増えたとき、図書館に寄って本を借りたとき、スーパーサブバッグとして大活躍だったのです。
サイズは、A4サイズの雑誌をすっぽり入れられるくらい。折りたたむと薄く小さくなるので気楽です。

日本別注ものやシーズン限定など、その時にしか手に入らない!デザインがあるのも魅力的!
お値段もマリメッコの中では安いので、手が出しやすいかと。
荷持が増えて気分がなえるとき、マリメッコのファブリックが「よし頑張るか」の気持ちをくれます。!おすすめ。

【サイズ】幅42.5cm×高さ43cm× 持ち手長さ:53cm 
【参考価格】4,860円(税込)

【購入者のレビュー】

バックひとつでかなり存在感があります。 生地は薄すぎず、厚すぎず、ちょうど丸めてバックに入れておける大きさです。楽天レビュー

[正規取扱店]marimekko(マリメッコ)Pieni Siirtolapuutarha エコバッグ   楽天通販ページ

 

marimekko(マリメッコ)の魅力爆発!マザーズバッグに絶対いい!

さて、marimekko好きな筆者が、ブランドの魅力をご案内し、マザーズバッグにおすすめできるよりすぐりの商品をご紹介してきました。
いかがでしたか?
マリメッコの魅力、バッグの素敵さ、きちんと伝わっておりますでしょうか。
最後に、マザーズバッグにはmarimekko(マリメッコ)がベストチョイス!自信をもっておすすめします。

子育てママは毎日頑張っている!
おしゃれで機能性充分なマザーズバッグを持って元気にいこう!

マリメッコには他にもおすすめしたい商品がたくさん!是非、チェックしてみてくださいね♪よいママバッグとの出会いがありますように。

 

▼smarby取り扱いのマザーバッグ/収納ポーチはこちら▼
マザーバッグ/収納ポーチ smarby通販ページ

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

Love♡マリメッコの母子手帳ケースが欲しい!愛用実例&最適ポーチ

隣のママのマザーズバッグの中身が気になる!【月齢別持ち物調査】

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami