子供の習い事はいつから始める?人気のレッスンやメリットを大公開!

子供の習い事はいつから始める?人気のレッスンやメリットを大公開!

最終更新日 2019-04-23 by smarby編集部

子供の習い事は、定番のスポーツから英会話などのお勉強系のものまで多種多様。子供の友だちが習い事を始めたと聞くと、「うちの子にも何か習わせた方がいいのかな?」と不安になりますよね。

子供の習い事はいつから始めるのが良くて、どんな習い事が人気が高いのでしょうか。

自分の子供に合った習い事を見つけてあげたいですし、やるからには良いところを伸ばしてあげたいと思うのが親の思いですよね!

今回は、人気の習い事をはじめ、いつから始めれば良いのかなど《子供の習い事》についてまとめました!

Contents

 

『みんな、子供を習い事に通わせてるの?』気になるお稽古事事情

子供にそろそろ習い事をさせたほうがいいのか悩んでいるパパやママは、「他の子供たちはどんな習い事を始めているの?」「いつから始めたの?」という点がいちばん気になるのではないでしょうか。

そこで、各年齢別に《習い事をしているかどうか》、また《習い事を始めた年齢》の調査結果を公開します。

 

習い事を始めたのは何歳のとき?

子供に習い事を始めさせるには、何歳くらいが良いのでしょうか。幼稚園に入園して大人や集団生活に慣れてからが良いのかな、才能を伸ばしたり集団生活に慣れるにはもっと早いほうがいいのかな?など色々と考えますよね。

子供が習い事を始めた年齢を割合の多い順に並べると、以下のようになります。

7歳以上 16.8%
4歳 15.8%
5歳 13.7%
3歳 13.7%
0歳 11.8%
2歳 10.0%
6歳 9.5%
1歳 8.7%

小学校に入学してから習い事を始める人が一番多いことが分かりました。それでも2番目以降を見てみると、年少や年中のような幼稚園に入園してから習い事を始める家庭も。なんと6歳から始める子供よりも、0歳や2歳から始める子供が多いんです。

こうしてみると、子供が集団生活に慣れてから始める人が多い反面、習うなら早く習わせたいという人も多いことが分かりますね。

スポーツ少年団などは小学校から始まることが多いですが、英会話などのお勉強系の習い事は赤ちゃんの頃から習わせている人が多いのではないでしょうか。

 

 

いくつ習い事に通っているの?

習い事を始めたくても、サッカーも良さそうだし英会話も始めてみたい…と夢を膨らませるパパママも多いですよね。しかし、たくさん通いすぎても子供が大変ですし、親の送迎やフォローはもちろん、月謝もそれだけ必要になってきます。

他の家庭ではいくつくらい習い事に通っているのか気になりますよね。子供がいくつ習い事に通っているかのデータもみてみましょう。

1つ 27.5%
2つ 16.7%
3つ 6.2%
4つ以上 1.9%

習い事の数は1つが一番多い結果となりました。幼稚園や学校と両立しようと思うと、1つか2つくらいがベストだと考えている家庭が多いようですね。

最近は共働き家庭が多いので、仕事との両立を考えてもちょうど良いくらいではないでしょうか。

とりあえず1つ習い事に通ってみて、子供も親も慣れが出てきたら新しい習い事を考えるくらいがちょうど良さそうです。

出典元:ハッピー・ノート ドットコム(Weekly ゴーゴーリサーチ 第815回分析結果)

 

子供の習い事ベスト10!文系からスポーツまで、何が人気!?

子供の習い事といっても、たくさんの種類があります。頭を使うことが好きな子や保護者が早めに勉強に触れさせたいと考えている場合は文系、体力づくりや運動能力を伸ばすことを目的としている場合はスポーツなど。演劇なども含まれるでしょう。

子供の性格や適正を見極めたり、保護者が子供の能力を伸ばしたいと思っていたりと目的は多種多様です。子供の習い事として人気の高いものを、10厳選しました。

 

1.スイミング

スイミングは幼稚園児や小学生だけでなく、今は赤ちゃんから習うことができるようになっています。

天候や気候に左右されず、手軽に体力づくりができる習い事です。

 

 

2.ピアノ

音楽系の習い事の中でも教室が多く、通いやすいのがピアノ教室。

男女問わず人気の高い習い事です。

 

 

3.英会話(英語)

今や英語は、幼稚園や小学校でも取り入れられています。

言葉を話すようになる前から英語に慣れさせたいというパパママは多く、赤ちゃんの頃から英会話を習っている家庭は多いです。

 

 

4.体操

総合的な運動能力を付けることができる体操教室も人気の高い習い事。

協調性や忍耐力も身に着けられそうです。

 

 

5.学習塾

お勉強系の習い事は幼児や小学生に人気が高いもよう。

学力アップはもちろん、受験対策に通う人も多くいます。

 

 

6.公文式

お勉強系の習い事で受講者が多いのが公文式です。

教室が多くあり通いやすいこと、自分のペースで進むことができるので、学年を超えて先取学習できることがメリットです。

 

 

7.サッカー

男の子の運動系の習い事で人気が高いのがサッカー。

幼児でも始めやすく、あいさつなどの礼儀や協調性を身に着けることも期待できそうです。

 

 

8.武道(柔道や空手など)

武道は男女問わず人気があります。

忍耐力を身に着けたい、精神的にも技術的にも強くなりたいという子供やパパママの思いから始める人が多い習い事です。

 

 

9.リトミック

赤ちゃんの頃から始められます。

ママとのコミュニケーションづくりや友だちづくりのきっかけになる、気軽に習うことができる習い事です。

 

 

10.そろばん

計算力が早くなりたい人はそろばんがおすすめ。それだけでなく、基本的な頭の回転の早さにも良い影響があるとされています。

自分の能力に合わせて昇級していくことができるので、やりがいがある習い事です。

 

 

こんな習い事も人気!

個性を伸ばす習い事として、

ダンス 6.2%
劇団の子役 0.4%

といったものも挙げられます。保護者だけでなく、こどもの「やってみたい!」を優先させると、意外と才能があった!なんてこともあるでしょう。

 

【スイミング】水泳教室に子供を通わせるメリットは?何歳から始める?

水泳教室に通う子供

数ある習い事のなかでも、一番人気はスイミング♪でも、どうして水泳教室に通わせる人が多いのでしょうか?スイミングを習うメリット・何歳から始められるかを詳しくご紹介します。

 

子供を水泳教室に通わせるメリット

スイミングのメリットは、いちばんはやはり「泳げるようになる」ということ。学校でも水泳の授業はありますが、夏休みまでの短い期間だけで上手に泳げるようになるとは限りません。

プールや海・川へ遊びに行ったときも泳げると楽しいですし、泳げないと万が一のときに不安になりますよね。

もうひとつのメリットは、通いやすいところです。スイミングは室内なので、季節や天気に関係なく習うことができますよね。教室もスポーツジムと一緒になっているなど数が多く、送迎バスがあるところは子供だけで通えます

スポーツ少年団とは違って、パパママのお茶当番や送迎などの負担もなく、気軽に通うことができるのも大きなメリットです。

 

 

いつから(何歳から)通わせるのが良い?

スイミングは、幼稚園の入園頃か小学校の入学頃から通わせる人が多いようです。「小さいうちから水に慣れさせたい」というパパママの希望もあるようですね。

また今はベビースイミングを取り入れている水泳教室が多くあり、1歳をむかえる前からママと一緒にスキンシップをとりながら水に慣れることができますよ。

赤ちゃんと一緒にできる初めての習い事として、ママの育児のリフレッシュとしてベビースイミングを習っているママも多いみたい。

スイミング教室に通わせているママ(パパ)の意見を拝聴!

体力作りと水に慣らすため。もっと早くから始めたかったけれど、本人が嫌がっていたので習わせることができませんでした。年長になって、友達に誘われて自分から行くと言い出して通い始めました。自分から言い出しただけあって、週2回通って楽しんでいます。待ってから始めて良かったです。(引用:https://www.happy-note.com

子供本人も習いたいと思えるものがなく、本当に悩んだら、とりあえず水泳教室のドアを叩いてみると良いかもしれませんね♪

 

【ピアノ教室】に子供を通わせるメリットは?何歳から始める?

ピアノを習う女の子

習い事人気第2位はピアノです。一昔前までは女の子の習い事だとされてきましたが、今では男の子でも当たり前にピアノを習う時代に。通いやすく、教室も多いピアノは、みんなに人気です。

 

ピアノを習わせるメリット

音感やリズム感を育てることができます。鍵盤の位置と音の高さなどの知識が得られるので、幼稚園の音楽発表会や小学校の音楽の授業でも役に立つでしょう。

ピアノで指を使うことは、頭のトレーニングにもなるという意見もありますよ。

 

 

いつから(何歳から)始める?

言葉や音楽を理解し始める幼稚園年中頃や小学校入学を機に始める人が多いようです。

音楽に力を入れたい人は未就園児の頃からピアノを始めていますが、音楽に親しみたい・ピアノを楽しみたいという人は、幼稚園や小学校から始めても全く遅くはありませんよ。

ピアノに通わせているママ(パパ)の意見を拝聴!

もともと主人の仕事先の知り合いがやっていた音楽教室があり、自分自身が引っ越したばかりだったので人と話したかったのもあり、そこに通い始めました。通いだしてからは今まで以上に音楽やリズムをとることが好きになったようです。(引用:https://www.happy-note.com

 

【英語教室】に子供を通わせるメリットは?何歳から始める?

英語の勉強をする女の子

お勉強系の習い事で人気の高い英語は第3位。将来英語が話せる大人になって欲しい、グローバルな仕事に就いたときのため、受験や授業のためと通う理由は様々です。

 

英語教室を選ぶメリット

英語を楽しく学ぶことができます。お勉強系の習い事のなかでも教室数が多く、月謝や各教室の教え方が大きく違ってくるので好みの教室から選ぶことができるでしょう。

いちばんのメリットは、発音や英会話に小さいうちから触れられて、楽しく英語を習得できるところです。

 

 

いつから(何歳から)始める?

英語や英会話に通わせる人は、比較的早めの場合が多いです。言葉を覚える0歳から耳は英語を聞いているので、聞き取る力や発音の良さに期待できるようですよ。

小学校の授業に遅れないように、幼稚園頃から始める人もいます。

英語に通わせているママ(パパ)の意見を拝聴!

娘自身が英会話とダンス教室に行きたいと言いましたので通わせました。きっかけは、2つともTVでやっていたのを見てです。習い事に通う前より、毎日、明るくなり、家で英語やダンスをするなど、笑顔が増えました。(引用:https://www.happy-note.com

 

【体操】を子供に習わせるメリットは?何歳から始める?

体操で開脚をする女の子

オリンピックの代表的な種目といえる体操は、近年では人気の高い習い事です。体操教室の数も増えて比較的通いやすくなったことで、パパママからの注目度も高いんですよ。

 

体操を習わせるメリット

体操の一番のメリットは、運動能力アップが期待できるところです。側転などの技も習うことができますよ。

運動系の習い事でも、室内で行うことから、季節や天気に関係なく続けられるところもメリット。子供の運動能力を身に着けたい、伸ばしたいという人におすすめです。

 

 

いつから(何歳から)始める?

5~7歳くらいから通う人が多いようです。先生に言われたことを理解して、行動に移すことができるくらいからがおすすめ。

体操に通わせているママ(パパ)の意見を拝聴!

子供の体力づくりになると思ったのが習い始めたきっかけです。親の私が運動が苦手だったこともあり、子供には運動の得意な子になってほしいと思い始めました。同年代の友だちもできて楽しく通っています。(引用:https://www.happy-note.com

 

【学習塾】に子供を通わせるメリットは?何歳から始める?

机を並べて勉強する子どもたち

お勉強系の習い事といえば学習塾ですよね。教育方針は多々あり教室数も多いので、塾別に比較が容易にできますよ。

 

学習塾に通わせるメリット

受験対策や学校の授業対策としてお勉強を習うことができます。学習塾で予習や復習をしておけるので安心です。

個別授業や集団授業などの学習方法をはじめ、通いたい学校のレベルに合わせて教室を選ぶことができますよ。

 

 

いつから(何歳から)通える?

幼稚園くらいから通えるところもあれば、小学生になってからしか通えない学習塾もあります。

子供にどんな教育をさせたいかによって通い始める年齢が大きく変わります

学習塾に通わせているママ(パパ)の意見を拝聴!

私の娘は小学校低学年の頃から勉強が好きで、学校の授業で一度聞けば、たいていのことはすんなりと理解できる子でした。そう聞くと『それなら塾の必要性はないのでは?』と思われるかもしれません。しかし、小学4年生のときに塾の体験授業に連れて行ったところ、自分の知らないことをたくさん教えてもらえる、学校より難しい問題(発展問題)にチャレンジできる、自分よりも勉強ができる子が何人もいるという塾の環境にとても刺激を受け、塾に通いたい!といいました。
それから中学2年生になる現在まで、ずっと同じ塾にお世話になっているのですが、学校での授業よりも塾の授業のほうが楽しくやりがいがあると言っています。塾でのライバルもいるようで、いい刺激になっているようです。
塾に行かせなかったら慢心して井の中の蛙になっていたかもしれないと思いますし、塾に行くことでより高みを目指す向上心を持てたので、塾に行かせて良かったと思っています。(引用:https://kodomonaraigoto.com

 

【公文式】に子供を通わせるメリットは?何歳から始める?

リュックを背負って歩く子供の後ろ姿

学習塾とは一味変わったお勉強系の習い事のひとつが公文式です。ひとりひとりの進度に合ったプリント学習で学年を問わず勉強を進められます。

 

公文式のメリット

教室数が多いので、比較的近所から探すことができます。

公文式は集団授業や個別授業とは違い、先生の指導はなくても理解ができるような教材です。個人に合ったペースで進められるので、理解力や計算力が身に付きます。

 

 

いつから(何歳から)始められる?

公文式には”ベビーくもん”もあるので、0歳から始めることができます。幼児から始める子もいれば、小中学生から始めている子などもいますよ。

保護者の間では、小学1年生くらいからがベストだといわれています。

公文式に通わせているママ(パパ)の意見を拝聴!

くもんに通っています。学力の向上が主ですが、他にも理由がいくつかあります。子どもの集中力と世の中のことに関心を持たせるということです。また、早くから文字を覚えさせることが大切です。たとえば、歴史上の人物の名前を覚えると、その漢字を他の学習でも使えるようになり、結果としてこともの記憶力の向上や思考力の向上に役立ちました。(引用:https://www.happy-note.com

 

【サッカー】を子供にやらせるメリットは?何歳から始める?

サッカーでメンバーと肩を組む少年たち

男の子に人気の高いサッカーは、運動系の習い事でもトップクラスに入ります。子供自身がサッカー好きだったり、パパママの影響で始める人も多いです。

 

サッカーを習うメリット

サッカーは《走る》《蹴る》といった、総合的な運動能力が身に付きます。集団のスポーツゆえ協調性や礼儀も教えてもらえるので、精神的に鍛えられるところも大きなメリット。

サッカーが好きな人なら憧れの習い事ですね。

 

 

いつから(何歳から)始める?

サッカー教室では、早いと2歳くらいからボールに親しむ目的で始めているところもあるようです。

スポーツ少年団として7歳から入る場合が多いですが、幼稚園児からサッカー教室に通う子は多くいます。

サッカーに通わせているママ(パパ)の意見を拝聴!

サッカーのスポ少は、主な練習場所が小学校グラウンドだったので、練習には自分で行って、自分で帰ってきていたので、自立心がついたこと。そして、自分がプレイのことで言われて嫌な思いをしたので、体育の時間などの時、友達に「へたくそ」や「邪魔」などということは一切言わなくなりました。そうした精神面での成長も、サッカーを習わせて良かったことだと思っています。(引用:https://kodomonaraigoto.com

 

【武道】に子供を通わせるメリットは?何歳から始める?

空手の型を練習する少年

精神的にも肉体的にも鍛えられる武道は男女問わず人気があります。空手や剣道、柔道が人気です。

 

武道(武術)を習うメリット

挨拶や礼などの礼儀作法が身に付きます。楽しく習うところもあれば厳しいところもありますが、忍耐力や精神力も鍛えられるので、人気が高い習い事といえます。

武道ができることにより自信をつけさせたい人にもおすすめです。

 

 

いつから(何歳から)始める?

早いところでは3歳頃から始められます。小学校入学を機に習い始める人が多いでしょう。

武道に通わせているママ(パパ)の意見を拝聴!

初めて習わせたのが剣道なのですが、とにかく遊びが激しかったので、剣道を習わせて発散させたいと思ったのと、一緒に礼儀作法も習得してくれればと思ったのが動機です。(引用:https://www.happy-note.com

 

【リトミック】に子供を通わせるメリットは?何歳から始める?

ママと赤ちゃんたちがリトミック教室で楽器演奏などを楽しむ様子

習い事のなかでも、気軽に始められるのがリトミック。何かを習得するというよりは、《楽しく遊ぶこと》が目的なので、子供も楽しく通えます。

 

リトミック教室に通うメリット

未就園児から通わせることができるので、赤ちゃんとママのコミュニケーションやスキンシップができることはもちろん、家ではできないダイナミックな遊びを体験できることもメリットのひとつ。

同年代のママとも知り合えるきっきけにもなりますね。

 

 

いつから(何歳から)通える?

0歳から始めても負担にならない習い事です。

楽しく気軽に習うことができるので、幼稚園卒園頃までと長く続けられます。

リトミックに通わせているママ(パパ)の意見を拝聴!

子供が歩き始めた1歳過ぎからリトミック教室に通い始めました。講師が演奏してくれるピアノや歌にあわせて体を揺すったり、踊ったり、走ったり、マッサージしたりと、親子で充実した時間が過ごせます。

ひらひらハンカチを使ったり、エッグシェーカーを使ったり、内容も多岐にわたるので、うちの子ってこんなことに興味を持つんだ!こういう遊びが好きなんだ!と自宅遊びでは気づけないような一面を知ることができます。

 

【そろばん教室】に子供を通わせるメリットは?何歳から始める?

そろばんなどを使い数の勉強をする子どもたち

今でも学校の授業に取り入れているそろばん。教室数は減ってきたものの、まだまだ人気の高い習い事です。

 

そろばんを習うメリット

暗算が得意になります。そろばんを習うと、頭の中でもそろばんで計算ができてしまいますよ。

昇級検定もあるので、子供のやる気や向上心の育成も期待できます。

 

 

いつから(何歳から)始められる?

数が理解できれば始められます。習い始める前に、足し算や引き算は最低でも理解しておきたいので、小学生からでも遅くありません。

そろばんに通わせているママ(パパ)の意見を拝聴!

週に数回そろばん教室に通っていますが、級がぐんぐん上がっていくのが楽しいようです。集中力や、目標に向かって努力する力がつき、頑張ったら昇級できたという体験が、本人の自信にもつながっていると思います。(引用:https://kodomonaraigoto.com

 

”子供の性格”に合った習い事を始めてみよう!

子供の習い事は、子供がやりたいことを習わせることはもちろん、パパママの希望や思いから始める人が多いものです。

「こんな子に育ってほしい」「こんなことを身に着けて欲しい」「こんな部分を克服してほしい」という子供に対する想いは、親なら誰でも持っていますよね。

「そろそろ習い事を始めてみようかな?」と思い立ったら、見学や問い合わせから行動してみましょう!

結果的に良かったかどうかはやってみないと分かりません。お子さんの個性や才能を引き出すことができる習い事を始めてみてくださいね。

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami