手形アートでクリスマスをもっと素敵に!子供と作りたい作品例9選

手形アートでクリスマスをもっと素敵に!子供と作りたい作品例9選

最終更新日 2019-04-10 by smarby編集部

お子さんのいる家庭では、クリスマスなどのイベントの飾りつけは欠かせないですよね!

定番のクリスマスツリーやリースもいいけれど、クリスマスの飾りつけをもっと素敵に・かわいくにするには、【手形アート】がおすすめです!工夫次第で、クリスマスをより楽しいものにすることができますよ♡

今回は、《子供と一緒に作りたいクリスマスの手形アート》作品例をご紹介しましょう!

 

マネしたくなる!素敵な”手形アート”のクリスマス作品例9選

さっそくクリスマスに向けて、お子さんと一緒に手形アートを楽しみましょう!ただ子供の手形や足形を取っただけではクリスマスアートにはならないので、絵を描いたり、色や手形の配置を工夫することでクリスマスっぽさを出すことができます。

思わずマネしたくなるような、素敵な手形アートクリスマスの作品をご紹介しましょう!

 

1.トナカイと雪だるまがかわいい!手形アート

 
 
 
View this post on Instagram

手形アートさん(@pettan.mayu)がシェアした投稿

こちらの作品では、足形を取った跡に、顔を書いてトナカイや雪だるまに見立てています。

クリスマスツリーは、手形にシールや折り紙で飾りつけをすることでツリーっぽさが出ていますね!その他にも、トナカイや雪だるまに帽子をかぶせたり周りをかわいくデコレーションすることで素敵に仕上がります。

デコレーションは折り紙やマスキングテープ、シールやペンなどいろいろ用意しておくと良いでしょう。

 

 

2.手形をたくさん押したクリスマスツリー

 
 
 
View this post on Instagram

yamaguchi emiさん(@yamaguchiemi)がシェアした投稿

緑の絵の具をつけて、大きな紙にたくさん手形を押して…。

ツリーの幹部分は茶色の絵の具で足形を押したりと工夫がされていますね。

クリスマスツリーが出来上がったら、オーナメントも折り紙で作ってみるとより手作り感が伝わり、かわいく仕上がります。

 

 

3.パステルのクリスマス手形アート

 
 
 
View this post on Instagram

omuu*tommy〜おむ*とみ〜さん(@sunflower_0403)がシェアした投稿

こちらの手形は絵の具ではなく、パステルを使用しています。

パステルは、削って粉状にしたものを手のひらにつけることによって押すことができます。絵の具を使うよりも、ふんわりとした仕上がりでかわいらしい印象に♪

折り紙を折って作ったサンタクロースの顔も、とってもキュートですね♡

 

 

4.トナカイの角を、手形で

 
 
 
View this post on Instagram

はるひさん(@haruhi_spring)がシェアした投稿

手形をクリスマスの飾りつけの一部分に使用するのも、アクセントとして素敵です。

こちらは、トナカイの角部分が手形になっています。手形アートでは、手形や足形を紙に押してみて、「何に見えるか」子供と一緒に考えてみるのもおすすめですよ♪形や色を工夫して押すことで想像力を養うこともできるでしょう。

折り紙の本などを見て、クリスマスの折り紙作品と手形アートを組み合わせてみるのも良いですね。

 

 

5.手形アートのクリスマスオーナメント

 
 
 
View this post on Instagram

yuzunomiさん(@yuzunomi11)がシェアした投稿

手形や足形を小さな画用紙に押して、トナカイや雪だるまなどを作ります。画用紙に紐を取り付ければ、クリスマスツリーに飾れるオーナメントに!

こちらの作品は、手形のインクが黒や白のモノトーンカラーを使っているので、落ち着いていてオシャレな印象です♪お部屋のインテリアとしてもぴったりの素敵な作品です。

様々な手形アートのクリスマスオーナメントを作って、子供と一緒にツリーに飾りつけするのも楽しめるでしょう!

 

 

6.色使いがオシャレなクリスマスツリー

 
 
 
View this post on Instagram

リリルイさん(@riri.reine)がシェアした投稿

クリスマスツリーといえば定番は”緑色”ですが、背景を赤にして、白の絵の具を手につけて押せば、ちょっとオシャレなクリスマスツリーをつくることもできます。

こんなふうに額に入れると、より素敵に仕上がりますね!ツリーの幹部分が英字新聞を使っているのもポイント。

玄関などに飾ると、インテリアの一部として映えそうです。

 

 

7.布に押しても!手形のクリスマスリース

 
 
 
View this post on Instagram

Asamiさん(@tamotamond)がシェアした投稿

手形アートは、画用紙などの紙類だけでなく布地に押すこともできます。紙に押す場合のインクは普通の水彩絵の具で十分ですが、布に手形をつける場合は水性のアクリル絵の具がおすすめ。アクリル絵の具は乾くと耐水性があるので、にじまず長持ちしますよ♪

こちらの作品は、手形をペタペタと円になるように押してクリスマスリースのように見せています。タペストリーとして壁に飾ると素敵!

布製なら、来年まで破れずに取っておけるので、成長した子供の手を比べることも出来ますね。

 

 

8.クリスマスガーランドにもなる手形アート

 
 
 
View this post on Instagram

Mayuさん(@symau1x6)がシェアした投稿

手形アートはクリスマスガーランドにもなります。

画用紙に手形を押してサンタクロースやトナカイ、雪だるまの顔を書いたら、形に合わせて周りを切り取って、紐に貼っていくだけで素敵なガーランドの完成!

家にクリスマスの飾り付けをしたいけれど、ツリーを置くスペースがないという場合にも、ガーランドは幅をとらないのでおすすめですよ。

ガーランドをいくつか作って交差するように飾れば、より賑やかなクリスマスになりそうですね♪

 

 

9.手の形を画用紙で作っておくのもおすすめ!

 
 
 
View this post on Instagram

Rihoさん(@ririho1992)がシェアした投稿

小さい子供に手形アートをさせる場合、思った場所に手形を押してくれないこともしばしばあります。そんなときは、画用紙で手の形のガイドを事前に作って、押してもらいたい場所に貼っておくのがおすすめです。

『ここに押すんだよ』と声かけしながら誘導すれば、手の形の画用紙に合わせて手のひらを置いてくれるでしょう。

 

きっとやりたくなる、”手形アート”

小さい手や足の型を残せるのは子供が小さいうちしかできないことなので、それだけでも十分な思い出になりますよね。

手形アートはお家のインテリアにもなじみますし、お正月やひな祭り、ハロウィン、クリスマスなど、様々なイベントの飾り付けでつかうことができる技。絵の具やクレヨン、ペン、紙、カップなど必要な材料も簡単にそろえることができますし、子供もアートを思いっきり楽しむことができますよ♪

ぜひ今年から、トライしてみてください!

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

【簡単手作り】子どもと作るクリスマスケーキ☆誰でもできるレシピ公開!

クリスマスケーキの人気キャラクターをご紹介!手作りもできる12選

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami