子供のキャンプの服装は何がオススメ?用意すべき衣類チェックリスト

メニュー

ご案内

子供のキャンプの服装は何がオススメ?用意すべき衣類チェックリスト

DATE
2018-09-12
WRITER
dassty

段々と涼しくなってくる秋からは、子供と一緒にキャンプに出かける予定のある人もいるのでは。

キャンプを楽しむためには事前準備が肝心!特に、子供のキャンプの服装には準備を万端にして臨みたいものです。

この記事では、子供のキャンプにオススメの服装や用意すべきグッズについてご紹介します!

Contents

 

キャンプに行く時の子供の服装を決める、5つのポイント

普段遊びにでかけるときと同じ格好でキャンプに行ってしまうと、思わぬ怪我をしたりすることもあります。また、野外活動がメインとなるキャンプでは泥汚れなども気になりますよね。特に子供は活発に動き回るので、大人よりもしっかりと準備をしていくようにしましょう。

キャンプに行く際の子供の服装を選ぶポイントをご紹介します。

 

1.夏でも長袖を持っていこう

キャンプに行く場合は、まだ暑い夏場であっても、何枚かは薄手の長袖シャツを準備すると便利です。

キャンプ場は森の中や川沿いにあり、虫や、触れると肌を痛める草も多いもの。半袖のまま過ごしていると、蚊や毛虫などに刺されたり、草でかぶれてしまうおそれがあります。

また、夜になると気温が下がり肌寒く感じることも。長袖シャツを上から重ねて着れば、サッと防寒対策ができ便利です。

 

 

2.汚れてもいい服だけを持っていこう

キャンプに行く際の服装は、子供におしゃれをさせたい気持ちもわかりますが、「汚れてもいい服装」を準備したほうが親も子供も楽しく快適にキャンプを楽しむことができます。

キャンプではほとんどの時間を野外で過ごすので、水にぬれたり泥で汚れたりすることはどうしても防ぎきれません。子供であればなおさら元気よく活発に動くので、確実に洋服は汚れてしまうでしょう。

最初から汚れてもよい服装を子供に着せておけば、親が服を汚して叱らずに済むので子供も楽しく遊ぶことができます♪

キャンプで準備する子供の服は、破れてもいいぐらいの服か、もしくはアウトドア用に作られた、生地が丈夫で汚れなどもはじきやすいものを準備するとよいでしょう。

 

 

3.ずばり、パジャマはいらない!

キャンプには、普段着ているパジャマは必要ありません。

家でも着るようなパジャマは、汚してしまうともったいない!また、夜中にトイレに行きたくなってテントの外に出る場合も、普通のパジャマだと肌寒く感じることもあるでしょう。

パジャマは夜にしか着ないものなので、わざわざパジャマを用意するよりも、ジャージやロングTシャツなどを準備していったほうが、遊び着兼用になるので便利です。ストレッチがきいた素材であれば、狭いテントの中でも動きやすく快適に過ごせますね。

 

 

4.着替えは何枚あっても困らない!

子供のキャンプに持っていく服装は、汚れてもよいものを多めに準備しておくとよいでしょう。

子供が川の中に入って、びちゃびちゃに濡れてしまう、木などの枝に服が引っかかって破れてしまう…なんてこともあるので、着替えは多いに越したことはありません。

汗をかいたときも、手持ちの服の枚数を気にすることがないくらいの量を持っていくとよいでしょう。

 

 

5.防寒・雨具は上下セパレートが鉄則!

寒くなってきたときに羽織れる防寒具や、雨が降ってきたときのために雨具の準備もお忘れなく。

レイングッズの定番はコートやポンチョタイプのものも多くありますが、このようなレイングッズはキャンプには不向きです。動きが妨げられてしまい、子供が遊びにも集中しにくく、足場の悪い場所で転んでしまう危険性もあります。また、いつもよりも子供の活動量が多いので、十分に防寒や濡れ防止の役目を果たせません。

▼セパレートタイプのレインコートをもっと詳しく▼
【子供のレインコート選び】ポンチョ・セパレート、どれがいいの?

 

おすすめ防寒雨具ウェア

キャンプで使える防寒や雨具は、こんな上下セパレートタイプの雨具やウインドブレーカーがおすすめですよ。

 

OUTDOOR PRODUCTS キッズ レインウェア上下セット

サイズ展開とカラーラインナップ豊富な子供用セパレートレインウェアです。
丈夫で動きやすく、撥水性にも優れています。

アウトドア (OUTDOOR PRODUCTS) キッズ レインウェア上下セット 楽天通販ページ

 

 

THE NORTH FACE(ザ ノースフェイス)キッズ ウインドブレーカー

防寒には風を通しにくいウインドブレーカーを一枚羽織るとよいでしょう。

ノースフェイスのウインドブレーカーは雨や汚れなどもつきにくく軽い素材で持ち運びにも便利です。

ザ・ノースフェイス キッズ ジャケット アウター THE NORTH FACE  NPJ21810 子供用  楽天通販ページ

 

 

いざキャンプへ♪子供のリュックの中身のお手本

キャンプに行く際にあると便利な、子供のリュックの中身についてまとめてみました。

子供の服装の準備は大人の分よりも量が多くなってしまうかもしれません。親のリュックにも分けて入れるようにして準備してあげるとよいでしょう。

 

用意すべき衣類をチェック!着替え一覧

  • 汚れてもよい半袖シャツ、長袖シャツ 1日あたり2~3枚
  • 動きやすいズボン 1日あたり2~3枚
  • 下着(パンツ、シャツ、靴下など) 1日あたり最低2枚
  • トレーナーやカーディガンなどの羽織もの 1~2枚
  • ジャージ(パジャマの代用)1~2枚
  • 薄地のフリース 1枚
  • ウインドブレーカーもしくはレインウエア 1枚
  • 帽子 1つ
  • 靴(運動靴・サンダル・長靴)できれば各1足ずつ

夏場のキャンプであれば、これに加えシャツ、下着類もこれより2~3枚多めに用意することをおすすめします。また川に入る予定があるなら水着を持っていくとベスト。

冬場は、厚手のフリースやジャンパー、風を通さないナイロン素材のパンツを準備するとよいでしょう。

 

 

あると便利な持ち物一覧

子供と一緒にキャンプをする際、その他あると便利な持ち物についてまとめてみました。

キャンプでは、必要なものをすぐに買いにいけないことも多いので、忘れ物をしないよう持ち物はしっかりチェックしましょう♪

  • 虫除けスプレー
  • ゴミ袋
  • ウェットティッシュ
  • ブランケット
  • 日焼け止め
  • バスタオル
  • 母子手帳、保険証
  • 救急セット

ボディケア関連・怪我の際の応急処置セット関連は、忘れないようにしてくださいね!

▼おすすめの虫除けをもっと詳しく▼
【ベビーと子供の虫除け対策グッズ17選】蚊が知らんぷりなお役立ちアイテムは?

 

子供とのキャンプは”備えあれば憂いなし”!

小さい子供も一緒のキャンプでは、大人が予想だにしないトラブルもつきものです。すぐに対応できるように服装には気をつけ、様々なアイテムを準備しておくことをオススメします。

キャンプで安全かつ楽しく過ごすために、事前準備はしっかりと行いましょう!

 

▼smarby取り扱いのベビー服・子供服はこちら▼
ベビー服・子供服 smarby通販ページ

 

▼おすすめのアウトドアグッズ特集はこちら▼
アウトドアレジャー特集★キャンプやバーべキュー、川遊び!マストアイテム全て集めました!

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

失敗しないキッズリュックの選び方!おすすめのアウトドアブランド紹介も♪

子供用軍手を選ぶポイントとは?どこで購入できるか調べてみた!

 

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyのアプリのダウンロードはこちらから

その他のよみもの


人気記事ランキング

アイテムカテゴリーで探す