3ヶ月の赤ちゃんが注目!ベビー向け鉄板おもちゃと遊び方を紹介!

3ヶ月の赤ちゃんが注目!ベビー向け鉄板おもちゃと遊び方を紹介!

最終更新日 2019-11-11 by smarby編集部

生後3ヶ月、おめでとうございます!
赤ちゃんにとってもママにとっても、生後3ヶ月は大きな節目。
できることが増え、日々成長を実感。赤ちゃんからかわいい反応が返ってくるので、意思疎通できている嬉しさと愛おしさが倍増する時期ですよね。

起きている時間が多くなる頃、ねんねとおむつとおっぱいのルーティンに、「遊び」や「ふれあい」をプラスし、赤ちゃんとの時間を充実させましょう。

今回は、《生後3ヶ月からベビー向けおすすめおもちゃ》を特集します。
人気の鉄板おもちゃと遊び方をご紹介します。
赤ちゃんの興奮した笑顔、手足をバタバタさせ身体全体を使って喜ぶ様子、かわいいクーイング、たくさんあやして、ママもパパも3ヶ月の赤ちゃんの可愛さを存分に楽しんでくださいね。

 

3ヶ月の赤ちゃんはこんな時期【成長発育】

生後3ヶ月の赤ちゃんはどんな発育をするか見ていきましょう。赤ちゃんによって個人差があるので、目安としてご覧くださいね。

 

首がすわる

成長を一番感じるのは、赤ちゃんの首がしっかりしてくることでしょう。
首がグラグラするから支えて抱っこしていたのが、3~4ヶ月頃になると、首がすわって(※)縦抱きでも大丈夫になってきます。
生後3ヶ月健診時には、「首すわりできているか」、チェック項目が入っていますよ。

ちなみに、筆者の息子は首すわりの完成が6ヶ月。ずいぶん遅く心配もしましたが、その後順調に育っています。
3ヶ月時点で首のすわりが不安定でも心配しすぎないで!気になることはお医者さんに相談するのが◎です。

※参考:厚生労働省「平成 22 年乳幼児身体発育調査報告書(概要)」

 

 

視力が発達(追視)

新生児の視力はおよそ0.02と言われています。
3ヶ月になってくると視力は、0.04〜0.08くらいにあがってきます。目で動くものを追う「追視」が見られるように。

自分の手に気づきじっと見つめる「ハンドリガード」が始まるのもこの時期。
「色」の認識もできるようになり、特に「赤」は赤ちゃんに最も見えやすい色と言われていますよ。
形と色が見えてくるようになると、遊べるおもちゃの幅もひろがってきます!

 

 

生活リズムができてくる

3ヶ月ころになると、授乳間隔やうんちの回数に一定のペースができてきます。 満腹中枢が発達したこと、便をためられるようになってきたこと、身体が発達している証拠。

また、だんだん昼と夜の区別がついてくるようになるため、睡眠リズムを整えるチャンスです。
朝は起こして太陽の光を浴びる、日中はお散歩などで明るいところで過ごす、夜は暗い環境でしっかり眠らせる。3ヶ月は、赤ちゃんとの生活のリズムを整えるのに絶好のタイミングです。

 

3ヶ月の赤ちゃんとの遊び方【コミュニケーション】

受け身でされるがままだった赤ちゃんも、生後3ヶ月頃になると、周りへの興味を示すように。能動的な行動を促すには、コミュニケーションを取ってあげるのが1番。
3ヶ月の赤ちゃん嬉しいコミュニケーションの一例をまとめました。

  • たくさん話しかける
  • たくさん触れてあげる
  • クーイングに返答してあげる
  • 色々な物を見せる
  • お散歩にでかける
  • 月齢にあった知育玩具を用意する

 

3ヶ月の赤ちゃんはこんな《おもちゃ》が好き!

ガラガラをなめて楽しむ3ヶ月の赤ちゃん

赤ちゃんの発育に沿った、興味を引くおもちゃはどんなものでしょうか。3ヶ月ベビーにはこんな玩具が好まれる!4つにまとめました。

 

1.音が出るもの

3ヶ月の赤ちゃんは、音のする方に顔を向けて反応します。
パパやママのやさしくあやす声、新聞紙やビニール袋のカシャカシャした音。オルゴールなどのゆったり柔らかいメロディーが大好き。
「見る・触る・聞こえる」が揃ったおもちゃは、赤ちゃんの興味をうまく引き出します。

 

 

2.触って感触が楽しめるもの

物を握る力もぐんと発達する3ヶ月赤ちゃん。
ママやパパの指をゆっくりしっかり握って、その力の強さに驚いたりも。
ガラガラなど手で持つ系のおもちゃは、上手に掴めるようになってきますよ。

手で触った感触も、赤ちゃんのとってはお楽しみのひとつ。ふわふわしていたり、つるつるしていたり、布やプラスチックや木や…。いろんな素材に触れさせて、触り心地の違いを楽しんでほしいですね。

 

 

3.なめてもいいもの

生後2ヶ月頃から、赤ちゃんは手自体、そして手にしたものは決まってお口に持っていってなめます。赤ちゃんにとってお口が感覚器官。
舐めてその感触や存在を確かめるようになります。

赤ちゃん用の市販のおもちゃは、なめても大丈夫な素材や形状に出来ているものがほとんどです。手作りする場合などは、お口に入れても問題ない素材・形か、安全性もきちんと確認しましょう。

 

 

4.動きがあるもの

視力が発達する3ヶ月の赤ちゃんは、動くものに興味津々。じっと目で追います。寝たまま遊べるメリーのおもちゃは、自分の手で動かして揺れるさまを見つめたり。

赤ちゃんが1人で夢中になって遊ぶひとときもできてきます。
ママはほっと一息つきましょう。
激しい動きではなく、シンプルでゆったりした動きのおもちゃのほうが、赤ちゃんのテンポとよくあい好まれるでしょう。

 

3ヶ月の赤ちゃんにはこんな《おもちゃ》をチョイス!

生後3ヶ月赤ちゃんの発育、好みに合わせておもちゃを選ぶときのポイントをまとめました。以下のとおりです。

  • はっきりとした色合いのカラフルなもの
  • 扱いやすい軽量なもの
  • 扱いやすい形状のもの
  • お口に入れてもOKなもの
  • お手入れできるもの
  • ぶつけても痛くないもの

対象月齢表示があって月齢があっているおもちゃは、おおむね上のポイントは押さえています。参考にしてくださいね。

 

3ヶ月赤ちゃんにおすすめおもちゃ1【ガラガラ(ラトル)】

ガラガラ・ラトル・歯固め

3ヶ月の赤ちゃんには、ガラガラ(ラトル)や歯固めにもなる手に持って遊ぶ系おもちゃが鉄板です。
ガラガラは、振るとやさしい音がなるおもちゃ。歯がためは、カミカミして噛み心地を存分に楽しめます。
歯がための本来の役割は、平均6ヶ月頃の歯が生えてくるときのムズムズ感解消。
3ヶ月の赤ちゃんはすでに、お口を使った遊びが大好きなので、渡しても◎でしょう。

指先を使って上手に持つだけではなく、振ったりなめたりかじったり、思い思いに遊ぶ中で五感が刺激され、脳の発達を促す効果が期待できますよ。

 

ガラガラ(ラトル)歯がためを使った遊び方

赤ちゃんの目の前でガラガラをやさしく振って、右に左にいったりきたり動かしてあげましょう。赤ちゃんは夢中になって目で追うでしょう!
追視や集中するトレーニングにも。

手足を元気に動かすようになったら、ベルト付きタイプのガラガラを手首や足首につけてあげましょう。
手足をバタバタする度、音を鳴るのが楽しくて、かわいい笑顔をみることができるでしょう。たくさん褒めてあげましょうね。

 

 

おすすめのガラガラ(ラトル)・歯がため紹介

 

 

3ヶ月赤ちゃんにおすすめおもちゃ2【プレイジム】

プレイジムは、ねんねの赤ちゃん期から楽しく遊べる人気のおもちゃ。
プレイマットにアーチやメリー、おもちゃがぶら下がっているのが、プレイジムです。(上画像のように、「マットなし」のタイプも)

ねんねした赤ちゃんからよく見える約30cmの距離に、様々な仕掛けが。
手を伸ばして触ったり動かしたり、赤ちゃんは身体全体を使って楽しみます。プレイジムで遊ぶことで運動促進にも効果があると言われていますよ。

一人遊びもできるのがこのおもちゃの優秀なところ。
プレイジムで機嫌よく遊んでくれれば、ママも少しホッと出来ますよね。

ねんね期以降も、おすわり期・ハイハイ期までと、赤ちゃんの成長過程に合わせて長く遊べるのも◎です。

 

プレイジムを使った遊び方

一人で夢中になって遊んでいるときは、そのままにしてあげたほうが◎。
仕掛けを取り外せるタイプのプレイジムは、時々おもちゃを変えてあげると赤ちゃんの好奇心を刺激するでしょう。
うまく遊んでいるときには「上手ね」とやさしく声掛けしてあげると、赤ちゃんのテンションがUP!

 

 

おすすめのプレイジムの紹介

ブライトスターツ エレファンツ・アクティビティジム   楽天通販ページ

 


Fisher-Price(フィッシャープライス)3WAY ニューボーン ・ トドラージム CCB70 3ウェイ  楽天通販ページ

 

3ヶ月赤ちゃんにおすすめおもちゃ3【おきあがりこぼし】

おきあがりこぼしは、倒すとやさしい音がなるシンプルなおもちゃ。すぐに起き上がってくる様は健気ですよね。
ゆらゆら揺れて、戻ってくるおきあがりこぼしの動き、ベビーは不思議そうに興味深く見つめることでしょう。音がなるのも◎。
絵になるおしゃれなおきあがりこぼしも、インテリアとして飾ってもいいでしょう。

 

おきあがりこぼしを使った遊び方

おきあがりこぼし、赤ちゃんの側に置いて、最初は大人が押して起き上がる姿を見せてあげる、次に赤ちゃんの手で押すようにしてあげましょう。
同じように起き上がって、コロンという可愛い音。驚き!

それから、おきあがりこぼしを、赤ちゃんの手が届きそうで届かない場所に配置してあげましょう。
赤ちゃんは、興味を惹かれて、掴もうと身体を動かします。寝返りのきっかけになることも。
おきあがりこぼしを通して、赤ちゃんとゆったりした時間を過ごしてくださいね。

 

 

おすすめのおきあがりこぼしの紹介

anano cafe アナノカフェ ベビーおきあがりこぼし 楽天通販サイト

 

起き上がり むっくりムーミン 楽天通販ページ

おきあがりポロンちゃん 30cm 赤 NO,348  楽天通販ページ

▼おすすめのおきあがりこぼしをもっと詳しく▼
赤ちゃんが喜ぶ人気のおきあがりこぼしを紹介!プレゼントにも最適

 

3ヶ月赤ちゃんにおすすめおもちゃ4【布絵本】

布絵本は、布で作られた知育絵本。
仕掛けが豊富にあって、赤ちゃんが楽しめる要素がてんこ盛りです。
見る・触る・口にするで楽しみます。

触り心地の違いを出すために使う生地を変えていたり、ひもがついていたり、歯がためやミラーが付いているページも。
次は、何があるかワクワクさせてくれます。

布で作られている良さは、なんでも口に入れてしまう赤ちゃんが舐めたり噛んだりしても大丈夫なこと。お洗濯できるので清潔に保てます。
紙のように破けないのも気を遣わなくて◎ですよね。
軽く持ち運びの負担にならないので、ママバッグに入れておく玩具としてチョイスしやすいです。出産祝いの定番、万人受けするおもちゃのひとつ!

 

布絵本を使った遊び方

布絵本は文字が少なく見て楽しむものが主流です。赤ちゃんと一緒に覗いて、語りかけてあげましょう。
赤ちゃんがうまく触れたら、思いっきり褒めてあげましょう。

音が出ない布絵本は、静かに過ごせるのも良いところ。待合室で待つとき、公共機関に乗っているとき、赤ちゃんが飽きないように布絵本がひとつあると助かりますよ。

 

 

おすすめの布絵本の紹介


バンダイ(BANDAI)べビラボ アンパンマン しかけいっぱい 布えほん  楽天通販ページ

 

 

MIKIHOUSE 【箱付】あかちゃん布えほん「かお」楽天通販ページ

 

【はらぺこあおむし】どこでもソフトブック  楽天通販ページ

▼おすすめの布絵本をもっと詳しく▼
はじめての布絵本はこれで決まり!おすすめ本をご紹介

 

生後3ヶ月は赤ちゃんもママもおもちゃで楽しむ!

赤ちゃんをぬいぐるみであやすママ
日に日にかわいい反応をかえしてくれる生後3ヶ月の赤ちゃん。
目を開けている時間が増え、なにか楽しいおもちゃを!と思い、読み進めてくださったパパママ、王道のおもちゃをご紹介してきましたがいかがでしたか?

おもちゃを通して、やさしい時間をお過ごしくださいね。ベビー服子供服通販smarbyは、育児を頑張っているパパママを応援しています。

 

▼smarby取り扱いのおもちゃはこちら▼
おもちゃ smarby通販ページ

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami