【リッチェルのバウンサー】口コミや評判は?新生児向け?

【リッチェルのバウンサー】口コミや評判は?新生児向け?

最終更新日 2019-04-24 by smarby編集部

リッチェルのバウンサーの購入を検討しているママ・パパの皆さん、もうすぐ1歳になる新生児の娘の育児に日々奮闘している、フリーライターのyrapです。

赤ちゃん用品はたくさん必要な上、ひとつひとつがそれなりに高いので、できれば失敗したくないですよね。中でもバウンサーは、値段の幅も広くて選ぶのに一苦労しました。西松屋やネットで沢山調べた末、リッチェルのバウンサーを選びました。

そこで、今回は実際にリッチェルのバウンサーを使ってみて感じたことを本音でお伝えします。ぜひ参考にして下さいね。

 

リッチェルのおもちゃ付きバウンサーとは?新生児向け?

 

様々な育児用品を販売しているリッチェル。妊娠中や育児中の方なら、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。そんなリッチェルの「おもちゃ付きバウンサー」は、なんと新生児から使用可能!リクライニングの角度が3段階に分かれているので、まだ首が据わっていない赤ちゃんでもフラットに近い状態で寝かせてあげることができるのです。

さらに、体重は13kgまで対応。対象年齢は2歳までとなっているため、長く使い続けることができます。

リッチェルのおもちゃ付きバウンサー 楽天通販ページ

 

リッチェルのおもちゃ付きバウンサーの特徴

 

特徴1「バウンサーに付く3つのおもちゃがゆらゆら」

リッチェルのバウンサーには、取り外し可能なバーに3つのおもちゃがぶら下がっています。3つとも全て布でできているため、軽くて洗濯もできる優れもの。それぞれ四角、三角、丸と異なった形をしているだけでなく、触った時の音もみんな違っているのです。

バーとはマジックテープでくっついている状態なので、簡単に取り外しができるところも嬉しいですね。赤ちゃんがバウンサーに座っている時には目の前に。それ以外の時は、バーから取って持ち運びできるおもちゃとして。このように、さっと取り外すだけで2通りの使い方ができるところがポイントです。

 

 

特徴2「バウンサーの素材はメッシュで夏も快適」

バウンサーを利用する上で気になる、頭からお尻にかけての蒸れ問題。赤ちゃんは汗っかきなので、ちょっとした時間でも汗でびっしょりになることも。

そこで注目してほしいのは、リッチェルのバウンサーはメッシュ素材という点。通気性が良いので、赤ちゃんにとって快適な状態で使用することができます。

また、このシートは取り外して丸洗いしても大丈夫。万が一汚れてしまっても、すぐに洗濯できるので安心です。メッシュ素材だからこそ、洗濯後は乾きやすいところも助かりますね。

 

 

特徴3「バウンサーの自然な揺れは抜群の心地よさ」

リッチェルのバウンサーは、赤ちゃんが動くと自然と揺れる仕組みになっています。頭や手を動かすだけで揺れるので、新生児の成長がまだ足を活発に動かさない時期でも問題ありません。

自分が動くと体が揺れるということが面白いのか、我が家でも1人で機嫌よく揺られていました。1人で大人しくしてくれるので、家事などで手が離せない時はとても重宝します。

もちろん、横で大人の方が揺らしてあげることも可能。よほど心地がいいのか、時には眠ってくれることもありました。ずっと抱っこするという負担がぐっと減るので、体力的にも助かりました。

 

リッチェルのおもちゃ付きバウンサーの悪い口コミ

 

口コミ1「バウンサーのベルトが止めにくい」

このバウンサーには、赤ちゃんの転倒防止用にベルトが付けられています。中央でカチッと止めるだけなのですが、確かに止めにくさを感じました。というのも、左右のベルトをはめる部分が固いので、少し力を込める必要があるのです。また、ちょうどその部分は中央のベルトの内側を通さなければならず、一回でうまくカチッとはまらないこともしばしば。

私も最初はベルトをつける度に苦戦していましたが、途中からベルトの止め方を変えると嘘のように簡単になりました。その方法は、ベルトの中央部分は常に付けたままにしておき、片側のボタンで付け外しをするのです。

このやり方で使うようになってからは、スムーズにベルトを止めることができています。ぜひ試してみて下さいね。

 

 

口コミ2「おもちゃを吊っているバーの左右に手が当たって痛そう」

先述した通り、3つのおもちゃがバーから吊り下がっています。このバーはコの字型になっており、赤ちゃんの正面にあたる部分はメッシュ素材の布で覆われています。しかし、両サイドの部分はカバーがされていません。金属がむき出しになっています。

私が使用している中では、赤ちゃんの手が勢いよくバーに当たるようなシーンはありませんでした。おもちゃに手を伸ばしている時にコツンと触れることはあったものの、痛そうだなとは感じません。

ただ、よく腕を振る動作をする赤ちゃんなら、コツンと当たってしまう位置にあります。その場合は、輪ゴムを使ってハンカチを巻くなどの方法でカバーするといいでしょう。

 

 

口コミ3「子供のうんちが出やすくなる」

リッチェルに限らず、バウンサーやベビーチェアの種類によっては、赤ちゃんがうんちをしやすくなるようです。我が家の場合も、普段よりお通じが良くなったと感じました。

うんちが出ること自体は問題なかったのですが、たまにオムツから漏れてしまうことがありました。その度に着替えなければならないので、洗濯の手間がかかってしまいます。

ただ、いろいろ試行錯誤した結果、オムツのテープの止め方を少しきつくすると、うんち漏れの発生頻度がぐっと減ったのです。もしバウンサーに乗せてうんち漏れをする場合、オムツの止め方を工夫してみて下さい。

 

西松屋などでリッチェルのおもちゃ付きバウンサーを探してみよう!

 

新生児から2歳まで使えるので、長い期間お世話になることができるリッチェルのバウンサー。ベルトやバーに関しては、ちょっと工夫をするだけで対処できるので、そこまで心配する必要はありません。自然な揺れで赤ちゃんもご機嫌、そしてママも抱っこの時間が短縮されて助かるので、育児中の方にはとってもおすすめです。

今回ご紹介したバウンサーは西松屋などの育児用品店で購入することができます。ぜひお近くのお店で探してみて下さい。

 

▼smarby取り扱いのベビー用品はこちら▼
ベビー用品 smarby通販ページ

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami