子連れディズニーの持ち物!パークを楽しむためのマストアイテム

子連れディズニーの持ち物!パークを楽しむためのマストアイテム

最終更新日 2019-04-03 by smarby編集部

わくわく、赤ちゃんのディズニーデビュー♡

「でも、子連れでディズニーなんてちゃんと楽しめるのかな?」と不安に感じていませんか?

実は赤ちゃん連れで訪れるママは多く、パーク側も迎える準備が万全ですよ。大人も赤ちゃんも最大限パークを楽しめるよう、あらかじめ必要なものをしっかりと準備しましょ!

この記事では、子連れディズニーに必要な持ち物をピックアップ!最低限持って行くべきアイテムを、しっかりチェックして!

 

これだけは準備したい!”東京ディズニーランド”が勧める【子連れディズニーを楽しむための持ち物】チェックリスト

スーツケースに衣類などをパッキング

普段のお出かけの際のお荷物チェックにも役立つ、14のマストアイテムをご紹介します。

東京ディスニーランド公式サイトで発表している持ち物一覧を参考にしているので、これさえあれば間違いありませんよ♪

 

充分な量のおむつ

何時間も滞在することになるので、おむつは必須です。赤ちゃんの月齢に合わせて滞在時間を計算し、必要なおむつ数を用意しておきましょう。

おむつは、パーク内のベビーセンターやお店でも購入可能です。M、L、BIGサイズが販売されており、ベビーセンターではおむつ交換台があるので、ぜひ利用してくださいね。

 

 

おしりふき

おむつとセットで忘れずに用意しておきたいもの。こちらもベビーセンターで購入可能です。

足りなくなったら、センターへ。

 

 

携帯電話

パパや友達とはぐれてしまった時に連絡が取れるよう、携帯電話は忘れずに!

 

 

ウェットティッシュ・ティッシュ

食事をする時、子供はどうしても口周りや服を汚してしまいます。鼻がムズムズしてしまうこともあるかもしれません。

忘れてしまったり、足りなくなってしまったりしても、お店で購入できますよ

 

 

哺乳瓶

パーク内ではガラス哺乳瓶が販売されていますが、赤ちゃんはお気に入りの哺乳瓶からしかミルクを飲まないということも。

忘れないように持って行くようにしましょう!

 

 

粉ミルク

必要な分量を前もって量り、ケースなどに入れておくとすぐに赤ちゃんにあげられますね。こぼしてしまっても、ベビーセンターでキューブタイプが販売されていますよ。

ベビーセンターにあるお湯を利用してミルクを作ってあげましょう。

 

 

飲み物

水分補給を忘れずにしましょう。特に夏場は注意が必要です。

お茶やジュースなど、食事に合わせて準備してあげます。足りなくなったら、ベビーセンターで購入することができますよ。

 

 

離乳食・おやつ

お腹がすいたら、赤ちゃんはグズりだしてしまいます!いつものスプーンやフォークなども忘れないようにしましょう。

ベビーセンターでは、7か月頃と9か月頃の離乳食、6か月頃と9か月頃のおやつが用意されています。

 

 

パスポート引換券

ディズニーならではの持ち物!パークに入るには、ワンデーパスポートなどのチケットが必要です。

もし、そのパスポートの引換券があるのなら、忘れずに持って行ってくださいね。忘れると、再度購入しなければいけなくなってしまいますよ。

 

 

ビニール袋

パーク内にはゴミ箱がありますが、かばんの中にビニール袋があれば、わざわざゴミ箱に捨てにいかなくてもいいですね。

また、気分が悪くなってしまったときにもビニール袋が役立ちますよ。

 

 

タオル

汗や赤ちゃんのよだれを拭くのに必要です。用途に合わせてサイズを選びましょう。

パーク内にあるベビーと幼児の専門店「ブレイブリトルテイラー・ショップ」での購入も可能です。

 

 

着替え

赤ちゃんはよく汗をかきます。また、食事やおむつが原因で汚れてしまうことも。何度か着替えをして、気持ちよく過ごせるようにしてあげましょう。

ベビーと幼児の専門店「ブレイブリトルテイラー・ショップ」で、ディズニーキャラのかわいい服を記念に購入してもいいですね。

 

 

カメラ・ビデオカメラ

思い出に残るように写真や動画で納めておきましょう!携帯電話で充分という人も、充電は忘れないように!

もし充電がなくなっても、ショップでモバイルバッテリーが販売されています。もしくは、ディズニ―ホテルにあるコイン式充電器を利用することも可能。

宿泊者でなくても利用できるので安心です!

 

 

お気に入りのおもちゃ

長時間慣れない場所にいると、まだ自我の弱い赤ちゃんははつまらなくなってしまうかもしれません。

そんな時には、遊ばせておけるおもちゃが大活躍!お気に入りのおもちゃや本などを準備しておきましょう。

パーク内のショップにもおもちゃはたくさん販売されているので、新たに購入してあげてもいいですね。

 

あると便利♪余裕があればぜひ準備したい持ち物16!

おむつやおもちゃなど赤ちゃん用品

マストアイテム以外にも、”いざ”という時、あると役立つものはいっぱいあります。

パーク内で入手できるものとできないものがあるので、赤ちゃんの様子や天候を考慮して準備しておくかどうか決めてください!

 

パーク内では入手できないモノ

ディズニーには数多くのショップがあって、ありとあらゆるものが販売されているので、もしもの時はパーク内で購入しようと思っているかもしれません。

しかし、入手できないものもあるので注意してください!公式サイトが掲げている「あると便利だけどパーク内で入手できないもの」はこの3つ。

  • だっこひも
  • おしゃぶり
  • 母子手帳・通常薬・健康保険証

ベビーカーに乗ってばかりだと赤ちゃんが飽きてしまうかもしれないので、だっこひもは持って行く方がベター。おしゃぶりはなくさないよう、クリップでしっかり留めて持って行きましょう。

赤ちゃんはいつどこで体調が悪くなるか分かりません。健康のことを考えて、母子手帳・薬・健康保険証は持ち歩いていたほうがいいかもしれませんね。

 

 

パーク内でも入手可能な便利グッズ

パーク内で入手・またはレンタルできるモノについては持ち物に加えず、荷物を最小限にしていくこともできますね。

荷物に余裕がある場合には、あらかじめ持っていく物の1つに加えておきましょう。

  • B型ベビーカー(身長100㎝、体重15kgまで)
  • ベビーカー用レインカバー
  • レインポンチョ・雨具
  • 帽子
  • パスポートケース
  • ポップコーンバケット
  • 迷子札
  • よだれかけスタイ
  • 日焼け止め
  • 虫よけ・日よけ・冷感グッズ(夏にあると便利♪)
  • カイロ・上着など防寒グッズ(冬に外で並ぶのは辛いですよ)
  • 手袋・マフラー(風邪をひかないように!)
  • ブランケット(寒さ対策に!)

ディズニーでは長時間滞在することになるので、天候や気温の変化が気になります。変化に対応できるものが確かに必要ですね。

また、季節によってはあると便利なものも!ただし、季節ものは年中販売されているわけではないので、季節外れのものは購入できない可能性があります。

 

パーク内で困ったら…ディズニーのサービス施設ベビーセンターと専門店を大いに活用♪

ベビーカー・バギー置き場

何か足りないものがあれば、ベビーセンターに駆け込みましょう。赤ちゃんに関わる最低限のものが揃っていますよ。

お湯や電子レンジを使うことが出来るので、温かい食事を赤ちゃんに食べさせることができます。

授乳やおむつ替えにも便利!大人用のトイレも併設されているので、赤ちゃんと一緒に利用できます。ベビーセンター内はシンプルで清潔感があるので、安心してゆっくりと赤ちゃんと共にくつろぐことができますよ。

場所は、エントランスに近い「ワールドバザール」の中と「トゥーンタウン」の奥にあります。

タオルや服など、衣類に関わるものはベビーと幼児の専門店「ブレイブリトルテイラー・ショップ」で購入可能です。2018/3/8にオープンした、新しいお店ですよ♪

ミッキーが洋服の仕立て屋として働いているというコンセプトで、ミッキーの作業場とミニーの販売所があります。店内は広々としているので、ベビーカーでも入ることが可能。

子供とお揃いにできる大人用のポンチョやTシャツも販売されており、試着室もありますよ。場所はエントランスから見て、シンデレラ城の右側にあります。

 

帰りは持ち物が増えることも考慮して!

たくさんの買い物バッグ

パーク帰りは友人へのお土産、自分への御褒美などなにかと買い物をしてしまい、荷物が増えてしまう恐れがあります。

買い物グッズが持てるように帰りのことも考え、行きの荷物は小さくて軽いものにしておきましょう!

例えばウェットティッシュなどは、お家で使うサイズでなく、トラベルサイズのモノを何個か持っていくのがおすすめ。無くなったらパッケージを捨てていくので、どんどん身軽になっていきますよ。

 

子連れディズニーに備えて、心の準備もしよう!

もし赤ちゃんにとって初めてのディズニーなら、また、まだパークを充分に楽しめる月齢でないとしたら、お出かけ前には心の準備も必要かも。

お出かけ予定の一週間ほど前から、ディズニー関連の動画やDVDを見せたり歌を歌ってあげるなどして、ミッキーと仲間たちを覚えてもらいましょう!

そうすればパークでも「みたことある!」という思いから、きっと楽しんでくれるはずですよ♪

 

▼smarby取り扱いのベビー服・新生児服はこちら▼

ベビー服・新生児服 smarby通販ページ

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami