サンタクロースはいまどこに?追跡サイトで行方を追え!

サンタクロースはいまどこに?追跡サイトで行方を追え!

最終更新日 2019-04-08 by smarby編集部

子供の頃、サンタクロースがいつプレゼントを届けに来るのか、わくわくしてなかなか眠れなかったことはありませんか?実はクリスマスイブにサンタクロースがいまどこにいるのか確認できる、追跡サイトで有名なNORAD(ノーラッド)をご存知でしょうか。今年のクリスマスは、追跡サイトでサンタクロースの行方を追いかけましょう!

 

サンタクロースの追跡とは?

たった1日で世界中の子供たちにプレゼントを配ってしまうサンタクロースのスケジュール。いったいどうなっているのかと気になりますよね。 実は、1年で最も忙しいサンタの1日を実況で追いかけよう!というユニークな試みが、幾つものサイトで行われています。

なかでも最も有名なのが「北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)」が12月24日に行う「NORAD TRACKS SANTA(ノーラッド・トラックス・サンタ)」。

っていうか…そもそもサンタって実在しないんじゃ…。いえいえ、せっかくのクリスマスにそんな野暮は言いっこなし。米軍が総力を挙げて行う本気のサンタ追跡劇、ちょっとのぞいてみませんか♪

 

サンタを追跡しているノーラッドとは?

 
 
 
View this post on Instagram

★☆eri☆★さん(@6elly1)がシェアした投稿

NORAD(ノーラッド)はれっきとした米軍の組織です。アメリカとカナダの軍隊が共同で運営しており、司令部はコロラド州のピーターソン空軍基地内に置かれています。普段の仕事は北米に向かってくるミサイルなどを検知し、追跡して警告を出すこと。

そんなノーラッドが、ミサイルではなくサンタクロースを追跡するという「特殊任務」を行うようになったのは、クリスマスにかかってきた間違い電話がきっかけでした。

電話をかけてきたのは、「サンタに電話をかけよう」という新聞広告を見てダイヤルを回した女の子。ところが実は、新聞に掲載されていた電話番号が間違っていたのです!サンタさんとお話ができると喜んで電話をかけたのに、つながった先はよりにもよって米軍…。

電話口で泣いてしまった少女のため電話に出た司令官は、「サンタの行方をレーダーで追跡している」と答えます。この粋な計らいが、ノーラッドの毎年恒例のサンタ追跡劇のきっかけになったのです。

今ではノーラッドには、クリスマスになると専用ホットラインが設置され、1500人ものボランティアが子供たちからの電話に対応します。もう間違い電話の心配はいりませんね!

 

今年で63年目を迎えるサンタクロース追跡の歴史

 
 
 
View this post on Instagram

@uta_kunがシェアした投稿

ノーラッドがサンタ追跡を行い始めたのは1955年ですから、今年で63年になります。その間ノーラッドは、毎年クリスマスのサンタを追い続けてきました。12月24日になり、サンタが北極を出発すると、さっそくノーラッドのレーダーが彼らをキャッチ。いよいよノーラッドの「サンタクロース追跡作戦」スタートです!

サンタは、ニュージーランド、アジア、ヨーロッパ、そして北米と、西回りで世界を飛び回ります。ノーラッドが主に使うのは、トナカイの鼻から放出される熱量を探知するレーダーですが、あちこちに配置したカメラがサンタの情報をキャッチすることも。最近では、カナダやアメリカの戦闘機パイロットが、サンタの動画を撮って生中継しました!

 

サンタの現在地を知らせる方法も進化!

ノーラッドがキャッチしたサンタ情報は、当初は電話での問い合わせで教えてもらえるだけでしたが、1997年には特設サイトがオープン。世界中で中継を見られるようになりました。

今ではGoogleマップやYouTube、Facebook、Twitter、Instagram、さらにスマホのアプリでもノーラッドのサンタ追跡を楽しめます。特設サイトは日本語を含め8カ国語に対応しているので、サンタが自分の国にやってくる様子を世界中の子どもたち…と大人たちがリアルに見ることができますね。日本では時差があるため、12月24日の午後からノーラッドのサンタ追跡が楽しめます♪

 

クリスマス前から楽しめる!追跡サイトをチェック!

 
 
 
View this post on Instagram

🌺Maison du Soleil メゾンドソレイユ🌺さん(@miyuki_365)がシェアした投稿

ノーラッドのサンタ追跡作戦は12月24日だけですが(サンタにだって、普段の生活ではプライバシーを尊重して欲しいですよね)、特設サイト「NORAD Tracks Santa」は、毎年12月1日にオープン。つまりクリスマスまでの23日間、サイトにアップされるいろいろなコンテンツを楽しむことができるんです。

サンタクロースの住む村でゲームをしたり、クリスマスの音楽を聴いたり、クリスマスの準備をする動画を見たり。サイトは日本語にも表示されるので、子どもたちも楽しむことができます。

12月1日から「NORAD Tracks Santa」を見ていたら、サンタが北極を出発する日がいっそう楽しみになること間違いなしですね♪

 

今年のクリスマスはノードラックでサンタさんを追跡してみよう!

アメリが米軍が本気で臨む、年に一度のサンタクロース追跡作戦。今年の12月24日には、「NORAD Tracks Santa」をちょっとのぞいてみませんか。 もしかしたら、サンタクロース一行があなたの街にやって来る瞬間に、立ち会えるかもしれません!

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

赤ちゃんへのクリスマスプレゼント♡おすすめアイテム13選

【簡単手作り】子どもと作るクリスマスケーキ☆誰でもできるレシピ公開!

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami