子供のスキーウェア徹底解説【選び方・おすすめブランド・小物まで】

子供のスキーウェア徹底解説【選び方・おすすめブランド・小物まで】

ウインターシーズン到来!
子供たちは、寒くても外で身体を動かす遊びが大好き。
雪が降って積もっていれば格好の遊び場になります。
雪合戦にかまくら作り、そり・スノーボード・スキー、何をして遊ぼう?ワクワク顔が浮かびますよね。
防寒・防水対策した服装があれば、へっちゃらです。

ということで今回は、子供用のスキーウェア(スノーウェア)を特集します。
どこに売っているの?何をチェックして選べばいいの?キッズモデルはどんなブランドから出ているの?ウェアとともに揃えるべき小物は?
学校のスキー教室に、家族のレジャーに、お友達との雪合戦に、ウェア準備の参考に是非ご覧ください!

 

子供用スキーウェアをウオッチング【種類と価格とお店】

スノースポーツは、服装選びがかなり重要。
ゲレンデでスキーやスノーボードに楽しむ場合は、普段使いのダウンコートやウインドブレイカーでは心もとなく、防寒・防水対策を施しているスキーウェア(スノーウェア)を準備する、が最適解です。
天気の急変にも対応できる高性能のウェアで快適さと安全性を!
子供用のスキーウェア、どういった種類があるのか、早速見ていきましょう。

 

スノーウェアはどんな種類があるの?

キッズスノーウエア、主流のタイプは2つ。「つなぎ」と「セパレート」です、順に解説します。

つなぎ(ワンピース)

ジャンプスーツのようつなぎタイプのスノーウェアは、80cmなどベビーサイズから展開されているものも多数。
雪遊びやソリ遊びするとき、雪の上に寝転んでもウエストから雪が入ってこないのが利点。
雪が降る地域のキッズの普段使い用にもおすすめです。

セパレート(ツーピース)

レジャーでスキーやスノボードを本腰入れてする場合は、セパレートタイプのスノーウェアを揃えたほうがよいでしょう。
上下分かれているので動きやすく、アクティブな動きに瞬時に対応します。
お手洗いなどで着脱しやすいのも、長時間着ているときには使いやすい。
ボトムスがオーバーオール型のものだと、ウエストから雪が入りにくいので、転びやすい初心者キッズには特におすすめします!

 

 

スノーウェアはいくらくらい?

キッズ向けのスノーウェアは、量販店の安いもので5000円以下から、アウトドアブランドのハイスペックモデルのもので上下で30000円程度します。用途と頻度に合わせて、予算と機能・デザインを吟味して選びましょう。

 

 

スノーウェアはどこに売っているの?

キッズ用スノーウェアは、ゼビオ、アルペン、スポーツオーソリティ、ムラサキスポーツなどのスポーツ用品店、モンベル、ノースフェイスなどのアウトドアブランドのショップ、イオンや西松屋など大手量販店でも取り扱われています。(各店舗の取扱の有無は要確認)
通販でも買うことができますよ。(後ほどご紹介します)
1回しか使わないという場合は、レンタルと言う手もあり。だいたいのスキー場で貸出しています。

 

 

キッズ用スキーウェア選ぶ!チェックポイント4つ

スキーウェアを選ぶときに、チェックしておきたいポイントをお話します。
いい買い物をするためには、機能性の確認はマスト。デザインとプライスだけで選んで、結果使えなかったということがないように、しかとチェック。
商品のプライスタグやオンラインの説明ページに記載されている、各用語・数値の意味をおさえておきましょう。

 

 

1.耐水圧性

耐水圧性」は、スノーウェアで最も大事にしたい機能です。
ウェアの生地がどれくらいの水圧力まで耐えられるかという数値を表しています。
数値が高ければ高いほど、水や雪が浸み込みづらく濡れません。

耐水圧の目安は以下のとおりです。

シーン 天気 耐水圧
雪遊び ~1,000mm
 雪遊び・スキー教室 2,000mm
本格的なスキー・スノボ 大雪 5,000mm

 

 

2.撥水性

撥水加工」と記載があるウェアは、少々の水や雪ならはじいてくれるので濡れにくくなります。雪に触れる機会が多い、お尻や膝の部分には、着用前に衣類用の防水スプレーをふりかけておくのも一案です。

 

 

3.スノーガード(パウダーガード)

スノーガード(パウダーガード)」は、ウェアの中に雪が進入するのを防止する機能です。
裾の内側のインナーが二重についています。転んだりするたびに、じわじわとインナーが濡れてくることほど不快なことはありません。思いっきり遊んでほしいからスノーガード装備のウェアがベター。
手首の部分のガードはリストゲーターと言います、こちらも有無をチェック!

 

 

4.サイズ調整機能

日々成長している子供用のスキーウェア(スノーウェア)には「サイズ調整機能」が付いているものが主流です。
ジャケットの背中やズボンポケットの内側に、袖や裾を引き上げるひも(ドローコード)が付いています。このひもを引くことでサイズ調整ができるので、大きめサイズを買って、数年着るということが可能になります。

 

キッズのスキーウェアあると嬉しい機能2つ

キッズのスキーウェアならではの、あると使えるポイントもチェックしておきましょう。

 

ポケット

ジャケットに、パスケース・ICチップ入れられるポケットがついているスキーウェアがおすすめです。
リフト券ホルダーは、トイレで落としたりなくしたりする場合も。
腕に最初からポケットが付いているものが、ゲレンデでは便利です。

 

 

色・反射材

視認性の良い目立つ色のスキーウェアがベター。
一面銀世界の雪の中では、白っぽい色のウェアは景色と同化してしまいます。
迷子対策にも、目立つ色のウェアが見つけやすくて◎です。
ナイターなど暗い場所・時間でも存在を示せる、反射材がついたウェアをセレクトするのもおすすめです。

 

子供用スキーウェアおすすめブランド8選【キッズ・ジュニアサイズ】

それでは、実際どんなスキーウェアがあるか、ブランドごとに確認していきましょう。基本的な機能を満たしつつ、ハイスペックなもの、プチプラなもの交えてご紹介します!

 

1.Columbia(コロンビア)Buga Set(バガセット)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コロンビアスポーツウェアジャパン[公式]さん(@columbia_jp)がシェアした投稿

Columbia(コロンビア)はアメリカ生まれのアウトドアウェアブランド。
アウトドアアクティビティを快適に楽しめるウェアの宝庫。
キッズサイズのウェアも充実しています。

着心地の良さを追求したキッズ向けスノーウェア、ジャケットとカバーオールのセットをご紹介します。
膝に立体裁断を設けているので、アクティブな動きにも対応します。

身体の熱を利用し熱を得る画期的なオムニヒート機能によって最高の温かさを実現。防水透湿性機能オムニテックで蒸れ知らず、雪による水漏れをもシャットアウトします。
小さなキッズの雪遊びやゲレンデデビューに最適な1枚です!

【参考価格】14,580円(税込)
【サイズ展開】3T(100)XXS(110cm)  XS(120cm)
【機能】
レッグゲイター(雪の侵入を防ぐ足袋付き)
クリティカリーシームシール(濡れやすい箇所に使用、防水性向上)
アーティキュレーテッドニー(膝部分にマチを設けた立体的な裁断)

Columbia(コロンビア) キッズ向けウインタースノーウェア特集TOP 公式通販ページ
※Buga Set(バガセット)もこちらからチェック!

 

 

2.THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)ウォータープルーフワンピース

おしゃれアウトドアブランドの代表THE NORTH FACE (ザ・ノースフェイス)から、保温性に優れた中わた入りワンピーススーツをピックアップ!

動きやすさを追求した立体裁断で、活発な子供の動きを妨げません。
表生地には防水透湿性に優れたハイベント®2層構造を使用。中わたには軽量で撥水性が高いプリマロフト®を封入し、適度な暖かさをキープ。
子供の成長に合わせてサイズ調整可能。ドローコードで袖のサイズ、股下のサイズがかえられます。スノーシーンもおしゃれに。

【参考価格】24,840 円(税込)
【サイズ展開】90/100/110/120/130
【機能】
EXP GROW system(ドローコード)
記名ネーム付き
埋め込みコードストッパー
取り外し可能なフード

ウォータープルーフワンピース(キッズ/ベビー) 公式通販ページ

THE NORTH FACE (ザ・ノースフェイス)NSJ61855 WP Onepiece /  ウォータープルーフワンピース(キッズ)   楽天通販ページ

 

 

3.BURTON(バートン)Toddler Illusion One Piece/

「週末はゲレンデ」がお決まりのウインタースポーツをこよなく愛するファミリーには、人気定番ブランドBURTON(バートン)のキッズスノーウェアを。
柄のおしゃれさだけではなく、機能性も満点仕様。

保温効率の高いThermacore™インサレーション採用で、体の動きを妨げることなく温かな環境を提供してくれます。
袖と脚にはRoom-To-Grow™システム採用で成長に合わせて調節可能、来年を見越して今年買いましょう。(腕と脚を5cm長くできます)

【参考価格】22,680円(税込)
【サイズ展開】18-24M  2T  3T  4T  5/6  7/8
【機能】
重要なエリアにシームテープ加工(冷たい風や水分の侵入を防ぐ)
Room-To-Grow™システム(サイズ調整可)
Thermacore™インサレーション採用(保温性アップ)

BURTON(バートン) Kids’ Snowboard Jackets 公式通販ページ

BURTON GIRLS MS ILLUSN OP 2019FW FOREST FRIENDS 楽天通販ページ

 

 

4.YUK(ユック) キッズ スノーボードウェアつなぎ

 

北海道発のスポーツブランドYUK(ユック)のキッズスノーウェアは、北国の冬をしりつくしたメーカーならではの完璧仕様。暖かさと機能性をとことん追求しています。

機能の一例をあげると、耐水圧は5000mm。さらには表地は水が浸透しにくい超撥水加工済み。
機能性は保ちながら控えめプライス(税込5,980円)が魅力。袖丈足丈の調整ありでかなりのコスパの良さ。
カジュアル感のあるマドラスチェック柄がおしゃれで、兄弟でのおそろいコーデにもおすすめです。

【参考価格】5,980円(税込)
【サイズ展開】80 / 90 /100 / 110/ 120
【機能】
あったか衿(裏起毛素材を採用し首周りをガード)
ウエストゴム(フィット感)
ネームタグ付き
足首スノーガード

YUK(ユック)新作 スキーウェア キッズ ベビー 楽天通販ページ

 

 

5.ONYONE RESEEDA(オンヨネ レセーダ)キッズ スキーウェア(上下セット) 


ONYONE (オンヨネ)は、スキーやスノボウェアを手がけているアパレルメーカー。キッズスノーウエアブランドRESEEDA(レセーダ)です。

葉っぱやドングリなど北欧テイストなイラストがかわいいスノーウェアは、男の子も女の子も似合うデザイン。異性の兄弟キッズでお下がり出来ますね。
快適かつ安心して雪山で遊べるよう、便利な機能も充実しています。
フロントファスナーに、ホイッスル機能が付いている点に注目。SOSや合図などに使えます。

【参考価格】7,990円(税込)
【サイズ展開】90 /100 / 110/ 120
【機能】
フロントファスナーはホイッスル機能付き
ネームプレートあり
サイズ調節機能付(最大15センチ)
インナースパッツ付き(ブーツへの雪の侵入を防ぐ)

ONYONE RESEEDA(オンヨネ レセーダ)RES51004 キッズ スキーウェア(上下セット) 幼児 小学生   楽天通販ページ

 

 

6.nima(ニーマ) キッズスキーウェア上下

「日本人の体型に合ったウェアを作りたい」岐阜で誕生したスノーウェアのジャパンブランドがnima(ニーマ)です。
実店舗では、大手スポーツ用品店のヴィクトリアなどで取扱中。

こちらのスノーウェアは、なんと耐水圧10,000mmクラスです。
快適なコンディションをキープする防水加工素材も。雪・雨・風から守って快適なウインタースポーツを楽しめます。
毎季コレクション、ファッション性も意識され、デザインも豊富。
上画像は女の子向けですが、男の子向けのもの、男女兼用なもの、選びがいあるラインナップ。サイズが揃っているうちに、マストチェックです。

【参考価格】6,980円(税込)
【サイズ展開】90 /100 / 110/ 120
【機能】
パンツ裾にスノーゲイター
ウエストに調整マジックテープ

nima (ニーマ) キッズスキーウェア上下 スノーボードウエア上下   楽天通販ページ

 

 

7.西松屋 キッズ スノーワンピース スキーウェア

デイリー服がプチプラで揃っている西松屋にも、キッズのスノーウェアが登場しています。

上下のセットで4,979円(税込)です。他にもデザインあり。
アウターを通園通学に使うでも◎。
耐水圧は1000mmなので、短時間の雪遊び向け!
保育園幼稚園、家の周りでの気軽な外遊び服におすすめです。

【参考価格】4,979円(税込)
【サイズ展開】100 / 110 / 120 / 130
【機能】
耐水圧1000mm
光反射
撥水加工
不快感防止
スノーガード付き

宇宙柄スキーウェア【100cm・110cm・120cm・130cm】[男の子]楽天通販ページ

 

 

8.Moujonjon(ムージョンジョン)星柄スノーウェア

おしゃれな子供服ブランドMoujonjon(ムージョンジョン)のスノーウェアは、毎年人気です。

耐水圧は2000mmで、多少の雪ならウェアに浸透しません。
腕には反射材がついているので、安全面でも配慮あり。
同柄のレッグウォーマスノー手袋も♪ トータルコーデがかわいい。

【参考価格】8,690円(税込)
【サイズ展開】90 / 100 / 110 / 120
【機能】
フードの取り外し可
腕に反射材付き
内側に名札付き
裾と袖口は2重構造で雪の侵入を防ぐ

moujonjon(ムージョンジョン)星柄スノーウェア 楽天通販ページ

 

スキーウェアと揃える小物は?【手袋・靴下・帽子/ネックウォーマー】

ウェアと一緒に揃える小物も、最後に確認しておきましょう。

 

手袋

手袋は防水に優れた素材のものをチョイス。
小さなキッズは、指が分かれているものより、ミトンタイプの方が装着しやすいのでおすすめです。

厚手のものを選べば、手をしっかり守ってくれるのでケガ防止にも一役買います。 手袋の中は汗をかいて蒸れるので、使ったあとはよく乾かすようにしましょう。

 

 

靴下


スキーやスノボをするときは、専用の厚手の靴下が安心です。
つちふまずや足首周りにサポーター機能を搭載していたり、快適な履き心地です。また、かかとや足先など力がかかりやすい部分には、クッションパイル地を使って衝撃を吸収してくれるなど、普通の靴下にはない機能性がプラスされていますよ。

 

 

帽子/ネックウォーマー

 

顔・首回りは帽子とネックウォーマーで完全防備することを忘れないようにしましょう。 体感温度が違ってきます。
帽子は、おでこから耳周りまですっぽり隠れるものがおすすめです。

首元からの雪や風の侵入を防ぐネックウォーマーも必須。「巻く」のではなく、すっぽり頭から被れるところも子供には使い勝手◎です。 普段使いもできるので、ひとつ準備するとよいでしょう。

 

子供のスキーウェアを用意して冬を満喫しよう!

子供たちがスキーを楽しむ

子供用のスキーウェア(スノーウェア)についてご案内してきました。
暖かい部屋でのんびりするのもいいけれど、雪と触れて、外を思いっきり楽しむのも◎。
キッズのスノーウェア姿、楽しんでくださいね。今年も素敵な冬になりますように。

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami