【赤ちゃんとの海外旅行はいつから行ける?】注意点やおすすめの国も解説

【赤ちゃんとの海外旅行はいつから行ける?】注意点やおすすめの国も解説

海外旅行へと出掛け、日常を忘れて異国の情緒を感じるのが大好きというご夫婦もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな2人にとって、赤ちゃんとの海外旅行は待ちに待った一大イベント。

しかし海外旅行をするにあたって、気になるのは「乳児はいつから海外旅行に行けるの?」と、「何ヶ月からなら安心?」という点ですよね。

赤ちゃんとの海外旅行を存分に楽しむためにも、赤ちゃんが何歳から海外旅行できるのかをチェックしておきましょう。

また、海外旅行に行くときの注意点や、赤ちゃん連れの海外旅行におすすめの国についても紹介します。

Contents

 

赤ちゃんと海外旅行に行けるのはいつから?

 

新生児でも海外旅行はできる!

生まれたばかりの乳児であっても、海外旅行に行くことはもちろん可能です。全日空や日本航空では、生後8日目以降の赤ちゃんは飛行機OKと定めています。

新生児と海外旅行へ出かけるときには、赤ちゃん本人のパスポートが必要です。パスポートの作成に必要な戸籍謄本は、出生届を出して住民基本台帳に赤ちゃんの情報が反映されてからでなければ取れません。また、パスポートを申請してから受け取れるまでの期間は1週間程度です。

つまり、どんなに急いでもパスポートの取得までには10日から半月程度の時間がかかってしまうのです。航空会社は生後8日以降の赤ちゃんなら搭乗OKとしていますが、現実的には早くとも生後半月以降でなければ搭乗は難しいといえるでしょう。

▼赤ちゃんのパスポート申し込み方法をもっと詳しく▼
【赤ちゃんのパスポートの申し込み方法】必要書類と写真撮影も詳しく解説!

 

 

低月齢の赤ちゃんとの海外旅行

月齢の低い赤ちゃんであっても、海外旅行に行ってはいけないという決まりはありません。

海外への引っ越しや海外ウェディングへの参加など、どうしても海外に行く用事がある場合には、工夫して低月齢児との旅行を楽しみたいですね。

長時間の移動は大人でも疲れますから、まだまだ体力のない赤ちゃんにとってはかなりの負担になるものです。新生児は免疫力が低いため、海外旅行先で思わぬ病気に感染するリスクも考えられます。

長時間のフライトでグズグズしてしまうことを踏まえ、飛行機ではギャレーやトイレの近くに座席を確保すると良いでしょう。

気圧の変化で赤ちゃんが耳を触って不快そうに泣いているときには、ミルクや赤ちゃん向けのジュースを飲ませると耳抜きしやすくなります。

▼赤ちゃんと飛行機に乗る時のポイントは?▼
赤ちゃんと飛行機に乗るときの6つのポイント【事前準備が大事】

 

 

生後半年以降まで待つのもひとつの方法

新生児は、昼夜関係なく起きたり眠ったりするものです。生後数ヶ月が経つと、何回かのお昼寝を挟みながら朝起きて夜寝るといった生活リズムが整ってきます。

また、生後3~4ヶ月すると首が座り、生後6ヶ月から8ヶ月ほどでおすわりができるようになります。離乳食も、現在ではほとんどの人が生後6ヶ月以降に始めています。

こういったことを考えると、生後半年ぐらいまで待ったほうが海外旅行に行きやすいでしょう。

自分で歩けるようになる1歳を過ぎれば、移動中や現地での心配事もかなり減りますね。2歳頃になれば自分でできることも増えるので、さらに楽になります。

急ぎの用事がないのならば、思わぬトラブルを避けるためにも、子供が生まれて落ち着いてから海外旅行を計画しても遅くはありません。

 

赤ちゃんと海外旅行に行くときに気をつけたいポイント

 

赤ちゃんの航空券はいくらか確認する

赤ちゃんは、パパやママが抱っこして搭乗するのなら航空運賃はかかりません。ただし、赤ちゃんにも座席を確保するときには、小児運賃のチケットを取る必要があります。

2歳未満の子供の同伴は大人1人あたり2名までで、その場合には1名分座席を確保すると決められています。

また、ベビーカーの持ち込みが有料になることもあります。

子供が飛行機に乗るときの決まりは航空会社によって異なるので、規約を確認しておきましょう。

 

 

赤ちゃんのために用意しておきたいもの

赤ちゃんとのお出かけには、オムツやミルク、ストローマグなどさまざまな持ち物が必要になります。

着替えと抱っこ紐も忘れないようにしましょう。

赤ちゃんがグズグズしたときのことを考え、お気に入りの映像をスマホに入れておいたり、おもちゃをいくつか用意しておいたりすることも肝心です。

ブランケットやミルク用のお湯は、航空機内でCAさんに声をかければもらえるので安心ですね。

▼子連れ旅行に必要な持ち物をもっと詳しく▼
【徹底解説】子連れの旅行で必要な持ち物リストと注意点

 

 

赤ちゃん向けのサービスを活用しよう

座席の全面の壁にバシネットと呼ばれるベビーベッドを取りつけてくれる航空会社もあります。バシネットの取り付けができる座席を利用したい場合には、早めに座席を予約しておくことが大切です。

赤ちゃん向けの機内食を用意している航空会社も多いですよ。離乳食やキッズメニューなどを事前に予約しておけば、子供の年齢に合わせた最適な機内食を出してもらえます。

機内では子ども用の映像を流してくれることもありますが、赤ちゃんが興味を持つかどうかは分かりませんよね。

赤ちゃんが退屈しないようなアイテムを用意し、快適に過ごしたいものです。

 

 

現地でもゆったり過ごせる工夫をする

赤ちゃんとの生活はイレギュラーの連続です。海外旅行をするにあたって予定を詰め込みすぎてしまうと、不測の事態が起きたときに困り果ててしまうことも考えられます。

現地では必要最低限のこと以外は何もせずに、ゆったり過ごすぐらいの気持ちで赤ちゃんとの海外旅行に出かけるのがおすすめです。

ゆったり過ごせるホテルを予約して1日中ホテルで過ごすなど、赤ちゃんのリズムを妨げずに余裕を持って過ごせるプランを立てましょう。

 

 

海外旅行先での思わぬトラブルを避ける

地域によっては赤ちゃんに肌トラブルが起きる可能性もあります。日陰に入ったり日焼け止めを使ったりと、紫外線の刺激から肌を守りましょう。

海外では蚊を媒介した感染症のリスクも高まるので、虫よけを使ったり長袖を着せたりと工夫したいですね。

赤ちゃん用の飲み物や食べ物を持参し、海外旅行先の食べ物や水を赤ちゃんの口に入れるのを極力避けるのもおすすめです。

万一に備えて、赤ちゃんの分も海外旅行保険に加入しておきましょう。現地で日本語が通じる医療機関の場所を調べておくことも大切です。

 

赤ちゃんと行く海外旅行、おすすめの国6選

グアム(アメリカ準州)

グアムまでのフライト時間は約4時間程度なので、気軽に行ける旅行地として人気を集めています。ホテルで日本語が通じることも多いので、安心して過ごせますよ。

グアムの海は一年を通して水温が高いので、綺麗なリゾートビーチで思いっきりアクティビティを楽しめます。ただし、6月から10月の雨季にはスコールに遭うこともあるので気をつけたいですね。

関税がかからないのでお得にショッピングを楽しめるというのもグアムの良さのひとつ。観光のあとにはぜひ、赤ちゃんと一緒にショッピングしましょう。

▼グアムでおすすめの子供服ブランドをもっと詳しく
グアムで買える子供服ブランドはコレ!【最新決定版】

 

 

台北(台湾)

日本人に人気の台湾旅行も、赤ちゃんとの初めての海外旅行候補にぜひ加えてみましょう。

日本から2時間ちょっとで行ける台湾では、日本とは全く違う異国ならではの情緒があふれています。

千と千尋の神隠しのモデルになった九份(ジョウフェン)で、ちょっとノスタルジックな雰囲気を味わうのがおすすめ。

赤ちゃんと一緒に夜市の賑わいを楽しんだり、台湾で最も高いビル「台北101」からの景色を眺めたりと、充実した旅行を満喫してくださいね。

 

 

セブ(フィリピン)

約5時間のフライトで到着できるフィリピンのセブ島は、綺麗な海に囲まれた南国リゾートです。

キラキラと透き通って見える綺麗な海では、魚たちが足元すぐのところを泳いでいく姿が見られますよ。

セブ島には海辺の公園がたくさんあり、赤ちゃん連れでも気軽に観光できます。ウォーターパークに連れて行ってあげれば、子供は夢中になって遊んでくれるはず。

自然に囲まれたリゾートでの経験は、きっと赤ちゃんにとって良い刺激になることでしょう。

 

 

ソウル(韓国)

ソウルは時差がなくフライト時間も少ないため、初めての海外旅行にピッタリですね。近場なので航空機代がリーズナブルなのも嬉しいポイント。フェリーを使って韓国旅行に行くというファミリーもいます。

アミューズメントパーク「ロッテワールド」や、水族館「コエックスアクアリウム」に、ぜひ赤ちゃんを連れていってあげたいですね。

東大門市場や南大門市場には、日本人好みの食事も意外とたくさんありまよ!

▼韓国でおすすめの子供服をもっと詳しく▼
韓国旅行に行くなら子供服を要チェック!プチプラでかわいい!

 

 

ゴールドコースト(オーストラリア)

フライト時間は9~10時間とやや長めですが、時差が1時間と少ないのがオーストラリア旅行の魅力です。

南半球に位置するオーストラリアは季節が逆なので、日本の暑い夏や寒い冬を忘れて思いっきり旅行を満喫したいという方には最適ですね。

ゴールドコーストは、テーマパークやウォーターパークが充実した地域です。コアラの抱っこ体験や海辺のアクティビティを楽しむのもおすすめですよ。日本食やファストフードも充実しているので、食事の心配も必要ありません。

海辺の街ゴールドコーストで、素敵な思い出をたくさん作ってみてくださいね。

 

 

バリ島(インドネシア)

癒しの島、バリ島で親子水入らずのひとときを過ごすのも素敵ですね。

リゾート風の癒されるホテルが多いので、現地では赤ちゃんと一緒にゆったりと時間を忘れて過ごしたいものです。

バリ島の魅力はなんといっても、住人の人あたりの良さにあります。みんなが子供に親切にしてくれますし、日本語が通じる人も多いので、安心して海外旅行を楽しめますよ。

魅惑のアジアンリゾートで至福のひとときを過ごせば、きっと忘れられない最高の思い出になることでしょう。

 

赤ちゃんにとって初めての海外旅行を思いっきり楽しもう!

赤ちゃんにとっての初めての海外旅行を成功させるためには、イレギュラーな事態にも対応できるような万全の準備が必要不可欠です。

余裕をもたせたスケジュールを立てたり、早めに航空券を予約しておいたりと、赤ちゃんが少しでも快適に過ごせるようさまざまな工夫をしたいですね。

海外での経験は、きっと赤ちゃんにとって大きな刺激になるはず。赤ちゃんとの海外旅行で、家族にとっての最高の思い出を作ってみてくださいね。

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

いつからOK?赤ちゃんのはじめてのお出かけがわかる【ママ応援】

赤ちゃんと電車でお出かけできるのはいつから?ぐずった時の対処法も!

Writer’s Profile この記事を書いた人

yusukeの記事一覧