簡単な「クリスマス」寝相アートの作り方&実際に作ってみました!

簡単な「クリスマス」寝相アートの作り方&実際に作ってみました!

最終更新日 2019-03-20 by smarby編集部

赤ちゃんのかわいいお昼寝姿、たまりませんよね。
今しかないこの一瞬を記念に残しておきたい♡と、ママ・パパに人気の「寝相アート(あ、おひるねアートとも呼ばれていますね)」。

テーマを決めて背景や赤ちゃんのポーズを作り上げますが、その際に季節のイベントなども上手に取り入れられると、より印象に残る「寝相アート」が完成しますよ。
とは言え、「簡単に作れるの?」、「難しそう…」と不安に思うママたちもいるかもしれませんね。

そこで今回は「クリスマス」をテーマにした寝相アートを簡単に作るための方法を考えてみました。さらには、寝相アート初心者の筆者が、家にあるものを使って「クリスマス」寝相アートにもチャレンジ!(ちなみに筆者は不器用&アートのセンス「0(ゼロ)」)

参考になるか若干の不安が残りますが、クリスマス寝相アートを叶える便利アイテムなどもご紹介していきますので、ぜひお楽しみに♪

 

《クリスマス》寝相アートを簡単に作る方法

まず始めにクリスマスらしい寝相アートを簡単に作る方法を紹介します。

1.「背景(敷物)」でクリスマスらしさをプラス

寝相アートは「背景」が大事です。赤ちゃんのバックに敷く敷物の色味や柄のチョイスで印象も世界観もかなり変わってきます。

例えば…

海で遊ぶ子どもたちを表現した寝相アート

▲これは「海」での水遊びを表現しています。サイズ的にベッドリネンを使用しているのでしょうか?青い色のリネンが波を表していますね。

他にも…

宇宙飛行士風の赤ちゃん寝相アート

▲こちらはバックは濃紺カラー。いい感じに宇宙を表現しています。

続いてこちらは…

ビーチを思わせる赤ちゃんの寝相アート

▲リゾート感満載の「砂浜」。生成りとグリーンの敷物を上手に使い分けて、「海」の部分と「砂浜」の部分を作り上げています。

と、ここまで「クリスマス」と関係のない例を見てきましたが、背景の重要性はおわかりいただけましたでしょうか?「背景」は寝相アートの世界観作りに欠かせない大事なポイントなのです。

では、早速本命の「クリスマス」の寝相アートについて入っていきますよ。

ごく簡単に、尚且クオリティもそこそこ担保された「クリスマス」寝相アートを作りたいと思ったら、背景に「サンタクロース」や「もみの木」、「トナカイ」などの「The クリスマス!」的モチーフが描かれている敷物を敷いてしまうのが一番楽チンです。

 

サンタクロースの敷物を背景に

「わざわざ1回きりの寝相アートのために、高いお金をかけるのは抵抗がある…」というママ・パパ、その気持わかります。筆者もそのタイプです!どうせ購入するなら他にも用途があるものがいいですよね。

というわけで、こんなブランケットはいかがですか?サンタさんと記念撮影しているかのようなクリスマスムードいっぱいの寝相アートがあっという間に撮れてしまいますよ。背景が真っ赤なので、かなりインパクト大です。

折り紙や画用紙で「煙突付きのお家」や「プレゼント」などの形を作って、赤ちゃんの傍らに置いたりするのもいいですね。より雰囲気がでますよ。

ロールブランケット Lサイズ ブランケット 楽天通販ページ

 

トナカイ・もみの木の敷物を背景に

もみの木・トナカイモチーフに加え、「赤/白/緑」のクリスマスカラーなので、ここに赤ちゃんを寝かせればもうそれだけでクリスマス気分満点。サイズも140✕100cmと赤ちゃんが寝るのには十分なスペースですよ。

赤ちゃんにサンタさん帽をかぶせてあげるなど、衣装にもひと工夫つけ加えれば、立派なクリスマス寝相アートが完成です。

【トナカイ 多色柄】ふわモコ六重織ガーゼ生地(厚手)約140x100cm 楽天通販ページ

 

もみの木のタペストリーは用途がいろいろ

場所をとらないクリスマスツリー柄のパネルオックス。布地なので壁に貼って使用してもいいし、寝相アートに使うのもアリですよ。以下のような口コミも発見。

子供が小さいのでツリーは諦めてましたが、この生地を見つけられて良かったです。絵が子供より大きいので、今年は寝相アートも合わせて楽しみたいと思います。(引用:https://review.rakuten.co.jp

他にも小さなお子さんがいて転倒や悪戯が気になってクリスマスツリーは飾れないというママにも人気。Instagram「#トーカイタペストリー」で検索すると素敵な利用方法がたくさん紹介されています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ai.さん(@ai_ntpl)がシェアした投稿

クリスマスタペストリー ウッド柄パネル オックス 90cm単位  楽天通販ページ

 

(番外)寝相アート専用のマルチケットやプレイマットも登場

ちなみにクリスマスモチーフではありませんが、通販サイト「ベルメゾン」からは、簡単にサマになる寝相アートが撮れる、専用の『フォトジェニックな寝相アートが楽しめるベビー用円形マルチマット』が発売され、人気を博していますよ。

クリスマスシーズンに限らず、これから寝相アートにトライしていきたいママ・パパは、ぜひこちらもチェックしてみるとよいかも♪

 

 

2.「背景小物」でクリスマスらしさをプラス

続いて、背景を演出する小物類の作り込みで、クリスマスらしさをより簡単に表現する方法を見ていきましょう!

はい、ここでもズバリ「The クリスマス」的なモチーフを登場させることをおすすめします。例え背景がいつもと変わらないお布団やリネンで、赤ちゃんも普段着のパジャマだったとしても、クリスマスっぽい小物を周りに散らばせば、そこはもう「Happy Christmas♡」の世界に早変わり。クリスマスモチーフ小物の威力はすごいです。

クリスマス気分を盛り上げる代表的なモチーフ例と、寝相アートに使えそうなアイデアなども紹介します。

クリスマス小物①サンタクロースやトナカイ

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🌸fleurs_aide🌸さん(@fleursgram.0621)がシェアした投稿

↑こちら、存在感抜群のクリスマスツリーに加えて、ベビーもサンタ姿で、クリスマス100%なお手本とも言うべき作品ですね。やっぱりクリスマスモチーフがあると華やか!

小物というよりも作り込んだ背景なので、真似をするのはちょっと難しい…という人は市販の小物をプラスするのがおすすめです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ダイソー(DaisoJapan)さん(@daiso_official)がシェアした投稿

サンタクロースやトナカイの小物はクリスマスシーズンなら比較的簡単に手に入れられますよね。100均などでもたくさんのアイテムが販売されていますので、お買い物のついでにチェックしてみるといいかも。

 

クリスマス小物②もみの木&オーナメント

クリスマス用もみの木

カラフルなオーナメントを散らばすだけでもクリスマスの雰囲気はでますよ。

オーナメントに囲まれる赤ちゃん

上の画像のように赤ちゃんにクリスマスデザインのお洋服を着せたり、またはサンタ帽をかぶせて、大小様々なオーナメントで飾り立てるのはいかがでしょう?
背景を「緑」にすると、よりクリスマスっぽい雰囲気がでそうですね。

 

クリスマス小物③クリスマスブーツ&靴下

靴下&クリスマスツリー&サンタコスを組み合わせた可愛らしい寝相アートを発見!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

まーしさん(@chestnut__handmade)がシェアした投稿

ビッグサイズのサンタブーツがなんとも絶妙なバランス感を発揮!赤ちゃんはサンタカラーの「赤」を帽子とズボンに取り入れているだけですが、大きなサンタブーツがそばにセッティングしてあるせいで、すぐに「サンタさんなんだな」と分かります。

 

クリスマス小物④キャンディケイン

キャンディケイン

 

キャンディケーン(スティックキャンディー)は色彩鮮やかなので、華やかさをプラスしてくれます。もちろんクリスマス感の演出にも一役買ってくれます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Akitsu Nakamuraさん(@akitsun.nakamura)がシェアした投稿

折り紙でキャンディケーンを作ることも出来るので、ぜひ参考に。カラフルでかわいい世界観を表現するにはもってこいですね。

 

クリスマス小物⑤雪だるま

雪だるまのオーナメント

雪だるまは、飾り付け小物として紙やフェルトなどでも手作りしやすいモチーフなのでおすすめです。

赤ちゃんの寝相アートではありませんが、こちらも参考になりそうな素敵な作品です↓まわりにもみの木を飾ったり、サンタ帽をかぶせたりすれば一気にクリスマスムードに。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

*snowchild*さん(@may_snowchild)がシェアした投稿

 

クリスマス小物⑥クリスマスリース

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ベビーマッサージ教室*ticotico*大阪堺市北区さん(@babymassage.ticotico)がシェアした投稿

おしゃれで存在感抜群のクリスマスリースが上手に背景小物として使われています。リースの周りにさらにオーナメントやクリスマス小物を飾れば、サンタさんの衣装を着用しなくても十分クリスマスムードが伝わる作品になりそうです。

 

 

3.「衣装」でクリスマスらしさをプラス

あとは、赤ちゃんに「サンタさん」の衣装を着せたりするのも、クリスマス感を出すのに手っ取り早い方法です。ちなみにInstagramで「#ベビーサンタ」を検索すると、とってもかわいいサンタさん・トナカイ・果てはもみの木の衣装を身に着けた赤ちゃんが見られますよ。素敵な寝相アートもたくさんありましたので、ぜひ参考に。

赤ちゃんサンタ

ワンピースタイプなので、着せかえがしやすい点がおすすめ。フード付きなので、上から羽織らせてあげるだけでもサンタっぽさが演出できるお洋服です。

サンタワンピース  70 80 90 100cm 楽天通販ページ

 

トナカイ&ツリー赤ちゃん

くすっと笑える作品が生み出されそうな「クリスマスツリー」と「トナカイ」デザインのロンパース。このコスチュームを着用すれば、もうどんな背景だってクリスマスシーンに見えてくるはずです。

ベビー ロンパース クリスマスツリー トナカイ コスチューム  楽天通販ページ

 

クリスマスツリー

かわいいお顔とムチムチボディを最大限いかせる、クリスマスモチーフの着ぐるみがこちら。こんな可愛らしいクリスマスツリーに出会ったことはない♡と見る人すべてを魅了すること間違いないクリスマスコスチュームです。ぜひ取っておきの1枚にご使用を。

ツリー 干支 着ぐるみ  楽天通販ページ

 

家にあるもので《クリスマス》寝相アートに挑戦!

クリスマスツリー撮影

では、筆者人生初の寝相アート(テーマ「クリスマス」)を3パターンお届けします。これを見れば、きっと「あ、自分ならもっといいの作れるな!」と勇気が湧いてくることでしょう!

ちなみに筆者には赤ちゃんはいないので、今回の寝相アートに赤ちゃんは写っていません。いるてい、または心の目で見ていただけますと幸いです。

※赤ちゃんの寝相(ポーズ)からイメージを膨らませて背景を作り込む方法もありますが、筆者にはハードルが高いので背景を作ってから赤ちゃんを置く・寝ていただく方法をとります。

 

【準備1】家にある「クリスマス」っぽいものを捜索

まず始めに、我が家に使えそうな「クリスマス」アイテムはあるか、探すところからスタートしました。

背景

クリスマスっぽさを演出できる背景を作れそうなベッドリネン、ブランケット、大きめの布を探すも該当するものなし。背景作成には意外と想像力が必要に。ママ・パパのアイデアの見せ所でもあります。

背景小物

4歳息子用の「クリスマスツリーセット」と「サンタブーツ(布)」を発見したので利用することに。そこそこ巨大な「長靴型クリスマスラッピング袋(おもちゃ屋とかでもらえるやつ)」もあったので、使えるかは微妙と思いつつも、念の為用意。

衣装

サンタを思わせる赤っぽいも洋服・小物、緑の服も、まったく該当するものがないので、これまた諦める。

 

 

【実践1】驚愕の低クオリティ!「クリスマスツリー」寝相アート

クリスマス寝相アート

かなり恥ずかしいクオリティーの寝相アートが完成。クリスマスっぽい「背景」も「衣装」も用意できなかったので、ひとまずクリスマスっぽい「背景小物」で作ってみた結果がコレです。

クリスマスツリーセットに入っているオーナメントを散りばめ、もみの木は足の部分が格好悪いのでサンタブーツで隠すことに。金色のモールで丸囲みした部分に赤ちゃんを置くイメージです。

センスの無さが顕著に表れた作品です…。とても貧相…。

もう少し改良が可能だとすれば、背景の色味を明るいものにするとか、クリスマスツリーの足部分が壊滅的なダサさなので、茶色の布等でくるんで鉢っぽくするとかが考えられるでしょうか。あとはオーナメントをプラスするのもありかもしれないですね。

  • 使用したもの…クリスマスツリーセット(全長約80cm)、サンタブーツ(布)
  • 作り方…赤ちゃんのまわりに散らばす
  • 所要時間…5分

あと、「撮影技術」かなり大事です。カメラ好きにはお馴染みのNikon (ニコン)で寝相アートに関するページを発見。寝相アートのアイデア+撮影のコツなども掲載されているので、参考にしてみてください。

Nikon フォト・ママ – この瞬間を最高の思い出に –

 

 

【実践2】ちょっとましになった?「クリスマスリース」寝相アート

クリスマス寝相アート

遠目(または薄目)で見たら、ちょっとましな気がする「クリスマスリース」を主役にした寝相アートです。リースの中に赤ちゃんを寝かせるイメージです。

クリスマスリースを使った寝相アートはInstagramなどでもよく見かけましたので、早速真似してみました。

リースに使用する巻物や衣類のカラーリングや組み合わせにこだわって、丁寧に円を作り、飾り付けするアイテムも厳選すれば、これはなかなか「good」なアート作品になりそうな気がします。

筆者はリースにオーナメントだけだとちょっと物足りなさを感じたため、無理やりサンタブーツを折りたたんで飾ってみましたが、Instagramにポストされている作品などでは、マフラーやストールで大きめのリボンを作って飾り付けしたりしていましたよ。

  • 使用したもの…緑色のマフラー2種類、緑色の長袖トップス1枚、オーナメント(クリスマスツリーセット)、サンタブーツ
  • 作り方…巻物・洋服をねじって組み合わせて赤ちゃんが入るサイズの丸を作り、飾りを散らす
  • 所要時間…10分

 

 

【実践3】チープ感と意味不明感ただよう「クリスマスブーツ」寝相アート

クリスマス寝相アート

とんだ寝相アートが出来上がりました。昨年あたりにゲットしたおもちゃ屋さんの「クリスマス用ラッピング袋」をなんとか再利用できないものかと生み出された作品です。

このクリスマス用ラッピング袋の中に赤ちゃんを寝かせるイメージです。それだけだと寂しいので、横にサンタブーツ(布)も置き、「耳が緑でちょっとクリスマスカラーっぽいから」という理由で「いないいないばあ」の人気キャラわんわんとうーたんのぬいぐるみも仲間に。シチュエーションが全くもって謎になってしまいました。

ただ、こちらも改良点をあげるとすれば、チープな印象を与える「クリスマス用ラッピング袋」は撤去し、赤い布等で長靴を形どって赤ちゃんがブーツに入っている風にするとか、赤ちゃんにサンタさんを思わせる衣装を着せるなど、やり方はいろいろありそうです。

  • 使用したもの…サンタブーツ(布)、ぬいぐるみ、オーナメント(クリスマスツリーセット)、クリスマス用ラッピング袋
  • 作り方…ぬいぐるみをセットしたサンタブーツ(布)、ラッピング袋を並べる。オーナメントを散らばす
  • 所要時間…5分

 

 

【結論】寝相アートにおける「背景」・「小物」・「衣装」の作り込みは超大事

いかがでしたでしょうか?筆者の寝相アートを元に、「背景」や「小物」、「衣装」を用いた、世界観の作り込みがどれだけ大事かをおわかりいただけたでしょうか?

手をかければ手をかけた分だけ素敵な作品ができると思いますので、ママ・パパのいろんなアイデア・工夫で、ぜひとっておきの寝相アートを作り上げてくださいね。

赤ちゃんを主役に、どんな作品を作ろうかな?と考えるのはとても楽しい時間でしたよ。

 

おすすめ!寝相アートの本

お昼寝アートがおもしろい!なんだか極めたくなってきた!というママ・パパは関連本なども参考にしてみてくださいね。

 

1.おひるねアート撮影術

全国の認定おひるねアート講師&ママたちによって誕生した、おひるねアート本。写真はなんと200点以上にも及ぶので、参考になること間違いなし。おひるねアートに関するQ&Aがあったり、おひるねアートの楽しみ方なども紹介されているので、初心者さんにも最適。

おひるねアート撮影術 [ 日本おひるねアート協会 ] 楽天通販ページ

 

 

2.おひるねアート 赤ちゃんの寝姿で作るかわいすぎる写真集

著書の青木水理 さんの息子さん「えいちゃん」を被写体に、おうちにあるものを使って、作り上げられたおひるねアートの作品集。どれも素敵な作品ばかりなので見ているだけでも楽しい1冊です。また「お昼寝アート」の作り方にも言及されている点もお役立ち度が高く、参考になります。

おひるねアート 赤ちゃんの寝姿で作るかわいすぎる写真集 [ 青木水理 ]楽天通販ページ

 

背景・小物・衣装を工夫して《クリスマス》寝相アートを楽しもう♡

いかがでしたか?果たして「クリスマス」寝相アート作りの参考になりましたでしょうか?

この記事を作成するに当たり、いろいろな寝相アートを見たり考えたり試したりしてみましたが、家族間で楽しむだけの寝相アートなら、多分、意外に簡単に作れますよ。そして寝相アートは作る方もかなり楽しいということを知りました。

赤ちゃんの可愛らしい寝姿を愛でつつ、ママやパパ自身も楽しんで寝相アートを作れるといいですね。背景・小物・衣装を上手く活用して、オリジナリティあふれる素敵なクリスマス寝相アートを作ってくださいね♪

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami