子育て中でも資格取得は目指せる!おすすめライセンス5選+問題集

子育て中でも資格取得は目指せる!おすすめライセンス5選+問題集

最終更新日 2019-04-23 by smarby編集部

毎日子育てに追われ、忙しい日々を過ごしているママ!

子供との貴重な時間を満喫しつつも、どこかで社会から取り残されているように感じてしまっていることもあるかもしれません。子育てが落ち着いたら、就職したいと思っているママも多いのではないでしょうか?

しかし、いざ就職となっても、ブランクがあることや年齢がネックになってしまうことも。

その時のため、子育てをしながら、就職に有利な資格を取得しませんか。忙しい中でも、時間を見つけてしっかり勉強していれば、就職がスムーズに決まる手助けとなるはずですよ!

この記事では、子育て中に勉強するのにおすすめの資格&人気の問題集をご紹介します。

 

忙しい子育て中でも目指せる、おすすめ資格5選!

新卒でない方を採用する時は、即戦力となって仕事に取り組んでくれる方が採用されやすいものです。

就職したい分野での社会経験があれば、それはかなり有利になります。逆に全く働いたことのない分野に再就職するのは難しいと言えるでしょう。しかし、それは不可能ではありません!

知識として資格を持っているということをアピールできれば、面接官の印象は大きく変わります。どうせ勉強するなら、就職に有利になる資格を取得しましょう!

 

⒈マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

事務職で働きたいなら、パソコン操作は必須です。

事務職経験がない場合は、パソコン操作ができることを証明するためにもこの資格は大切です。

様々なソフトが販売されていますが、人気はやはりマイクロソフトのエクセルやワードで、これらを使用している企業はたくさんあります。そんなマイクロソフトに関する資格です。

細分化されている試験内容!

MOSの試験には、

  • 文書作成ソフトのワード
  • 表計算ソフトのエクセル
  • プレゼンテーションに使えるパワーポイント
  • データベースを管理できるアクセス
  • 電子メール・情報管理ができるアウトルック

があります。

それぞれ独立しており、バージョンごとに2010年版、2013年版、2016年版がありますよ。

レベルは、スペシャリストレベル(一般)とエキスパートレベル(上級)に分かれていますが、上級はエクセルとワードのみです。

一般レベルができるのは事務職では当たり前。頑張って上級レベルを取得できれば、就職に有利ですよ!

パソコンに慣れることが大切♪毎日コツコツ勉強しましょう

エクセルの上級レベルは平均50~60時間の勉強時間が必要と言われています。問題集を使って1冊しっかり勉強すれば、独学でも合格することは可能です。

赤ちゃんが寝ている30分~1時間程度、パソコンに向かう時間さえ作ることが出来れば、資格取得も夢ではありません。

MOSは、覚えるというよりも慣れることが大切。毎日パソコンに向かいましょう。

Microsoft Office Specialist Word 2016 Expert 対策テキスト&問題集 楽天通販ページ

試験は年に10回以上ある

試験には、インターネットもしくは書店で試験の申し込みが可能です。

2019年は、年に14回全国一斉試験が行われます。もし不合格であっても、年に何回も試験があると何度でも挑戦可能ですね。

めでたく合格できれば、パソコンを使う仕事の求人には履歴書に資格取得だと記しましょう。年配の方が多い職場であれば、パソコンスキルの高い方は重宝されますよ。

MOS公式サイトはこちら

 

 

⒉医療事務

事務職ではありますが、医療に関わる専門の事務です。女性に人気の資格で子育てママからも人気が高い資格ですよ。

病院でパートとして働ける!

子育てママに人気の理由は、週3回のパートや朝だけのパートなどの求人があるから。

子供が幼稚園へ通える程度大きくなっても、いきなりフルタイムで働くことに抵抗があるママもいるでしょう。そんな時は短時間のパートで働けたらいいですね!

スーパーなどの店員ではなく、事務として働きたいという方には医療事務が最適です。

一目置かれる資格を取ろう!

医療事務は、民間資格で主催団体がいくつか存在しています。その中でも医療機関の中でもっとも評価が高いものは「診療報酬請求事務能力認定試験」です。

他のものと比較すると難易度が高いため、合格率は30%程度。試験は年に2回しかありませんが、毎日1〜2時間勉強して、半年後には試験を受けられるように計画を立てれば、合格できる可能性は充分ありますよ。

診療報酬請求事務能力認定試験 受験対策と予想問題集 2018年【後期版】 楽天通販ページ

実は資格不要!?

実際には、医療事務の資格がなくても医療事務に従事することは可能です。

しかし、知識があるのとないのとではやはり印象は全く違います。医療事務の仕事は受付だけでなく、診療報酬明細書の作成などがあり、専門用語もたくさん!医療事務で働きたいならあらかじめ勉強しておいて損はありません。

また、履歴書に「勉強中」と書いてもOK。資格はまだ取っていない段階で就職活動をしてもいいですね。

医療事務試験に関するサイトはこちら

 

 

⒊日商簿記

どの企業にも経理は必要。経理事務として社会復帰を望むなら、日商簿記を持っていたほうがいいですよ。

大学で経済学部を卒業した方や、経済に少しでも興味がある方なら独学でも充分!

簿記の種類とレベルをチェック!

簿記といっても、日商簿記、全経簿記、全商簿記などがあります。それぞれ、主催している団体が異なりますよ。

最もポピュラーなのは、日本商工会議所が主催の日商簿記

日商簿記は、1級から3級のほか、初級・原価計算初級のレベルに分かれています。一般的に子育てママが初めて挑戦するのは3級です。

空いている時間に少しでも勉強!

日商簿記3級では、経理関連書類の処理や決算書作成などを学びます。1日1〜2時間確保し、毎日続けて2〜3ヶ月勉強しましょう。

続けて1〜2時間できなくても空いている時間に1問でも解く、1単語でも覚えるように!

楽天で人気の本は、テキストと問題集が1冊になっているので、これだけを何度も読んで合格した子育てママもいますよ。

スッキリわかる日商簿記3級 第9版 楽天通販ページ

レベルアップを目指して♪

求人情報を見ると、簿記3級以上で募集をしているところがチラホラあります!

でも、3級よりは2級、2級よりも1級の方が重宝されるのは当たり前。3級に合格し、まだ時間に余裕があるのであれば、ぜひ次は2級に挑戦してください!門戸が広がりますよ。

日商簿記に関するサイトはこちら

 

 

⒋ファイナンシャル(フィナンシャル)プランナー(FP)

昨今、子育てママに人気のFP資格!お金に関わる仕事なので、家計を見直し、将来に備えて資産を蓄えることにつながるかもしれません。

仕事でもプライベートでも使える知識が身につきますよ♪

国家資格取得で、お金のプロフェッショナルに!

ファイナンシャルプランナーとは、国家資格であるファイナンシャルプランニング技能士の資格を保有している人のことを指します。

3級から1級まであり、3級はだれでも受験が可能です。

家計管理、資産運用の仕方、年金の仕組みなどについて学びます。

毎日1時間からでも

毎日1〜2時間勉強に時間を割くと、2~3か月後には試験を受けられるレベルに達するようです。(もちろん、個人差はあります!)

3級の試験は年に3回学科試験と実技試験があります。覚えることが多いので、まずは参考書・問題集を何度も熟読しましょう。

実技は、資産設計提案業務など実際の仕事に役立つ内容となっていますよ。

2018-2019年版みんなが欲しかった!FPの問題集3級 楽天通販ページ

将来、独立だって夢じゃない!

就職先として銀行、保険会社、証券会社などがあります。特に子育て中の保険レディが多く活躍しているので、求人も決して少なくないですよ。

独立してファイナンシャルプランナーとして働くことも可能です。資格を取得したら、まずは企業に就職し、実績を積んでから独立することも夢ではありません。

独立すると自分の時間を好きに使うことが出来るので、子育てママには最適ですね。

日本FP協会のサイトはこちら

 

 

⒌宅地建物取引士

略して宅建(たっけん)と呼ばれている資格です。

土地や建物について学ぶので、将来、不動産や建築業界への就職を考えている方におすすめです。

不動産会社に就職希望ならとても有利!

不動産取引に関わる国家試験で、契約書、税金など法律に関わることを学びます。

不動産会社には5人当たり1人以上宅建を取得している人を設置しなければいけないという決まりがあるため、宅建の資格を持っていると就職にとても有利になりますよ。

ひたすら、10年分の過去問を!

合格率はあまり高くないので、容易に取れる資格とは言えません

しかし、一日2時間程度じっくりと半年程度かけて勉強することで、通信講座などなしに独学で合格できたという子育てママもたくさんいるようです。

勉強のコツは、ひたすら10年分の過去問を何度も繰り返すこと!同じような問題が出題されるようです。間違ったところはしっかりと解説を読むようにしましょう。

楽天で人気の問題集はこちら。予想模試も付いているのでお得ですよ。

過去問10年分+本年度完全予想模試2回分 宅建士試験対策2018 楽天通販ページ

資格を大いに活用できる!

就職先は不動産会社や建築業界だけでなく、不動産投資業務を行っている金融機関、保険会社などにも需要があります。就職先によっては資格手当をもらえるかもしれませんよ。

プライベートでマイホームを購入する時などにも、宅建の知識が大いに役立つことでしょう。

宅建試験に関するサイトはこちら

 

子育て中の気分転換にも、資格の勉強はおすすめ♪

どの資格も、1日に1〜2時間毎日勉強することが大切のようですね。

勉強時間に赤ちゃんが泣きだすこともあるでしょう。ぶっ続けで勉強しなくてもいいので、隙間時間を見つけ、少しでも勉強するような気持ちで継続することが大切です。

子育ての息抜きになるよう、将来を楽しみにしながら気軽な気持ちで頑張ってください!

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami