【日本育児ベビーゲートの口コミ】おくだけとおせんぼは使いやすい?

【日本育児ベビーゲートの口コミ】おくだけとおせんぼは使いやすい?

最終更新日 2019-04-24 by smarby編集部

子供の成長はあっという間です。1日の大半を寝て過ごしていた思えば、首座り、寝返り、ハイハイ、あんよが出来るようになるのです。

出来ることが増えると家族は大喜びですが、赤ちゃんにとっては危険も増えます。安心出来る自宅でも様々な事故が起こる可能性があるのです。

今回は、子供の事故を防止するためのベビーゲート日本育児の「おくだけとおせんぼ」についてご紹介します。

使用感や口コミ、西松屋で購入できるかなど、気になる点をまとめました。

 

日本育児のベビーゲート「おくだけとおせんぼ」とは?

「おくだけとおせんぼ」は、日本育児というメーカーから発売されているベビーゲートです。ベビーゲート以外にもベビーサークルやチャイルドシート、ベビーカーなど、多くの赤ちゃんグッズを扱っています。

「おくだけとおせんぼ」は、子供が入って欲しくないような場所に設置することで侵入することを予防します。対象年齢は6カ月頃から2歳頃までとありますが、パパママが危険だと思った場所があれば2歳を過ぎていても使用することで安心感が高まります。

日本育児 ベビーゲート 楽天通販ページ

 

日本育児のベビーゲート「おくだけとおせんぼ」の特徴

3歳になる我が子は赤ちゃんの頃から色々な物に興味津々で、あらゆる場所へ侵入しては何かを物色していました。子供の手の届く範囲内に危険な物を置かないようにしていましたが、それでも油断は出来ません。

特にキッチンは包丁など危険な物が密集しています。キッチンへの侵入を防ぐべく日本育児のベビーゲート「おくだけとおせんぼ」を設置しましたがこれが大正解でした。

まずは「おくだけとおせんぼ」の特徴からご紹介していきますね。

 

特徴1「取り付けが簡単」

ママの中には取り扱い説明書を読みながら組み立てて、取り付けるということが苦手な人も多いと思います。ベビーゲートが手元にあればすぐに使って子供の侵入を予防したいですよね。

おくだけとおせんぼは組み立てがとても簡単で、不器用なママでも1人で組み立てることが出来ます。組み立て方法もとてもシンプルで、あれこれと道具を用意する必要もありません。

取り付け方法も名前の通り「おくだけ」です。購入後、すぐに組み立ててその日に使用することが出来ると思います。

 

 

特徴2「サイズが大きい」

「おくだけとおせんぼ」のシリーズにはいくつかの大きさがあり、置きたい場所によってサイズを選ぶことが出来ます。おそらく、購入時には置く場所を想定してからになると思いますが、場所を決めずに購入すると実際の大きさを見て大きすぎたとビックリすることもあるかもしれません。

逆に言えば、とても大きいサイズが欲しい場合にはピッタリだと思います。他のメーカーで、大き目サイズのものを探した経験がありますが、小さいサイズのものばかりで欲しいサイズは見つからなかったので、大き目を希望されている方にはビッタリだと思います。

 

 

特徴3「倒れる心配が少ない」

ベビーゲートの事故でよく耳にするのが、ベビーゲート自体の固定が甘くて赤ちゃんに倒れてきたというものです。おくだけとおせんぼは赤ちゃんがベビーゲートの上に立つと、自分自身の体重が床部分にかかります。ですので、自分の体重で転倒を予防しているような状態になるのでガタガタ揺らしても倒れる心配は少ないです。

また、作り自体も丈夫で、安っぽい感じはありません。我が子もいつも揺らしていましたが、倒れたことは一度もありません。

 

日本育児のベビーゲート「おくだけとおせんぼ」の悪い口コミ

悪い口コミもいくつかありましたので、ご紹介します。

 

口コミ1「オシャレ感はない」

突っ張るタイプが使用できない場所だったのでこちらを購入!機能的には大満足ですが、色が、、、ライトグレーを購入しましたがレビューで「ライトグレーというより白っぽい」とあったので期待してました。しかし実物を見て旦那が「チョコミント色」と表現し、まさにそんな感じです(笑)うすいブルーに見えます。ドットもかなり小さいので『オシャレ!』という感じではないですが、機能的には大満足なので我が家では、まいっか~と笑いながら眺めています(笑)

日本育児ベビーゲート口コミ1 楽天公式ページ

いろいろなブランドのベビーゲートを見ていると、鮮やかなブルーや今はやりのグレー、可愛い模様が入ったものもあります。おくだけとおせんぼはブラウンやライトグレーなどの比較的シンプルなカラーのみになるので、見た目を重視するのであれば物足りなさを感じるかもしれません。

しかし、ベビーゲートはある程度の大きさもあり、印象の強いカラーや模様を選ぶと部屋に圧迫感が生まれる恐れもあるので、部屋の中になじみやすい方が良いのではとも感じました。

子供にとっても興味を持たせるものよりも、シンプルな方が近づく頻度も下がるのではないでしょうか。

 

 

口コミ2「コツを掴めば脱走出来る」

つかまり立ちで台所に侵入してイタズラするようになったため、購入しました。

すぐに、横からすり抜けたり、ずらしたりで台所へ侵入するようになり苦笑い…

一歳以降は難しいかな…

日本育児ベビーゲート口コミ2 楽天公式ページ

おくだけとおせんぼは、ベビーゲートの中央付近に立ってガタガタ揺らす動きにはとても強いです。ただ、壁にしっかりと固定しているわけではなく置いてあるだけなので、コツを掴むと侵入、脱走は出来てしまいます。

我が家でも侵入されたことがあります。私自身もベビーゲートをまたぐのが面倒で横からズラして入っていました。この動きをおそらく子供がしっかりと見ていて、真似をしたのが侵入成功のきっかけです。

大人がズラして入る姿を見せないことがポイントかもしれません。

 

 

口コミ3「値段が高い」

居間との境を仕切るために購入。ずりばいで移動する6ヶ月の息子対策ですが、今のところ効果大です。ただ、皆のところに来たくて泣いて呼ばれますが…もうちょっとお安いと購入しやすいので-1しました。メッシュの部分に顔を押し付けて通ろうとするところが可愛くてたまりませんよ。

日本育児ベビーゲート口コミ3 楽天公式ページ

ベビーゲートに限らず、どんなものでも安ければ安いほど助かるものです。我が家も出来ればベビーゲートが5千円以内で見つからないかな~と淡い期待がありましたが、見事に撃沈です。

おくだけとおせんぼは、小さいサイズを選んでも1万円は超えます。大きいサイズだとその倍はかかると思っておいた方がよいですね。

正直ベビーゲートに1万円超えか…。とも購入を悩んだこともありましたが、実際に使ってみるとお値段以上の便利さでした。壁に傷つくこともありませんし、十分な大きさ、子供の安全を考えるとそれほどの価値が十分にあると思います。

 

日本育児のベビーゲート「おくだけとおせんぼ」を西松屋などで探してみよう!

日本育児のベビーゲート「おくだけとおせんぼ」は赤ちゃんの危険を回避するためにはとても便利なアイテムです。キッチンや階段、自宅内には危険な場所もたくさんありますよね。

ベビーゲートを上手に使うことで可愛いわが子の安全を守ります。日本育児のベビーゲートは、西松屋などのお店でも販売していますので、ぜひ探してみてくださいね。

 

▼smarby取り扱いのベビー用品はこちら▼
ベビー用品 smarby通販ページ

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami