【口コミあり】1台2役歩行器・ベビーウォーカーzooは必要?

【口コミあり】1台2役歩行器・ベビーウォーカーzooは必要?

最終更新日 2019-03-15 by nyon

歩行器は場所をとるので買おうか悩んでいる方もいると思います。我が家はアパート暮らしで狭いので本当に必要なものなのか迷いました。しかし、うちの子はハイハイをするのが遅かったので、なかなか自分の行きたいところに行けない様子を見て、歩行器を買うことを決めました。

歩行器を使う期間は短いのでお手頃な値段のものがいいなと思っていた時に、「ベビーウォーカーzoo」を見つけ購入しました。

今回は、私が購入した「ベビーウォーカーzoo」についての口コミレビューや実際に使ってみての感想をご紹介していきます!

歩行器購入の手助けになったら嬉しいです♡

 

JTC・ベビーウォーカーzooとは?

赤ちゃんの身長に合わせて、3段階の高さ調節ができます。(高さについては下記を参照してください。)
楽しい音楽やコロコロのおもちゃのついたメロディーボードがついているので、乗りながら遊ぶことができます。取り外し可能な安全シートが付いているので、スピードが出すぎる心配がありません。

【商品詳細】
 価格:¥7330- (参考価格)
 サイズ:本体(おもちゃ付):高さ59×幅61×奥行66cm
テーブルまで:高さ41・38・35cm(3段階)
シート下部(股下):28・25・22(3段階)
 カラー:グリーン/ピンク
 対象年齢:7ヶ月~15ヶ月

JTC ベビーウォーカーzoo 公式ホームページ

ベビーウォーカーzoo JTC 楽天通販ページ

 

歩行器・ベビーウォーカーzoo〜おすすめポイント3つ!〜

公式ホームページに紹介されているJTCのベビーウォーカーzooの特徴に加え、私が実際に使って思ったおすすめポイントを3つ紹介していきます。

ぜひ、購入の参考にしてくださいね!

 

おすすめポイント1〜高さの調節が可能〜

子供の成長に合わせて、3段階に高さの調節が可能です。歩行器のほかの商品では、高さの調節ができないものが多くありました。

「ベビーウォーカーzoo」は高さの調節ができるので、長く使用することができます。高さを調節するレバーは歩行器の裏にあり、子供の手の届くところにはないので、子供が誤って触ってしまいけがをするという心配はありません。

レバーの調節は力はいらないのでママでも簡単できます。レバーの調整をするたびに、子供が大きくなったことを実感し、うれしい気持ちになりました。

 

 

おすすめポイント2〜テーブルについているおもちゃ〜

写真を見ての通り、かわいいおもちゃがついています。
音楽が鳴るボタンと、「ピーピー」と音が鳴るボタン、回すと中のビーズが回り、音が鳴るおもちゃ、めくると音楽が鳴る仕組みになっている絵本、バナナが特徴的なかわいいヤシの木のおもちゃが付いています。どれも可愛く、立ち止まって様々なおもちゃで遊んでいる子供の姿は可愛かったです。

歩行器の台に、黄色の土台ごとはめる仕組みになっており、単3電池が2本必要です。

 

 

おすすめポイント3〜男女兼用で使えるデザイン〜

カラー展開は、グリーンとピンクの2色です。私の子供は男の子なのでグリーンを購入しました。

届いた商品はインターネットに記載されている写真とほぼ同じで、やわらかいグリーン色です。自宅で使用するのがメインなので、下の子が出来たときに使用したいと思う方も多くいると思いますが、グリーンは女の子に使用しても違和感はないと思います。

 

歩行器・ベビーウォーカーzooの悪い評判/口コミは本当?

おすすめポイントはおわかりいただけたと思いますが、ネットにはJTCのベビーウォーカーzooの悪い評判や口コミもちらほら。

そんな悪い口コミに対して、私が感じたことを紹介していきたいと思います!

 

口コミ1:車輪が奥まで入らない!?

もう少し音量が大きい方がいいです。また、車輪は4コとも奥まで入らなかったです。無理矢理に奥まで入れようとすれば破損しそうなのでやめました。あと、高さ調整はちょっとしたコツがいります。

出典:楽天 みんなのレビュー

車輪を奥まで入れるのは結構力が入りました。なかなか入らず苦戦したのを覚えています。

無理矢理では破損しそうになるので、少しずつゆっくり押していけば、「カチッ」というので、奥まで入ったなと思えると思います。高さ調節は、コツをつかめば力を使わず、簡単にできます。

ただ、毎日高さを調整するものではないのでそんなに気になりませんでした。私は歩行器を一度ひっくり返して、レバーがよく見える状態にしてから調節していました。

 

 

口コミ2:おもちゃの音

歩行器としては良いものだと思いますが、付いているオモチャの方が期待ハズレですね、特に音楽の音、赤ちゃんの気をひくような音ではない、音量調整のボダンがありますが、不良なのか、変わりないです。ということで、星マイナス二つになりました。

出典:楽天 みんなのレビュー

私もおもちゃの音が小さいなとは使用しているときから思っていました。音量が大小になるボタンが付いていますがあまり変わらないような気がします。

私の自宅ではテレビが入っていることが多いので、子供が歩行器で遊んでいる間にテレビを見ていても歩行器のおもちゃの音が気にならないので、「いいな」とプラスに捉えていました。子供は大人より低い目線でおもちゃとの距離も近いので、音楽はよく聞こえているのか、ほかのおもちゃと変わりなく遊んでいる様子でした。

 

 

口コミ3:高さが高い

一番低くしても85cmの娘のつま先がやっと着く程度で残念でした

出典:amazon カスタマーレビュー

商品詳細欄にも記載しましたが、テーブルまでの高さは41・38・35cmの3段階になっています。対象年齢が7か月からになっているので、少し高めに設定されている商品なのかもしれません。お子様が小さめの方や7か月未満で歩行器を使わせたいと思っている方は、注意したほうがいいかもしれません。

私の子供には9か月の時に購入したので、真ん中の高さからの使用でした。なので、足が届かなくて使用できないという状態にはなりませんでした。
しかし、成長するにつれ歩行器が小さくなってくるので、11か月ころで足がべったりつくようになってしまい、使用の限界が来てしまいました。対象年齢は15か月になっていますが、使えないこともあると思います。

 

ベビーウォーカーzooはおすすめの歩行器!

上記に記載の通り、高さ調節が可能で楽しい音楽やコロコロのおもちゃのついたメロディーボードがついているので、乗りながら遊ぶことができ、歩行器としての機能だけではなく、おもちゃとしても遊べるのがいい点だと思います。

また、取り外し可能な安全シートが付いているので、スピードが出すぎる心配がないので安心です。
歩行器があると子供の行動範囲が広がり目が離せないので大変ですが、小さいうちしか乗れないものなのでいい思い出にもなると思います。

 

▼smarby取り扱いのベビー用品はこちら▼
ベビー用品 smarby通販ページ

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami