【産後のお役立ちアイテム円座クッション】人気商品と体験談!

【産後のお役立ちアイテム円座クッション】人気商品と体験談!

最終更新日 2019-04-12 by smarby編集部

入院期間中から、産後の必須アイテムともいわれるのが円座クッションです。実際に使ったという先輩ママもいれば、必要なかったという人もいるなどさまざま。

ではどんなときに使うの?などの疑問を解消するべく先輩ママの体験談と人気商品を調査しました!

 

円座クッションは産後のどんなときに使うの?

円座クッションは、真ん中に穴が開いているドーナツ形をした座布団。主に出産の際に切開した人や痔の人などが、傷口部分を刺激しないように座るために使用されます。

経腟分娩の場合は会陰切開をすることもあるので、傷に痛みを感じることもあるでしょう。そんなときには、産後の入院中から円座クッションを使うママも多いようです。

また、帝王切開の場合でも、妊娠中からの骨盤の歪みが原因で骨盤周辺に痛みを感じるケースもあり、円座クッションを使うこともあるといいます。

 

円座クッションの選び方のポイント!

ここではタイプ別の円座クッションの特徴と選び方のポイントをピックアップして紹介します。

 

低反発素材の円座クッション

自分の体重などに合わせてフィットする素材で、低反発の弾力で座ったときの負担を軽減してくれます。沈み過ぎることもないため、長時間使用しても潰れず型崩れの心配もありません。

 

 

ビーズ素材の円座クッション

ビーズは流動性があるのが特徴で、柔らかく体にフィットしてくれます。中央の穴で傷を守りながら、お尻周りをしっかり包み込むため安定感も抜群です。

 

 

骨盤矯正を兼ねた円座クッション

会陰切開の痛みプラス、腰痛などを併発している方におすすめのタイプ。座るだけで骨盤矯正の効果も期待できるため、自然と姿勢も整います。

 

円座クッションは医師開発なら安心感抜群♡

患者さんの悩みを1番理解している“お医者さん”が開発した円座クッションです。低反発ウレタンフォームを採用したことで、骨盤・お尻の形に合わせて変形してくれるのが魅力。使用者それぞれの体型にフィットするので、長時間使ったとしても疲れないと好評です。

円座クッションのカバーは、リバーシブルタイプになっています。夏は綿・麻を使用した生地を使い、冬はふんわり柔らかいマイヤー風の生地の面を使うのがおすすめです。カバーは取り外せば洗濯することもできるので、衛生面でも安心感抜群!

「出産してすぐ会陰切開の傷が痛いのと、痔にもなってしまい座るのがとても痛くて大変でした。主人が心配して円座クッションを買ってきてくれたのですが、座ったときには感動!座り心地がよくて、座ったときの痛みもほぼ感じなくなりました。しばらく手放せない必需品になりそうです」(産後2週間のママ)

お医者さんの円座クッション 楽天通販ページ

 

円座クッションの中でも産後ママに人気の商品!

産後・手術後の痛み対策におすすめの人気円座クッションです。使っている人の声をもとに開発され、病院で使用されているものと同仕様を実現したのも魅力。産後のプレゼントにもオススメです。

耐アルコール機能が高いことから、殺菌だけでなく汚れ防止対策も抜群!また、体に害があると考えられる、鉛・カドミウムなどの素材は不使用です。安全な素材でできているので、産後ママのデリケートな体でも安心して使用できますよ。また、さまざまな部位の痛みに対応しています。

「産院で使っていたのが硬めのU字座布団でとても重宝していたので、同じような形状のものを探していました。ネットで「病院 使用」などと検索して、こちらの商品を購入したんです。出産のときの切開の傷がとても痛くてまとも座ることができませんでしたが、このU字クッションがあれば痛みが軽減されて楽になれました」(産後1ヶ月のママ)

病院の U字クッション 楽天通販ページ

 

円座クッションを活用して快適な産後ライフを送ろう♡

今回は、実際に円座クッションを使っていた先輩ママの体験談と人気商品を厳選して紹介しました。どの商品も産後ママ人気の高い実力派の円座クッションです♡ぜひ取り入れて、産後生活を快適なものにしてみませんか?

 

▼smarby取り扱いのマタニティグッズはこちら▼
マタニティグッズ smarby通販ページ

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami