冬生まれの名前・2018年最新21選!男の子女の子に人気の漢字は?

冬生まれの名前・2018年最新21選!男の子女の子に人気の漢字は?

最終更新日 2019-04-24 by smarby編集部

名前は、親から子供への最初のプレゼント!人からの印象を左右するほど大切な”名前”は、子供のことを思って付けてあげたいですね。

名前をつける時には、「こんな子に育って欲しい」という願いの他に、「生まれた時の季節」から考えることもできます。

この記事では、2018年・上半期に人気だった名前を踏まえて、冬生まれの赤ちゃんにふさわしい名前をピックアップ!女の子、男の子、それぞれご紹介します。冬に生まれる赤ちゃんの名付けの参考にしてみてください。

 

アカチャンホンポが調査!2018年最新の人気名前リスト

名前と書かれたサイコロ

ママとパパにはお馴染み、マタニティ・ベビー・キッズ専門店の”アカチャンホンポ”。2005年から、店舗にて登録された子供の名前を集計し人気の名前を発表しています。

最新2018年・上半期のお名前トレンドベスト10には、どんな名前が挙がってきているのでしょうか!?

 

男の子に人気の名前ベスト10

  • 1位 蓮(レン)
  • 2位 大翔(ヒロト)
  • 3位 陽翔(ハルト)
  • 4位 樹(イツキ)
  • 5位 陽太(ヨウタ)
  • 6位 大和(ヤマト)
  • 6位 湊(ミナト)
  • 8位 悠人(ユウト)
  • 9位 悠真(ユウマ)
  • 10位 陽斗(ハルト)

明るくおおらかな男の子に育って欲しい!

3位と10位は同じ「ハルト」ですが、漢字が異なります。「陽」は5位の「陽太」にもありますね。太陽のように明るく朗らかに育って欲しいという思いがあるのかもしれません。

「大」「太」「悠」の漢字もおおらかなイメージがありますね。

1位から10位までの中に「ト」で終わる名前が6つもあるのが特徴的。全体的に、男の子らしさの中に柔らかさも兼ね備えた雰囲気が伺えます。

 

 

女の子に人気の名前ベスト10

  • 1位 咲良(サクラ)
  • 2位 結菜(ユウナ)
  • 3位 莉子(リコ)
  • 4位 芽依(メイ)
  • 5位 紬(ツムギ)
  • 5位 結愛(ユア)
  • 7位 さくら(サクラ)
  • 8位 凜(リン)
  • 9位 陽菜(ヒナ)
  • 10位 結衣(ユイ)

人との繋がりを大切にできるかわいい女の子に育って欲しい!

1位と7位は「サクラ」でまさに季節感があり、古風な名前ですね。3位の「莉子」は古風でありながらも、どこか今風な感じ。

女の子の名前で特徴的なのは「結」という漢字の人気の高さです。2016年に人気を博したアニメ映画「君の名は」のテーマである「人の繋がり」から連想されたのかもしれないと予測されています。

災害の多くある昨今、天災などに遭っても周りの人との絆を大切に、たくましくあって欲しいという親の願いが込められているのでしょう。

出典:赤ちゃん本舗『2018年上半期 赤ちゃん命名・お名前ランキング』発表!(赤ちゃん本舗調査結果)

 

冬生まれにふさわしい名付けを♡おすすめのお名前21選

上記に挙げた人気の名前を参考にしながら、冬を連想させるような名前を紹介します。

どこかクールでありながら温かみのある名前、古風ではあるけれど、古臭く感じられない名前、当て字で作った音がかわいい名前などがありますよ。

画数や苗字とのバランスなども考慮しながら、参考にしてみてください。

 

冬生まれの男の子におすすめのお名前

ベッドにたたずむ男の赤ちゃん

陽冬(ハルト)

冬を意識しつつ、人気の「ハルト」と「陽」を組み合わせた名前です。

寒々とした冬に、温かい太陽が射している一日を想像してみてください…。優しく、穏やかな男の子に育ちそうですよね♡

寛冬(ヒロト)

2位の「ヒロト」の漢字を変えました。「寛」は心が広くおおらかな「寛大」を意味しています。

寒さで心を閉じてしまわず、誰に対してもおおらかに接することができる人に育って欲しいですね。

悠冬(ユウト)

8位の「ユウト」も「冬」に変えるだけで季節感が出ますね。悠々自適にのんびりと穏やかな人生を送ってくれそう。

周りに流されず、クールで繊細なイメージを持たれる名前かもしれません。

悠澄(ユウト)

同じく「ユウト」ですが「冬」ではなく、澄み切った爽やかな冬の朝をイメージして「澄」を使用しました。自由人かつ爽やかな好青年になるかもしれませんよ。

外見だけでなく、心がいつも澄み切っている人になって欲しいですね。

北斗(ホクト)

人気の「ト」が最後にくる名前です。北斗七星から取った名前で、空に浮かぶ星から広大なイメージを持たれるでしょう。いつも輝きつつ、周りを照らすような存在になって欲しいですね♡

ちなみに北斗七星は年中観測可能ですが、「冬北斗」と言う言葉が冬の季語になっています。

聖人(マサト)

12月生まれの男の子におすすめ!クリスマスを表す「聖」という漢字から、清らかで誰に対しても愛情深く優しい人に育ってくれそうです。

俳優の萩原聖人さんと同じ名前。はにかんだ笑顔が素敵なかっこいい人になるかもしれません。

純(ジュン)

人気の名前ランキングでは、漢字1字の名前が3つもありました。そこで「純」をおすすめします。

冬は真っ白で、純粋なイメージがありますよね。人気ドラマの「北の国から」でも主人公の男の子は純君でした!

柊(シュウ)

同じく漢字1字。ヒイラギはクリスマスに飾る代表植物で、赤い実があり、トゲのある緑の葉っぱです。節分には魔除けとして使用されることがあります。

花言葉は「先見の明」なので、悪から遠ざかり、将来を見据えながら育っていくよう願いを込めて名付けられます。

陽柊(ハルヒ)

アニメの主人公である「涼宮ハルヒ」と同じ名前です。アニメでは女の子の名前ですが、男の子でも問題ないですよ!

人気の漢字「陽」と「柊」を合わせると、明るく、慎重に物事を考えながら人生を歩んで行きそうに感じませんか。クラス委員などリーダーシップを取るのに向いている名前かもしれません。

晶大(ショウタ)

雪の結晶を意識した「晶」と人気の漢字「大」の組み合わせ。透明感があり、繊細かつ純粋なイメージを持たれるかもしれません。

「ショウタ」の他に同じ漢字を使って少し変わった読みで「ショウダイ」や、昭和ぽく「アキヒロ」と読ませてもいいですね。

太冴(タイガ)

まさに男の子らしくたくましい名前ではありませんか!タイガー(虎)のようにかっこよく強い子になって欲しいですね。

「冴」の漢字は、冬の澄み切ったきれいな空気という意味合い以外にも、頭脳が冴え切っているとも使えるので、優秀なイメージがありますよ。

 

冬生まれの女の子におすすめのお名前

ガーリーな服を身にまとった赤ちゃん

聖(セイ・ヒジリ)

クリスマスのイメージがある「聖」。2018年上半期のランキングベスト10内には漢字1字の名前が2つあるので、「聖」だけでも今風ではないでしょうか。

「セイ」ちゃんでも「ヒジリ」ちゃんでもかわいいですよ。

椿(ツバキ)

春が「サクラ」なら、冬の代表的な花は「ツバキ」でしょう。日本原産の花で古くから愛されている花です。

大きく華やかでありながら、控えめで古風。そんな奥ゆかしい女性に育って欲しいですね。

柚(ユズ)

寒い冬には爽やかな柚子茶を飲みたくなりませんか。また、冬至には柚子湯に浸かりたくなりますね。

柚子は冬を代表する植物。爽やかで香り豊かな柚子は存在感がありますね。あえて漢字1字にしてトレンド感を出しましょう。

5位の「紬」と漢字が似ているのも今風ではないでしょうか?

凛子(リンコ)

3位の「莉子」と8位の「凛」を意識した名前。冬の寒い日でも凛として清潔感のある女性は好感が持てますね。「子」が付いていても昭和感がなく、トレンドの名前と言えるのではないでしょうか。

女優の菊地凛子さんのようにクールビューティーの美女になるかもしれませんよ。

小雪(コユキ)

「サクラ」という古風な名前がトレンドの今だからこそ、「小雪」という少し古風な名前でも違和感なく、むしろ新鮮味があります。「小」を付けるだけでかわいらしく繊細なイメージができますよ。

こちらも女優と同じ名前なので透明感があり、芯の強い女性をイメージされるかもしれませんね。

結希(ユキ)

人気の「結」の漢字を使って、冬を表す「ユキ」にしました。希望を結ぶという意味で将来、人との関わりを大切にしながら明るく前向きに育ってくれるといいですね。

昔から馴染みのある「ユキ」は誰からも覚えてもらいやすい名前です。

真莉愛(マリア)

マリアといえば、イエス・キリストの聖母として有名ですね。クリスマスの時期にピッタリの名前で、ランキングベスト10内にある「莉子」と「結愛」の漢字を使用しました。

前回33位だった「陽菜乃」が今回20位にランクイン。女の子の名前で漢字3文字がランクインしたのは2005年から調査を始めてから初のようです。今後、3文字の名前がトレンドになるかもしれませんよ。

柊芽(ヒメ)

音の響きが可愛らしいですね。8位の「ヒナ」と音が似ていて、4位の「芽依」を意識した名前です。

冬を代表するヒイラギと芽で、これからの成長を楽しみにしている親の思いが伝わる名前です。

結冴(ユウサ)

人気の漢字「結」を使った名前。

どこか涼しさが感じられる「冴」という漢字を組み合わせることで、頭が冴えている頭脳明晰な女性かつ人との結び付きを大切にする心優しい子に育ちそうですね。

結雪(ユユキ)

雪を結ぶと書いてまさに冬らしい名前です。結晶の「結」でもあるので、クールなイメージを持たれるかもしれません。雪と結晶で真っ白く純粋な女性に育ってくれることでしょう。

「ユユキ」という珍しい読み方も斬新ではないでしょうか。

 

季節感のあるお名前で、誕生日も覚えやすく!

サンタ帽をかぶった赤ちゃんたち

お名前に季節感のある感じや読みをつけると、周りの方に誕生日を覚えていただきやすくなるというメリットも。

特に「冬」は、透明感や涼やかさ、純粋で凛としたイメージがあるので、綺麗なお名前がつけやすい季節♪

ぜひ、素敵な名付けの参考になさってください!

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami