《小学生新聞》を取り入れよう!幼くても読みやすい三大新聞を比較!

《小学生新聞》を取り入れよう!幼くても読みやすい三大新聞を比較!

最終更新日 2019-04-24 by smarby編集部

小学生新聞は、子供が読めるようにふりがなが振られていて、表現も簡単なものが用いられている新聞です。時事問題だけでなく、小学生が興味を持てる内容もあるので、継続して読むことができるようですよ。

学校の勉強だけでなく様々なことに興味を持ち、知識を得られるようになるのはとても素晴らしいことです。

この記事では、そんな小学生におすすめの三大新聞を紹介!比較しながら、自分の子供に合う新聞を選んでみてくださいね♪

 

小学生新聞の大手はこの3社!迷ったらここから始めよう

祖父と孫が並んで新聞を読んでいる

日本で大手の新聞社といえば、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞などがあります。この3社から、小学生向けの新聞が発行されていますよ。

子供だけでなく、保護者も一緒に読むことができる小学生新聞。同じ新聞を読むことで親子の会話の幅が広がります♪

各新聞社によって政治的姿勢や内容などが異なるので、それぞれの特徴をみていきましょう。

 

【朝日小学生新聞】は受験に強い!思考力・表現力などが自然に身に付く!

朝日新聞は1879年創刊で、全国紙の中で最も革新的思想があると言われています。

そんな朝日新聞が子供向けに発行している《朝日小学生新聞》は、1967年から日刊新聞として発行され、現在、月1,769円(税込)で販売されています。

 

中学受験に大活躍!

難関中学合格者の4割が朝日小学生新聞を購読していると言われており、「中学受験をするなら朝日小学生新聞を読もう」、「朝日小学生新聞といえば中学受験」と言われるほど受験に大きく関わっていることが最大の特徴です。

”評判◎”の朝日新聞のコラム「天声人語」は大学受験生に多く読まれていますが、朝日小学生新聞には「天声こども語」があり、読解力だけでなく、一般常識、作文力が身に付くと言われ人気があります。

また、受験算数や英語などの学習コンテンツが豊富。新聞全体の4分の1を占めています。毎日の問題集としても活用できますね!

受験情報もあるので、保護者にもありがたいですよ。

 

 

活用ノートとスクラップブックのオプション付き!

新聞を読むだけで終わらせず、教材として大いに活用ができるように活用ノート1冊216円(税込)、新聞スクラップブック1冊324円(税込)も発売されています。

活用ノートは、気に入った記事を書き写すのに利用できます。ただ書き写すだけでも、きれいな正しい日本語を自然と学び、文章力を高めることができると言われていますよ。要約する箇所もあるので、表現力を身に付けることができます。

新聞スクラップブックは気に入った記事を切り取って貼り、それを選んだ理由や気になった点などを書き込むことで思考力、洞察力などが身に付くようになることが期待できます。

スクラップブックを後で読み直すことで過去と現在の比較ができ、出来事の移り変わりを感じることが出来ますね。

 

 

時事ニュースが入試問題に!

漢字にはふりがなが振られているので、幼稚園児から読み始めたという読者もいます。

全8ページの中には学習コンテンツのほか、もちろん新聞なので時事ニュースが掲載されていますよ。

新聞の満足度で一番多かったのは、「時事ニュースが分かりやすく解説されている」という点を挙げる読者が8割以上いました。

朝日小学生新聞の時事ニュースに似たような問題が実際の中学入試問題に出題されたり、全く同じ時事ネタが度々出題されていたりする点も中学受験生に人気のポイントなのでしょう。

 

朝日小学生新聞読者の保護者からの声!

「神奈川・サレジオ学院中合格の保護者 読み始めの時期小学校5年生
はじめは国語の読解に抵抗があったのですが、新聞を毎日読んでいたら、抵抗がなくなりました。また、社会の時事問題が得意になり、入試で出題された時には「やった」「この問題は絶対に落とさないぞ」という気持ちになり、その後の問題を落ち着いて解くことができました。」

「東京・開成中合格の保護者 読み始めの時期小学校5年生
「受験勉強のために」とは思わずに読み始めました。子どもは、ニュースについて祖父と楽しく意見交換していました。雑学なども大好きなので、読むだけでぐんぐん吸収しているようでした。時事問題なども朝小でひと通り吸収していたので、受験勉強の時事問題対策でも苦労することがありませんでした。」(引用:http://www.asagaku.com

口コミの多くはやはり受験に関わることでした。公式サイトで掲載されているのは有名校に合格した保護者の声。新聞社も受験を意識しているのが手に取って分かりますね。

朝日小学生新聞 3ヶ月分 楽天通販ページ

朝日小学生新聞公式サイト

 

【読売KODOMO新聞】は週に1回!手軽に始められるのが魅力!

(上記画像は新聞の時事ワードを厳選編集した1冊)

1874年に創刊された読売新聞は現在、新聞紙販売部数1位を誇る新聞。全国紙の中で最も保守的思想だと言われています。

同系列の「読売KODOMO新聞」は比較的新しく、小学校高学年向けに2011年に発行が開始されました。小学生新聞の中で一番人気があるようです。

 

週に1回!しっかりとニュースをチェック!

週刊新聞で毎週木曜日に発行されます。

なにかと忙しい最近の小学生。毎日、新聞をしっかり読む時間がなくても、週に1回なら時間を作ってゆっくりと新聞を読むことができるのではないでしょうか。

1週間のニュースが詰まっているので、大容量の20ページ!週末にゆっくり読むもヨシ!毎日少しずつ小分けにして読むもヨシ!新聞を読む習慣がない子供が読み始めるのにおすすめです。

毎月たったの500円(税込)なので、お試し感覚で購読を始められるのが嬉しいですね。

 

 

バラエティ豊富だから飽きない!

全ページがカラーなので、子供の好奇心を刺激します。

ニュース面では、子供に人気の名探偵コナンが時事ワードを解説してくれますよ。スポーツ、ファッション、英会話など、子供の興味を惹きつけるようなバラエティに富んだ特集ページが設けられています。

学習漫画やポケモンABCなど楽しく学べるコーナーも人気!新聞というよりも雑誌のような感覚で読み始めることができるでしょう。

毎週そんな楽しい雑誌のような新聞が届くのを、子供が待ち遠しく感じてくれると喜ばしいですね!

 

 

大手進学塾四谷大塚が学習分野を監修!

特集ページに取り上げられるような子供が気になる内容や時事ニュースだけでなく、学習・受験対策のページも毎週用意されています。

勉強が苦手な子供には嫌なページかもしれませんが、大手進学塾の四谷大塚が協力しているので、問題集としてもぜひ利用して欲しいものです。

特に受験シーズンには本領発揮で、毎週教科ごとのポイントを解説してくれますよ。学校では教えてくれない内容と、学校でしっかり学ぶべき内容がいいバランスに組み合わされているのも読売KODOMO新聞の魅力といえるでしょう。

 

読売KODOMO新聞読者の保護者からの声!

「子どもに新聞が来てたよと言うと一人で一気に読む(小3女子の母)」

「読売KODOMO新聞を読み始めてから色々なニュースに目を向けられるようになりました(小6男子の母)」
(引用:https://www.434381.jp

新聞社自体は小学校高学年を対象にしていても、実際には小学3年生の小さい子でも読んでいるようですね。時事問題にも敏感になり、知的な子に育っていきそう!

※名探偵コナンの時事ワードは、年ごとにまとめられ書籍化されています!こちらもチェック♪

読売KODOMO新聞 名探偵コナン時事ワード2018 楽天通販ページ

読売KODOMO新聞公式サイト

 

【毎日小学生新聞】は5歳児からでも楽しめる!時事ニュースも充実!

(上記画像は毎日小学生新聞の人気連載の書籍化)

1872年創刊された毎日新聞は、保守派でも革新派でもなくリベラルな位置を取っていると一般的に言われています。

そんな毎日新聞から発行されている「毎日小学生新聞」は、1936年創刊。いち早く子供のことを考えて作られた新聞で、毎月1580円(税込)で購読可能です。

 

5歳児から中高生まで対象!

日刊新聞で、平日と日曜日は8ページ・土曜日のみ中高生向けのページが4ページ追加され12ページになります。

金曜は小学生の進路を考えるページ、日曜は5歳から小学低学年を対象とした漫画「はなかっぱ」や絵の投稿コーナー「くれよんきんぐ」が掲載されていますよ。5歳児から中高生まで幅広く愛読できる新聞と言えます。

何年も継続して読み続けることができる点と、兄弟で新聞を共有しやすい点が魅力ですね。

 

 

特派員になって新聞作りに参加できちゃう♪

小学1年から中学3年までを対象として、特派員の募集があります。

特派員に選ばれると、「走れ!毎小特派員」コーナーに、自分で体験したことなどをレポートに書いて写真とともに送付することができます。過去には、海外へ訪れた時のこと、社会科見学へ行った時のことなどが掲載されましたよ。

「あの人にあった」コーナーでは、自分が会いたい憧れの人に直接インタビューをすることも!過去には宇宙飛行士、元宝塚歌劇団トップスター、野球選手、サッカー選手などとのインタビューが実現しました。

そんな新聞記者のような、特別な体験をすることができる可能性がありますよ!

 

 

時事ニュースが豊富!

新聞全体の3割以上が時事ニュースです。他の小学生新聞と比較すると、ニュースの比率が多いのが特徴ですね。

中でも人気なのは、あの池上彰さんが解説してくれるコラム「教えて!池上さん」。子供だけでなく、保護者の方からも分かりやすいと人気があるコーナーです。

社会・経済・世界など幅広いニュースが取り上げられているので、様々なジャンルについて考えを広げることができるようになるでしょう。

 

毎日小学生新聞読者の保護者からの声

「朝食後にポストに毎小を取りに行くのが、息子の日課です。宇宙の連載など、興味のある記事は背伸びをして読んでいるようです。教科書や本にはない新聞の良さは、ニュースと連動した話題がのっていること。文章の構成や漢字の勉強にもなっています。(小1男の子の母)」

「新聞好きの祖父のすすめで、小3の夏から取るようになりました。高学年になると一緒にニュースの話をすることも増え、TPPについては逆に私が解説してもらっているくらいです。毎小を読むようになって、息子は物事の説明がうまくなった気がします。(小6男の子の母)」
(引用:https://mainichi.jp

小学1年の子が新聞を読んでいる姿はどこか誇らしげですね!年齢を問わずに時事ニュースを語り合えるなんて素敵♪

※「マンガで理科 きょうのなぜ?」などの特集が、書籍化されています♪こちらもチェック!

毎日小学生新聞マンガで理科きょうのなぜ?(2)人のからだのなぞ21 楽天通販ページ

毎日小学生新聞公式サイト

 

小学生新聞のススメ!子供に合った新聞を

小学生新聞の三大新聞を比較してみました。

勉強重視で受験のために新聞を購読したいなら、断然朝日小学生新聞がおすすめ!新聞購読が初心者ならまずは週1回で様々なジャンルに特化している読売KODOMO新聞が、新聞本来のニュースを中心に時事問題に強くなって欲しいなら毎日小学生新聞がおすすめですよ。

新聞を読んでいる子供は特に国語・算数の成績が良く、読解力が付くだけでなく、あらゆる分野において学ぶ意欲が湧くようになると言われています。

まずは《新聞を読むこと》が習慣付くことを目的に、小学生新聞を始めてみませんか。

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami