布おむつの洗い方は?意外に簡単?

布おむつの洗い方は?意外に簡単?

最終更新日 2019-04-04 by smarby編集部

コスパ的な面で興味はあるけれど、布おむつはめんどくさそうと考えていませんか。めんどくさいと思う原因の1つが洗う手間かと思いますが、洗い方は意外にもシンプルでそこまで時間はかかりません。おすすめの洗剤やつけおきなど、布おむつの正しい洗い方とおすすめの布おむつを見ていきましょう!

 

布おむつの正しい洗い方

布おむつの洗い方は思っているよりシンプルです。 まず、汚れた布おむつは早めに汚れた部分を洗い流すのが鉄則。洗面台やお風呂のシャワーなど水圧を使って汚れを洗い流します。ドロッとしたうんちの場合は、やはりお風呂の中だと躊躇してしまうので、トイレの水流を借りて洗うのもおすすめですよ。

うんちの量が多い場合などは、洗い流す前にトイレットペーパーなどで拭きとっておくと汚れた水を大量に排出することなく済みます。うんちの量を見て決めるといいですね。

こうして洗濯の前準備ができた布おむつは、バケツの中で軽く手洗いして、通常通り洗濯するだけでOK。ちょっとだけ手間をかければ、長く、きれいに使えますよ。

 

布おむつをつけおきで洗う

洗濯する前にバケツで手洗いすると紹介しましたが、洗濯前の手洗いで汚れが気になる場合は、バケツにつけおきするといいです。 ただし、つけおきの際に通常の洗剤を使うと生地が傷むほか、成分が生地に残ってしまうと赤ちゃんの肌によくありません。

重曹やオーガニック系の洗剤、あるいはセスキ炭酸ソーダを入れてつけおきするのがおすすめです。ちなみに重曹やミョウバンを入れれば消臭にもなります。臭いが気になるなら、取り入れてみましょう。

 

かさばらない成形型布おむつ

布おむつには成形型と輪型があります。成形型の布おむつは、ライタータイプの布おむつのこと。大人用の尿パットや生理用パットをイメージするとわかりやすいですね。

成形型はおしりにフィットするので、しっかりと布おむつをはかせれば、汚れをうまくキャッチしてくれます。やや立体的なものもあるので、赤ちゃんの動きなどに合わせて選ぶのがよいかも。

マジェンタ オリジナル 5枚組 成形 布おむつ エクスチェンジ 楽天通販ページ

マジェンタ オリジナル成形 布おむつ5枚組 シースラグ 楽天通販ページ

成形股おむつひよこ柄1枚 楽天通販ページ

 

しっかりカバーの輪型布おむつ

一方の輪型は、タオルのような形になっているタイプの布おむつです。タオルのようなものなので折りたたんで使わなくてはいけませんが、その分カバーできる範囲が広まります。

一般的な折り方は、2つか4つ折りで、縦に長くする折り方。このほかにも、複数枚の輪型布おむつを使ってT字型にするなど、さまざまな使い方ができます。成形型では横漏れしそうで物足りないと思うなら、輪型を活用してみるといいですね。

オーガニックコットン布オムツ ドビー織り 輪おむつ 2枚入 楽天通販ページ

布おむつ 星柄10枚セット(仕立て済み) 楽天通販ページ

布おむつ 無地10枚セット 楽天通販ページ

 

布おむつカバーを併用しよう!

布おむつ単体の利用は少なく、布おむつカバーと併用するのが一般的です。布おむつカバーとは、布おむつの上からはかせるカバーのこと。布おむつカバーによって、布おむつのずれを防ぐことができます。

まだまだ大きな動きの少ない乳幼児であればよいですが、寝返りをうったり、ハイハイができるようになったりしたら布おむつカバーとの併用は必須。サイズ調整のできるものであれば、赤ちゃんの成長に合わせて長く使えますよ。

おむつカバー ベビー サイズ調節可 70~100cm テープ式 無地  楽天通販ページ

カンガケア ランパルーズ ワンサイズ ポケット ダイパー(布おむつ)【無地】 楽天通販ページ

 

楽しいデザインの布おむつカバーも

布おむつと併用して使う布おむつカバーについて、シンプルなタイプを紹介してきましたが、デザインに凝ったものもあります。 布おむつは汚れやすいですし、凝ったデザイン自体が少ないので柄にあまりこだわれません。その分、布おむつカバーで遊んでみるというのはいかがでしょう?カラフルなものもあるので、大変な赤ちゃんのおむつ替えも、少しは楽しくなるかもしれませんよ。

SunnyBaby おむつカバー フリーサイズ サイズ調節可 70~100cm テープ式  楽天通販ページ

楽天市場 カンガケア ランパルーズ ワンサイズ カバー(おむつカバー)【柄デザイン】全15種類 販売ページ

カンガケア ランパルーズ ワンサイズ ポケット ダイパー(布おむつ)【柄デザイン】全8種類 楽天通販ページ

 

洗い方をマスターすれば布おむつは使える!

長い目で考えると、使い捨てのおむつよりも布おむつの方がよいこともあります。布おむつを使うなら、正しい洗うのが長持ちのコツ。つけおきで使用する洗剤も刺激のあるものではなく、重曹やセスキ炭酸ソーダなど自然に近いものにしましょう。また、布おむつを選ぶときは、赤ちゃんの肌に触れても問題ない素材、布おむつカバーの利用も考えて、選ぶのがコツです。

 

▼smarby取り扱いのベビー用品はこちら▼
ベビー用品 smarby通販ページ

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

おすすめのおむつ収納ケース【マルチアイテム活用例13選】

【おすすめおむつ替えシート・マット10選】人気の素材や防水機能も紹介!

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami