8ヶ月赤ちゃんにぴったりの遊び10選!ふれあい遊びからおもちゃまで

8ヶ月赤ちゃんにぴったりの遊び10選!ふれあい遊びからおもちゃまで

最終更新日 2019-05-07 by smarby編集部

8ヶ月にもなれば、赤ちゃんは1人でお座りやハイハイができるようになります。表情も豊かになってきて、見ているだけで可愛いですね♡

赤ちゃんはあっという間に大きくなるので、この貴重な時間を一緒に笑って過ごしましょう!

この記事では、8ヶ月の赤ちゃんにぴったりの遊びを紹介します。つかまり立ちを始める9ヶ月・10ヶ月になっても覚えていて、ずっと楽しめる遊びです♪

 

8ヶ月ってこんな時期!遊びで伸ばせるこころとからだの発達

生後8ヶ月の赤ちゃんは個人差はありますが、上手に寝返りがうてるようになり、1人でしっかりとお座りができるようになると言われる時期です。姿勢も安定しているので、安心して座らせておくことができるようになる赤ちゃんも。

ハイハイも上手になる頃ですが、目を離した隙に移動してしまうということもあるため、目が離せなくなる時期とも言えるでしょう。

また、両手を使って器用にものを掴めるようにもなるので、できることがグンと広がります!

ママやパパが一緒に遊ぶことで安心感を覚え、情緒が安定し、なんらかのコミュニケーションを取れるようになります。言葉掛けをすることで新たに言葉を覚え、喃語で答えることも♡

意思疎通を楽しみながら、たくさん触れ合っていきたい時期です。

 

8ヶ月からの赤ちゃんにぴったり!パパママとできるふれあい遊び

まだまだ小さい8ヶ月の赤ちゃんでも、色々な遊び方があります!

おもちゃなどを買い足さず、物を使わずにできる遊びをご紹介しましょう。

 

タオルでいないいないばあ

タオルを手に持つ赤ちゃん

赤ちゃんをあやす時にだれもが自然としている「いないいないばあ」

8ヶ月の赤ちゃんには、手ではなく、布で顔を隠したり、赤ちゃんの顔を隠したりすると大喜び!赤ちゃんが、自分で布を顔に乗せ、自分で布を引っ張るようにもなってきますよ。

また、かくれんぼのように姿を消して、隣りの部屋から「ばあ」と顔を出してもいいですね。ハイハイで探そうとするかもしれません。

和室などの引き戸があれば、両サイドいろんな位置から顔を出してあげるのもかなりウケます。

 

 

まねっこあそび

赤ちゃんはまねっこ上手♪8ヶ月頃には「バイバイ」や「パチパチ」ができるようになってきます。「ちょうだい」や「バンザイ」など、色々教えてあげましょう。

「ね〜」というと首を傾げたり、あくびをするとマネして大きな口を開けたり…。10ヶ月までには、ほとんどの動きをコピーしようとするようになります。

これが発展して、いずれは観察力・洞察力の必要な、幼児のお店やさんごっこなどに繋がっていきます。

 

 

ハイハイレース

ママとハイハイ競争する赤ちゃん

ハイハイができるようになったら、ママも一緒にハイハイをして遊びましょう。ハイハイは意外と大変なので、ママにはいい運動になりますよ♪

隣りでママが一緒にハイハイしてくれると、赤ちゃんは大喜び♪ママが少し早く歩くと赤ちゃんも追いつこうと頑張ります!

競争をすることで赤ちゃんはさらに筋肉を強め、しっかりとしたハイハイができるようになるでしょう。よく動けば、疲れて、夜もぐっすり寝てくれるかも!

 

 

飛行機ごっこ

パパの膝に乗っかり飛行機のように宙をまう赤ちゃん

少々体力が必要なので、パパにおすすめの遊びです。

パパは仰向けになって横になり、すねの上に赤ちゃんを載せます。そして、膝を曲げて上下左右にすねを動かすと、赤ちゃんはまるで空を飛んでいるよう♪

この遊びでは赤ちゃんの背中が伸びるので、背筋や体幹を強めることができますよ。赤ちゃんの重みがほどよい負荷になって、パパの運動にも。

 

 

鏡に大喜び!

鏡に写った自分の姿に笑顔になる赤ちゃん

家にある手鏡を赤ちゃんに見せてあげましょう。最初は自分の姿にびっくりするかもしれません。

ママと一緒に鏡を見ると、「あれ?ママが二人いる」と不思議がるかも。次第に鏡に慣れて、笑顔を見せ始めます。

最初はその姿が自分だとは認識できずに他の赤ちゃんがいると思うようです。筆者宅の赤ちゃんは、9ヶ月の時に鏡を見て、鏡の裏を確認していましたよ。

しかし、月齢が上がると次第に自分だと認識できるようになってきます。赤ちゃんのほっぺにシールを貼って、それが鏡の子にもあるのを見ると鏡の子と自分は同じだと分かってくるようです。

遊びだけが目的ではなく、そんな認識を高めるためにも鏡を見せるようにしてもいいですね。

 

 

うたでふれあい遊び(きゅうりができた)

赤ちゃんを野菜のキュウリに見立てて、塩を振り、板摺りをし、細かく切っていただきます!楽しい歌で少しおおげさにすると、赤ちゃんは大喜び。

歌を歌いながらからだに触れられると、赤ちゃんは楽しいだけでなく、マッサージにもなるので気持ち良いんですよ♪

歌はママの知っている童謡でもいいので、楽しくふれあいましょう。ママとのふれあいとマッサージのリラックス効果で情緒が安定しやすくなりそうです。

 

8ヶ月頃の赤ちゃんにはこんなおもちゃがウケる!おすすめのおもちゃ4つ

おもちゃにはそれぞれ”対象月齢”があり、早すぎたりするとハマらないことがあります。

8ヶ月頃の赤ちゃんにぴったりなおもちゃ遊びを4つピックアップしましたよ。

 

ボール遊びができるように!おすすめは《オーボール》

赤ちゃんにおすすめなのが、人気の「オーボール」。ボール全体が網目状になっているので、赤ちゃんでも簡単に掴むことができます。

オーボールを床上で転がしてキャッチボールをしたり、ボールの中に物を入れて取り出したり、ママがボールを転がして赤ちゃんがハイハイで取りに行ったりする遊びなど色々なボール遊びを楽しめますよ。

オーボールはシンプルなものから音が鳴るものなど様々な種類が販売されています。

もし現在自宅にちょうど良いボールがなければ、空のペットボトルを転がすだけでも笑うお年頃。筆者宅では転がしたボトルを、筆者が必死に追いかける姿を見せると大笑いしていましたよ。

KIDSIIオーボールオリジナルブルー 楽天通販ページ

 

 

《シャボン玉》をパチン!

公園に行ったら、ぜひシャボン玉を見せてあげてほしい月齢です。ママの作ったシャボン玉が風に揺られる様子を目で追う姿もかわいいですよ♪

近くに飛ばしてあげると手を伸ばして掴もうとします。割れてシャボン液が目に入らないよう注意しましょう。

あそびっこ しゃぼん玉セット 楽天通販ページ

 

 

積木くずしが楽しい!鈴入りの《それいけ!アンパンマンやさしいやわらかつみき》

8ヶ月の赤ちゃんはまだ積木を積み上げていくことはできませんが、積み上げた積み木を崩したり、倒れるのを見るのは大好き

木の積木は壊れる時の音が楽しいですが、固くて頭を叩いたりしたら大変と心配するママもいるでしょう。そんなママには、布製の積木がおすすめ!

ここでご紹介しているアンパンマンの布積み木は、中に入っている鈴の音を楽しむこともできますよ。振ったり投げたりなめたりして遊ぶことができます。

ベビラボシリーズそれいけ!アンパンマンやさしいやわらかつみき 楽天通販ページ

 

 

音の出るおもちゃに夢中♡《おいかけて!ボンゴボンゴ》

この頃の赤ちゃんは、音の出るおもちゃに興味津々。

Fisher-Price(フィッシャープライス)の太鼓は、お座りをした状態で左右にある太鼓をポンポンと叩いて遊べます。サウンドとライトアップが作動するので、赤ちゃんも反応を楽しみながら遊ぶことができます。

取り外して左右に組み立てれば、ボンゴに早変わり。ハイハイをして横からボンゴを叩くことができますよ。また、ボンゴの状態で転がして遊ぶことも♪

ママも歌を歌いながら一緒にたたいて遊びましょう。

フィッシャープライスおいかけて!ボンゴボンゴ 楽天通販ページ

 

びっくり=楽しい!8ヶ月の赤ちゃんといっぱい遊ぼう!

突然、ビニール袋で”クシャッ!”と音を出したり、”クシュン!”とくしゃみのマネをしたりすると笑ってくれるこの頃。「ハッ!」とするような驚きが楽しい月齢です。

もう外の世界にもすっかり慣れ、「怖い」という感情よりは、興味やワクワクが芽生える時期。

そんな8ヶ月には、遊びの中でたくさんの”はじめて”を体験させてあげたいですね!

 

▼smarby取り扱いのおもちゃはこちら▼

おもちゃ smarby通販ページ

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami