小学生ママ必見!子供の睡眠時間は成績と関係あり?!

小学生ママ必見!子供の睡眠時間は成績と関係あり?!

最終更新日 2019-04-12 by smarby編集部

睡眠は成長期の小学生にとってとても大切です。しかし今どきの小学生は学校の後も習い事や塾で大忙し。またスマホやゲームなど子どもたちを取り巻く環境も大切な睡眠時間を奪っているかもしれません。

そこで今回は小学生の理想の睡眠時間や、睡眠と成績の関係性について紹介します。

 

小学生に必要な睡眠時間は?

「早寝早起き」「寝る子は育つ」など睡眠に関する言葉を耳にすることがありますよね。では一体どれくらい睡眠が必要なのか、小学生を持つママなら気になるのではないでしょうか。

小学校は6年間と長く、1年生と6年生では体格も体力も違いがあるので、それぞれの理想的な睡眠時間は若干異なります。

1年生から3年生にあたる低学年では、10時間から10時間半。4年生から6年生にあたる高学年で9時間から9時間半睡眠をとるのが理想的であるといわれています。

低学年の場合、学校へ行く時間に間に合うように7時に起床すると考えると、前日は午後8時半から9時の間に寝ている必要がありそうです。高学年になっても1時間ほどの差なので、遅くとも10時には就寝するのが理想的でしょう。

 

睡眠時間が取れている小学生は成績がよい

睡眠時間を十分とった次の日、頭がスッキリしていると感じたことはありませんか? 睡眠時間を確保することは、小学生の頭をスッキリと冴えさせることにつながり、学力も関連性があることが分かっています。

小学生の学力と睡眠時間の関係を調べたところ、成績が上位の子どもの方が早い時間に寝ているという結果も出ています。早い時間に寝て睡眠時間を確保することで、集中力や記憶力が高まり成績に影響があるようです。

10歳までの子育ての教科書 楽天通販ページ

 

睡眠時間が少ないと身長が伸びにくくなる?

睡眠時間を十分とる必要があるのは、学力以外にも大きなわけがあります。それは小学生の時期は、身体がものすごいスピードで成長をしているから。身体の成長と深く関係しているのが、「成長ホルモン」という目に見えない物質です。この成長ホルモンは主に寝ているときに多く出るという特徴があり、子どもの成長にとっては欠かせません。そのため、成長ホルモンが多く分泌される夜中にしっかりと寝ていることが、小学生のあらゆる成長に大きな影響を及ぼすのです。

成長ホルモンが多く分泌される時間帯は、午後10時から午後2時の間とされています。小学生が夜遅くまで起きていると、午後10時からの最も成長ホルモンが分泌される時間を逃してしまうことも。そうすると、小学生の成長に欠かせない成長ホルモンがたっぷり分泌されず、身長が伸びにくくなる可能性も指摘されています。

成長ホルモンは、背を伸ばすだけでなく、脂肪分解を促す役目もあり、睡眠時間が減ることで脂肪が蓄積されると、太りやすくなることも。近年肥満の小学生の割合が増加していることも指摘されており、成長ホルモンが関わっているようです。成長ホルモンの分泌が減ると生活習慣病になるリスクも高まるので、意識的に理想の睡眠時間を確保するように心がけたいですね。

 

睡眠時間が少ないと学習面の遅れが出る

小学生の時期は脳の働きを司る、前頭前野が急速に発達しています。しかし、睡眠時間が短いと前頭前野の成長が妨げられるだけでなく、脳に疲労が蓄積されてしまうことがあります。そうなると集中力や記憶力が低下し、結果的に学習能力や学力が低下することも。

また、睡眠不足によって自律神経の乱れが生じ、何もなくてもイライラしたり、衝動的になったりという問題行動が起こることもあるようです。

 

小学生の睡眠時間を確保するには早起きがカギ

一般的に早寝早起きがよいとされていますが、子どもがなかなか寝付かないという場合、遅寝の習慣を変えることは難しいかもしれませんね。そのようなときは、まずは早寝をすることから始めてみましょう。

いきなり1時間早く起きるというのは、なかなか難しいので、毎日5分ずつ早めてみてください。そうすると、約2週間で1時間も早く起きられるようになりますよ。1時間早く起きることで、いつもより早い時間に眠気が起こるよう生活リズムに変化が現れるようになります。

子どもが起きられる動機付けとして、子どもの好きなキャラクターの目覚まし時計を与えてみるのもおすすめです。年齢の早いうちから、早起きの習慣を意識的に取り組んでみましょう!

▼おすすめの目覚まし時計をもっと詳しく▼
子供用目覚まし時計人気ランキング発表!無料アプリもご紹介!

小学生の時期は睡眠時間をしっかりとろう

小学生が睡眠不足になると学力の低下や身長が伸びにくくなるといった様々なリスクが起こりやすくなります。睡眠時間をしっかりと確保するために、就寝前にテレビやスマホなどの光を浴びないなどのルールを決めてみてもよいかもしれませんね。まずは、朝早く起きることから心がけ、規則正しい生活リズムを整えてみてくださいね!

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami