サイゼリヤで人気の間違い探し本が熱い!夢中になる秘密は何?

サイゼリヤで人気の間違い探し本が熱い!夢中になる秘密は何?

最終更新日 2019-04-09 by smarby編集部

サイゼリヤのメニューの表紙にもなっている人気の間違い探し。これまでの間違い探しを1冊にまとめた本が発売され、話題を呼んでいます。親子や友人、恋人同士でさまざまな楽しみ方ができるサイゼリヤの間違い探し。

そこで今回は、サイゼリヤの間違い探し本の人気の秘密を全て紹介します。

 

サイゼリヤの間違い探しは企業努力の結晶?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@lovepeco79がシェアした投稿

2005年にサイゼリヤにて誕生したキッズメニューの間違い探しは、その後人気に火が付き2018年7月13日に遂に書籍化されました。サイゼリヤでは食事と共に楽しい時間を提供するというこだわりのもと、食育に繋がる知識をイラストで紹介しています。

また、難問とも言われる間違い探しを通して大人も子供も夢中になれるよう工夫されています。間違い探しの設問はクイズ作家ではなく、全てサイゼリヤの社長が考案しているというのも驚きの1つ。

その理由として、サイゼリヤでは2000年代に入るまでイタリアの文化をそのまま子供にも伝えたいという理念のもとキッズメニューは作られていませんでした。しかし、時代のニーズに合わず、メニューを変更してキッズメニューの発売を開始。改めて食材への思いやサイゼリヤのポリシーを伝えるために始まった取り組みが、間違い探しだったのです。

 

サイゼリヤの間違い探しはなぜ人気?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ひやさん(@nature_daisuke)がシェアした投稿

サイゼリヤの間違い探しの魅力は何といってもその難解さです。大人でもレベルが高すぎて40分から1時間格闘するといいます。

やり方は、キッズメニューの表紙と裏表紙にかかれたイラストからそれぞれ合計10個の間違いを探すというもの。間違いを6個前後見つけたところで、あまりのレベルの高さに間違いを見つけられないという人が多くなってくるのです。

間違い探しの中には見つけやすいネタが7、8個。残りは少し難しいネタが入っています。間違い探しの内容は大体大人が15分で解けるレベルを想定して、社内検証を実施。料理がテーブルに運ばれてくるまでの限られた時間内に全て見つけたいと意気込む人も多く、そのスリル感が人気に拍車をかけている理由といえそうです。

 

サイゼリヤの間違い探し攻略のコツ

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Taka Shibaさん(@takashi_agave_lover)がシェアした投稿

サイゼリヤの間違い探しが難解な理由の1つに、間違い探しの問題がメニュー表に載っているということがあります。見つけた間違いに丸や印をつけたりすることができず、イラスト全体をずっと目で追い続けなければいけません。

また、問題に対しての先入観のある大人の方が子供より答えを見つけ出すのに苦労しているということも難解な理由の1つといえるようです。攻略のコツとして、イラストが複雑になっている箇所が怪しいなど、勝手な勘ぐりをせず、子供らしい純粋な目で見るようにすると良いでしょう。

難易度の低い問題は服の色の違いから、人数の違い、登場人物の向きなどですが、難易度の高い問題にはそれとは違った傾向があります。窓が少し大きいとかフォークの傾きが違うなど、ある程度の傾向が分かれば、見つけ出すのも早くなりそうです。また、間違いはイラストの中だけではなく、外枠の装飾に仕掛けられている場合もあるので、そこもチェックしておくと良いでしょう。

 

サイゼリヤの間違い探し本はどんな内容?

2018年7月13日に書籍化されたサイゼリヤの間違い探し本は全国の書店、インターネットで販売されています。内容はこれまでに登場した間違い探しの中から8作品を選出し、さらに本書にしかない新作の3作品を収録。

また、間違い探しだけではなくサイゼリヤの秘密や豆知識、話題のメニューのレシピまで、大人も子供も楽しめる内容満載の1冊となっています。

サイゼリヤの間違い探し 楽天通販ページ

 

サイゼリヤの間違い探し本が熱い!

大人にも子供にも人気のあるサイゼリヤの間違い探し。いつでも好きな時間に手頃に楽しめるよう書籍化された本書は、多くの間違い探しファンから話題を呼ぶ1冊となっています。サイゼリヤ店内でしか楽しめなかった人気の間違い探しをぜひ、好きな時間に好きな場所で存分に楽しんでみてください。

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami