夏生まれの赤ちゃんの新生児服は?着せ方やマストアイテムを伝授!

夏生まれの赤ちゃんの新生児服は?着せ方やマストアイテムを伝授!

6月、7月、8月の暑い時期にご出産予定のプレママの皆さん、夏生まれの赤ちゃんの新生児服について、少しお勉強しませんか?
健やかに、夏を快適に過ごせるよう、新生児服の種類と必要枚数、向いている素材、そして着せ方の注意点まで、詳しく解説したいと思います。
生まれてくる赤ちゃんのことを思い浮かべながら、あれこれ選ぶ時間を楽しんでくださいね。

Contents

 

夏生まれの赤ちゃんの新生児服は、体温調整がキーポイント!

生まれたての新生児にキスするママ

近年は猛暑続きで、1日中冷房をつけっぱなしにしておくご家庭が大多数ではないでしょうか。
筆者の2人の息子は両方夏生まれです。
新生児期はほぼ家の中で過ごし、24時間冷房をつけっぱなしで過ごしました。 エアコン、切ると一気に蒸し暑く、ずっとつけていると肌寒いほどに冷えてくる。
夏生まれの赤ちゃんの新生児期は、衣類で上手に体温調整してあげる必要ありです。

 

室内、室外の気温差が激しい

屋外は言わずもがなカンカン照りの暑さ、外出先の室内は冷房が効きすぎてキンキンに冷えていることも。
場所と気温にあわせて、肌着やウエア、小物を使い分けて、赤ちゃんが快適な状態をキープしてあげるのがママのミッションです!

 

夏の赤ちゃんの新生児服おすすめの素材はなに?

刺激に対してまだまだ未発達な新生児の赤ちゃんには、やはり綿100%の衣類がおすすめです。綿100%は汗をよく吸うので、汗っかきな赤ちゃん、そして暑い季節向き。夏のベビーには、薄手で通気性に優れた「メッシュ」「ガーゼ」「天竺(てんじく)」。そして、万年使える「フライス」生地のものがおすすめです。

素材名 特徴
フライス 薄手
吸湿性・通気性・伸縮性が高い
オールシーズンOK
ふんわりやさしい手触り
メッシュ


通気性・吸汗性が高い

ガーゼ 通気性・吸汗性が高い 
オールシーズンOK
天竺(てんじく) 薄手
通気性が高い
薄手でさらっとした手触り

 

夏生まれ赤ちゃんが新生児期に着る【肌着&ウエア&小物】アイテムと枚数をウォッチ!

6月から8月の時期に出産予定日があるママは、暑さ対策をしたベビーアイテムを揃えましょう。まずは、あると使える赤ちゃんの肌着とウエア、小物それぞれをご案内します。

ちなみに、新生児期(生まれてから28日未満の赤ちゃん)のベビー服の最適サイズは、《50》あるいは 《50~60》です。

アイテム名 枚数 特徴

短肌着
新生児サイズの短肌着
5~6


赤ちゃんの腰丈あたりまでの短い肌着
肌に直接触れるので、ガーゼや綿100%など肌触りの良い素材のものが主流
ねんねのまま脱ぎ着できるように、前で打ち合わせているものや、成長に合わせて調整できるよう紐で結ぶタイプのものが◎

コンビ肌着
新生児サイズのコンビ肌着

5~6

丈が長く股の部分にスナップがある肌着
スナップボタンがあることで、足の動きが激しくなってきた赤ちゃんでも股さばきがしやすい
足の動きを妨げないので、動きが盛んになってきた時期からさらに使いやすい

ツーウェイオール
2wayオール

3~4

股下スナップボタンの留め方をかえることで2通りの着せ方ができるウエア
おむつ替えに便利な「ドレス型」と足を分ける「カバーオール型」
前開きで着せやすい
着用期間が長い

ベスト
ベビーベスト

1


肌着やウエアの上から着用するチョッキ。冷房が効きすぎた場所での赤ちゃんの体温調節に最適
袖がない分、お着替えがしやすい
ブランケットのように掛けるのも◎
新生児期はかぶりよりも前開きが使いやすい。

汗取りパッド

2~4



あおむけで寝ている赤ちゃんの背中の汗を吸収
首の後ろに差し入れるタイプが主流
あせもや汗による冷えを予防
ガーゼ素材が一般的

 

肌着は5,6枚!ウエアは2,3枚!

夏生まれの新生児ベビーは、吐き戻しやうんち漏れ以外に、汗をかいての交換も加わり、こまめなお着替えタイムが発生!
ママが抱っこしいていると、じっとり汗ばんでくるなんてことも。
肌着は多めに用意しておきましょう。梅雨時期でお洗濯がなかなか乾かないことも考えると、7,8枚あったほうが安心かもしれません。

 

 

汗取りパットやガーゼハンカチもうまく使う!

赤ちゃんは、小さな身体に大人と同じ数の汗腺があるので、びっくりするくらい汗っかき。
しかも、寝返りをうたない新生児期は、気づくと背中や頭が汗でビッチョリなんてことも。汗取りパットやガーゼハンカチをうまく使って、汗を吸い取ってあげましょう。さらっと快適な状態か、こまめに背中や頭の後ろに手を差し入れてチェックしてあげましょうね。

 

 

靴下は室内ではなしでOK!お出かけで履かせても!

新生児期は、ほぼ室内で過ごす赤ちゃん。夏生まれの赤ちゃんに靴下は特にはかせないでOK。筆者も履かせず裸足のままでした。
外出時だけ履かせているというママも中にはいましたよ。

 

夏の新生児赤ちゃん!ベビー服の着せ方は?

夏の室内では、短肌着やコンビ肌着などの肌着1枚でOKです!
来客があった際に、2wayオールを着せるなどで◎。
冷房が効いて、肌着1枚で体が冷えているようなら、ベストを足してあげれば大丈夫です。
肌着がメインになるので、柄ものなどデザイン性のあるものを着せてあげるととっても可愛いでしょう。
おでかけ時は、肌着の上に2wayオールなどの重ね着が新生児期は基本ですが、筆者は、コンビ肌着のまま外に連れ出したこともあったように記憶しています。

 

夏の新生児赤ちゃんにぜひ!かわいい肌着とウエアを紹介します!

最後に、これから赤ちゃんの衣類を買う予定のプレパパ・ママさんに、夏の新生児期にぜひ着せてほしい、かわいい肌着とウエアをご紹介します。 お買い物の参考にごらんくださいね。

 

petit main(プティマイン)の短肌着


▼petit main(プティマイン)の他アイテム▼
petit main(プティマイン) smarbyブランドページ

 

 

après les cours(アプレレクール)のコンビ肌着

 

▼après les cours(アプレレクール)の他アイテム▼
après les cours(アプレレクール) smarbyブランドページ

 

 

ANNA NICOLA(アンナニコラ)の短肌着・コンビ肌着・帽子セット

 

▼ANNA NICOLA(アンナニコラ)の他アイテム▼
ANNA NICOLA(アンナニコラ)smarbyブランドページ

 

 

ANNA NICOLA(アンナニコラ)のパイルベスト

 

▼ANNA NICOLA(アンナニコラ)の他アイテム▼
ANNA NICOLA(アンナニコラ)smarbyブランドページ

 

 

Lulujo(ルルジョ)のウォッシュクロス3P 汗取りに!

 

▼Lulujo(ルルジョ)の他アイテム▼
Lulujo(ルルジョ)smarbyブランドページ

 

夏には赤ちゃんに会える!暑い季節は快適な新生児服で気持ちよく過ごす!

ままに抱っこされ気持ちよさそうにねる新生児

夏生まれの赤ちゃんに、生まれてすぐに着せたい新生児服・小物をご紹介してきました。 夏の赤ちゃんは、たくさん着せなくてもいいから気楽な点も。
日に日に丸くなる身体をたくさん眺めて味わってくださいね。
幸せな毎日が待っていますように。
子供服の通販smarby(スマービー)では、ベビーの肌着、ウエア、小物、ママのためのお洋服などおしゃれなものが豊富に揃っているので、ぜひ覗いてみてくださると嬉しいです。ママを応援しています。

 

▼smarby取り扱いのベビー服・新生児服はこちら▼
ベビー服・新生児服 smarby通販ページ

 

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyアプリをダウンロード

Campaign キャンペーン

キャンペーン一覧

New feature 新着特集

特集をすべて見る

アプリ限定

毎日ポイントがもらえる
「チェックインポイント」があります!