【子育てママにおすすめの育児書を紹介】ロングセラーから最新刊まで。

【子育てママにおすすめの育児書を紹介】ロングセラーから最新刊まで。

最終更新日 2019-04-12 by smarby編集部

子育てには正解はない。とはいうものの、子育てに躓いたときや、不安に感じるときに頼りになるのが育児書ではないでしょうか?

そこで、昔からあるロングセラーになっている人気の育児書から最新のものまで、子育てママたちのおすすめの口コミとともにご紹介します。

 

育児書の定番「子どもが育つ魔法の言葉」

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Allisonさん(@allieandsally)がシェアした投稿

世界22か国で愛読され、日本でもベストセラーになった子育て本といえばこれ!ドロシー・ロー・ノルトによって書かれた、子どもが育つ魔法の言葉です。

この魔法の言葉というのが、冒頭に出てくる「子は親の鏡」という有名な詩。よい子を育てるためにもっとも大切なこととは何か、どんな親になればいいか、という数々のヒントが登場します。

「見つめてあげれば頑張り屋に」「けなされて育つと人をけなす子に」など一文一文がきっと子育てで悩んだことのある人なら誰でも心にも響いてくるはず。シンプルな言葉の中に、子育ての不安を解消してくれる魔法のようなヒントの言葉がぎっしり詰まった一冊です。

「終わりのない子育てに毎日イライラ。最終的には子どもにきつい言葉で叱る日々。そんな上手く子育てできないことに悩んでいたときにこの本に出会いました。親の何気ない言葉や行動が子どもとって大きな影響を持つのだと改めて実感し、子育てを考え直すきっかけになりました。共感できる言葉もたくさんあって、いつも手元に置いておいて、迷ったときは開くようにしています」(3歳の女の子のママ)

子どもが育つ魔法の言葉 楽天通販ページ

 

ロングセラーの育児書「子どもへのまなざし」

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

月さん(@tsuki19730427)がシェアした投稿

絵本でおなじみの福音館書店から出ている育児書「子どもへのまなざし」。著者である、児童精神科の医師である佐々木正美氏の講演をまとめた内容で、1998年に出版されて以来、今もなお読み続けられるベストセラーです。

保育園や幼稚園、学校などで数多くのママや子どもたちとの出会いを通じて感じたこと、子どもを豊かに健やかに育てるとはどういうことか、医師としての体験を交えながら語られており、乳幼児期の親の関わり方の大切さを説いています。 子育てに悩んだとき、原点に戻りたいときにそばに置いておきたい一冊です。

「子どもの希望に応えられることに幸福を感じられるようになる。欲求が満たされたときに人を信じられる子どもになれる。といった心に響く名言がたくさん。この本を読んで改めて、子どもといられる一瞬一瞬を大切にしようと強く思いました」(7歳の男の子のママ)

子どもへのまなざし 楽天通販ページ

 

育児書で子育てのヒントを発見「子育てハッピーアドバイス」

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mさん(@syumiiiii)がシェアした投稿

医師やスクールカウンセラーとして活躍する明橋大二氏によって書かれた「子育てハッピーアドバイス」。分かりやすいイラストや漫画でまとめられているとても読みやすい子育て本です。

子どもはしっかり甘えさせ、愛されていると自己肯定感が育つというメッセージが込められています。子育てに不安や悩みを抱えるママに寄り添うような優しい言葉の数々に出会えば、思わず子どもをギュッとしたくなるはずです。

「この本を読むと北風と太陽の物語を思い出します。子どもの目線に合わせて子どもの気持ちを考えながら対応するのが大切。厳しくすることが教育ではないと改めてきづかされました。子どもとの向き合い方や3歳までの子育ての大切さを知ることができました」(2歳の男の子のママ)

子育てハッピーアドバイス 楽天通販ページ

 

育児書の内容を家庭で実践「モンテッソーリ教育×ハーバード式子どもの才能の伸ばし方」

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mika Itohさん(@mika_itoh)がシェアした投稿

子どもにどんな能力があり、どの部分を伸ばしてあげればよいのか悩んでいるママにおすすめ。今話題の最新刊が「モンテッソーリ教育×ハーバード式子どもの才能の伸ばし方」です。

史上最年少のプロ棋士である藤井聡太さんが、幼児期に受けていたことでも注目を集めたモンテッソーリ教育をベース取り入れ、ハーバード大学の教授の理論を日本人向けにアレンジ。運動、学力、コミュニケーション能力、クリエイティビティといった9つの知能を伸ばすためのメソッドを40種類紹介しています。

子どもの得意分野を伸ばすためにはどうしたらいいかという方法が、月齢に合った活動として具体的に書かれています。家庭でも楽しく簡単にすぐに実践できるのもうれしいポイントです。

「頭をよくするためだけではなく、子どもの心や内面を育てるために大切なことがたくさん書かれてあったのでとてもよかったです。はじめての子育てでどんなことをしたらよいのか分からなかったので、家での取り組み方についても具体的に書いてあるので参考になります」(0歳の女の子のママ)

モンテッソーリ教育×ハーバード式子どもの才能の伸ばし方 楽天通販ページ

 

おすすめの育児書を読もう

子育てに悩んだママたちを長年に渡り支えたベストセラーや、子どもの才能を引き出すためのノウハウを詰め込んだ最新の本まで幅広く紹介しました。

育児書はあくまでもヒントですが、自分では思いもつかなかった目から鱗の言葉に出会えるかもしれませんね。子育て中の合間に、紹介した育児書をぜひ開いてみてくださいね!

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami