カトージの木製ワイドハイチェアは人気?口コミ評価は?

メニュー

ご案内

カトージの木製ワイドハイチェアは人気?口コミ評価は?

DATE
2018-10-19
WRITER
nyon

乳幼児がいる家で、毎日使うものの一つが食事のイスです。特に、大人の視線と合わせるためにはハイチェアが役立ちます。その中でも、軽くてプラスティックよりも重みがあり、優しさも感じられる木製チェアがダントツ人気です。

筆者は2児の母親で、数年間ハイチェアとローチェアを同時に使っていました。そこで、一番お気に入りであった、見た目がスタイリッシュで機能もバッチリのカトージ木製ハイチェアをレビューします。もちろん他のママたちの口コミにも触れていきますのでご安心ください。

Contents

 

KATOJI(カトージ)の木製ワイドハイチェアとは?

ベビーベッド、ハイローチェア、チャイルドシート、ベビーカーなど、大型育児用品大手のカトージ。特にベビーチェアには絶大な人気があります。

その理由はなんといっても丈夫な品質。バリエーションも多いですが、ここでは筆者が愛用している木製ワイドハイチェアをご紹介します。
窮屈にはならなくてサイズと高級感のある見た目も頼りになります。

【商品詳細】


価格:定価12960円(税込)
サイズ:W49×D57×H80cm、座面:35×29cm、テーブル:50×23cm
対象年齢(体重):7ヶ月 ~ 60ヶ月
重量:8.2kg

KATOJI(カトージ) 木製ワイドハイチェア 公式ページ

KATOJI(カトージ) 木製ワイドハイチェア 楽天通販ページ

 

カトージの木製ワイドハイチェア〜おすすめポイント3つ!〜

公式ホームページに紹介されているカトージの木製ワイドハイチェアの特徴に加え、私が実際に使って思ったおすすめポイントを3つ紹介していきます。
ぜひ、購入の参考にしてくださいね!

 

おすすめポイント1 〜クッション付きで子どもが心地よく座れる!〜

離乳食が始まった乳幼児が座る、はじめての「自分の椅子」。座り心地が悪ければ、椅子が嫌いになったり、食事に集中しなかったり、親子でストレスになりそうです。

このカトージのハイチェアはその点、よく考えられています。クッションが付いているので安心!合皮素材なので高級感があり、さっと拭けるのも嬉しいポイント。また、クッションがあるため座っていて多少動いても変にツルツル滑ることはなく、安定感があります。

このブラウンのモデルは、クッションと木の色が似ているので、違和感ないのもポイントです。

 

 

おすすめポイント2 〜5歳まで使えるワイド仕様でステップ4段階調整可能〜

たくさんの育児用品が必要な中で、いくつも買い換えるのは大変。その点、この木製ワイドハイチェアなら、なんとおすわりのできる0歳7ヶ月頃から60ヶ月(5歳になるまで)使用できます。

ステップが4段階調節できるので、成長とともに足入れ部分が窮屈になってきたときは簡単に動かせる点が便利です。

上の子がハイチェアを卒業する頃には、下の子が使えるようになっている可能性もあり、結果リーズナブルに済むかもしれません。

 

 

おすすめポイント3 〜見た目がおしゃれでインテリアに合いやすい〜

プラスティック製だと、見た目がスタイリッシュなものを見つけるのは難しいですが、木製で落ち着いた色味でしっかりしたつくりのカトージのハイチェアなら、デザイン良し。傷がついたとしても木製ならではの味になるので神経質になることはありません。

また、0歳児〜1歳前半はローチェアの方が安心ではあるのですが、食事の時に周りの大人と目の高さが合わないのが少し寂しいですよね。1歳後半を過ぎ、大きくなってきてから「なんで私だけ低いの?」と不満を持つ子どももいます。

我が家の場合は、1歳前半までは自宅でローチェアを使い、実家にはこのカトージの木製ワイドハイチェアをおいていました。大きくなってからは、実家にあったものを自宅で使用し、まだまだ現役です。

 

カトージの木製ワイドハイチェアの悪い評判/口コミは本当?

おすすめポイントはおわかりいただけたと思いますが、ネットにはカトージの木製ワイドハイチェアの悪い評判や口コミもちらほら。
そんな悪い口コミに対して、私が感じたことを紹介していきたいと思います!

 

口コミ1 :ステップに期待して失敗

9ヶ月(身長70センチ)ですが、一番上のステップは、構造的に膝を曲げても足が着きません。離乳食でこれから噛む力を育てたいのに残念です。
腰ベルトからすり抜けて、立ち上がってしまい危険です。
折りたたんで自立しません。壁に立てかけたりしますが、非常に不安定でよく倒れます。
組み立て簡単、素材がよく丈夫という点ではとても良いです。もう少し成長してから大人と同じテーブルにつきたい時にはいいかもしれません。

出典:amazon カスタマーレビュー

実際利用していて、その点は気になりませんでした。つい立ち上がってしまいがちな子には、小さめのクッションやタオルなどを重ね、隙間を埋めると改善できると思います。そうなりそうなお子さんをお持ちの方は、ローチェアにしておけば安心ではありますね。


折りたたんで自立はしないので、家具と家具の隙間や倒れてこないような場所に収納するの大切ですが、我が家は使用時期、折りたたむことはあまりなく、リビングのテーブル横に設置いたので気になりませんでした。

 

 

口コミ2:0歳児には足がつかず踏ん張れない

デザイン(は悪くないが・・・)
デザインと品質は基本悪くありませんが、零歳児の赤ちゃんが座って離乳食を食べる時に、足が付けられて踏ん張れるように設計するともっといいと思います。


出典:amazon カスタマーレビュー


こちらも0歳児の赤ちゃん向けの場合ですね。やはりクッションやタオルで調整し、赤ちゃんの足元が安定するようにご自分でカスタマイズすることが必要ですね。

毎回クッションやタオルで高さを作るのは面倒ではありますが、離乳食の食べこぼしをタオルがキャッチすることを考えると、メリットもある対処法だと思います!一時期のことなので、ママの頑張りどころではないでしょうか。

ステップの高さが改善される別売オプションが発売されたらどの親子も満足できるハイチェアになりそうです。

 

 

口コミ3:シートベルトが緩みやすい 

子供の食事用に使っています。
シートベルトがついているのですが、緩みやすく、立ち上がってしまい、危険です。滑らない素材のベルトだといいのではないでしょうか。
それ以外は、何の申し分もありません。シートの部分もクッション性のあるナイロン?のような素材で汚れてもふき取れます。背面の切欠き部分も
取っ手になり重宝しています。

出典:amazon カスタマーレビュー

皆さん、子どもが動いてしまい、シートベルトがずれて立ち上がることができてしまう点が気になるようです。成長とともに、立たないで、ということを聞いてくれるようになるので一時期のことではありますが、ママとしては心配ですよね。

シートベルトの長さの調節は可能なので、苦しくない程度にきつめの長さに設定すると改善されると思います。今後は滑らなくて拭きやすい素材のシートベルトにして改良して欲しいところですね。

▼赤ちゃんはなぜベビーチェアを抜け出すの?▼
ベビーチェアを抜け出す赤ちゃん対策!理由と選び方をご紹介

 

一台で長く使うならカトージの木製ワイドハイチェアがおすすめ!


いかがでしたか。どうせ買うなら長く使えたり、きょうだいのお下がりに回せるカトージの木製ハイチェア。長く使うと木の風合いがいい感じに馴染み、一層愛着がわきますよ。

飽きてきた場合はシートを引いたり、同じくカトージの姉妹モデルのシート付きのものを購入するのもおすすめです。親子で気にいるハイチェアに出会いますように!

 

▼smarby取り扱いのベビーチェアはこちら▼
puppapupo(プッパプーポ) Urchwing Chair smarby通販ページ

 

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyのアプリのダウンロードはこちらから

掲載商品

その他のよみもの


人気記事ランキング

アイテムカテゴリーで探す