【2018最新口コミ】ナップナップの抱っこ紐をレビュー!使いづらいって本当なの?

【2018最新口コミ】ナップナップの抱っこ紐をレビュー!使いづらいって本当なの?

ちょっとしたお出かけ中、ベビーカーだと場所取るし、抱っこ紐だとブラーンと邪魔になるし…と不便さを感じたことはありませんか?そんな方におすすめなのが抱っこ紐がコンパクトに収納出来ちゃうナップナップの抱っこ紐

腰ベルト付きで肩や腰への負担も少なく、落下防止ベルトなどの安全性も◎なのに、値段も安く、購入しやすい商品です。でも、商品レビューには良い口コミの中にも悪い口コミもちらほら。

そこで、上の子の時に購入したエルゴは幼稚園のお迎え時に邪魔になり、コンパクトな抱っこ紐が欲しくて2本目の抱っこ紐としてナップナップを購入した私。6歳と2歳の2児の母、現役保育士でもある私が実際に使ってみた感想と評判などについてご紹介します。保育士として、母としての目線で思ったままお話しますね。

Contents

 

ナップナップの抱っこ紐とは?

ナップナップは、日本人の骨格に合わせ、赤ちゃんの股関節が当たる部分を狭めながら理想のかえる足がキープしやすいように作られた抱っこ紐。股関節が開きすぎないので、股関節脱臼の発症リスクも少なく、ママにも安心との評判の声も多いですよ♪

抱っこ紐で気になるのは、肩紐が細いと赤ちゃんの体重でベルトが食い込んだり、肩や腰に負担がかかったりする経験。そんな経験はないですか?ナップナップの抱っこ紐は、肩や腰に負担がかかりにくいよう、肩ベルトは、太め+クッション付きなので肩への食い込みも問題なし◎

また、腰ベルトで赤ちゃんの体重が分散されるので、肩や腰に負担がかかるのも軽減されるように考えられています。

他にもお出かけ先のママに嬉しい機能が!それは、赤ちゃんを抱っこ紐から下ろした時、肩ベルトを折り畳み、クルクル巻いてコンパクトに収納出来る機能。ちょっとしたお出かけ中でも、サッと出したりしまったり出来るので便利です。収納ケースを揃える手間もなく、10000円以内で買えるお手軽価格でコスパにも優れています。

【商品詳細】
価格:9050円(税込+送料無料)
サイズ:幅:約33cm 高さ:約50cm、ウエストサイズ:61~125cm
重さ:約620g(本体・フード)
商品の材質:裏地:綿100% 、メッシュ:ポリエステル
使用月齢の目安:だっこ:首すわり(4ヶ月)~24ヶ月(約13kg)
        おんぶ:首すわり(4ヶ月)~48ヶ月(約20kg)
※ただし、36か月から48か月まではSGマーク制度適用対象外のようです。
最大耐荷量:20㎏

napnap(ナップナップ) ベビーキャリーBASIC 公式通販ページ

napnap(ナップナップ) ベビーキャリーBASIC 楽天通販ページ

 

ナップナップの抱っこ紐〜おすすめポイント6つ!〜

公式ホームページに紹介されているナップナップの抱っこ紐の特徴に加え、私が実際に使って思ったおすすめポイントを6つ紹介していきます。

ぜひ、購入の参考にしてくださいね!

 

おすすめポイント1〜股関節が開きすぎないので安心〜

赤ちゃんの股関節は大人の股関節より柔らかく、発育途中で不安定な状態です。そのため、抱っこやオムツ替えをする時に無理な動きをさせると股関節脱臼を発症してしまうこともあります。

赤ちゃんにとって最も心地良い姿勢はかえる足(手はW型、足はM型)と言われていますが、ナップナップはこの理想のかえる足をキープ出来るように作られている抱っこ紐。股関節や体自体が柔らかい新生児からでも安心して使うことが出来ますね。

※新生児から使いたい場合は、別売りの新生児パッド(税込み3110円)を併用して使ってくださいね。

我が家は下の子の新生児時代に新生児パッドを使っていましたが、しっかりと赤ちゃんを包み込んでくれるような感じで安心でした。でも、首すわりの時期が意外と早く、その間のお出かけ頻度自体が少なかったため、購入後1回のみの使用でした。購入される方は、使用するシーンを具体的に想定しながら購入されることをおすすめします。

 

 

おすすめポイント2〜落下防止の安全ベルト付き〜

私が購入したのは2年前。その時には、落下防止ベルトはなく、キャリー部分にポケットがあるのみでした。

他の抱っこ紐では前かがみになると子どもが滑り落ち、危うく落下しそうになったことがしばしばだったので、このポケットは嬉しい機能でした。

ポケット部分にさらに落下ベルトが付いているので、より安心だと思います。

ポケット部分にもサイドに2個のバックル、落下防止ベルトのバックルと普通の抱っこベルトよりもバックルが多いので、慣れるまでは手間取るかもしれません。

でも、赤ちゃんが小さなうちから使い続けていれば、子どもも待てるようになりますし、ママ自身も抱っこ紐の扱いに慣れてくるので問題はないと思います。

 

 

おすすめポイント3〜コンパクトに収納出来る!〜

2本目の抱っこ紐として購入する決め手となったのは、コンパクトに収納出来ること。

エルゴも収納カバーを使えば肩紐がブラーンとならずコンパクトになりますが、収納カバー自体にコストがかかること、また取り外しが面倒くさいとストレスに感じていました。

その点ナップナップは、肩紐を折り畳み、その上にフードを被せてクルクル巻けばオッケー!

肩ベルトを折り畳み…

フードを肩ベルトの上に被せ…

スナップボタンで留めるだけで完成!

スナップボタンで固定出来るようになっているので、カバーを取り外す手間もなく便利です。

腰ベルトを装着したままクルクル巻けば、ウエストポーチのようになり、次に使いたい時にすぐ使えるのでちょっとしたお出かけにおすすめ!

完全にまとめるには、腰ベルトのバックルで固定すると肩紐がバラバラにならず、BOXティッシュ大くらいになります。

我が家は、コンパクトにまとめた後、車の中のチャイルドシート近くにしまうことにしています。(チャイルドシートから降ろす時、すぐに装着出来るので便利ですよ♪)

また、エルゴでは調整ベルトがダラーンとなり、邪魔だなと感じていましたが、ナップナップは調整ベルトにゴムが付いています。

長さを決めたら、調整ベルトの余りをクルクル巻き、そのゴム(写真左横)に通せば固定出来ちゃいます。

 

 

おすすめポイント4〜メッシュポケットで汗蒸れを軽減〜

赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、夏場だけじゃなく一年中汗をかきます。その量は、なんと大人の2倍!汗をかくことで体温調節しているのですって。

汗をかいたままでいると汗が冷えて風邪をひいてしまったり、汗腺が未発達の赤ちゃんにはあせもの原因となってしまったりするので、汗のケアはしっかりしたいものです。

赤ちゃんはおんぶ紐の中で寝てしまうことも多いのですが、ナップナップのメッシュポケットは汗蒸れを軽減するお手伝いをしてくれます。

その秘密は、ファスナーをガバッと開くとおんぶ紐の一部がメッシュになるポケット。向こう側が透けちゃうくらいのメッシュ仕様です。

メッシュ部分がちょうど赤ちゃんの背中やお腹に当たる部分になるので、汗蒸れしにくい作りと言えますね。

また、メッシュポケット部分に保冷剤を忍ばせればひんやりした冷気が背中やお腹に当たり、夏場は心地良く過ごせるみたいです。

ナップナップ専用の保温冷剤(税込み518円)が公式ホームページで購入出来ますが、100均で購入出来る保冷剤でも十分使えます。

 

 

おすすめポイント5〜大容量ポケットで手ぶらでお出掛けOK!〜

ナップナップの抱っこ紐には、ファスナーポケットが2つと小さめポケット1つの3つのポケットが内蔵しています。

1番大きなポケットは、ファスナー付きのメッシュポケット。保冷剤やホッカイロをタオルなどにくるんで入れると赤ちゃんは年中快適に過ごせそうです。

2番目に大きなファスナー付きポケットは、紙パンツ、おしり拭き、長財布、鍵などを収納出来ます。

(↑若干パンパンになるので、詰め込み注意です。)

1番小さな前ポケットは、ポケットティッシュやハンカチなどが入るサブポケット。ファスナー付きポケットに落ちたら困るものを収納しておけば、前かがみになったときにポケットから物が落ちる心配もありません。

ただ、ファスナーの締め忘れで物が落ちるというレビューがあるように、左右どちらからでも開け締め可能なファスナーではないので締め忘れに注意してくださいね。

幼稚園の送り迎えや買い物など、ちょっとしたお出かけに持っていきたい荷物が十分入るポケットたちのお陰でお出かけが楽になりました。なにより、下の子を抱っこしながら上の子と手を繋げる幸せを感じてもらいたいです♡

 

 

おすすめポイント6〜リュックを背負う感じでおんぶ出来ちゃう!〜

おんぶ紐で赤ちゃんをおんぶする時、背中からずり落ち、おんぶ紐を固定するまでに時間がかかってストレスを感じたことありませんか?一般的なおんぶ紐は、赤ちゃんを乗せるだけなので、おんぶ紐を固定するまでに背中からずり落ちやすく、固定するまでに時間がかかることも。

ナップナップの抱っこ紐は、バックルで固定するポケットに赤ちゃんを入れる感じになっているので、そのままリュック感覚で背負えばオッケーです。椅子などに置いて、その上に赤ちゃんを座らせておけば簡単に背負うことが出来ますよ♪

1人で立っち出来るようになると、バックルで固定した後、立たせて背負えばより楽ちんです。

 

ナップナップの抱っこ紐の悪い評判/口コミは本当?

おすすめポイントはおわかりいただけたと思いますが、ネットにはナップナップの抱っこ紐の悪い評判や口コミもちらほら。
そんな悪い口コミに対して、私が感じたことを紹介していきたいと思います!

 

口コミ1:落下防止ベルトの着脱が手間・難しい

エルゴを持っていますが、不測の事態で汚されてしまい洗濯した際抱っこ紐がないと、とっても大変だったので今回購入に至りました。限定に惹かれカフェベージュです。ネットで見るより肌色に近い感じがしました!キャメルと迷いましたが、カフェベージュの方が女性っぽい色味です(^^)よだれじみは結構目立ちます!薄い色なので濡れると色の変化がよくわかります。
エルゴでは股のところが広く、外に出す足を曲げれなかったので、クッションを入れ底上げして7ヶ月ぐらいまで使用していました。あといつもおんぶが危なっかしい、、、それらがこの商品はクリアして使えそーです!
落下防止ベルトは安全性を考えれば良いのですが、急いでるときとかは正直手間を感じると思います。特に対面抱きのときは省きたくなります、、、がベルトを止めないと横にプラプラしてしまいます。よだれカバーをつけると落下防止バックルは隠れてしまい、はずさないと着脱できません。
財布や携帯も入れれるようになり、近くに買い物は手ぶらで行けるのも魅力的★ポッケの大きい服を着なくて済みます。

出典:napnap お客様の声

バックルが多く、確かに手間を感じると思いますが、慣れていけば問題なく使いこなせると思います。

急ぎの時などは特に手間を感じると思いますが、赤ちゃんの安全性を考え、早めのお出かけ準備が出来るゆとりがあると良いですね。

 

 

口コミ2:太もも部分の細い紐が食い込む

前抱きの紐はいくつか買ったのですが、家事やらなんやらに前は邪魔。おんぶをしようと思ったら背負うまでに安定しなくてヒヤヒヤでおんぶ用にレビューを見て購入しました。
身体をホールドしてくれるので落っこちちゃう心配が減ったのでこれから毎日使わせて貰います!
腰ベルトが折れるかはまだ分からないですが立って使うことしかないので多分大丈夫かな。ありがとうございます!
追記
しばらく使ってみた感想です。
身体をホールドする布がメッシュで薄いので太ももに凄く食い込みます。
痛いのか泣いてしまうので勝手にクッション?カバーを作って保護したところ寝るようになりました。
確かに細い紐(太ももに当たる部分が薄いので)で体重支えるのは痛いかもしれません。
安全ですが工夫が必要です。
腰ベルトは折れてません

出典:楽天 みんなのレビュー

肩紐下の細いベルトは、確かに細いので赤ちゃんの太ももに当たると擦れて赤くなる危険性がありそうです。

我が家は擦れて赤くなることはなく1年半過ぎましたが、危険性を考えて、細いベルト部分をタオルで巻くなどの対策をすると安心ですよ♪

 

 

口コミ3:腰ベルトが折れる

説明通りウエストできつく腰ベルトを装着しおんぶをしたのですが、腰ベルトが一回使用しただけで上の方が折れめが付いてしまいました。使用には問題ないとは書いてありましたが、一回で折れてしまったのはとても残念で、もう少し丈夫に作っていただけたら嬉しかったです。
ですが、おんぶはとてもしやすかったので沢山使って行きたいと思います。

出典:楽天 みんなのレビュー

エルゴに比べ、腰ベルト部分のクッションは薄めです。そのため、腰ベルトが折れてしまうという口コミをよく拝見しますが、我が家は腰ベルトが折れることはありませんでした。

骨盤上くらいに腰ベルトがくるようにしっかり固定すると、前かがみになった時も腰ベルトが折れることが少ないように思います。

 

慣れれば快適!かゆいところに手が届くナップナップの抱っこ紐

ナップナップの抱っこ紐のおすすめポイントを6つご紹介しましたが、いかがでしたか?お手軽価格なのに、かゆいところに手が届く機能が満載なのは主婦には嬉しいですよね♪

ちなみに、1年半使用した中で個人的に気になったのは、雨や汗、よだれなどで出来る色ムラくらいでした。(私はカーキを購入したので、余計目立つのかもしれません。)

少ししかない抱っこ紐ライフをより快適に過ごしたいですよね。どんなものが快適かは、十人十色。あなた好みの抱っこ紐探しに少しでも何か参考になるものがあれば嬉しく思います。

 

▼smarby取り扱いのサラウンドパッド特集はこちら▼
サラウンドパッド特集♡汗っかきな赤ちゃんの為に首周りに付けれるカバー!毎日抱っこひもはあらえないけど清潔を保ちたい!そんな時にはカバーがおすすめです

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

1本は絶対欲しい、便利な抱っこ紐!おススメブランド5選

【現役ママの口コミ・レビューあり】タカタ・ハッピーフィールズの評判は?

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyアプリをダウンロード

Campaign キャンペーン

キャンペーン一覧

New feature 新着特集

特集をすべて見る

アプリ限定

毎日ポイントがもらえる
「チェックインポイント」があります!