ベビーマッサージはいつからできる?効果とやり方を調査

ベビーマッサージはいつからできる?効果とやり方を調査

最終更新日 2019-04-12 by smarby編集部

ベビーマッサージには興味があるけどいつからできる?効果は?など疑問を持っているママは必見です!

今回は、ベビーマッサージをスタートできる時期から、もたらす効果ややり方についてご紹介します。

 

ベビーマッサージとは?いつからスタートできる?

ベビーマッサージは、赤ちゃんの体をさする・なでるなどの方法でやさしくマッサージするものです。さまざまな考え方がありますが、一般的には生後2~3ヶ月を過ぎたころからスタートできるといわれています。

3歳までの子供は五感の発達が著しく、特に触れられるという行為により皮膚感覚から心地良さを感じることで安心感を得ます。自分は愛されているんだということを肌で感じて、受け入れられていることを自然と認識するのです。そのためベビーマッサージは、赤ちゃんの健全な心・体の発達に効果があると社会的にも認められています。

 

ベビーマッサージのやり方と効果が知りたい!

赤ちゃんが機嫌のいい、お風呂上りやお昼寝前のタイミングでマッサージをはじめるのがおすすめです。赤ちゃんを裸にして行うマッサージのため、おしっこ対策も考える必要があります。下にバスタオルなどを敷き、部屋を暖かくして行ってください。

肌の滑りをよくするためには、低刺激マッサージオイルを使用することをおすすめします。赤ちゃんの肌は大人と比較すると皮膚も薄く敏感。オイルを使用することによって滑りがよくなり、肌への負担を軽減するのです。

ベビーマッサージは行う時間が長くなると赤ちゃんが疲れてしまうので、10分~15分程度で終わるようにしましょう。順序は、脚全体・足の指・足の裏・下半身・お腹・胸・手・背中・おしりの順番で行います。ただ、マッサージ方法として厳密なやり方は決まっていないので、赤ちゃんが気持ち良さそうにしていれば大丈夫です。

赤ちゃんをマッサージすることは、ママにとってもリラクゼーション効果が高いのが魅力。赤ちゃんもママにやさしく撫でてもらうことで、幸福ホルモンがでて心が満たされる効果もあるんです。

 

べビーマッサージに使うオイルは「オーガニックホホバオイル」がおすすめ♡

低温圧搾法という方法で抽出されたオーガニックホホバオイルは、一番搾りで未精製なので、キレイなイエローの色から”黄金の液体”と呼ばれているんです。

人の皮脂に近い成分で作られているので肌への浸透が早いだけでなく、酸化しにくいのが魅力!10度以下で凝固してしまいますが、暖かい場所に置くとすぐに元に戻るのが特徴といえます。

無臭でサラッとした使い心地なのにしっとりするため、マッサージにピッタリなんです!にきび・湿疹・脂性肌・乾燥肌と肌質を選ばず使え、敏感な肌にも適しています。 顔はもちろん、全身に使えますよ。

オーガニックインカホホバオイル 楽天通販ページ

 

べビーマッサージに使うオイルは「スイートアーモンドオイル」もピッタリ

高品質の100%天然スイートアーモンドオイルは、粒子が細かいので肌へ吸収されやすく保湿効果が高いのにさっぱりした使い心地が魅力です。

乾燥した肌にもしっかりとうるおいを与えるだけでなく、保護効果も抜群!敏感肌や乾燥肌だけでなく、ベビーにも使えるやさしいオイル。心地よい滑らかな肌触りで肌馴染みもいいので、ベビーマッサージにも適しているんです。ビタミンやミネラルなどの栄養分に富んでいるのも特徴といえるでしょう。

ベジタブルオイルSA(スイートアーモンド) 楽天通販ページ

 

ベビーマッサージを効果的に取り入れて赤ちゃんもママもハッピーに♡

ベビーマッサージをスタートできる時期から、もたらす効果ややり方について紹介しました。ベビーマッサージは赤ちゃんと親子のコミュニケーションが取れるだけでなく、互いにリラックスできるのも魅力!ぜひ取り入れて、親子の絆を深めてくださいね♡

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami