ハロウィンの寝相アートアイディア集♡100均グッズでまねしちゃおう♪

ハロウィンの寝相アートアイディア集♡100均グッズでまねしちゃおう♪

最終更新日 2021-10-13 by smarby編集部

赤ちゃんの寝相アートは「おひるねアート」とも呼ばれ、誕生日やイベント時に撮影される記念写真です。月齢や季節がわかるような背景・赤ちゃんをより可愛く演出する着ぐるみやコスプレ衣装を用意し、大切な記念として残してあげましょう。

たくさんあるイベントの中でも、ハロウィンは仮装やコスプレを楽しむイベント。赤ちゃんの初めてのハロウィン、あるいは2回目・3回目のハロウィンにも、寝相アートは記念になります。

寝相アートの背景やコスチュームは、100均グッズでもハンドメイドすることができるので、ぜひチャレンジしてみてください♪もちろん、ハロウィンにぴったりな衣装を購入したり、出産祝いでもらった可愛いベビー服を着せてあげたりするのもおすすめですよ。

ハロウィンの寝相アートのアイディアをご紹介しますので、素敵な記念写真を残してあげてくださいね。

Contents

寝相アート成功の鍵は事前準備にあり

どんなモチーフを置こうか、どんな配置にしようか?完成度の高いセットを用意するためにはイメージすることから始めるのが鉄則。

これからご紹介する実例を参考にしながら、まずは紙に寝相アートのイメージ画を描いてアイディアを形にしてみましょう。頭の中が整理され、何を用意したらいいのか段取りが自ずと見えくるはずです。

イメージが完成したら、100均・文具店・手芸用品点に材料を買いに行きましょう。

寝相アートの要!赤ちゃんの配置のコツ

無事にセットができたら、いよいよ子供を寝かせる段階です。
「寝かせる」と言っても必ずしも睡眠中じゃなくてOK。ご機嫌な時にそっと背景の上に寝かせてあげましょう。

ニコニコ笑顔の写真が撮れたらオールOK!撮影中にスヤスヤ寝てしまっても、可愛い寝顔が撮れたということでそれもよし!もし泣いてしまったとしても、それはそれで貴重な写真ですよ。

子供の写真は笑顔のものが多いので、泣き顔はとっても価値のあるもの。大きくなったとき、「撮っておいてよかった」と思えますよ。寝相アートにNGはなし。どんな表情も記念になります。

ここで、撮影の幅が広がるアドバイスを1つ。
赤ちゃんが眠っているときは、寝ているポーズや体勢に合わせて小物を移動しましょう。思いがけず楽しい写真が撮れるかも…!
型にとらわれすぎず、臨機応変に柔軟に撮影を楽しんでくださいね♪

綺麗に撮る4つのテクニック!寝相アートの撮影方法

赤ちゃんを撮影するママ

寝相アートを綺麗に撮影するには、いくつかコツがあります。プロのカメラマンも使っている技をご紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね。

1.高い場所から撮る

床やベッドに設置したセットとわが子を平面のように綺麗に撮るには、ずばり高さが必要です。スマホやデジカメの画面を見ながらではなく、腕だけ伸ばして可能な限り真上から撮影しましょう。
小柄なママは踏み台を使うなどしてみてくださいね。

ここで一番注意したいのが、安全面。赤ちゃんの上にカメラを落としてしまったり、撮影に気を取られて踏み台上でバランスを崩したりしないよう気を付けて撮影をしてくださいね。
少しでも危ないと思ったら撮影は中断しましょう。

2.基本は連写

赤ちゃんの動きは予測不能。大人しく寝ていてくれたと思ったら、次の瞬間には動き出したり横を向いてしまったり。一瞬一瞬のベストショットを逃さないためにも、撮影モードは連写で撮りましょう。

セット以外の余白が入ってしまっても大丈夫!トリミング機能で余分なところを切り取ってしまえば、綺麗な写真が完成します。

3.撮影は昼間に行う

写真を綺麗に撮るコツの1つは、自然光で撮ること。夜や曇りに蛍光灯をつけて撮影すると、撮影者の影が入り込んでしまったり、どこか垢抜けない写真になったりしてしまいます。専用のスタジオでない限り、室内で綺麗に撮るのは難しいことなのです。

晴れた昼間に撮ることによって、太陽の光を利用してより自然な仕上がりの写真が撮れますよ。

4.おもちゃやぬいぐるみなどを常備

寝ている場合には不要ですが、起きている時の撮影ならなるべくカメラ目線の写真を撮りたいですよね。赤ちゃんの気を引けるように、お気に入りのおもちゃを片手にスタンバイしましょう。

おもちゃやぬいぐるみになりきって、ママやパパが声をかけてみてくださいね。ベビーの視力はまだ未発達のため、音の出るおもちゃがおすすめです。

ハロウィンの寝相アートアイディア集10選

個性豊かな寝相アートを探るべく、Instagramをハント。まねしたくなるような素敵な作品があふれていました!赤ちゃんに負担をかけないアイディアが散りばめられているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.オバケの布団にすっぽり♪ぬくぬくアート

ポケットのようなオバケの布団に赤ちゃんを寝かせた寝相アートは、暖かそうで見ているこちらもほっこりしますよね。赤ちゃんは包まれることで安心感を覚えるので、撮影中に眠ってしまう赤ちゃんもいるかも!?実際にオバケ型に縫うのが難しいなら、赤ちゃんのお昼寝中にタオルや毛布をオバケ型に整えるだけでも可愛いですよ。

お布団スタイルに合わせて星のガーランドを選び、夜をイメージさせるところがポイント。100均グッズを使ってまねをしたいときは、店頭で以下のアイテムを探してみましょう♪

【100均で揃えられるアイテム】
・画用紙orフェルト(オバケの顔用)
・ガーランド

2.ほうきにのって飛んでいるスタイルに

長い棒をほうきに見立て、魔法使いのように空を飛んでいる姿を描いた寝相アートです。ぬいぐるみがほうきにぶら下がっていて、相棒を連れているようでかわいらしいですよね。

実際に赤ちゃんをほうきの柄にまたがらせるのは難しいですが、寝相アートは上から撮るので、ほうきを描いた場所に寝転がせるだけでOK!もちろん、ほうきは棒を使わずフェルトや画用紙を切って作るのもおすすめです。

【100均で揃えられるアイテム】
・画用紙or大判フェルト(オバケ・月・かぼちゃ用)
・カットクロス(キャンディの包み紙用)
・カチューシャ
・ベビー用マント

3.ひもを使ってデビルコスプレ

こちらは、黒いひもだけで赤ちゃんをデビルに変身させたアイディアアート!あらかじめ用意しておいてそこに寝かせても良いですが、赤ちゃんが寝てからささっと作ることもでき、まねしたくなるアートです。

ちょっと難しいですが、「Happy Halloween」の文字もひもで作ることができます。もちろん、100均のガーランドなどで代用してもOK。赤ちゃんが寝たらそっと置きましょう。

赤ちゃんにはハロウィン用の衣装を着せるのもおすすめですが、難しいときは愛犬やぬいぐるみに衣装を着てもらうのもアリですね。

【100均で揃えられるアイテム】
・カラーひも(文字用)
・ペット用ハロウィンコスチューム

4.かぼちゃのマントをかけるだけ♪お手軽アート

こちらはなんと、100均のマントをワンピースにリメイクしたというアイディア作品です。もともとはかぼちゃの顔が背中にくるデザインのマントでしたが、それを前に、さらにリボン部分を肩にもってくることでキュートなワンピースに大変身♪

しっかりと着せなくても、お昼寝中の赤ちゃんにそっとかけてあげるだけでハロウィンの寝相アートが完成します。リメイクせず、マントをかけるだけでもOK。お手軽にまねすることができますよ。

【100均で揃えられるアイテム】
・かぼちゃマント

5.お気に入りのぬいぐるみとなら赤ちゃんも安心♡

ガーランドやハロウィンアイテムをたくさん並べた賑やかな寝相アートです。ポイントは、隣のぬいぐるみ。赤ちゃんを守るように寄り添っていて、どこか頼もしく見えませんか?

危なくて赤ちゃんには持たせられないアイテムを持たせてみたり、ペット用の帽子をかぶせてみたり。ぬいぐるみは、寝相アートをより盛り上げてくれるアイテムといえます。赤ちゃんがぐずったときも、強い味方になってくれそうですよね。

【100均で揃えられるアイテム】
・ガーランド
・ベビー用帽子
・ペット用帽子
・その他ハロウィン小物(ほうき・置き物など)

6.100均の小物を集めたハロウィン感たっぷりアート

しっかりと腕を伸ばして翼を広げたコウモリに扮した赤ちゃんがかっこいい寝相アートです。赤ちゃんを囲むように100均のハロウィングッズが置かれていて、おしゃれでかわいい寝相アートが完成されていますよね。ポイントは、プラスチックプレートのような平面の小物を使用しているところ。上から撮影するので、綺麗に映ります。

お裁縫や画用紙アートが得意でないママでも、ベビー用のコスチュームと100均グッズを揃えるだけなら簡単♪赤ちゃんのご機嫌タイムに合わせて撮影ができますよね。

【100均で揃えられるアイテム】
・ガーランド
・プラスチックプレート

7.もこもこの着ぐるみで絵本のようなアートに

かぼちゃの気球やかわいいオバケ、そこに着ぐるみ姿の可愛いベビー♡それだけで絵本のような世界観が広がり、怖くないハロウィンアートの完成です。メルヘンな雰囲気作りは、赤ちゃんに動物の着ぐるみを着せるだけでOK。一見ハロウィンに関係のない衣装でも、まったく問題ありませんよ。

大きなかぼちゃを作るのは難しそうに感じるかもしれませんが、縫わなくても布地を重ねて両面テープで貼りつけるだけでもOKです。画用紙でも良いですが、角が赤ちゃんの顔にあたらないように気をつけて撮影をしてくださいね。

【100均で揃えられるアイテム】
・フェルトシール(「HAPPY HALLOWEEN」の文字・お墓・おばけやかぼちゃの顔)
・ツタの造花(気球用)

8.モールで囲めばハロウィン気分!黒系ロンパースでかっこよく♪

ドラキュラ風のマントと蝶ネクタイを合わせたハロウィンスタイルがかっこいい寝相アートです。黒系のロンパースがハロウィンにぴったり!黒とオレンジのハロウィンカラーでできたモールがさらにダークな雰囲気を演出していて、おしゃれですよね。

ちょっとスペースが空いているなと感じたら、100均の小物を並べるだけでOK。こちらの寝相アートのように、ファンタジー色の強いぬいぐるみに参加してもらうのも素敵です。

【100均で揃えられるアイテム】
・モール
・ベビー用マント
・ハロウィン小物(ほうき・かぼちゃなど)

9.ベビーにハロウィンバッグを持たせてトリック・オア・トリート!

ドラキュラ風ロンパースとハロウィン小物がばっちり合った寝相アートです。小さめのハロウィンバッグを持っているところがポイント。やわらかいフェルトのバッグなら、赤ちゃんの顔や手に触れても安心です。「トリック・オア・トリート!」と元気よくお菓子をもらいに行く雰囲気が出ていて、かわいいですよね。

こちらの寝相アートのように、月齢や年齢がわかるよう数字の風船を用意しておくと、大きくなってから見直したときにわかりやすいですよ。

【100均で揃えられるアイテム】
・フェルトバッグ
・ガーランド
・数字の風船
・お菓子
・ハロウィン小物(ガイコツなど)

10.積み木で文字を作ってカラフルアート!

こちらは積み木で「HALLOWEEN」の文字とかぼちゃを作った寝相アートです。家にある赤ちゃんのおもちゃを使うというアイディアは、なかなか思いつかないですよね。しかもカラフルでとても可愛い仕上がり♪積み木が家にある方は、まねをしてみてはいかがでしょうか?

赤ちゃんが積み木で遊び始めたら文字が崩れてしまうので、寝ている間にこっそり並べると良いかもしれませんね。

【100均で揃えられるアイテム】
・カチューシャ

【ハロウィン寝相アート】便利なアイテムをご紹介!

寝相アートで使う背景やコスチュームをすべてハンドメイドするのは大変!時間がないママやパパにおすすめの便利なアイテムをご紹介します。

キャラクター感アップ!【CatherineCottage(キャサリンコテージ)】なりきり着ぐるみロンパース

【CatherineCottage】なりきり着ぐるみロンパース

赤ちゃんに動物の着ぐるみを着せるだけで、絵本の中にいるようなキャラクター感が出ますよね。ハロウィンといえば仮装。一見ハロウィンとは関係のないウサギの着ぐるみだったとしても、かぼちゃやオバケの中に紛れさせてしまえば「ハロウィンの世界に紛れ込んでしまったウサギさん」の構図ができあがり♪

赤ちゃんはもこもこの着ぐるみを着るだけでSNS映えするので、背景や小物は100均のハロウィングッズを並べるだけで十分です。ラブリーな動物に変身したベビーをカメラに収めてあげてくださいね。

【商品情報】
カラー:OWTR(ラビット)・BRWB(ベア・ブラウン)・BRWU1(ウリボー・ロンパース)・BRWU2(ウリボー・ワンピース)
サイズ:70cm・80cm・90cm・95cm

楽々ハロウィンスタイル【b-ROOM(ビールーム)】変形オバケTシャツ

【b-ROOM】変形オバケTシャツ

寝相アートは、赤ちゃんがご機嫌なときを狙ってささっと着替えさせるのも成功させるコツ。ハロウィンのコスチュームはたくさんありますが、着替えが面倒なタイプの衣装だと着替えさせている間にご機嫌ナナメになったりおむつ換えが必要になったりすることもあり得ます。

そんなときに活躍するのが、さっとかぶせるだけでオバケに変身できるビッグサイズTシャツです。着せることが難しいときは、上からかけてあげるだけでOK。いつでも簡単にオバケに変身できる便利なアイテムですよ。

【商品情報】
カラー:オフホワイト・ブラック・ライトベージュ
サイズ:S(80-90cm)・M(100-110cm)

立体感と動きを表現【panpantutu(パンパンチュチュ)】チュチュプリンセス

【panpantutu】チュチュプリンセス

ボリューム感たっぷりのチュチュスカートは、立体感や動きを出すことができるので寝相アートにおすすめです。女の子ベビーに黒いチュチュを履かせてあげるだけで、可愛い魔女に変身できます。

撮影する際に左右の裾を少し持ち上げてあげると、ふわりと浮遊しているように見えてハロウィンにぴったりです。赤ちゃんが眠っていて動かないようなら、ぜひ試してみてくださいね。

【商品情報】
カラー:ブラックウォッチグリーン
サイズ:S(70-90cm)・M(90-110cm)・L(110-130cm)・XL(125-140cm)

非日常感を演出【petit main(プティマイン)】星型スタイ

【petit main】星型スタイ

「わざわざハロウィン用のコスチュームを購入しても、一度着せたら終わりなんてもったいない」とお考えの方には、普段使いもできる星型スタイがおすすめです。いつもの服に星型スタイを付けるだけで、ドラキュラを思わせる紳士風に大変身!

あとは100均グッズや画用紙を使って、コウモリやかぼちゃなどハロウィン要素のある背景を作ればOK。スタイはもちろん季節を問わず使えるので、普段の食事やお出かけのときに活用してくださいね。

【商品情報】
カラー:オフホワイト・ライトカーキ・ブルー
サイズ:フリー

置くだけで準備完了!便利な背景シート【イエスタ】Halloween 逆さコウモリ

寝相アート用の背景をつくる時間がない、あるいは自信がないというママ・パパには、すでに完成している背景シートがおすすめです。シートの上にハロウィンコスチュームを着せた赤ちゃんを寝かせるだけで準備完了。時間をかけずに済むので、赤ちゃんがご機嫌なときやお昼寝しているときに撮影を終わらせられます。

寝相アート用でなくても、背景布やタペストリーで代用することもできます。ハロウィン風の背景布もたくさんありますが、赤ちゃんや小さな子が怖がらないよう、可愛いデザインのものを選んであげてくださいね。

【商品情報】
サイズ:縦841mm×横1189mm

インスタ映え♡【COCOSAB(ココサブ)】ハロウィン背景シート

こちらのアイテムも、すぐに撮影に入れる背景シートです。赤ちゃんを寝かせる場所が決まっていないので、赤ちゃんが起きているときでも撮影がしやすいのがポイント。動き回る赤ちゃんにもおすすめです。

背景シートは、床に置くだけでなく、壁に貼ることもできます。ソファに座らせた状態で撮ったりママやパパが抱っこして撮ったりすることもでき、様々なパターンで撮影が楽しめるアイテムです。

【商品情報】
サイズ:縦841mm×横1189mm

低月齢ベビーにおすすめ!コスチューム3点セット

低月齢の赤ちゃんはお着替えだけでも大変。既成のアイテムではサイズが合わなかったり素材で肌が荒れないか気になったりしますよね。そんな低月齢ベビーには、添えるだけでもOKなコスチュームセットがおすすめ。寝ている赤ちゃんのとなりに置くだけで十分にハロウィンらしくなりますよ。

赤ちゃんが大きくなったら、コスチュームセットはぬいぐるみに着せて撮影に参加させるのも楽しそうです。使い方の幅が広いので、ぜひ試してみてくださいね。

【商品情報】
サイズ:フリー(目安月齢0-3ヶ月)

寝相アートは一生の記念♪ハロウィン気分を盛り上げよう

赤ちゃんの可愛い姿を印象的に残す、寝相アート。大掛かりで大変なように思えても、材料を揃えて撮影のコツさえ掴んでしまえば意外と簡単!赤ちゃん時代を過ぎてキッズになっても、もちろん楽しむことができますよ♪

「今だけ」の可愛い姿をハロウィンのセットと共にパチリと写真におさめてくださいね。素敵なハロウィンになるよう、ママの頑張りを応援しています!

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami