赤ちゃんのディズニーデビューはいつから?一緒に乗れるアトラクションも紹介

赤ちゃんのディズニーデビューはいつから?一緒に乗れるアトラクションも紹介

最終更新日 2019-11-21 by smarby編集部

赤ちゃんを連れての初ディズニー。

早く連れて行きたいけれど、普通のおでかけよりスケールが大きいスポットだから、いつデビューさせようか迷いますよね。

この記事では、赤ちゃんのテーマパークデビューはいつからが適切なのか、また、赤ちゃん連れのディズニーで注意したい点をまとめました。

一緒に楽しめるアトラクションも紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね♡

 

ディズニーデビューのおすすめは、生後6ヶ月以降!

頬杖つく生後半年くらいの赤ちゃん

生まれたての赤ちゃんを連れて行くとなると、まだママの体調も整っていないので、もちろん無理がありますよね。

様々な点を考慮し、ディズニーデビューは早くても生後半年以降が適当といえます。では、具体的にその根拠を紹介しましょう。

 

赤ちゃんの免疫力を考慮する

ディズニーは土日祝日だけでなく、平日でも人混みになってしまう場所です。赤ちゃんはとても免疫力が弱いのに、人のごった返す場所へ連れて行くのは大変危険。

生後半年以内はまだ離乳食が始まっておらず、長時間人混みの中にいられるほど免疫力のついた身体ではありません。実際、たくさんの人の中には、何か伝染病の原因となるものを保菌した状態の人がいておかしくないのです。

せめて離乳食が始まって、ミルク以外からもしっかりと栄養を摂取できるようになってからにしましょう。

 

 

授乳・おむつ替えが頻回!

新生児~2ヶ月の赤ちゃんの授乳回数は、1日に10回以上。一気に多くの量は飲めないので、頻繁に授乳しなければなりません。授乳をすれば、もちろん自然とおむつ替えの頻度も高くなります。お腹がすいたと愚図りだし、授乳とおむつ替えが交互にやってきます。

常に授乳室・お手洗いを気にして行動しなければならず、楽しむどころではありません。また、おむつ替えが頻繁だと、その分のおむつを持ち運ばなければいけないので大変ですね。

生後5~6か月では半減し、1日に5,6回となります。おむつ・授乳回数を目安としても良いでしょう。

中には、少し早い、生後4か月でディズニーデビューを果たしたママさんいるみたいです。

 

 

おすわりができるようになってから

ただ寝ているだけの赤ちゃんを連れ回しても、赤ちゃんにとっては苦痛なだけかも…。ましてや首の座っていない赤ちゃんを長時間連れて歩くのは危険です。

しっかりと首が座り、最低でもおすわりができる位になっていなければ、パークの雰囲気を楽しむ段階にはありません。

だいたい3か月頃に首が座り、半年でおすわりができるようになります。しっかりと安定したおすわりができるのは8~10ヶ月頃と言われています。

ベビーカーに座れるようになると、赤ちゃんも周りが見えるので、好奇心を持って楽しむことができるかもしれません。

 

 

笑顔が出てくるようになるのも一つの目安

赤ちゃんは、生まれてすぐでも笑顔を見せることがあります。しかし、それは生理的な現象であり、感情の現れではないと言われています。

嬉しいとか面白いという感情を持ち、声を出して自然に笑い始めるのは、生後半年位。その頃には親と他人の区別がしっかりとできるようになり、周りのものにも反応を示すようになります。

赤ちゃんが”ケタケタ”と声を上げながら笑顔を見せてくれると、大人も笑顔になり、一緒に楽しんでいるように感じられますね。ただし、まだ「楽しい」より「怖い」という感情の方が大きいので、ディズニーに連れて行ったとしても無理をさせないようにしなければなりません。

「怖い」という気持ちが強すぎると、その感情から抜け出せなくなり、早々に退散しなければいけなくなってしまいます。メインキャラクターのミッキーに対しても泣いてしまっては、残念ですね!

 

 

「1歳の誕生日」がチャンス!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ここさるさん(@hand_saru_made)がシェアした投稿

1歳にもなれば、外の雰囲気にもしっかり慣れた頃。このころは、ディズニーデビューのチャンスかもしれません!

ディズニーリゾートでは、誕生日であることを申告すると「バースデーシール」(写真左)がもらえます。これがあれば、キャストや周りの人から「おめでとう」と声をかけてもらえますよ♡

アトラクションの一つである「アリスのティーパーティー」では、「○○ちゃん、誕生日おめでとうございます」という特別なアナウンスをしてくれます。1歳だと記憶には残らないでしょうが、特別な誕生日になることでしょう!

ちなみに、初めてディズニーに行くと「パークデビューシール」(写真右)がもらえますよ。誕生日にデビューして、2枚同時にもらっちゃいましょう♡

 

赤ちゃんのディズニーデビューを最高の日に!お出かけの際に気をつけること

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TokyoDisneyResort 東京ディズニーリゾートさん(@tokyodisneyresort_official)がシェアした投稿

赤ちゃんとの外出には、必要なものがいっぱい!普段のお出かけに加えて、ディズニーに出かけるときに気をつけたい点をまとめました。

 

食事(離乳食)

離乳食、専用スプーン、マグカップ(ストローマグ)、ベビードリンクなど、赤ちゃんのお食事グッズは抜けがないようにしましょう。赤ちゃんはきれいに食べることがないので、スタイとお手拭きもお忘れなく。

ベビーセンターというところがあり、そこでゆっくりと離乳食を食べさせることができます。パレードを見ている間に食べさせてもいいですね。

大人はレストランで食事を楽しみたいものですが、赤ちゃん連れだと行列に並んで待つのは苦痛。事前に予約ができるレストランがたくさんあるので、公式サイトでチェックをして、予約をしておくと便利ですよ。

▼ベビーフードをもっと詳しく▼
ベビーフードのおすすめメーカーと商品を紹介!便利な活用法も

 

天気予報・気温は事前にチェック

赤ちゃんは体温調整がまだ上手にできないので、大人以上に汗をかくものです。着替えは数枚持っていくようにしましょう。

また、空調のある場所・日中と夕方の屋外では温度の差があるので、上着やブランケットがあるといいでしょう。夏場はベビー用日焼け止めや帽子も忘れないようにしたいですね!

また、ディズニーシーは海の近くで風が強いため、ベビーカー用の風除けがあると助かりますよ。

雨が降っても遊べるアトラクションはたくさんありますが、大きな荷物、ベビーカー、傘を持っての移動は大変です。赤ちゃん連れで行くなら、雨の日は避けたいですね。

▼抱っこのまま着れるレインコートをもっと詳しく▼
ママにおすすめレインコート10選〜抱っこのままOKなおしゃれアイテム〜

 

 

赤ちゃんのご機嫌を伺う

慣れない場所で、赤ちゃんはご機嫌を損ねてしまうかもしれません。そんな時はお気に入りのおもちゃや絵本を見せて、ご機嫌をとるようにしましょう。

前もってディズニーキャラクターの絵本やDVDなどを毎日見せておけば、今いる場所と関連付けて楽しんでくれるかも。

 

 

ベビーセンターの場所は前もってチェック!

ディズニーの中には、ベビーセンターと呼ばれる場所があります。離乳食を食べさせたり、授乳が出来たり、おむつ交換ができたりします。

お湯、電子レンジがあるので、食事を温めることもできますよ。さらに離乳食、おむつ、粉ミルク、おしりふきなども購入できるので、とっても便利!大人用のトイレも併設されています。

ディズニーランドでは、エントランスに近い「ワールドバザール」の中と「トゥーンタウン」の奥にあります。ディズニーシーではエントランスを入ったすぐのところにありますよ。

 

 

赤ちゃんの体調を一番に優先して

赤ちゃんにとっては初めての場所なので、人混み、雰囲気、音などに敏感になり、体調を崩してしまうかもしれません。

「もったいないから、もう少し我慢してもらおう」なんて思わないで!赤ちゃんは「体調が悪い」などと訴えることはできないので、赤ちゃんの微妙な変化に敏感に対応しましょう。

わざわざ遠方からディズニーを訪れたとしても、当日の赤ちゃんの体調が悪ければ、キャンセルすることも必要です。

 

一緒にディズニーを楽しもう!”だっこ”の赤ちゃんでも体験できるアトラクション

抱っこされる赤ちゃん

赤ちゃんとディズニー園内を歩くだけでも楽しいですが、せっかくなのでアトラクションも楽しみたいですね♡だっこやベビーカーのまま回れるアトラクションを紹介します!

 

イッツ・ア・スモールワールド(ディズニーランド)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

後藤萌咲 / GotoMoeさん(@moe_goto0520)がシェアした投稿

船に乗り、世界一周することが出来ます。ただ座っているだけなので、だっこの赤ちゃんだって楽しめますよ。

所要時間は10分と比較的長い時間なので、カラフルでかわいい世界と優しい音楽で赤ちゃんは夢見心地になるかもしれません。

 

 

蒸気船マークトウェイン号(ディズニーランド)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

しのさんさん(@shinosan0911goof)がシェアした投稿

3階建ての豪華な船で、園内にあるアメリカ河を一周します。収容人数は475名、待つことなく乗船可能です。

船の1階であれば、ベビーカーごと乗船できますよ。だっこして3階に行くと、赤ちゃんも風景を楽しむことができます。

 

 

アリエルのプレイグラウンド(ディズニーシー)

映画「リトル・マーメイド」をテーマにした場所です。宝箱を覗いたり、洞窟を探検したりできます。

このエリアは、6歳以下の子供だけが遊べます。大きな音がなったり暗闇を進むことになるので、赤ちゃんの様子に気をつけておきましょう。

 

”おすわり”できたら乗れるよ♡赤ちゃんが楽しめるアトラクション

ベビーカーにおすわりする赤ちゃん

アトラクションによっては暗くなるものや音が大きいもの、怖いキャラクターが登場するものなどがあります。赤ちゃんの個性に合わせて選ぶようにしましょう。

 

プーさんのハニーハント(ディズニーランド)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

真理✨💕🍀😆📷EOSKissMさん(@mari2525777)がシェアした投稿

ハニーポットに乗って、はちみつ探しの旅へgo!プーさんがいっぱいでほのぼのとした世界が広がっています。

大きな音がし、回転しながら、暗闇をすすむことになるので、赤ちゃんが楽しめるかどうかを見極めましょう。

 

 

キャッスルカルーセル(ディズニーランド)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Snuggly Duckling🐤さん(@snuggly_duckling1090)がシェアした投稿

いわゆるメリーゴーランドです。ママもしくはパパの前に座って乗ることが出来ます。

オルガンの音色を聞きながら、赤ちゃんはきっとお姫様もしくは王子様気分になることでしょう♡

 

 

アクアトピア(ディズニーシー)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

aliyomoさん(@monster_aliyomo)がシェアした投稿

3人乗りのウォーターヴィーグルで、水の上を進みます。突然、方向が変わったり、くるくる回ったりと予測不可能!

赤ちゃんがビックリしてしまうか楽しめるかは、大人が判断してあげて。

 

赤ちゃんと一緒にわくわくのディズニーデビューを成功させよう!

親子3人の笑顔

毎日の子育てはとても大変なものです。たまにはママもパパも楽しみたいですよね!

荷物の準備、ベビーセンターの確認、レストランの予約など計画をたてて、事前にしっかり準備しておくなら、家族みんなで楽しい時を過ごせるでしょう。

赤ちゃんの体調を気にしつつ、最高のディズニーデビューを迎えてください♡

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

ディズニーのベビー服・子供服おすすめショップ11選〜憧れのキャラになりきろう♪〜

赤ちゃん連れ必見!お出かけに必須の持ち物リスト

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami